日本人が海外移住しやすい国へ日本人の海外移住を簡単にする可能性を秘めた画期的な海外移住情報を発掘。

憲法で保障されている海外移住の自由

しかし,海外移住の自由があっても,海外移住先の国の永住権の条件を満たさないと海外移住できません。

自分が希望しても相手が『NO』といえば終わりです。
(仕事も結婚も受験も海外移住も同じ)

また永住権があっても、移住先で満足な収入を得られる仕事が無く、海外における生活力(稼ぐ能力)や適応力の不足、移住先の国での年金の受給資格の問題(移住後の年金払い込み期間=期間が短いと年金は『すずめの涙』ということも)、最終的に医療や介護問題などで最終的に帰国する人が非常に多いのが現実です。

移住・難民希望者は多くても、ほとんどの人の希望は叶わず、如何なる環境汚染があっても紛争・戦争や災害など過酷で悲惨で危険な状況であっても、その環境で耐えて生きるほか無いという現実があります。

(この事実は非常に重い)



日本人の居場所は、次第に減ってきている。
それに大多数の日本人が気づく頃には、一●打●にされるのかもしれないな。
何ができるか? 何をすべきか?
考える時間は、もうあまり残されていないような気がする。




居場所を増やす努力を怠ってきた日本人。

危機感なし?




自分が自分でいられる時間は、限られている。
せいぜい50年ほどだろう。
そのうち自分にしかできないことができる時間は、もっと限られている。
せいぜい25年だろう。
その期間に、何をなすかだ。
いつ本気になるかだ。




人生の残り時間が短い。
残りの時間で何をすべきか 何のために何をするのか 残り時間で 何がどれくらい出来るのか。
今まで何を思い、計画し、 何が実現出来て 何が実現できなかったのか。
よく考えなければ、、




【 意味不明な業者のリンクから訪問した方は必見 】

海外不動産・海外投資詐欺・海外移住



海外に行きたくても行けない国内幽閉状態の日本在住者,子供を守りたい一心で日夜奔走する,行くあてのない母親を救う一助となれば。

『 国内移住 』『 ビザラン 』 を繰り返すうちにお金が恐ろしいスピードで消耗し、引越し貧乏ならぬ『移住貧乏』(移住貧困)に転落。

海外永住とは程遠い、なんちゃって似非海外移住でお金と二度と戻らない大切な人生の時間を失って、海外で途方に暮れる不幸な日本人をこれ以上増やしたくはない、日本人の消耗戦の歴史に終止符を!、そういう気持ちで書き上げまとめました。

日本人の移住困難問題を根本的に解決する方法のヒントを凝縮。
真実を伝える海外移住ブログの応援を!

m(_ _)m




放*能汚染を恐れて避難費用300万円超、安住の地が見つからない



安住の地とは?。後述します。
(長文すみません。)
m(_ _ )m



【写真特集】
世界が抱える環境移民という時限爆弾




「アジア最大の負け組日本」「第2のBrexit」トランプ大統領の誕生
変化は「需要」があって初めて起こるという事実。



日本人の移住困難問題の変化は、
「需要」があって初めて起こるという事実。



世界初の「海に浮かぶ都市」、仏領ポリネシアが建設合意



わずか12時間足らずで18万人に読まれて、あらためてネットの拡散力の高さに驚愕しています。
雑誌に掲載していないマンガを、無料とはいえ半日で18万人が読む。




海外移住したい人は沢山いますが,現実問題,海外移住に必須である永住権を簡単に出す国は,ほとんど無いといわれています。

そして、ほとんどの日本人は,「日本語しか話せない」=「英語など外国語の習得が恐ろしく困難」です。

永住権が無ければ,海外に滞在できても公的な医療保険や失業保険、年金などの社会保障も一切無いなかで、資金も時間も消耗していきます。
日本人の海外移住の歴史をみると、ほとんどの海外移住者の人生が過去から現在に至るまで常に時間とお金の消耗戦の歴史なのです。
※一時的には幸せであったり、お金もあるケースもありますが、最終的に健康もお金も失い帰国を余儀なくされる人や、最終的に悲嘆や後悔の終末を迎える人が非常に多いという現実があります。
人生は一場面で判断せず、トータルで見ないと。



日本人が『先送り』ばかりする理由は これだ



このままでは日本は終わる
それは日本人が「嫌なもの」に取り組まない、避けて、逃げて、無視して、先延ばしするからだ




海外移住問題を先送りせずに最後まで読む



世界は厳しくないし、残酷でもない。
トップ1%になるための1つの思考法


「世界は残酷で厳しい」と吹いて回る本人が、残酷で厳しい人であるために、周囲の人も残酷で厳しくならざるを得ないということ。

しかし、これを変えるのは簡単だそうです。

残酷で厳しい世界を変えようなどと考えず、まず自分が変わればいいわけです。

自分自身が「世界は残酷で厳しい」などと考えていれば、周囲には"残酷で厳しい人たち"が集まってくるだけ。

つまり そのような構えをとらなければ、世界は必ずしも残酷で厳しいだけの場所ではなくなる。

世界が厳しくて残酷な場所になるか、
朗らかで楽しい場所になるか、それは私たち一人ひとりが世界をどのような場所とみなし、それに対峙するか、その態度次第によって変わってくるということです。



先週海外から遊びに来てた友達が日本では地域社会における日本人同士の結束力が強くて良い事だと言ってたけど海外で同胞同士の結束力が強いのは中国人や韓国人でチャイナタウンやコリアンタウンの規模のでかいこと。
日本人街なんてどこ行ってもショボいのばっかり。




世界で活躍する日本人がさらに増えるには
海外進出の大きなアドバンテージを「華僑」に学ぶ




ヨーロッパで個人の力で労働VISAを得るのは10年前に比較して何倍も難しくなってる。
でもこういう投資家のバックアップ(お金もマーケットも)があれば、驚くほどスムーズに行く。




言葉の壁については多くの人たちが一気に移住すれば問題ないと思うんだけどどう?
日本を変えるより移住して小さな社会を作る方が早く実現できると思う。




仕事や学校がなんとかなって、家族や友達と移住できるなら特に困ることはないと思うなあ。
日本人街を作れば日本と変わらない暮らしができるだろうし英語わからなくてもなんとかやっていけそう。
インフラの問題は整備していけばいいし。
衛生的なこともなんとかなりそう。




マレーシアのジョホールバルに中国人が人工島(フォレストシティ)を作っている。
入国管理局、税関、検疫が独自に認められていてすごい。
日本人もその西側に1㎢の人工島を2つくらい作ればいいのにって思う。
そのうちの1つを日本人だけが入れる専用居住地区にすれば治安の心配もなく移住できる。




「日本の優秀な大卒を好待遇で雇用します」とか言って街を一個丸々日本人街にするとか言い出したら人材が大流出するのでは。



亜の方がシビアに優良なものから移転する。
しかし、日本に逃げ道はない。
マトモな日本人街の一つもない。




「アメリカに住む日本人シニアがボケて日本語しか喋らなくなり、英語しか分からない自分の子供とコミュニケーションが取れなくなる」 という話、皆さん聞いたことありますか?
最近私、よく聞くんですよ。
年取ってから起こる言語の原点回帰というか、英語を失くして日本語しか喋らなくなるんですね。




ドイツでもこれはあって、和食が食べたくなっても売っておらず、しかもこの年代の方はネットで繋がっていなくて孤独だという。
それをなんとかするため頑張っている方の記事をニュース・ダイジェストで読んだ。
フランスで同じような方が施設から日本へ強制送還されたというのもツイッターで知った。




私の周りの海外歴20年前後の方は日本に帰りたがってる人が多い。



実は、私の亡くなった義母、つまりかみさんのお母さんも生前、アルツハイマーになってから母国語であるスペイン語しか喋らなくなったんですね。
スペイン語が分からない私に対しても。
なので、アメリカに住む日本人が年取ってから、英語を失くして日本語しか喋らなくなる可能性は十分あるわけです。




印象深かったのは、高齢で施設に入っている日本人女性が、痴呆とともに英語を全部忘れて、日本語を教えなかった子ども達とも施設の人ともコミュニケーションが取れなくなってしまった、という話。

大人になってから身につけた外国語は、痴呆で忘れちゃったりするのか~。



国籍まで取って米国に移住した日本人夫妻の知人がいるのですが、奥様が病院でそのような方々のお世話をするボランティアをしているうちに自分の身に置き換えて怖くなり、70歳近くなってから日本国籍を復活させて日本に戻りました。



66歳もうすぐ67歳。
70年代最後の農業移住世代。
私は56歳で夫が亡くなってから海外移住をしましたが、医療設備に不安を抱き帰国しました。
現在高齢者向けサービス住宅に移りました。




あらゆる面で日本の医療は世界一という知られざる真実!



オーストラリア在住の義妹によれば、豪人と結婚し、英語オンリーで暮らしていた隣家の日本女性が、夫を亡くしたあと英語と日本語をごちゃ混ぜに話すようになり、最後は日本語だけになったと。
老後の海外移住を目論んでいる立場からは複雑な心境




私の知人の日本人女性も、ずっと英語のみの生活だったのが、子供が独立し、米国人の旦那さんも亡くなり、その後何年も一人暮らしで、今では日本語も英語もちょっと怪しい。



日本語そのものが、脳に良い作用をもたらすのだと、友人が話してました。
また、日本語は平仮名カタカナ漢字それぞれ、脳の異なる部分を使うそうです。
平仮名カタカナ漢字の複雑な組み合わせを難なくこなす事により、脳は鍛練されてゆくのかも。




長年アメリカで暮らし入院された方が、英語の単語は出てこなくなるし病院食がフライドチキンやポテト&ケチャップ等油モノや味の濃いモノばかりで、さっぱりした日本食が食べたくて困ったそうで、言葉だけで無く味覚も戻ると解って帰国されたと。



年取って「日本語しか話さなくなる」というケースと同じように起こるのが 「日本食を異常に食べたがる」 という現象です。
味覚も原点回帰するわけですね。
そうなると、年取って海外に住んでること自体がツラくなってきますよね。
アメリカの老人ホームに入って毎日アメリカ飯とか地獄よ。




今、海外に移住できた方々、 もし、親の介護が必要な年齢になったら、どうされるのだろう?



退職後の海外移住はするべきでない5つの理由」として安全・医療・ことば・郷愁・不測の費用 の5つが挙げられていますが、これは日本人にとっても同じでしょう。



老後を過ごすロングステイヤーの誤算



日本の医療は世界一 WHOが公認



永住権を取って海外に住むのとノマドの様に永住権なしで滞在するとのとは違う
本田健さんも帰ってきたし、巨泉さんも病で帰ってきたし、ゴットハンドと呼ばれる医師も日本に帰って来て治療するのは何故か?
余生を母国でと思うのは何故か




大橋巨泉は がん闘病を諦め海外の自宅を売却!事務所社長が終活を証言

※お金があっても永住権があっても、重大な病気ほど医療は日本でというケースが多い。



海外移住 郷愁
望郷の念に駆られる



海外移住をされた方が日本に帰国してしまう最も大きな理由



海外に行って初めて気が付く 日本人の意外な一面ベスト5



免疫システムに残る人類の歴史
日本人の遺伝子について。


※上記のリンクを読めば、日本人の遺伝子に合った独自の医療や食事が必要であることがわかります。



医療ミス、米国で死因3位



カナダの医療の問題点

日本人は独自の体質と、DNA 構造を持っています。

白人に比べ小柄な日本人の手術に、大きな手のカナダ人ドクターは向きません。

薬の分量もまるで違います。

日本人特有の性質を理解しない治療は命をも脅かす場合もあります。



毎年、約23000人のカナダ人が医師・病院のミスによって死亡している問題

トロント大学教授のDr. Mclver、Dr. Ross Baker及びカルガリー大学教授のDr. Peter Norton をリーダーとして7つの大学が参加して全カナダを調査した結果、カナダの病院で毎年23000人以上の患者が急性期ケア病院における医師と病院のミスによって死亡している事実が明らかになりました。

その内容は、医薬品の投与ミス、副作用、手術中の死亡、術後の感染症など明らかに知識と技術があれば防止可能であったとの事です。

このレポート中で「粗悪な医学的治療が意図的に秘密裏にされ隠匿されてきた」と報告されています。

近年の総合的な医療過誤発生率7.5%(医療、手術を受けた患者250万人中18万5千人)であり、先進国の中でも突出した高さです。
さらに、その18万5千人の患者の内、なんと9250人が永久的な障害(Permanent Disability)を負っているのです。


その大きな原因のひとつとされているのが、移民国家であるカナダにおいて大小200以上の民族の身体の病気の発症と治療法は、民族ごと身体の性質、DNA構造、薬品への耐性などが違う治療法が求められるのに全民族へ画一的な医学で治療にあたる事と言われています。




薬の効果に人種間差



効果と副作用で明らかになった人種差・民族差の大きさ



米黒人の鎮痛治療「格差」、誤解が原因か



薬も男女別でなくてはならない
現在、新薬の開発において、女性に対しては十分な臨床試験が行われていない。

しかし、男性には効果があっても、女性には副作用(致命的なものも)をもたらす可能性がある薬もある。

女性は、薬に対する反応が男性と違う。

副作用も異なり、より有害になることも多い。

また、より少ない量の有効成分で十分なこともあれば、より多くの量や、まったく異なる薬を必要とすることもある。

女性は、アスピリンから麻酔まで、非常に多くの薬に対して特殊な薬物有害反応を示す。

女性は、体質上 男性よりも脂肪の量が多い。

そのため、脂溶性の分子に対する反応が異なり、体内で脂肪組織の中に入ると排出が難しくなるので、より長い間 完全で有効なまま残ってしまうのだ。

さらに思春期や成年期、閉経期、とりわけ月経のサイクルや経口避妊薬の使用に伴ってホルモンの変動があって、その都度、男性向けに開発されテストされた薬の働きが変化する。

さらに肝臓や膵臓の代謝機能や、いくつかの消化酵素にも違いがある。

薬も男女別でなくてはならない
アメリカ政府のある調査によると、97年から2000年に市場から排除された10の薬のうち8は、女性に対する重大なリスクによって除外された。

ある抗ヒスタミン剤と ある胃腸薬は、女性に致命的な心臓発作を引き起こす可能性があった。

いまでも市場で手に入る薬には、特に女性に不整脈を起こすものもある。

女性はアルコールやタバコ、コカインに対しても男性とは反応が異なることがわかっている。



日本は世界の医療産業国を目指せ
日本の医療はiPS細胞を はじめ基礎研究では世界をリードしている。

このノウハウを活かし、産学官が一体となって医薬品や医療機器の国内生産を拡大し、世界に輸出できる環境を整えるべきだ。

開発した医薬品や医療機器は、単純に売るだけでは使われない。


海外に日本の製品を集めた病院を建設し、使い方などの技術指導を行うことも重要。



医療問題に触れている海外移住者は皆無に近い。

医学に対する興味も無い人が多い。

医療は重要です。


海外で、日本人に合った医療の必要性を感じる海外在留邦人も多い。




『淡水魚』は『海水』には棲めないということ。

日本人に適した環境という視点がないから、
海外で玉砕する。



分かりやすく説明(ノモンハン事件編)
被害の大きさを忘れて2年後の太平洋戦争でも、同じ戦法を多用してしまうのです。

その結果は皆さんご存じの通りです。



『海外移住も、ほとんどが玉砕・失敗しているという歴史がありながら、現在も、まったく同じ戦法を多用しているのです。

その結果は…。もう見なくてもわかりますよね。』




二度はやらないほうがいい、人生を大きく変える10の失敗
<同じことをやって、違う結果を期待する>

アインシュタインは、同じことをやって違う結果を期待するのは異常だ、と言っています。

しかし、2+2はいつか5になると思っているのと同じようなことをする人は多いです。


賢い人は、このような経験をするのは一度で十分です。

事実はシンプルです。

同じやり方を続けていたら、どんなに違う結果を望んでいても、同じ結果が得られるだけです。

賢い人は、違う結果を求めているなら、やり方を変えなければならないとわかっています。


たとえ、やり方を変えるのが苦痛だとしても。



「3.11逃れて移住したのに、また被災…」
“熊本の楽園”が壊滅


災害は繰り返す。

人は、このような経験をするのは一度で十分です。(一度もしないのがベスト)

被災の繰り返しに終止符を打つために、災害のない安全な場所に街を造るという発想は無い模様。

だから、何度も同じ悲惨な結果を招く。



海外 総額70兆円



日本政府と国際通貨基金(IMF)は12日、欧州債務危機封じ込めに向けてIMFの資金基盤を強化するため、日本が600億ドル(約4.7兆円)を拠出することで正式合意した・・
ますます大盤振る舞い




GPIFの資金も含め、17兆円を投資する。
首相「米の雇用70万人創出」 日米首脳会談で提案へ




こちらが 「世界にバラまく日本のカネ一覧」 の最新版になります(^^)
どなたか合計してみてくださいませ(^^)




公的年金、米インフラ投資日本国民の年金でアメリカに10万人の雇用を創出するらしい。。
なぜ自国民のためにつかわないのか。




街の機運を高めないと外国に使われるだけ。

資金が枯渇する前に気づかないと。



一億総難民になる前に早く退避、移住計画を立てよ。日本人街を作り、リスク分散せよ



若い日本人激減するぞ、トラフ対策に集中しろ!幕府滅亡は近い、一億総●民化前に、海外移住日本人街計画立てろ!



あと5年もしたら、経済的な理由で日本を集団で脱出した「日本人街」が世界各地にできるのだろうか。
それとも「The 日本沈没」的な理由だったりして。
(2010年3月17日:震災前)



拡散し、需要が世間に伝われば実現は早い。

だが、未だ拡散していない模様。



【悲報】日本 少子高齢化で死ぬことが確定 生き残る方法は無いのか
865 :
もう参加者募って団体でどっかに移住して日本人街形成するしかないな
華僑のように世界に散るしかない

871 :
>>865
それな
まとまった数での日本脱出法としては意外と現実的なのでは、という気はする



結局そういうコストの問題を解決するために
似たような出自をもった人たちが移住先で寄り集まって「日本人街」のような棲み分けをしてきたわけで。
「人類皆平等、人類皆わかりあえる」というリベラリズムがネオリベラリズムと悪●合体してそういう棲み分けを破壊し、世界に混乱をまき散らしてしまった。




アメリカにせよ日本国内にせよ、「移住者」間での人間関係って、絶対助け合いにはならないことを痛感した。
その土地に受け入れられることに必死で、
相手を助けてる余裕なんかないのよね。
これは、マイノリティがマジョリティに受け入れられるのに必死で、結果、蹴落とし合いみたいになるのに似ている。





大戦時には玉砕の連続に特攻。

失敗に学べず無謀な戦法を繰り返し屍の山を築いていった日本人…

先人達の海外移住失敗に学べず、同じように無謀な戦法を繰り返し、『帰国者』と『帰りたくても帰れない困窮邦人』の山を築く日本人…。


過去と同じやり方では、失敗という同じ結果しか得られないということを学ばないといけません。

※昔は永住権が取得しやすかったのにもかかわらず、ほとんどが失敗している。

現在は永住権のハードルがとてつもなく高い、この先さらに難しくなってビザを取得した時点で多額のお金と時間を使い切って余力が無い中で、移民との熾烈な競争を戦い続けていかなければならないのに同じやり方でうまく行くと思いますか?

たった一度の人生です。

海外移住の成功率を高めるには、永住権取得の高いハードルを低くすることと、海外で現地通貨建ての収入を得られる仕事を長期間維持することが困難という現実の問題を解決する必要があります。

それらの問題を一挙に解決できる可能性を秘めた画期的な方法に無関心な限り、日本人の末路は哀れ?



コンセプトと日本脱出手段
日本人を雇用するには相当の理由と条件が必要になり、
現実的には現地資本100%の企業よりも
日系企業に就職する方が早道となります。


日系企業の海外進出増加=日本人の仕事も増加=海外移住者も増加。



日本なのに、ここは異国か?
目を疑うほど「外国な風景」9選



海外の都市をモチーフにした日本の観光スポット12選


※逆バージョンという発想も『あり』!



せめて「日本人としての団結力」でもあれば良いけれどそれもなくて、海外に出れば「住まわせて頂く」なんて謙虚になって、日本人の地盤を海外に作るなんてこともしない。

ニューヨークに行ってみるとそれがよく分かるのが、「XXX人街」がいくらでもあるのに「日本人街」はない。

ロスアンジェルスのリトルトーキョーはX国人村になり、この傾向は世界中どこに行っても同じ。

日本人は、日本人街を作るまでの努力はしない。




英、EU離脱 アベノミクスに暗雲 円高株安、日本経済の足かせ(産経新聞)
超円高の時に1$20円くらいまで上げて、世界中に日本人街を作ったらどちらに行ってもリスクが減るって提案したのに




中国人は、海外へコミュニティを作るから、就労ビザが取れる道があるんだろう。
家族との繋がりも強いし。
けれど、日本人にはそんなものはない。
日本人街も多くない。
日本人同士の繋がりも薄い。
戦争になっても、国外脱出するのしても、日本人は圧倒的に不利だ。
英語と、何らかの技術か金が必要。




中国人の海外志向については何となく羨ましいなと感じることもある
(日本社会の文化としてその勇気を得られる機会が少ないように感じる)。
日本人街ができるぐらい移住者が多ければ確かに敷居は下がるだろうね。




海外移住したの人口の1%だよ。
各国の友達に聞くと中国人は本当に世界中どこにでも移住してきてる。
日本にはその文化がないので
海外移住増やすのは基本的に難しい。
日系コミュニティという就職及びビザの受け皿もない。




一世の移住をしやすくする受け皿は必要なんだよ。
ビザも現地の言語力も確かでない状態で、いきなり老後の年金医療費保険料等を賄う就職はできないのが現実。
甘くないよ。




『海外移住の受け皿』が重要。



相当辺鄙な田舎にも中国人経営中華料理屋あるんですよね。
イギリス人も含めて各国の友達が世界中に移住していく際の移住先の決め手は「親戚がいるから安心」であることが多いです。
きっと中国人がどこへでも行けるのは世界規模ネットワークという安心感かも。




構造改革は不可能だと再認識。
本気で変えていくのなら、海外に拠点を築くしかないんだよな。




この国を変えるより、海外に日本人村を作る方が簡単な気がする。



どこか穏健な国に日本人街でも出来れば良いのですが。



国境に壁を作る代わりに構想されている新しい都市の形



永住権+生涯安定した生活を得られる収入や貯蓄、老後の年金(現地通貨建てでない場合、為替の変動や物価上昇時に潜在的リスクが表面化す恐れがある。)が無ければ,永続的な滞在は困難=帰国は時間の問題ということになります。
(帰国後の人生はどうなる?。
成功者より失敗者が圧倒的に多数なのに失敗した後の事を一切考えない人が多い。)

そして、語学など幾多の困難を乗り越え、やっとの思いで永住権を取得したその後の人生も,
スキルがなく低所得、苦難に耐えながらギリギリの我慢生活して海外で消耗したり、食事や医療・介護問題、祖国への郷愁や望郷の念に駆られるなどして、最終的に帰国を余儀なくされる人が非常に多いというのが現実といわれています。



海外移住すると後悔するかもしれない「食」に関する10のこと



違う国で暮らしても幸せになれるとは限らない
両親の文化や生まれた場所の文化とは違う、「第3の文化」で長く暮らすことでアイデンティティの危機におちいる「サード・カルチャー・キッド」と呼ばれる心理的問題があると言われています。

海外で暮らす場合の90%では、もとの国より幸せに暮らすことはできない。

これはもちろん、もとの環境が自由な権利や健康的な生活が保障されていない場所だった場合には改善が期待できますが、ほぼ同等の環境出会った場合だと、目立った幸福感の向上は望めない。


※日本以下の生活であれば、
海外生活は推して知るべし?

つまり、ほとんどの日本人は海外移住に関していえば、一種の社会的弱者の状況です。

ガン医療の現場では『5年生存率』が、移植医療の現場では『生着率』が治療成績の指標として用いられますが、

海外に移住し、日本に帰国せずに5年、10年と海外で生き残っている「いわゆる、5年生存率」,「10年生存率」「生着率」が著しく低く、たとえ、それ以上の期間生き残っていても、やっとの思いでギリギリ何とか生活している状態の人も多いといわれています。

これでは、チューブに繋がれ、生命維持装置でかろうじて生きている終末医療の現状に近いものを感じるのです。

日本人の海外移住が困難な理由は,日本語しかできないという言葉の問題や仕事,ビザ(資格,技術,資産など)の条件が難しいうえに,収入の維持・継続が難しい点です。

では、日本人が簡単に海外移住しやすい状況にするには,どうすれば良いのでしょうか?

仕事とビザなどの条件や言葉の問題,収入の維持・継続問題が解消し,海外移住しやすい状況する方法はないものでしょうか?

環境汚染、災害、地政学的リスクなどの状況で、希望者が簡単に移住できるようにする方法はないものでしょうか?

時間とお金の消耗戦という日本人の海外移住の歴史に終止符を打つためには,どうすれば良いのでしょうか?

日本人の海外生存率,日本人の海外生活の質を高めるにはどうすれば良いのでしょうか?

その大きなヒントが中華街などの移民街にあります。

たとえば海外に日本人街ができれば、日本人に対する雇用が生まれ,海外移住の大きな障壁である仕事,ビザの問題だけでなく、日本人が多く居住することで必然的に日本語が通じる街となり言葉の問題も,食事の問題も,医療・介護の問題なども一挙に解決!

街の規模が大きくなり、世界に拡散すればするほど、日本人が海外のあらゆる地域で自由に働き滞在できるという選択の自由が生まれ、言葉や医療・食事などの問題で、これまで移住をためらっていた日本人の移住が簡単になり、日本人の海外永住者も増加し海外移住を断念し帰国する人も激減するといわれていますが、そのことに気づく人が,まだ少ない。



日本でも中国の雰囲気が味わえる!横浜中華街で国慶節を祝うパレード



日本人が出稼ぎをするには言語や文化の壁うんぬんというが、
日本人街を作ってしまえばどうということはない。




不必要なお金や時間かけて英語やるくらいなら、英語使わなくていい方法考えたほうが人生設計として正しいはず。



環境と経済が調和した村落開発推進計画(エコビレッジ推進計画)



移住による人間関係の適応と柵の問題。人は自然の中ですら結局は人の影響下に生きている。
寧ろ無数の人間で個人の影響が薄まって いる都市の方が少ない人々の影響が蔓延る地方よりも生きやすいのも事実だ。
移住を前提にした訪問型のエコビレッジが各地に設営されるのがベストだ




海外移住すべき3つの理由




やけっぱち博打的行動に突っ走りやすい日本人の「海外移住」のお話
もう、「にっちもさっちも行かない。死中に活を求めて!」なんていうギリギリの決断はたいてい負け戦になることになっている
(太平洋戦争を見ろ)。



人間は状況に規定される存在である。
ゆえに同じ状況下であれば、誰しも似たようなことをしてしまう。
人が本当に変わるには、仕事か、住む場所か、人間関係を変えるしかない。
選択と行動が、その人をかたちづくり、その人の未来を築いていく。




移住という選択と行動が困難である以上、どんなに危険でも日本に住むしかなく、日本の状況に人生や未来が規定されるということです。

不安と不満に満ちた人生から決別する方法について、真剣に考える人があまりにも少ない。



大多数の日本人は、日本語しか話せず、高度な語学力もなく、かといって高度な語学力が身につくまでの長期間の語学留学するお金も無い。

永住権を取得しても現地である程度余裕のある収入を何十年も継続的に稼ぎ続けるのは至難の業。

投資家部門の永住権を取得できるほどの資産もない。

このような場合、海外移住は諦めるか、諦めきれず無理を押して海外にしがみ付いても長くは持たず、最終的に帰国を余儀なくされているという厳しい現実があります。

しかしながら、諦めるということは子供や孫の命も…。ということになるので、親としてこれは受け入れ難い。

かといって成功率が著しく低い無謀ともいえる海外永住に挑戦するも失敗、短期滞在ビザなどで繋ぎ、海外に無理矢理しがみついても、結局、お金と時間を失うのが関の山…。

現状では『高度な語学力』+『海外で生涯継続的に稼ぐスキル』を身につけるか、億万長者になって投資永住権を狙う以外に道が無く、それらすべて大多数の日本人にとって困難なため、日本から脱出できない、たとえ出国しても、最終的には行き詰まり日本に戻るか、海外で耐える生活というのが現状…。

そして重要なのは、貴方が『高度な語学力』+『海外で生涯継続的に稼ぐスキル』を身につけたり、億万長者になれたとしても、海外の医療、介護、食事、日本在住時に構築した友人・親友・知人などコミュニティーや家族との断絶、郷愁、望郷の念といった問題をクリアできるかどうかという大きな問題は残されたままであるということです。

このような大多数の日本人を救う活路は無いものでしょうか?。

家族で海外移住がしたくても、海外移住が可能な家族は、ほんの一握り。

誰もが簡単に家族で海外移住するにはどうすれば良いのでしょう?

日本人の未来を真剣に考察するブログです。




多くの英国人がオーストラリアを去る理由
Why are so many Britons leaving Australia?
毎年多くの英国人が、より良い生活を求めてオーストラリアへ移住していますが、最近では自分には合わないと考えて帰国する人も増えています。

オーストラリアが好況にあるにもかかわらず、同国の移民・市民権省の統計によれば、2009-2010年にオーストラリアから永久帰国した英国人は7000人を突破し、これは近年の移住の記録では最大の数となっています。

意外なのは、祖国を離れた英国人が好況の国を捨て、不況から脱出できずに苦しむ国にあえて戻ることです。

英国人がオーストラリアを去る主な理由としては、友人や家族が恋しいことなどが挙げられると、この現象を研究するヨーク大学の社会学者ロジャー・バローズ教授は言います。

それまで(英国で)友人や家族の近くに住んでいたため、そこから離れたことがショックに感じられるのです。

住んでいるのが、さびしく感じるでしょうね。
仕事帰りに飲みに行く習慣もないですし、テレビ番組ときたらひどいものですから。


期待してオーストラリアへ渡ったものの、ハエには悩まされ、年じゅう子供に日焼け止めクリームを塗ってやらなければならず、うんざりしてしまう人もいる
、と教授は言います。

現実は、本格的なインフラの整っていない郊外のさえないアパートでの暮らしなのです

オーストラリアに移ったばかりに、残りの人生を悲嘆と後悔のうちに過ごすことになる移住者さえいる、と教授は言います。



首都直下型地震が起きれば日本は破綻する!大災害で経済社会が激変するという認識を持て



70%の確率で発生!南海大地震(M9.1),来たら日本は終わり



日本で100年以内に大規模な火山噴火が発生し「日本人が全滅する可能性」と英紙報道



日本が止まれば、世界が止まる。 世界の製造業の核心部品は、メードインJAPANだ。
その技術力は、他の追随を許さない。
美しい四季と繁栄した清潔で犯罪のない国。 まるで、世界一幸せな国のようだ。
だが、自然災害は多い。 原●事故は今も引きずっている。 しかも犯●国家が隣りにいる




トヨタグループに部品不足影響拡大、愛知製鋼爆発-大震災以上の声も

生産拠点が被災すると、その影響で世界がどうなるか?
破滅を軽減・回避する方法を真剣に検討すべき時期。
        ↓
日本壊滅地震で世界危機



※日本人は、家族もコミュニティも無く、孤立無援で自滅というのが現状。



<日本人の移住困難問題を解決するヒント>


一体、どれほどの大勢の日本人のお金と時間、エネルギー、人生が世界中で奪われているのだろうかと考えると恐ろしくなると同時に、この世界中で無駄に失われ続けている日本人の膨大な時間やエネルギーを効率的に一点に集中したら、とてつもなく凄いことが実現するんじゃないのか?」っていうのがネットで流れてきた。



海外移住の受け皿を作らない限り、日本人の海外移住は極めて困難であるという現実。

海外移住の受け皿を作らない限り、PM2.5や黄砂など風向きを気にしながら、地震火山の不安を抱えながらの人生になるということです。

子供や孫の未来のために「海外移住の受け皿を」という民意が高まらない限り、日本人の末路は哀れ?


受け皿無しでの移住は、紐無しバンジージャンプ、パラシュート無しスカイダイビングに等しいとの噂。



海外に本格的な日本人街の建設を

日本の中から世界を見るから悲観的になります。

世界地図を見てみましょう。

日本人が世界で活躍できるチャンスがあるはずです。

日本の工場の海外移転が進みそうです。

日本の産業の空洞化、景気後退、失業者の増加が心配されます。

これを避けるためには、工場と労働者と住民が町ごと海外に移転すれば良いのです。

そうすれば、国全体のGDPは低下しても、
日本人一人当たりのGDPは低下しません。

景気は後退しないし、失業者が増えることもありません。

問題は、日本人は日本が好きだということです。外国語も苦手です。

日本人はふるさと日本を離れたくありません。

それなら、外国語を使わなくても済むような
日本人街を作るのです。

ヒントはハワイにあります。英語は必要ないし、日本人学校も中学まであるし。

ハワイに工場が移転するのなら,日本人も喜んで移住するのではないでしょうか。

日本の高校と大学を作ってしまえば、本当に日本が完成します。

政府は国策として多くの企業に呼びかけ、海外の広大な土地に本格的な日本人街を作るべきです。

多くの工場、学校、マンション、ショッピングセンター、飲食店などを建設するのです。

エコタウンとして作っても面白いと思います。

その街は観光地としても機能するでしょう。

さらに農地も作れば完璧です。

(日本の食糧自給率アップへも貢献します。今後 食糧価格は上昇することが予想されるので、対策は早めに取るべきです)。

このアイデアは、将来への投資としては大きな価値があると思います。

国難ですから、日本人はライバル企業も含めて一致団結しなければいけません(抜け駆けのように皆がバラバラに動くようでは将来性がありません)。

ここは中国人を見習うべきです。



「皆がバラバラに動くことで、一体、どれほどの大勢の日本人のお金と時間、エネルギー、人生が世界中で奪われているのだろうかと考えると恐ろしくなると同時に、この世界中で無駄に失われ続けている日本人の膨大な時間やエネルギーを効率的に一点に集中したら、とてつもなく凄いことが実現するんじゃないのか?」っていうのがネットで流れてきた。



Just How Fast is Dubai Growing?

短期間で街をつくることは、十分に可能だということです。



記録的人数のオーストラリア人が海外移住
オーストラリア生まれで海外へ移住した人達は、より良い仕事など経済的な理由で移住する人達が最も多く、外国生まれのオーストラリア人の移住理由は、ホームシックなどで母国へ帰国する人達が最も多い。


豪州移民局の定める地方都市、または人口の少ない主要都市に、最低2年間居住


移住者大歓迎! 全国田舎暮らし支援制度


移住促進特別区域(移住特区)


※過疎化に悩む両国。


PDF 海外在留邦人数調査統計
オーストラリアの邦人数増加。

長野県白馬は英国人区長も誕生。

北半球のオーストラリア~外国人に愛される街・ニセコ~

南半球の日本~日本人に愛される街づくり…

※双方の国に多数の移住希望需要。

これだけ双方の移住ニーズと地方移住のニーズが合致するのだから、双方の国に特区を設ければ、双方の国にメリットがあるということ。



豪グレートバリアリーフ、年100万人以上の観光客失う可能性も
オーストラリアにある世界最大のサンゴ礁、グレートバリアリーフが、サンゴの白化現象によって年間100万人以上の観光客と巨額の観光収入を失う可能性を指摘する調査報告が発表された。

 グレートバリアリーフは今年に入り、サンゴの多くが白化し、全体のほぼ4分の1が死滅するという前代未聞の規模の白化現象が確認されている。

 豪独立系シンクタンク、Australia Instituteが発表した討議資料は「サンゴの観光エリアは年間100万人超の訪問者を失う恐れがあり」、またそうした観光客が訪れなくなった場合、毎年10億豪ドル(約780億円)の潜在収入が失われると指摘している。

さらにクイーンズランド州では、地域の主要産業である観光業の衰退により、約1万人分の雇用が失われる恐れがあるという。

 昨年1年間で約350万人の観光客がグレートバリアリーフ沿いの地域を訪れており、同報告は「白化現象が続けば、オーストラリア随一の国際観光地としてのグレートバリアリーフの地位が損なわれるだけでなく、世界的な観光国としてのオーストラリアのあり方にも影響を与えかねない」と懸念している。



『観光都市を造ればいいだけの話』



海外に本物の日本人街を作ればいいだけの話


海外の自然豊かな国に日本村みたいなのを作ってもらって、そこにこぞって移動し、向こうの国も日本人も潤うようなシステムを作る。
今はみんな安全な所に行きたいですよねー



若い人達だけを海外へ向かわせるんじゃ無くて、年金もらうならみんな海外に住まわせればいいのにね。
国として支援すれば、国外に学校や病院も含めた日本村なんて簡単に作れるだろうし。
そうすりゃ日本文化の輸出にもなるんだけどな。



この際、覚悟した日本人からどんどん海外に進出し、海外に日本人村をどんどん作るべきではないか?中国人のように。
ある程度の日本人が集まると、その中だけでも経済が回るようになるのだ。
そして助け合いながら、子供を救う、そういうことができないものか?!!



海外移住、言語のカベでなかなか実現できないとこあるけど、おっきな日本人街とかできて日本語だけで用が済むようになって受け入れ拡大できるような流れになっていったら、って思うことがある


海外にノンベクレル日本人街つくる。


なぜ、日本政府は、海外にいる日系人と連携して政治的、経済的協力体制を築き、日本人の活躍の場を国際的に広げようとしないのか。


この国の食糧の7割は海外から来るし内地の豊かさをもたらす工場も海外にある。
それを確保する一番効率的な方法は日本人村を海外に建設することだ。



日本列島に居ることが出来るのは限られた人間という時が必ず来る。
それ以外は海外に出ざるを得ない。
むしろ、今から日本人街を整備するべきだ。
医療保険なども海外でも使えるようにして。
でないと民族の滅亡リスクすらある



日本で製造業の継続はもう困難かも。
他の地域での地震の可能性あり海外移転必須、日本人労働者も工場と一緒に海外移住。
日本特区を創る案です。



日本人街を作りたい。みんなと一緒に必ず絶対に。私は必ず絶対に日本人街を作りたい。安全な場所で。
なにごとも、心に強く決めた瞬間が、無から有に変わるとき‥
そして、夢は実現するために、理想は自分に勝つために在るのです。



海外で日本文化を存続する事を考えよう! このまま放*能汚染が続くと、もう日本人も日本文化もなくなっていく気がするから。
華僑がそうしているように、日僑があってもいいと思います!!



今からでも地球上にまともな日本人街を一つ一つ作っていく。
出来なければ、日本民族は絶滅し、消え去る可能性すらある。



もう災害怖いから、みんなで海外移住して日本人街作ろう


日本は好きだけど、自然災害多すぎだから海外移住したい!!!


自分も死にたくないし好きな人たちが死んだらどうしようって考えるだけで地獄、、、、ああ、、、大地震とかやめよう、、、みんなで海外移住しよう、、、


世界中に散らばるのもいいでしょう。世界各地で日本人街を作り、安全な食材で日本食を広め、日本の文化を広め、安全に子供を育て、桜を街に植えて、着物姿で花見や節句…
あれっなんだか涙が出てきた…



日本は複合企業集合体でも全く構わ無い。
資産があっても海外にまともな日本人街が一つもないことや海外穀倉地帯の大型買収に消極的なことなど致命的な点も多い。
有事には地獄



海外に組織的な移住をするのも方法かな。
海があって気候のいい場所で「日本村」作って、*発とは程遠い、昔ながらの日本の生活をして行く。
最初の規模は小さくても、たくさん集まれば町くらいにはなるだろうし



やっぱり日本村を海外に作って集団移住がベストなのかなぁ…


海外で、日本人街を創れるといいなと思います!
華僑やチャイナタウンのように、美味しくて安全安心な自給自足的な…♪
身体、大切にしましょう!



海外で、日本人街を創りたいですね。安全で安心で、自給自足的な穏やかな街を。
子どもがいっぱいで、女性の元気な音楽に満ちた街!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



農業ベンチャーが進出している。
農業技術者の優秀な人を求めている。
漁業だって、良い腕を持っていれば、
汚染されて売れない魚の漁をするよりも、
それこそ地域の共同体ごと海外に拠点を移して、平成日本村でも作って移住しても楽しい人生送れるんじゃないかと思ってしまう



ロシア野菜.穀物大手マリノ社が日本式農業技術の導入計画
野菜・穀物生産を手がけるロシアの農業大手マリノのセルゲイ・ルペヒン社長は、日本農業のノウハウを導入して農産物の生産・出荷を行う「日本村」を設立する構想を明らかにした。

日本村の設立構想
について、ルペヒン社長は「日本農業の技術力をロシアに導入したい」と狙いを強調した。

日本村という受け皿を作ることで、農業分野で日本企業との協力を進める方針だ。
 
日本村の候補地は、モスクワ市が農業関連企業を集積するため設置を予定する「農業団地」を考えている。

ルペヒン社長は日本企業との協力について、日本村での合弁事業などのほか「日本に近接する極東地域などに野菜や穀物を生産する合弁会社を設立したい」と語った。


移った先でまず、自分たちでコミュニティを築いていく必要があると思う。
中華街や日本人街みたいに、一定のエリアでコミュニティを作ってもらうべきでは。



広い世界を知れば、世界に日本人街を作り、世界を広げていこうと思い始める。日本人は優秀だ。


日本が世界に冠たると言えるかどうか輸出競争力に掛かっている。
でも、地球上にまともな日本人街が一つもない日本は弱い。



最大のインフラは海外のまともな日本人街だよなぁ。これがとにかく欲しい。
これが無いことが日本は外交、経済、全てに弱い。



地球上のどこにもまともな日本人街が存在しない。こんな国はどうにもならない。
海外教育基盤や他国との同盟関係、邦人の海外シェルター、何も無いと同義。
やはり、日本の自国民見殺し体質の側面やハードルの高さを感じるし、絶望的。



海外に日本人街を作ってでも外国に移住できる環境を作らないと。
そこは、海外移住の多い中国に学ぶべきだと思う。



一人一人が、日本を背負ってる。
地球を背負ってるとでも思わないと、 ちょっとやそっとでは勝てない。
世界中の日本人全員が、自分の事として認識していないと。
日本の長所は、チームワークでもあるのだから。
もう他人事じゃない、外からも内からも力を合わせないと。



311を皮切に●発・地震、日本は危機感たっぷり。国は新たな生活場所(避難所)として
海外に作った日本村のようなものを提供。
特に大自然あふれる場所がいいかも。
居住する国も日本人も潤えるようなシステム。



大規模な海外進出を可能にするには、
世界中に日本人村を作る必要がある。
各国政府に双方を豊かにすることだと示す必要がある。同時に権利を守る仕組みが必要になる。



タイ郊外に現れし日本人村。


もういっそのこと元気なうちに海外に出て
皆んなで日本人街を作ったほうがいいかも。



元気なうちに…。御意。


自覚的な人が呼び掛けて実行しているように今やる気のある日本人が海外に出て日本人村を建設しないと民族自体の絶滅の可能性が高い。


かつて日本は総力戦遂行の為に高い能力を持ち次の時代を担うべき人材の多くを只の一兵卒として使い捨てにした過去を持つ。
今やる気のある日本人が自ら決断して外の世界に出ていかないならその二の轍を踏む事になる。
日本に残るのは生きながら死ぬのを選ぶ事を意味する。



中国人は華僑として世界各国で商売して、チャイナタウンがあちこちにある。
日本人も、それに倣ってジャパニーズタウンを作れるようでないと。
世界中で生き残れる人材を作っていけないと。



クローズアップ現代見たけど協力した所で今の日本は変わらない気がする
世界に移住して日本人街つくった方がいいべ



住む場所もそう。
堅実な人が多く住む場所、ファミリーが多く住む場所。
自分に近い人が多い場所に住めば、余計な摩擦も起こらない。




海外「日本のサービス」 外国人が自国にもあって欲しいと思う日本の物事
日本人街を作れば即解決!


衝撃!!外国人から見ると凄過ぎ!!日本



「海外在住の日本人は関西出身が多い?」
そう感じる人が多いから検証してみた


この記事に対する「村松 竜(GMOペイメントゲートウェイ 企業価値向上戦略統括本部管掌 副社長 シンガポール常駐)」氏のコメントがすごい。

世界にたった100万人しかいない日本人を、今後10年間で10倍の1000万人にする。

これは国策にするべきだ。

100万人は全日本人のたった1%以下。

あまりにも足りなさ過ぎる。


シンガポールに来て2年経つが、思えばこれは3度目の海外居住になる。

初回は小学生の頃2年メルボルン、これは親の赴任。大変ありがたかった。

次はジャフコ時代のシリコンバレー、会社での赴任駐在、これも大変にありがたかった。

そして今回は自身の事業での居住となった。

これらの3箇所にひとつ共有していることがある。

移民で成り立った国・地域・都市であり、人種の坩堝である事だ。

そこでは多様な価値観や文化を持った人との生活や交流や交渉が自然と存在する。

ほぼ単一民族・文化である日本では存在しない・出来ない事である。

しかしこれこそが、日本の最大の弱点である、世界に出て行かない、行けない、行くと(歴史的にもあらゆる意味で)失敗する、というアキレス腱を唯一補強するトレーニング方法なのだと思う。

それゆえの、大量留学・移民構想なのだ。




コ●アンに占拠されるリトル トーキョー

日本は中●や●国と比べると、海外に居住する同邦、長期滞在者を大事にしない。

大使や領事など日本から派遣されてきた役人は、赴任期間を そつなくこなして引き揚げるだけで、いつも東京の方向ばかりを見て仕事をしている。これは企業駐在員も同じだ。

本来なら、日系コミュニティを積極的に支援すべきなのに、外交官たちは、日系移民と その子孫たちは別世界の住民だと考えているかのようだ。

日本政府は現在、国土強靭化で国内のインフラに巨額を投じている。

その費用の一部を海外に振り向け、リトル トーキョー や ジャパン タウンを再建するべきだろう。

強靭化が国内ばかりでは、日本が本当に強靭化したことにはならない。




ドバイ発展の比較画像 1991 - 2005 - 2012


地震災害に強い街
     
地震災害のない安心して暮らせる街


大気汚染でマスクと空気清浄機が必須の街
          
空気が綺麗でマスクも空気清浄機も不要な街

皆さん、いつまで戦うつもりですか?

消耗戦ばかりでは疲れるだけです。

『戦う』 から 『回避する』 へ 発想の転換を!

「海外移住が簡単な国がない、海外は言葉も通じず、日本人が生きるには過酷な環境で生存率が低い、それならば、過酷な環境を生存率が高くなるような快適な環境にするにはどうすれば良いのか、海外移住を簡単にするにはどうすれば良いのかを考える方が建設的ではなかろうろうか?」
(某国永住者談)


ちなみに1980年代の後半以前は,世界の多くの国へ、ほぼ無条件で移住することが可能でした。
(なかには、観光で訪れた国の移民局で、そのまま永住権に切り替えた人も…。)

しかし,現在はご存知の通り、国によっては永住権の取得がほぼ不可能な水準にまで条件が難しくなっています。

世界各地に日本人街ができれば、昔の、それに近い状態になる可能性を秘めているともいわれています。

永住権取得が容易であった時代の海外移住者も、困難に耐えながらギリギリの我慢生活して海外で消耗するか、帰国を余儀なくされているという現実があるなかで、国によっては永住権の取得がほぼ不可能な水準にまで条件が難しくなっているにもかかわらず、不可能に近い無謀なことに資金を投じ、大金と長い時間をかけたのに、結局失敗に終わってしまった。

あるいは、苦労して永住権を取得したとしても、最終的に日本に帰国したのでは、何のための苦労(人生)だったのか?

あとで後悔しても時間もお金も戻らず、費用対効果と労力対効果に見合わないというケースが、近年急増している模様です。



※結構ディープな内容です。
最後まで,ごゆるりと。
移住希望者が簡単に移住できる、移住しやすくなる社会構築の実現に関する考察。

途中で離脱して,大切な情報を見逃す人が意外に多い。



<実現の方法のヒント>


クラウドファンディングを使って、街づくりに参加しよう


海外での街づくり


農林中央金庫、国際競争で勝つために何をすべきか
プロジェクトファイナンス部が担当する領域は広く、世界中のエネルギー関連プロジェクト、水道、学校、鉄道、道路、病院、空港や送電線網などのインフラ投資に加え、航空機、船舶ファイナンスなどの諸領域を一手に担当しています。

世界の金融機関に加え、事業主体とのお付き合いも多く、外国の政府機関や運輸会社、エネルギーであれば開発・運営事業者や商社というように、さまざまな方と話をする機会が多いのも特徴です。


PFI・PPPとは


インフラ分野のPPPプロジェクトがなぜよいのか


新興国・先進国ともに潜在成長性の高いインフラ市場


日本の都市の国際競争力強化と都市輸出に向けて


日本がインフラ輸出を成功させる条件


世界が称賛する「インフラ品質」を輸出できない、日本企業の課題と処方箋


「環境未来都市」を環境都市輸出ビジネスのテコに


1年で4倍! 急増する“和僑”って何だ?


海外交通・都市開発事業支援機構


日本料理の素晴らしさ
日本の一流の「食」を海外に持っていくことができれば、大きな市場を開拓できるうえに、食を通じて日本という国に対する さらに良好なイメージを確立できる。


訪日外国人が思わず唸る「日本の食」
日本のラーメンは、今、猛烈な勢いで海外に進出しています。

2013年に設立された官民ファンドである「クールジャパン機構(海外需要開拓支援機構)」は、ラーメンチェーンの『一風堂』に対して、海外進出を助けるために、約7億円の出資と最大13億円の融資枠を設定し、支援することを2014年12月に決めました。


日本が海外で推進する「ジャパン・ハウス」計画



世界の自然災害統計で見る日本。台風・地震・火山・洪水など自然災害リスクが半端ない!


地震について|気象庁

日本で地震が発生しないところはありません。

また、ある場所で過去に大きな地震が発生していたとしても、地表に痕跡(活断層など)が残らないことがあります。

このため「この場所は大きな地震が絶対ありません」と言えるところはありません。


地震の発生確率を理解する
大地震の被害を受けないで済む街は日本にはない。


揺れの予測の落とし穴
マグニチュード7程度の地震は日本中どこでも いつかは起こり、震度6強や震度7の揺れに日本中どこでも いつかは見舞われます。


近づくM9級大地震!あなたは今そこにいて本当に大丈夫か


南海トラフ大地震
必ず やってくる大地震。

私たちは いま、日本に住みつづけることの絶望的なリスクを突きつけられている。

そのとき、「こんなことになるとは考えもしなかった」と茫然自失しないためには、いまから準備を始めるしかない。

地震予知の研究50年間「成功率ゼロ」


地震予知
運良く構造物の倒壊に巻き込まれて命を落とすことは免れたとしても、建物やライフラインなどが甚大な被害を受ければ、その後の生活はできません。

実際、新潟県中越地震で亡くなった方の多くは、地震後、不自由な生活の中で命を落とされてしまいました。

つまり、完璧に地震予知ができても、倒壊する構造物は倒壊するわけですから、地震災害を抜本的に解決することにはならないことを肝に銘じておくべきでしょう。



地震災害の3つの特質と問題点

自宅が大きな被害を受けて住むところが無くなる確率は全く違います。

かろうじて住むことはできても、電気、ガス、水道などのライフラインが使えなければ生活はできません。

つまり、生活基盤を都市まるごと破壊してしまう
、というのが地震災害の3つ目の特質と問題点です。

建物の倒壊によって命を落とすことを免れたとしても、生活基盤を破壊されてしまうと、その日の暮らしにも困るのは言うまでもなく、自宅という大きな財産を失い、将来に対する不安、ものすごいストレスと絶望感、不自由な生活の中で命を落としてしまうようなケースも多々あります。


地震予知で命は救えない 研究者のための研究からの脱却を

国民に知らしめるべきは、「日本国内は いつでも、どこでも、大きな地震が起こる可能性がある」という知識と実感だ」

30年以内に震度6弱以上の地震が起こる確率が何%」というような「確率論的 全国地震動予測地図」では、それが25%のところもあれば、5%のところもある。

その確率が本当に正しいとしても、この確率の違いに どれだけの意味があると言えるだろうか?

そもそも、30年以内の いつなのかも全くわからず、どうしようもない。


地震予知で命は救えない 研究者のための研究からの脱却を
日本国内では、避難した先でも いつでも大地震が起こる可能性がある。

予知を受けて どれだけ用心をしていても、
地震は必ず来る。

被害は繰り返されている。

地震に備えなくても良い、という安心できる地域はない。

地震は発生を止めることも、正確な発生時刻の予知もできない。



「可能性すら予想できない」
役に立たなかった地震研究





巨大災害が急増、地球環境も刻一刻と悪化するなかで、地球上で相対的な汚染度の低い貴重な地域で汚染度の低い安全な食糧を自給生産。

災害リスクの低い地域に街とコミュニティーを築き
手術・入院時に必要となる輸血用血液をも自給できる大規模なコミュニティーを構築できるか否かに日本人の未来はかかっています。

刻一刻と汚染物質は蓄積、遺伝子は傷つき、刻一刻と災害と事故が迫る!

短期的で目先のその場かぎりの場当たり的な思考ではなく、長期的視点に立った思考が日本人に求められています。

災害リスクが低く、健康に暮らせる汚染の少ない環境が無い、
ならば創るということを考える方が建設的ではなかろうろうか?。

どうせ個人で創れないからと言って簡単に諦めて、刻一刻と自滅が迫り、子供を見殺しにするよりも、創れないなら
拡散し、世の中に知らせ、ニーズがあるということを創れる人に注目してもらう可能性を高めるために、

FBやブログ、Twitterなどを活用することこそ、結果的にあなたの子供や家族をはじめ多くの人を災害で危険な地域からの脱出を可能にし、命と健康を守ることにつながるのではなかろうか?。

何かが起こる前に即安全な地に移動できるシステムを構築しない限り、日本人は真の安全も健康も得られず、永遠に救われることはないでしょう。


未来の子供達へ安全な環境を残さなければ、日本人は行き詰ってしまいます。

いつまで訃報や急病人、汚染情報の拡散に時間を費やすのですか?。

問題の先送りは、今すぐやめるべきです。

同じ時間を使うなら、未来に繋がることを拡散すべきでは?
(某国永住者談)


時間を無駄に費やすツイッター
(費ッター)
そろそろツイッターの正しい使い方を考えないと。

発病、被災してから後悔しても遅いのです。(某国永住者談)



日本は地域による汚染レベルの差はあれど、『食べて応援』するしかなく、刻一刻と健康に暮らせる居住地が狭まり、健康に過ごせる寿命も短くなっているのに対し、
中国人は先を見越して着々と生息範囲を拡大中…。


中国の耕地、大部分が汚染されている


中国が世界各地で土地を買収、
未来の人類は中国産の食べ物に頼ることになる

中国の農業が世界に拡大し、未来の人類は中国産の食べ物に頼るようになると予測。

未来の人類は何を食べているか。ファンションや技術と同様、
「中国製」の食物が世界を席巻しているかもしれない。

中国農業の拡大は3つの戦略に基づいている。

まずは土地の買収。中国は現在、31か国・61か所で土地の買収を進め、農業を展開する見通しだ。

さらに、大規模な食品関連企業の買収も進めている。2013年には米国の養豚、食肉処理企業大手を買収。

オランダやシンガポールの農業企業も次々と傘下に収めている。

中国政府は農業の大規模化を推進。一部の大手国有企業に資本と富を集中させる方針だ。

未来の人類が食べる食物は、中国企業数社によって管理されているかもしれない。


世界中で農地を買い漁る中国企業


豪州で村まるごと11億円で売り出し!中国系バイヤーから熱い視線


食料確保に裏技?!外国農地借り上げと移住を検討-広東省


中国企業、仏の農地大量買収で物議=相場の3倍で5000ヘクタール入手


中国企業の海外農業投資が活発化,水不足や土壌汚染が引き金


ブラジルに中国人の食糧生産基地を計画


中国によるブラジル農地買い占め


中国企業が、ニュージーランドの牧場16か所を購入


「オーストラリア北部を中国の食糧生産地に」大胆な構想


中国人によるカナダ農地への投資ブーム、農地価格が暴騰


日本人は、相対的に汚染度の低い土地の可能性に、いまだ気がつかず。



史上最強の買い占め!中国軍艦がオーストラリアで粉ミルク「爆買い」


カナダ企業、新鮮な空気を中国へ輸出,売れ行き好調


相対的に汚染度の低い地域の生産物 = プレミア。価値を生むということ。



中国、中国人と海外企業の大脱出が始まった!

各国のチャイナタウンにいる遠い親戚などの仲間に協力してもらう海外ルートに強く、その手のノウハウを持っているのです。


すさまじい中国人の不動産爆買い!バンクーバーの3分の1の住宅を購入



日本人街も コミュニティーも無い日本人は、脱出ルートも無く、国内幽閉状態であるという認識も危機感も無い模様…。



<考察>西日本移住は永続的に可能か?


中国、殺人大気の正体は「放射性石炭」だった
「ウラン混合石炭」とは、数年前に内モンゴルなど北方地域で、火力発電所の周辺で異常に高い放射線が検出されたことに始まる。

線量は規制値の数百倍にもあたり、専門家が石炭から放射線が出ていることを突き止めた。

「放射性石炭の産地とされる内モンゴルからは、昨年1年間で約1・8億トンの石炭が産出された(中国全土では約37億トン=一般財団法人「石炭エネルギーセンター」調べ)。

恐ろしいのは、放射性石炭が、季節風に乗って日本を"越境汚染"していることです。

毎年、黄砂の季節には福岡県など、中国に近い地域で放射線量が大きく上昇するのは、そのせいです。

放射性黄砂が内部被曝の原因となり、免疫力の低下や心臓、肺、腎臓を傷つけて、がん化させる。

また、喘息やアトピー患者、それに、子どもや老人など社会的弱者たちが、ジワジワとダメージを受けている現実も見過ごせません」

ちなみに、黄砂が含むPM2・5は、市販されている一般的な花粉用マスクや、医療用マスクでも効果はない。

もちろん、放射線に対しても無力である。


日本の不幸は、"風上"に人類が いまだ経験したことのない汚染大国を抱えてしまっていることか...。


石炭灰廃棄物に放射能汚染物質
米国の主要石炭生産地域にある石炭灰に、高レベルの放射能汚染物質が含まれているとの研究報告が発表された。この未規制廃棄物の危険性に関する懸念を浮上させる結果だという。

石炭にセレンやヒ素などの有害物質が含まれることは、専門家らの間で長年知られている。

ラジウム同位体や鉛210は石炭内で自然発生するが、石炭を燃焼すると「ラジウム同位体は石炭灰残渣(ざんさ)中で濃縮され、鉛210は化学的に揮発性となり、飛灰(ひばい、フライアッシュ)の微粒子に付着する」


<PDF>大気中浮遊粒子の粒径別個数濃度と金属濃度調査
大気中浮遊粒子の動態調査を目的として、粒径7 nm~10 μmの粒子を粒径により12区分し、1年間の個数濃度測定及び粒子採取を行った。採取した粒子は、18種の金属成分について粒径別の濃度を測定した。

粒子個数濃度の測定結果では、全粒径合計の年間平均値は14000 個/cm3であり、その75%は粒径が100 nm以下のナノ粒子であった。


微小粒子の健康影響 アレルギーと循環機能

<粒子の表面積と毒性>

同じ重さの粒子群は、粒径が小さいほど個数は多くなり、また全体の表面積は極めて大きくなります。

たとえば粒径が1μm(1000nm)の粒子と、10nmの粒子の集合体を比較すると、10nmの粒子の方が個数が多い分、表面積で約100倍も大きくなります。

粒子表面そのものに毒性がある場合や、表面に毒性を持つ化学物質が吸着している場合などは、表面積が大きくなると毒性が強くなる可能性があります。



大気汚染の元凶PM2.5、粒径が小さいほど健康被害も深刻に
粒径が0.5マイクロミリメートル以下の粒子状物質は人体により深刻な被害をもたらし、粒径が小さいほど被害が深刻になる。

粒径0.25-0.50マイクロミリメートルの粒子状物質濃度の住民の健康被害、特に心血管疾患リスクとの関係が最も顕著。

粒子状物質の粒径が小さいほど、その数的濃度が上昇し表面積が拡大。

より多くの有害物質を引きつけ人体に入りやすい。

粒径によっては粒子状物質が気道の運動との間に関連性を持ち、0.50マイクロミリメートル以下は主に拡散により沈積し、0.50マイクロミリメートル以上は衝突により沈積する可能性がある。


ナノ粒子は第4の病原物質か?理科大の武田・菅又氏らが確認
ナノ粒子はバクテリア、ウイルス、プリオンに続いて第4の病原物質と表現したくなるほど様々な病態を引き起こす。


世界初、子どもの肺からカーボンナノチューブが見つかる
2008年に公開された研究結果によれば、ネズミの体内にカーボン ナノ チューブを注入すると「アスベストにより引き起こされる免疫反応」に似た反応が確認されており、人体に何かしらの影響がみられる可能性も示唆されています。

カーボン ナノ チューブには他の分子と くっつくことのできる広い表面積があるので、体に何かしらの害を与える汚染物質などを肺や体内の奥深くに とどめる役割を担う可能性はある。


ナノ素材の毒性を示す新たな実験結果――ナノテクへの懸念が増大



粒子が細かいほど、毒性が増す。

粒子が細かいほど、マスクで防げなくなるのですが、マスクで頑張ろう!っていう人が大半。

細かい粒子にマスク。B29に竹槍。変わってないな日本人。

早く、根本的な解決方法に注目しないと!
発病してからでは遅いのです。




環境汚染大国・中国、あらゆる汚染物質で排出量が世界一


中国の大気汚染 深刻な健康被害は これから出現


香港住民、深刻な大気汚染で5人に1人が海外移住検討



日本人は、どんなに汚染が深刻になっても海外移住を検討せず?

※海外移住を検討しても極めて困難な現状。

困難を打破し、海外移住簡単にする方法を知らないまま自滅の道へとまっしぐら?



一人っ子政策全面廃止、5年内に出生数を年間1700万人に


人口増加=エネルギー需要増加=環境汚染も悪化という連想力は皆無?

【 衝撃の事実 】 東アジアの原発地図

((( ;゚Д゚)))


中国の原発、2050年に400基分計画 【地震帯にも建設】

周辺国の状況も考えて日本国内で子供や孫の未来があるのか?。

このままだと大多数の日本人は政治に期待しながら、日本国内で事故や災害を待つだけか?。

子供も孫も、日本(含むアジア)と一蓮托生、日本(含むアジア)と運命共同体、日本(含むアジア)と心中?



失った時間は お金で買い戻せないので「時は金なり」と言うより「時は命なり」と言った方がより正確。時間の浪費は生命エネルギーを無駄に燃やしているのと同じ。


風上の国で何が起こっても、
海外移住できない日本人。

事故や戦争が先か、それとも風上の国で何かが起こる前に即移住できる方法を拡散し、誰もが海外移住を簡単に実現させる場所を確保するのが先か、時間との勝負。

子供を守りたければ全力で拡散!
(某国永住者談)



生きるのが重要なのではなく、
生き延びるのが重要な時代に

今後の数十年は、人類は今までのように順風満帆な時代ではない。

人類が地球を破壊しているのは、膨大に増え続ける人口を支えるために食料とエネルギーがもっと必要になってくるからだ。

環境破壊、大気汚染、食糧危機、そして自然破壊から生まれていく大災害。

私たちの生きる環境は、ますます過酷になっていく。

これからは「生き延びる」のが重要な時代になる。


オーストラリアで日本人が就農、
気がつけば月収100万円



「外国に出て日本の野菜を作ってみたら いいんじゃない」


パリで大人気、日本の野菜


農家が海外に進出し農業をグローバル化する


日本農業「海外進出」始まった!新富裕層狙い現地生産・販売


ファイト サイクル プロジェクトのご案内



●「~移住関係者が絶対に言わないこと」シリーズと、

海外移住の現実(海外移住は難しく、至難の業)を熟読すれば分かる通り、日本人の海外移住の成功率は極めて低く、たとえ永住権取得に成功しても、仕事がないか、あっても十分な収入を得られなかったり、病気や介護時の医療の問題、子供の教育、食事や文化面、娯楽のない退屈さや望郷の念に耐えられない、などの要因で帰国を決意する日本人が非常に多いといわれています。

また、現地で稼げず、日本との往復生活、愚痴をこぼしながら我慢の生活、帰りたくても帰国費用すらなく、帰国費用があっても、既に身内と疎遠になっていたり、身内が他界していたりで帰る場所もなく帰れないというケースも多いといわれています。


海外移住に関する甘い話、海外で仕事がない、ビザが難しい、海外移住者の多くが最終的に帰国するか、帰国したくてもできず海外で我慢の人生を送ったり、海外の医療や食事が合わない、などの情報は山のようにありますが、

それらの問題をどうすれば解決できるのか?という議論がまるでなされていません。


地震が恐い、災害が多くて危険だから移住したい、大気汚染で喘息が苦しいから移住したいなど、如何なる理由があっても、この問題を解決しない限り、無謀にも困難な永住権にトライするか、海外移住と称するものの、ビザカテゴリ上からは、単なる一時滞在者なのに、永住と勘違いし、帰国を余儀なくされる事態に遭遇し、結局、多くの時間とお金を失う、というのが現実です。

日本人が無関心に先送りにしてきた海外移住問題に触れていくことにします。




海外移住の計画で目標を立てても、申請時の移住の条件が計画時よりも難しくなってしまい、移住に失敗し、結果的に無駄な時間とお金をドブに棄てるという人が近年急増しています。

語学や移住スキルを身につけるためには膨大な時間と努力、費用が必要となります。

移住に失敗すれば、ほぼすべてが無駄になるだけでなく、費用を使い果たしてしまった場合、日本での帰国後の生活や老後に苦労する羽目に。

人生は一度きりです!




『マレーシアに老後海外移住して失敗した日本人夫婦の話を聞いて、日本人のあり方を哲学する』

日本人は日本社会にいるから日本人なわけなんだよ。

ロサンジェルスのリトル東京。

ここは、今でも日本語だけで生活できる。

ブラジルのサンパウロの、リベルダーデの東洋人街へも行った。
ここは本当は日本人街で、通りには鳥居もある。

だけど、●国人の進出がすごくて、日本人は日本へ出稼ぎに行ってしまって、いまは日本人街とは言えないかも。

でも僕が1989年に行った時は、床屋さんや酒場では、
日本語が十分に通用していた。

考えてみれば、世界中の「中華街(China Town)」も、中国人が居易いように出来たものだ。

でも、テレビの海外移住特集なんかで取り上げられる日本人は全員、海外で孤立しているよ

いくら豪華マンションに安く住めて,食材が安くて,メイドを安く使えるとしても,意味はない。

だって そこには、日本人が住むための「日本社会」がないんだから(涙)。

それに、日本食が食べられない。
食べられるとしても、ものすごく高価にならざるを得ない。

さらには,日本の情報が入らない。

人間は、ある文化の中で生きているわけでね。

日本人は、日本文化の中でしか、生きられないわけだ。




サメは陸では生きられない。ライオンは海では生きられない


どの生物にもフィールド(生きる場所)があって、そのフィールドの中では最強だが、そこから抜け出たら能力が著しく削がれて何もできなくなることを意味している。

熱帯の植物を寒冷地で育ても、うまく育たない。寒冷地の植物を熱帯で育てても、やはりうまく育たない。

これは、とても重要なことである。

どの生物にも自分が能力を最大に発揮できる「場」というものを持っており、そこから外れると一瞬で「無能」になる。

自分が生きるのに最適な「フィールド」というのは,すべての生物にとって無視できないものだ。


人間は、生きるフィールドを間違うことがある

自分の才能が活かせたら百獣の王のような存在感を持てる人が、
わざわざ間違ったフィールドに堕ちて、才能を開花させることもなく朽ちてしまう。

その人が,自分の才能を活かせないというのは,本人ばかりか,人類にとっても大きな損失である可能性がある。

その才能を活かすことができれば、世の中を変えるような「何か」が生まれるかもしれないからだ。


自分の才能とフィールドががっちりと合えば、とても効率が良い。

何よりも、自分が心地良く感じる。


自分のフィールドでもないところで力を注いでも、多くは徒労に終わってしまう。

サメが陸に順応しようとして壮絶な努力をしても、その努力が徒労に終わるのと同じだ。


そこが自分の居るべきフィールドではないと思うのであれば、そこに注力しても実りは少ない。

逆に、そこが自分のフィールドだと思うのであれば、思いきりそこに注力した方がいい。



世界で日本人の才能を活かせないというのは,日本人ばかりか,人類にとっても大きな損失である可能性がある。

日本人の能力を最大に発揮でき、日本人が生きるのに最適な「場所=フィールド」が創設されれば、海外でも日本人の才能を活かし、世の中を変えるような「何か」が生まれるかもしれない。

海外に大規模な日本人コミュニティーがあれば、語学学習に費やす膨大な時間とお金のロスも不要になる。

こういう発想が出てこない限り、海外で日本人の苦難は続く。

過去から日本人の膨大な時間と莫大な資金が世界中で無駄に失われ消耗し続け、しかも現在進行形で、このまま延々と継続していくことを考えれば、日本人は真剣に検討すべき時期ではなかろうか。
(海外永住者談)



日本語が世界中で通じるなら、何百倍もの日本人がとっくに海外移住してることでしょうね。



溶け込もうとしなかったイスラム教徒が悪い、みたいなことを聞くと、じゃ、世界各国の中国人街やリトルトーキョーまで否定できるか?とも思う。
また、もし日本が無くなって自分達が難民になり、その国の言葉を喋れないと差別されるような事態になったら果たして日本人街を作らずにいられるだろうか?




国際結婚 移住6年 辛い 立ち直れますか?
結婚をしてから、自分の中で何かが変わってしまいました。

日本への望郷の念が突然湧きだし、毎晩のように号泣する夜が続きました。

とてつもない「重大なミス」を犯してしまった様な感覚で、今更ながら日本の家族が恋しく、毎日毎日胸が苦しく、仕事も集中できなくなってしまいました。

このままでは体が持たないと感じる程です。



海外移住の成功率は恐ろしく低いものです。永住権を取得したあと、海外で生計をたて、生き残ってゆくのも至難の業です。

弱肉強食の海外で生き残れるほど世の中は強い人間ばかりではありません。

日本人の誰もが流暢な語学力や、海外で十分に通用する仕事のスキルを持ち合わせているわけではありません。

むしろ、そういう人は稀といってもいいでしょう。

では、海外で生き残る強さも、語学力も、スキルもない人は諦めるほか無いのでしょうか?。

その解決方法とは?



ライオンのような強い肉食動物の群れの中に1頭のシマウマを放したら,どうなるでしょう?

だから、弱いシマウマなどの草食動物はまとまって集団で行動しているのです。

世界の移民を見てみると、日本人以外の民族は、まとまっていて協力的です。

コミュニティーとネットワークでまとまらないと生き残るのが難しいことを知っているのでしょうね。



リトル・イタリー(ニューヨーク マンハッタン)


リトル・インディア シンガポール


世界に広がる中国人移民

世界中 どこの国にも中国人がおり、チャイナタウンができており、そして中国語のみで、中国式に暮らせる空間がある。

中国人は移民によってネットワークを拡大し、富を増やし守り、生き抜いてきた人々であり、中国経済の陰りや政治の不安定さが垣間見える昨今、中国人の移民ブームは ますます盛り上がっている。



米国に世界最大の中国人コミュニティー誕生、投資総額は50億ドル
米国の投資会社、チャイナシティと中国国龍(天津)株式投資基金が米ミズーリ州サリバン郡に世界最大規模となる中国人コミュニティーを共同で建設することを決定した。

投資会社「チャイナシティ」はウォール街の銀行10数社の共同出資によって設立された企業で、ニューヨーク市北西部にあるサリバン郡で
観光、レジャー、ショッピングなどを一体化した世界最大の中国人コミュニティーを建設する。

同プロジェクトへの投資総額は50億ドル。年間観光客数は4万人を見込んでいる。



マンハッタン全体がチャイナタウンに、過熱する中国人の米不動産投資ブーム―米紙

マンハッタンに数々あるランドマーク建築を中国企業が次々購入している。


2015年だけで38億ドル(約4710億円)と前年比で3倍以上の金額が投資された。

米国全体で見ても中国企業による米商業物件の取得額は2014年に初めて100億ドル(約1兆2400億円)を突破している。

今回の中国による購入ラッシュは次元が違うレベルだという。

既存物件の買収だけではなく、土地を取得し新規物件の開発を進める動きもある。


また米国には50万ドル以上を投資し、10人分の雇用を生み出した場合にはグリーンカードが取得できるEB-5という移民制度があるが、これも中国人に大人気。2014年のEB-5申請者数の85%は中国人が占めた。



オーストラリアに建設予定の中国風テーマパークがいろいろスゴい

「Chappypie China Time」と呼ばれる中国をテーマにしたアミューズメントパークはシドニーから1時間ほど離れたワーナーベールに建設を予定されている。

15.7haもの敷地面積に総額約5億ドルの費用をかけて建設予定のディズニーランド的中国テーマパーク。

紫禁城の城壁を模した大きな城壁がこのテーマパークのエントランス。計画では金色に輝くドラゴンをイメージしたエントランスにする予定のようだ。

園内は、伝統的な中国都市と同じ碁盤の目状に区画が整理され、その一角にあるのがグルメ街。ユースホステルや中国風カフェ、レストランが配置される予定。


完成すればシドニーのオペラハウスに匹敵する観光スポットになると期待が寄せられている。



豪、観光業も“中国頼み”へ 中国系住民も増加の一途
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/121206/mcb1212060502006-n3.htm

地元のデーリー・テレグラフ紙によると、総事業費は5億豪ドル。地元のオーストラリア中国テーマパーク会社(ACTP)がワイオング市から15ヘクタールの土地を1000万豪ドルで購入する契約に調印した。

テーマパークは7つのセクションに天安門や故宮のレプリカのほか大仏を納めた9階建ての寺院、さらに運河を建設するなどして、
中国各地の町並みを再現。

さらに山東、広東、四川、福建、湖南など8種類の中国料理を楽しめるようにする計画
という。


オーストラリアといえば、シドニーのオペラハウスやコアラ、カンガルー、ゴールドコースト程度しか世界的に知られていないだけに、「オーストラリアでも最大級の観光客のアトラクションになる。観光客の新たなメッカとなるだろう」(ワイオング市のイートン市長)



ラッド首相、「NT準州に経済特区を」



オーストラリアで1100万ヘクタールの私有地が競売に・日本の国土の3分の1に相当
オーストラリアで、ウエスタンオーストラリアからノーザンテリトリーに至る1100万ヘクタールの私有地が3億2500万ドルで売却に出されたことが判った。

1100万ヘクタールという面積は日本の総面積の約3分の1となる。これまでにこれほど広大な土地が売りに出されたことはなく、史上最大の土地取引ともなる。

※相変わらず、日本は無関心。




香港住民の北アイルランド移住案?英機密文書で明らかに
英国の各省関係者らが、当時 英国が統治下に置いていた香港の住民550万人全員を北アイルランドに移住させる英研究者の提案について意見交換していたことが、公表された機密文書で明らかになった。

北アイルランドのコールレーンとロンドンデリーの間に新都市を設けて香港の住民を移住させ、停滞していた北アイルランド経済の再活性化につなげる案を提示した。



※「どこかの国に新都市を設けて日本の住民を移住させ、停滞していた経済の再活性化につなげる案を提示」という話は今のところない模様。



「日本風テーマパーク」や「世界最大規模となる日本人コミュニティーを建設することを決定した。」というニュースは、日本人街に対する需要が世の中に伝わらないため、実現する企業や個人、団体は現れず、、、、。

「日本各地の町並みを再現。さらに郷土料理を含めた日本料理を海外でも楽しめるようにする計画」や、

「世界中どこの国にも日本人がおり、日本人街ができており、そして日本語のみで、日本式に暮らせる空間がある」という状況にしない限り、日本人の海外永住は困難であるということに気づく人も提唱する人も少ない


世界には、中国人も、南米人も、東南アジア人も、中東人などによる移民ネットワーク・コミュニティーの街がある。

しかし、日本人街は少ないと感じる。




債務危機から「避難」、ギリシャ移民が新天地求め豪州へ
新天地を求めてオーストラリアに移り住むギリシャ国民が急増している。

現在のオーストラリア移住の波は1940年代以降、最大規模とされている。

ニコス・フォタキスさんは、39歳で無一文となり、借金を抱え、妻と子ども2人を養う方法を必死に探していた。

現在渡豪する移民の多くは、経済的に余裕がない。所持金ほぼゼロで入国し、地域団体の支援に頼っている。

メルボルンのギリシャ系住民は推計30万人で、本国のアテネとテサロニキに次いでギリシャ系住民が最も多い都市だ。



コミュニティーがなければ移民は困難で、移民出来ても支援団体もないから帰国を余儀なくされる。

「コミュニティーがあれば支援団体も充実する」ということを、日本人も学ばないと。




海外移住するのって、確かに簡単なことではない。

それなのに、この1年だけで英国の永住(投資)Visaを取得する中国本土の人が3倍にも増えているという話を聞くと、そのガッツと資金力には脱帽する。

日本人は漠然と夢想する人はいても、
互助ネットワークもなく、海外に拠点を築ける人は ごく僅か。



互助ネットワークの構築を完璧にスルーしている日本人。
ほぼ自滅確定というパターンが多いのは頷ける。



オーストラリア移民相、自閉症児の永住権発給を示唆
息子が自閉症であることを理由に永住権申請を却下されたフィリピン人母子に関して、ダットン移民相は、2人に永住権を発給する可能性を示唆した。

QLD州タウンズビルに住むマリア・セビラさんと息子のタイロン君は永住権申請をしたものの、連邦移民省は、自閉症であるタイロン君の医療費が国家負担になることを懸念して、2人の永住権申請を却下した。

セビラさん母子は、これまでに集めた12万人の署名をダットン移民相に提出した。

タイロン君は英語しか話せず、マリアさんの両親はオーストラリア国籍を持っていて、2人はフィリピンに親戚がいない。

マリアさんはフィリピンに帰ったらタイロン君の自閉症が悪化する可能性を心配していた。



コミュニティーがあり、12万人もの署名を集めたことと、身内がオーストラリア国籍を持っていたことが大きい。

日本人はコミュニティーがないので、国を動かすほどの多くの署名を集めることがほぼ不可能なうえに、外国籍を取得している日本人は皆無に等しいので、日本人で同様の事例があっても、永住権は却下され日本に帰るしかありません。

コミュニティーの重要性に、いまだに気づかない日本人



『友達の数で寿命は決まる』

海外では日本人はつながりが希薄で孤立しがちで日本人コミュニティーが発達しておらず「狭い社会」になりがち。

コミュニティーの有無や規模は
海外移住者の寿命を左右する可能性があるかもしれない。


米国に移民した中国人の大多数が死ぬほど後悔している


米国で高いアジア系 高齢者の自殺率

米国へ働きに来る中国人は誰もが強い期待を抱いているが、実際には海外生活は誰にでも合うわけではなく、特に年配になるほど「老いた者のための国ではない」(映画「ノーカントリー」)の状態が耐え難いものになるようだ。

米国へ移り住んで長い時間がたっても孤独感や言語、文化、差別などの壁を感じ続けるケースは多く、うつ病にかかってしまう人や自殺してしまう人が後を絶たない。



※海外永住検討者や海外移住者も、明日は我が身?



世界最大規模となる中国人コミュニティー建設、中国風テーマパークは、こうした不幸を解決する可能性がある。

賢く、団結し協力的な中華系の人々、、、。

日本人はコミュニティーもテーマパークもなく、海外で孤立し海外で自滅確定?。




世界中から移住希望者が殺到する新国家「リベルランド」とは
「リベルランド自由共和国」は、31歳のヴィト・イエドリッチュカというチェコ人の政治家によって建国されました。

建国宣言と同時に移住希望者をウェブサイト上で募ったところ、なんとわずか数週間で約33万人もの応募が殺到!

このように、住民は独立国家として主張しているけれど、国際的には認められていない小さなコミュニティは一般に「ミクロネーション」と呼ばれ、実は世界中に存在しています。

いま現在その数は300にのぼると言われています。



世界中に日本人街を作ってね。そこで家族はグローバルに分散する。
これが日本の生きる道。



海外に本格的な日本人街の建設を

日本の中から世界を見るから悲観的になります。

世界地図を見てみましょう。日本が世界で活躍できるチャンスがあるはずです。

日本の工場の海外移転が進みそうです。

日本の産業の空洞化、景気後退、失業者の増加が心配されます。

これを避けるためには、工場と労働者と住民が町ごと海外に移転すれば良いのです。

そうすれば、国全体のGDPは低下しても、日本人一人当たりのGDPは低下しません。景気は後退しないし、失業者が増えることもありません。

問題は、日本人は日本が好きだということです。外国語も苦手です。

日本人はふるさと日本を離れたくありません。

それなら、外国語を使わなくても済むような日本人街を作るのです


ヒントはハワイにあります。英語は必要ないし、日本人学校も中学まであるし。

ハワイに工場が移転するのなら,日本人も喜んで移住するのではないでしょうか。
日本の高校と大学を作ってしまえば、本当に日本が完成します。

政府は国策として多くの企業に呼びかけ、海外の広大な土地に本格的な日本人街を作るべきです。

多くの工場、学校、マンション、ショッピングセンター、飲食店などを建設するのです。

エコタウンとして作っても面白いと思います。

その街は観光地としても機能するでしょう。

さらに農地も作れば完璧です。


将来農作物の関税撤廃が予想されるので、農作物の本国への逆輸入は視野に入れておくべきです
(日本の食糧自給率アップへも貢献します。今後 食糧価格は上昇することが予想されるので、対策は早めに取るべきです)。

このアイデアは、将来への投資としては大きな価値があると思います。

国難ですから、日本人はライバル企業も含めて一致団結しなければいけません(抜け駆けのように皆がバラバラに動くようでは将来性がありません)。

ここは中国人を見習うべきです。




タイ「21世紀の日本人街」出現 東部シラチャー、大型住宅開発相次ぐ 1/3
直線距離で500メートルの至近には日本をテーマとした日本食材も扱う大型商業施設「Jパーク」、隣地には日本人学校のシラチャー分校があるなど利便性は抜群。


タイ「21世紀の日本人街」出現 東部シラチャー、大型住宅開発相次ぐ 2/3
外務省の在留邦人統計調査だけでもチョンブリ県に5000人を超える日本人が暮らす「日本人街」の様相をみせるようになった。09年に開校した日本人学校の児童生徒数も400人に達している。

タイ「21世紀の日本人街」出現 東部シラチャー、大型住宅開発相次ぐ 3/3
住宅開発大手のL&Hグループは、日本人の高齢者に照準を合わせたサービス アパートの開発を検討している。

タイで製造業などに従事後、定年後を夫婦ともに南国で暮らす日本人は年々増加している。

こうした需要の受け皿として、家事サービス付きの物件を提供していく考えだ。現在、日本側パートナー企業と 出資割合などについて調整している。

21世紀の「日本人街」は どう発展していくのか。当分、関心は尽きそうにない。


日本人街「トンロー」の開発計画が勢ぞろい。新路線グレーラインから新規買い物スポットまでご紹介!


アメリカ西海岸に 新たな日本人街



「カンボジアで日本人街を創り上げた秘話」


カンボジアに軽井沢を創る男



ソフトウェア開発の手法を用いてカンボジアにリゾート学園都市をつくる



プノンペンから車で3時間の山中に再訪してみたら、そこはまさに軽井沢だった!



プノンペン初の日本人街で焼鳥を喰らう



「元ギャングの街を日本人街にしたい」 そんな思いで日本食の11店舗オープン


ANA、2016年9月から成田/プノンペン線に就航 カンボジアへ唯一の直行便



「需要があれば供給側が動く」ということを学習しないと。



タイ、シーラーチャー郡
1990年以前は、漁村であり建物、人口も少なかったが、1990年代以降、周辺工業地帯における日本企業進出により、日本人居住街となり世界でも有数の日本人街として成長している。

市内における主要産業は日本人関連によるものである。

シーラーチャー市内周辺は、日本人街となっており日本人経済効果により発展した街ともいえる。

市内には、日本人会、日本人学校、幼稚園などもある。
日本人学校開校前の2009年までは、日本人単身駐在者が多かったが、2009年以降は家族での日本人駐在員が増えると予想される。

日本人居住者増加に伴い、日本食レストラン、旅行代理店、ホテル(サービス アパート)、商社、日本人用本屋なども進出しており世界でも稀にみる日本人街へと成長している。


ダナン:ティエンパーク都市区に「日本人街」建設へ
中部ダナン市リエンチエウ区で建設が計画されているティエンパーク都市区に、日本人街が設けられる。

江戸時代初期に南中部クアンナム省の古都ホイアンにあった日本人町のように、日本人向けの町を建設する考えを示した。

東京の原宿や表参道にあるような複数のショッピングセンターを配置。

これらのジャパンセンターでは、日本人の店員が出迎え最高のサービスを提供することになる。

日本人街に来れば、ダナンにいながらまるで日本にいると感じられるようになるだろう。


ベトナム、ハロン市に「日本人通り」建設のアイデア


ベトナムの小学校で日本語教育が英語と並んで第1外国語に


日本、ベトナム / ベトナム航空、2014年7月より「成田~ダナン」線、新規就航


ベトナム航空、成田/ダナン増便へ
成田/ダナン線は、2015年3月3日から週5便に増便。
需要の高まりに応えるため
で、現在は水、木、土、日曜日を設定しているが、火曜日の便を追加する。


マカオ航空、マカオ発着ダナン線を期間増便へ


デュッセルドルフは、欧州最大級の日本人コミュニティを有し、日本との結びつきが強く、リトルジャパンとも呼ばれています。


エミレーツ航空、ドバイ/デュッセルドルフ線でA380の投入を開始
世界最大の超大型機を投入。


キャセイパシフィック航空、香港 ⇔ デュッセルドルフ線を開設


シンガポール航空、2016年7月にシンガポール ⇔ デュッセルドルフ線を開設


ドイツなのに日本語だらけ!ヨーロッパNO1の日本街「デュッセルドルフ」は随一の穴場スポット
「デュッセルドルフ」は、ヨーロッパ最大の”日本人街”として有名なんです。

経済都市である この都市には、多くの日本企業も進出しています。

そのため、現地に駐在する日本人がおおくなり、日本企業が立ち並ぶインマーマン通り(Immermannstr. )を中心に、日本人街が形成されました。


海外勤務制度体験記(欧州)
街の様子としては、領事館、日本人学校はもちろん、日本人美容室、欧州屈指の和食レストランやラーメン屋まで揃っており、日本人駐在員にはとても住みやすい街なのではないかと思います


ANA、成田~デュッセルドルフ線を新規就航



※需要に対し、供給があるということを知っておこう。

需要や関心度はネットでの検索数や流れてくる情報量も指標のひとつ。


今のところ、日本人街に関する情報量は少ないものの、徐々に改善されてきているようです。



GOOGLE「日本人街」の検索結果


Google トレンド 日本人街


多くの日本人が持っている「これ」が生き残るための武器だ


ブラジルの日本人街『サンパウロ』から学べること


南米で堪能する納豆・梅干・豆腐・あんパンなど日本の食文化


地球の裏側にある行列のできる日本人街のラーメン屋「あすか」


よみがえったアメリカの日本人町
鹿島守之助は住友銀行頭取の堀田庄三と共に、リトルトーキョー再建に立ちあがる。

リトルトーキョーを近代化して日本人の生活圏を擁護し、その四散を防止することは、急務中の急務だと考えた鹿島守之助は、さまざまな反対や困難にもかかわらず、再開発を断行する。

日本人街は日本人の力で再建美化しなければならない。鹿島建設としても米大陸への進出を考えねばならない時期である」と考え、進出を決意したのである。



農業分野だけでなく、日本企業の海外進出、日本人の海外起業が増加することで、海外生活に必要なビザと仕事の問題が解消してゆくとされています。

日本人が海外で仕事を得られるように、海外起業や法人の海外進出、海外の低汚染地域への日本の農家の進出を もっと後押ししたり、ネットで拡散すること。

これが、今、日本人のとるべき道ではないでしょうか。

個人で出来ることは限られています。

しかし、個人がまとまり、ネット上などでも、日本人の海外進出に好意的な声や、日本人街に対する世間の関心が高まれば、大きな力となり、呼応して動き出す企業や起業家が登場してくる可能性を秘めています。


母親たちの反核運動~3000万の署名、大国を揺るがす
たったひとりの杉並区の主婦が始めた原水爆禁止署名運動は反核から反米へと大きなうねりに。

「名前を集めて何になる」と云う男達に
「黙っているよりはるかに効果があります。沈黙は賛成を意味するからです。」と言い返しながら、当時の日本の人口の1/3にあたる3000万人の署名を集めた。

そして部分的核実験の禁止につながった。

たった一人のお母さんが世界を変えた。




ネット上では、子どもを守り、子どもの未来を繋ぐツイートは沈黙。

「日本人を国内に封じ込める情報」と「日本人の海外移住を後押しする情報」。

日本人はどちらを選ぶのでしょうか?





訪日外国人が思わず唸る「日本の食」
日本のラーメンは、今、猛烈な勢いで海外に進出しています。


日本料理のすばらしさ、中華料理も学ぶべき
海外にある日本食レストランの多くは、日本人の経営ではなく、中国人や●国人による経営だといわれる。

日本の一流の「食」を海外に持っていくことができれば、大きな市場を開拓できるうえに、食を通じて日本という国に対する さらに良好なイメージを確立できる。


海外で日本食がブームになる理由


いまベトナムでは空前の日本食ブームになっています


やっぱり海外での日本食人気は半端ないという事実


スペインの日本食ブーム、日本の麺料理が熱い!前編


オランダに第2次 日本食ブーム到来!


ブームを超えた英国の日本食人気


世界中で空前の和食ブーム!いま行きたい和食店5選


From Japan with Love (and Dashi)


世界のグルメ都市 TOP 10「ダントツ1位は東京」豪紙


異次元に移りつつあるロシアの日本食ブーム


ロシアで人気沸騰の日本食


パリで人気が急上昇、いまや一大ブームの日本食


世界初・日本食レストランが「6つ星」の称号獲得


ロンドンに ラーメン ブームが到来中


ラーメンがシンガポールで爆発人気のワケ


日本料理の重鎮が なぜロンドンに進出するのか?


Oishii! Delicious Food from Japan



行ってみたい国、住んでみたい国

日本人には日本ほど住みやすい国はないのです。



【海外生活の孤独とストレス】 日本人が“海外不適応症”になってしまう 6つの理由


日本という国を再認識!


もう日本に帰りたい! 国際結婚をした妻たちのリアル苦労話6選


日本が恋しくて帰りたい


海外在住 そのうち日本へ帰りたい


海外生活10年、ただただ辛いです


帰りたい母国がある日本人の幸せ


いつか、日本に帰れないという状況になったとき、日本の原風景を残した、日本人の故郷としての場所が必要になるのかもしれない。



世界は危機に瀕している・・・。天才物理学者・ホーキング博士が語る「私たちの未来とは?」
私たちは今、歴史上でも最も危険な時代にさしかかっているようです。地球にある有限な資源はどんどん減っています。

さまざまな技術の発展により、環境を良くすることも悪くすることもできることを知りながら私たちは、利己的で攻撃的な本能に従い、今も衝突や破壊を続けているのです。それでは今後を考えた時、生存の危機を迎えることが目に見えています。

この先、私たちが生存し続ける方法は、この地球上にとどまり続けることにこだわらず、宇宙に広がって生きていくことでしょう。次の数百年も進歩し続けたいならば、人類の未来は宇宙にあるのです。



世界有数の災害多発国である日本。

日本の周辺国の状況などから今後を考えた時、生存の危機を迎えることが目に見えています。

この先、日本人が生存し続ける方法は、この日本国内にとどまり続けることにこだわらず、世界に広がって生きていくことでしょう。

次の数百年も進歩し続けたいならば、日本人の未来は世界にあるのです。




家族で海外移住実現ブログ HOMEへ