アメリカ移住,米国移住の衝撃の事実が明らかに!
アメリカ移住の不都合な真実,アメリカ移住の驚愕の実態を暴露。


日本人の移住者数がトップのアメリカですが,アメリカ移住関係者,アメリカ在住者が絶対に言わない話,言えない話?。



海外で生活して、仕事をして、永続的にギリギリでは無い収入を得て、永続的に暮らし続けるということが非常に困難であるという現実を認識できない人が多いといわれています。

現地で稼げず生活困難、長期間住んだ結果、困窮邦人になったり、医療や介護問題で最終的に失敗して帰国する人が非常に多いというのが海外移住の現実です。



凍結防止剤の塩化物、北米の淡水湖に大きな負担



欧州と北米のスモッグ、中国に比べ27倍も致命的である可能性―英紙



なぜ優れた科学教師は教壇を降りたのか──情熱と教育システムの狭間で起きていること



「オバマケア」が機能不全に陥っている理由
これは理想的な国民皆保険ではない




海外移住者、高齢化と直面 医療費かさみ困窮も



あらゆる面で日本の医療は世界一という知られざる真実!



その国やその場所に住むことが、何かを捨ててまで挑戦するに値するかどうか



クルーグマン教授、「米国は悲観主義者が考えているよりも遥かに深刻な状況に陥る」



高騰するアメリカの住宅と、家を失い漂流する中流階級たち



世界中の頭脳が集積しているという、アメリカという国家が持つ世界唯一、最大最強のアドバンテージを自ら失おうとしているのを見ると、ア●ちゃうかという言葉しか出てこない。
仮にモハメド級の人が嫌気さして他の国に移ったら、アメリカが被る損失は1人あたり10億や20億じゃきかんと思うで…。




米国の富豪は米国離れでニュージーランドへ



ニュージーランド海外移住関係者が絶対に言わないこと①



日本の人にどう伝えていいかわからないけど、具体的な事を挙げるなら、3年間今まで路上で一回も差別的な事を叫ばれたことがなかったのに、今年に入ってからもう二回もそういう目にあった。
あと、今はどこ行ってもトランプの話。クラブに行っても。パーティー行っても。帰りのタクシーでさえも。




日本には伝わらないかもしれないけどアメリカの空気本当変わってしまった。



アメリカの人種差別は、アメリカという国の攻撃的な面とか競争の激しさとも関係あると思うねよね。
とにかく国全体が激しいし、自分の意見を押し通そうとする人がかなりいる。
競争がすごいから他の人種はバンバン差別した方が自分が有利になりますからね。
国保すら整ってないような競争社会だもの。




トランプ、移民制限に関する複数の大統領令に25日一括署名へ



米入国禁止、数十人を拘束=各地の空港で混乱-永住権者も対象・トランプ大統領令



出国も入国拒否懸念から不可能に。

ということは、本国に親を残している場合は、親の死に目にもあえない、海外旅行も出来ない、事実上の幽閉生活を意味する。



弁護士が語る「悪賢い成功者」の悲惨な末路
1万人の人生からわかった強運な人の共通項

その通りだと思う。深いなぁ。



2100年、消滅するであろう世界7つの都市とその理由



「アジア最大の負け組日本」「第2のBrexit」トランプ大統領の誕生
変化は「需要」があって初めて起こるという事実。



日本人の移住困難問題の変化は、
「需要」があって初めて起こるという事実。




海外移住?アメリカは止めた方がいいよ



サンフランシスコでは年収1800万円でも「かろうじて食いつないでいけるレベル」




CAでJPY換算1000万以上稼いでる友人たちも同じこと言ってる。
>アメリカの大都市圏を考えているんなら、3000万円以上の年収が無いと実感として豊かさは感じられない




米国庶民の暮らしは大したもんじゃない、は実際そうだよね。
比較的収入多くても必需品は値が高い、社会保障や公共インフラは貧弱。
基本的に天才か運の良い少数を報いる社会。
庶民はそれをサポートする存在。




ただの居候4年だが、自分の経験や周囲のアメリカ人から聞いたのと だいたい同じ情報。
外国人も客員、ポスドク、学生などの身分で数年限定なら暮らせるが、職を得て自活するには物価が高く競争が厳しい。
傍から見た成功者も生活は厳しいと言っていた




おい余計なこというなよ
意識高い系にとってはアメリカが地上の天国でユートピアでそこにいけば自分らしく生きられると思ってるんだから勝手に行かせて勝手に死なせてやれよ




死にたくなければ「米国人以外の医師」日本人の研究が反響
「女性医師(内科医)が担当した入院患者は男性医師が担当するよりも死亡率が低い」という衝撃的な論文を米国医師会の学会誌で発表し、米国のマスメディアに注目された日本人研究者が、今度は「アメリカ人医師よりも、米国外で医学教育を受けた外国人医師の方が患者の死亡率が低い」という内容の調査研究を発表し、再び米国内で大きな話題となっている。

折しも、いまトランプ大統領による移民やイスラム圏7ヵ国などからの入国制限に関する混乱で、米国の医療サービスを質の高い診療で支えてきた外国人医師が、米国を避ける可能性が出てきたからだ。



311後に一家で海外移住した家族、ご主人は専門学校に通ったが就労ビザおりず帰国、
日本では優秀だった子どもは英語の壁厚く
成績ふるわず帰国後は日本の勉強も遅れ
大学進学あきらめ働くと。
辛い話だ。
もちろん出た方がいいけど最近このような話を聞くことがあり本当に難しいと思う




日本の社会システムと合わず海外移住している方はこの話に異論はあるでしょうし、日本から出れたことで幸せ、な人もいるでしょう。
しかし そのような人でも仕事住居ビザ等生活基盤を作れず日本に帰らざるをえなかった
多くの人のたどった経過は一般的には目に触れることはありません。
私は見てきましたが




トランプの閉鎖的移民政策、人種差別的入国制限で米国永住権取得は難しくなる



トランプだけが白人至上主義、人種差別、排外主義ではなく、米国は国益を常に優先で自国の経済・世界情勢で不利になると、他国に責任転嫁をする国で、29年世界恐慌でメキシコ人を国外追放、41年の日系人収容、96年から現在まで過去3倍の不法移民の外国追放を行っている。



トランプ勝利後のヘイトクライムの件数がうなぎ上りに!



米国の子ども4人に1人が「常態的ないじめ」経験



実はね、、、今いるメイン州で、私も言われたんだよ、知らない白人の男から、同じことを。Get back to your country! って。このセカンドハウスを買って15年経つけど、この近所でこんなこと言われたの、初めてだよ。
こういう事態を覚悟はしてたが、やっぱり悲しかったよ。




全米トップクラスの弁護士事務所のアジア系のパートナーが、真っ青な州のマサチューセッツ州の名門校の近くのガソリンスタンドで「自分の国へ帰れ」と絡まれた、というエピソード。
こんなことはこの40年できた初めて、リー氏はここ最近の米国の政治的環境によるものでは、と考える。




この記事中に、日系人強制収容を命じたのは民主党のルーズベルト大統領だったことがかかれてあり、タケイ氏は「大衆扇動と人種攻撃はどちらの党とか関係ない」と書いてます。
タケイ氏は現在は民主支持だけど。




わたしが言ってるのは、「トランプ前は差別がなかった」ということじゃないですよ?
繰り返しですが、差別はいつでもどこでも隠れているが、何かがキッカケになってタガが外れると、潜在的にこもっていた汚物が表出してくるということです。
今回タガを外すキッカケを作ったのがトランプだということよ。




70年代にLAにいましたけどジャップ呼ばわりはしょっちゅうでしたね。
それより中南米の連中からのチーノ呼ばわりがキツかったですね。
アジア人差別はトランプ関係なしに潜在的にありますよ。




某国の大統領選挙のように急に流れが変わって外国人が住みにくくなる可能性を考えると、いつでもヒョイと動ける財力か能力がやっぱり一番大事なんだと思う。



海外生活・ビザランの注意点



デンマークのグリーンカード制度もある日突然予告なく消滅。
オランダでは日本人に就労ビザがいらないという特別扱い制度もいきなり実施されたけどたかが1年であっという間に廃止決定。そんなもんです。
大御所や現地邦人が日本語発信しても3日で古くて使えない情報になり得るのが「今」




米国で不法滞在移民の取り締まり強化、中国レストランも主要ターゲットに



留学に関して質問してくる不愉快な人たちへ



地震の少ない筈の米国で1か月で1万回の地震が発生!



「食欲旺盛」な中国の対外投資、米国を買い占めへ



庭やベランダに豚肉など大量につるす、中国系住人に近隣から苦情殺到―米国



アメリカ人がうらやましがる日本人の働き方5選~たくさん休めていいなあ~



なぜアメリカ人はヨーロッパ人よりも労働時間が長く休暇も少ないのか?



人間を幸せにしないアメリカというシステム



NY在住日本人が怠慢大国アメリカに激怒!



【トレーダージョーズ】、非常識な無条件返品!日系の小売業がアメリカで失敗する理由



「2017年下半期から景気後退」バンカメが警告



「世界中がアメリカの崩壊を見ている」



広がる「絶望の死」、米国の白人が短命な理由



海外移住者が最も住みやすい国ランキング
アメリカに憧れている方がいるのなら、残念ながら止めておいた方がいい。
海外からの移住者にとって優しい国ではなさそうだ。



「すみません、すみません、通してください」安倍首相の車列の礼儀正しさが米国内で話題に



気候変動で花粉症患者が倍増、今世紀半ばまでに



1週間に50時間以上働いている労働者が世界一多い国はどこなのか?



40歳以上で週25時間以上働くと認識能力に悪影響が出る

関連リンクにもすぐに飛べるブログ。



米国へ移民した中国人、帰国希望者が増加
米国滞在10年近くを経て、一部の中国人移民は帰国の準備を始めている。

ロサンゼルスに住む30代の女性は、南カルフォルニア大学を卒業後、10年近く米国で働いてきたが、最近中国への帰国を決めた。「もうこれ以上待てない」のが理由だ。

勤務先の会社は2年前、女性のグリーンカード(永住権)取得のため動き始めたが、発行は早くても20年と判明。「帰属感のない漂白状態で30歳を超えた。中国に帰った方がましだ」と考えるようになったという。

米国では最近、グリーンカード発行までに少なくとも6年かかる。

若い中国人留学生の中には「待つ間は転職や昇進の自由がない。職はあきらめ中国に帰った方がましだ」と考える人が増えている。



アメリカ国民に広がる飢餓の問題



「汚染食品」で6人に1人のアメリカ人が健康を損なっている



待機児童とかの話色々あるけど、アメリカとかカナダだと保育園預けるの月10万くらいかかるからね。
だから私たちは日本で育てるって決断したし。
私のお母さんが仕事定年するまでは日本で住んで、そしたらみんなで海外移住。
小学校上がっても保護者が送り迎えしないと法律違反だし。。




米国 汚染地に暮らす
有害な廃棄物による汚染が深刻で、浄化が必要だとされる場所が全米に1700カ所以上ある。

そして、こうした汚染地の近くに約4900万人が暮らしている。

米国では現在、約6人に1人が汚染の深刻な廃棄物処分場から5キロ以内に暮らしている。

<プ●トニ●ム、毒ガス兵器、農薬……汚染源はさまざま>

ワシントン州ハンフォードの1520平方キロほどの土地では、第二次世界大戦中のマン●ッタン計画以来、原●炉で原●●弾用のプ●ト●ウムが作られてきた。

鉱山跡地もある。モンタナ州ビュートにあるバークレー立坑では、かつて銅の露天掘りが行われていた場所に、有毒物質を含む水がたまっている。

そのほか化学製品の工場や金属製錬所、かつて薫蒸剤を浴びた穀物倉庫などもある。

汚染地と共存する方法はあるのか? コロラド州デンバー近郊にある旧ロッキーマウンテン兵器工場では、第二次世界大戦中に米軍がマスタードガスを作り、後に神経ガスのサリンも作っていた。

その後、シェル・ケミカル社が農薬のディルドリンを製造。廃液をためた池は、汚染物質のブラックホールと化した。

生物学者のシェリー・スキッパーが初めてここを訪れたのは1990年代前半のことだ。

半長靴を履き、防毒マスクとゴーグルを装着して、汚染を監視するためにムクドリを調査した。

ムクドリが食べる昆虫にディルドリンが蓄積していたからだ。

スキッパーには忘れられない出来事がある。

ある春の日、ミミズを食べた鳥が、痙攣を起こして木から落ちたのだ。「二度とあんなことがあってはなりません」。彼女はそう話す。



米国最大の●廃棄物保管施設、爆発の恐れ



一般人の放●線被●事故例3



膀胱がん発症はなぜ起きた! 防毒マスクでも防げない化学物質のリスク
作業着やマスクだけでは防げない!皮膚からも吸収される。



皮肉すぎる運命 髪の毛をガン患者に寄付した少年が同じ病に(米)

「シカ食い寄生虫」、40年ぶりにフロリダに発生

肉食で、死を招くこともある寄生虫が、フロリダ州南部で再び広がっている。

多くの動物が被害を受けており、地元では畜産業の非常事態宣言が出されている。

「新世界ラセンウジバエ」(New World screwworm)の幼虫は、むき出しの傷口に群がり、生体組織を食い荒らす。

「ラセンウジ」という名前は、幼虫の身体にネジ山のような突起があることから来ている。

孵化した幼虫は、傷口の穴に頭から入り込み、ネジが食い込んでいくかのように生体組織を食い荒らしていく(壊死した組織しか食べない)。

新世界ラセンウジバエは もともと中南米原産だ。

当局では、フロリダキーズに上陸することが多いハイチやキューバからの移民や動物、積荷に紛れて新世界ラセンウジバエが入ってきたと考えている。

新世界ラセンウジバエの幼虫は、人間を含めたすべての恒温動物に寄生する。



医師から「ただのデブ」15年言われ続けた男性 下腹部から60キロの腫瘍を摘出(米)



人気雑貨店ベッドで感染力の強い疥癬を患う男が性行為 警察官らとばっちり(米)



最近は、海外移住情報をインプットしている日々。行く行かないは未決。
もし行ったら…を想定して情報収集中。
この場合の移住とは、とりあえず行ってみちゃお☆ 的なのではなく(それはもう経験済)、今がスタート、永住権がゴールの具体的なやつ。




自分自身が「海外移住、海外永住」にチャレンジしてみて思ったのは、「移住や永住権取得はゴールではない」ということ。
移住も永住も「その先の生活」を確立させることができてこそ成立するもの。




万難を排して海外移住して生き延びるんだと言っている人は映画の主人公気取りで五年間過ごしてしまったんだろうね。
映画では主人公が自分の家族の介護を心配する現実的なシーンは出てこないし移住後の本人の老後も出てこないので。




海外から日本に戻る日本人たち
日本の小学校に通っていると、日本の子供になっていく。
そして進学し、やがて仕事に就いていく。
結局、子供は日本の社会で育てることになる。



まず「日本は沈む船だ」と認識すること。
暖かい船室の中で、乗客同士が顔を見合せながら「どうも船が傾いているな。船長は何をやっているだ」などと言いあっているのが今の日本の姿だ。
「沈む」と分かっていれば、冷たい海に飛び込むしかないのは明らかだ。




その人が泳げなくても沈みかけの船からは逃げろと言うのが海外冷笑組だとも言えるかな。



海外冷笑組は自分が当たり前のようにできることのうち何が誰でもできて何が誰でもできないか判別できず
しかもそこに自分に責任がないと公言している人達であって
人助けの能力は極めて低い人達なんだよ。




米国の自殺率、1999年以降で24%増 政府統計



米国一毒性の高い村の黙示録的写真
((( ;゚Д゚)))



米全土の600万人、鉛汚染水を摂取 米紙報道



2600メガワット。米国内では最大級●発の1つ米ショージア州オコニー郡のオコニー●発で数回の爆発。
「ハドソン川のチェ●ノブイリ」と呼ばれる。3基ある原●炉のうち1基は稼動が停止




米国、ドミニオン社がNRCと原子力発電所80年運転に向けて協議
http://www.fepc.or.jp/library/kaigai/kaigai_topics/1238467_4115.html



Nuclear Plant Leak Threatens Drinking Water Wells in Florida



海外移住は費用対効果,時間対効果が重要

移住によって得られる生活環境が,費用や時間、苦労に対して見合わない国(※各個人の評価や価値観)では、結果的に無駄な努力となって、二度と戻らない貴重な時間とお金を失うことになります。

失われた人生の時間も,お金も取り戻すことはできません。
(お金を挽回する為には、更なる労働時間が必要になり、さらに多くの時間を失います。
※実質的には寿命短縮と同様との説も?)

実際に「夢」の移住生活が「悪夢」の始まりという人が非常に多いという噂。



ムダな努力を減らしてシンプルに生きる方法

『努力の選び方』の著者が行き着いた人生訓。

人にはそれぞれ、自分に「向いている努力」と「向いていない努力」があるもの。

ムダな努力を重ねたとしても、才能と能力と時間とお金を無意味に浪費することになるだけ。

そればかりか、さらには心も消費させてしまうということです。



海外移住すべき3つの理由



「服透視」国際線全空港で…(ミリ波の危険性についても)
ビザラン&旅行で電磁波被曝!



日本の空港検査で被曝リスク!
知られざる驚愕の事実!
((( ;゚Д゚)))



かつて日本は総力戦遂行の為に高い能力を持ち次の時代を担うべき人材の多くを只の一兵卒として使い捨てにした過去を持つ。
今やる気のある日本人が自ら決断して外の世界に出ていかないならその二の轍を踏む事になる。
日本に残るのは生きながら死ぬのを選ぶ事を意味する。




移住ビジネスという生業は本質的に人材派遣会社と変わらない性質を有しているものであり特に放*能汚染から逃れて海外に行った人が自分が救世主だと思うと言うのは自分の安全を確保してなお自分の生活を危険な場所に居残っている人に依存していることを忘れた恐るべき倒錯としか言えないね。



ある対象に光を当てると輝く部分と影の部分が出来る。海外移住という決断でもそうで、影の部分も含めて満足できるのか、後悔しないのかが大きなポイントになる。中には精神を病んでしまう人もいるし、夢と現実の差が大きすぎて、帰国する人も多い。



海外在住日本人の情報も「生存者バイアス」で、うまくいかず(仕事見つからない、離婚、精神的に不安定になるetc) 帰国した人はそもそも情報は発信してない(か途中でぷっつり途絶えてる)から目につかないだけだという事は知っておいたほうがいい。



日本disっておけば共感が得られるってはその実、根の深い社会の暗部って感がしないでもない。
そう言ってた海外移住組がずーっと向こうに移住してるかと思いきや気が付くと日本に帰ってきてるわけで。
結局なんにせよ不満を持ってる=社会不適合の部分がそうさせてるのか?などと




わたしのまわりで、語学ができる結婚適齢期の女性たちが、とにかく祖国日本をボロクソに言い「海外移住」を夢見て「現地男性をどう選ぶか」で盛り上がってる



そこまで向こうの国になじんでるのならいいことだが、向こうの生活の傍らで日本語メインのTwitterアカウント作って毎日何ポストも日本disをするという時間と労力をかけてるのを見るとほんとに向こうに馴染んで幸せなのかという疑問は生じる



劣等国ニホンジンとほざいてる日本人は、日本人同士でも負け犬なのに海外で勝負出来る訳ないわな



海外移住し「日本は見限った」とまで言いながら日本語で日本の政治や文化や流行を批判する人ってなんなんだろう。



日本が嫌だからと海外移住を選択し、それが叶っているならもう日本を向く必要はないだろうに。
何故わざわざ嫌いな物を向いて唾を吐くのか。




海外移住してる俺の知人は日本の悪口は一切言わない。
知人曰く日本の悪口を言ってる海外移住者にまともな人間はいないと。
日本で上手くいかず逃げ出しただけだと。




Twitterで日本disりツイを吠えてドヤ顔する暇があるなら、大嫌いな日本の国籍に身分守ってもらうのやめて、移住先に帰化して、その国で生計たてる努力しないと…仕送りは、いつも馬鹿にしてるいまだ日本に住んでる人達が日々経済回してるから可能なんだし。


日本disと海外賛美にしか捌け口を見出せない人って色々と可哀想ね。



リアルの世界での鬱憤をネットではらすべく、人を利用したり怒りをぶつける人達はもうたくさん。
ツイッターで偽りのキャラクターを演じながら、歪んだエゴイズムを撒き散らす病的な人達ももうたくさん。


ツイッターでよく見る名前だからとか、昔ちょっと有名人だったからとか、そう言う理由で信用したら痛い目にあう。そもそも全く違う世界の人間である可能性の方が高いのに、信用に値するかどうかなんて絶対にわからないのだから。

人をだます輩、親しげに近づいてきて突然関係を切る輩、友達のフリをして陰口を言う輩、裏で個人情報をバラす輩、集団で悪口を言う輩、タダで情報をせびって平気で裏切る輩。
ツイッターで知り合った人で、信用に値しない人間は多かった。




M9クラスの超巨大地震、米国太平洋沿岸部に迫り来る。


マグニチュードは8.7~9.2と推定され、津波は日本にも到達。



図録 メンタルヘルスの国際比較

精神障害の発症率、米国は世界一位!


精神疾患を発症させる共通の遺伝的特性の発見


精神病・精神疾患の原因は遺伝?環境?


精神疾患の発症と遺伝の関係


精神病は遺伝する!親が精神病だったら、精神病になる可能性上昇


親の統合失調症は子に遺伝する!心の病気と遺伝的要因


うつ病は遺伝する?家族に症状が出てる人は要注意



アメリカ移住において苦労した事のまとめ7選。やっぱりいつでも日本が最高!


先進国と途上国ではここまで違った・・・!各国の死因TOP3


10代で妊娠する少女が最も多い国トップ10


世界のもっとも長時間働く国ランキング



【再生回数300万越え】ヘ●インの恐さがよ~く分かる動画がヤバイ / 白昼堂々と道にブッ倒れている依存者の姿



アメリカの恐ろしい真実



『戦●品としての日本●の首-米●による日本人●死者の遺●損●1941-1945』ワインガートナー(1992年)



2011年4月30日、リ●アのカ●フィ大佐 が死亡する少し前に発したメッセージ (今を考えると、予●に近いものでした)

地獄に堕ちる国に移民する人が沢山いるらしい。筆者の周りには皆無ですけど。




自称シリア難民に恐ろしい感染病にかかっている人がいます。
リーシュマニアとは、人食い寄生虫であり、これに感染すると死亡する確率が非常に高くなります。
この寄生虫はスナバエが感染媒体です。スナバエはアメリカ国内にも生息しています。




●「~移住関係者が絶対に言わないこと」シリーズは、これから永住を検討している人の判断材料&留意事項をまとめたものです。

既に永住している方は読まないほうが無難で真実は知らない方が幸せに暮らせると思う。


致命的な真実はあえて掲載せず,知っている情報のうちの3割程度に掲載を抑えています。

既に生活の基盤があり、他国への再移住も帰国もできない永住者に対して哀れみを持った配慮をした結果、残り7割の致命的な真実の掲載は人道的見地からもできないので、見送ることにしました。


知ることの恐怖。些細な好奇心が、その後の人生の命取りに
本当は知らなければよかった。知らなければ違う人生になっていた。

人は好奇心があるので、様々なことを知りたいと思うし、また現代社会は知識社会でもあるので、「知る」ということについての弊害はまったく無視されている。

知ることの優位性は叫ばれても、「知らないことの優位性」が語られることはない。

知らないと囚われることがないから人生のあるべき道に集中できる。

知らないほうが良い世界もあれば、知るべきではない世界もあるのである


それでも、知らないほうがいい世界に、誘蛾灯の蛾のように惹かれる人がいる。



海外移住と称していても、実際には海外移住の定義に当てはまらないものが非常に多いといわれています。

※海外一時滞在と海外永住は難易度が比較にならず、まったく違う別物です。

海外永住なのか、帰国が前提の単なる海外一時滞在なのか、ビザの種類を移民局など信頼できる公的機関や専門家などに要確認!


『様子見る、英語力・現地語つけてから、お金貯めてから』なーんて悠長な人はビザ厳しくなる欧州(だけでなく世界中)移住が無理ゲーになるでしょうね。
『いつ移住するの?今でしょ!』



デンマークの方、12年住んできちんと学業をおさめ、子どもももち、職歴も十分なのに永住権申請がまたもダメそうだという。
凄まじい。他人事じゃなく、ぐぅ、と声が出てしまった。
ねえ、これがデンマークだよ。楽園じゃないんだよ。
すごい税金収めて働いて生活してるのにこの仕打ちだよ、、、。



海外移住者の定義
※ 『海外移住者』とは、「日本人であって」、
「定住を前提に海外に移住」し、
「その地で永住する」一世の人をいいます。



永住権も無く、定住せず
(単に『住所不定』なだけ、なのにノマドという体裁良く見せる為に横文字で表現する人がいるとの噂。
『国際放浪者』も病気になったり、資金が尽きるとメッキが剥げるとの噂も…)

『旅行者』に失業保険や健康保険、年金を需給してくれる国は無いので、病気や老後に行き詰まります。

浮き草の様に国を移動するというのは海外移住者の定義から外れるようですが、こういう人が多いとの噂。


移住とか留学という言葉があやふやな時代


エキストラバージン オリーブオイルの約9割は「偽物」!


「ししゃも」の約9割は偽物!


※海外移住も「偽もの」が多いとの噂。

海外移住の定義である永住権の有無を要確認!




なぜ日本人は「最期の準備」を後回しにしてしまうのか


なぜ日本人は永住権を後回しにしてしまうのか



海外在留邦人の傾向について
俺は海外の「とある国」に住んで居ますが、ハッキリ言ってこの国に居る在留邦人はロクなの居ません。

在留邦人は結構クセが強い人や、明らかに既に日本人でない感覚・考え方(悪い意味で)になってる方がほとんどです。


在住暦が長くなればなる程、完全に現地人化(悪い意味で)してしまい、もはや日本人っぽいのは顔だけってパターンも多いです。


海外に住む日本人は怖い人多い



U.S. National Debt Clock : Real Time
刻一刻と増加するアメリカのリアルタイム借金時計

膨大な借金の担保となる国が壊滅すれば、どうなる?



首都直下型地震が起きれば日本は破綻する!大災害で経済社会が激変するという認識を持て



人生の影と光
人は誰でも楽しい話が好き。
誰だって楽しい人生を送りたい。

でも現実は全く逆で、苦しいことと楽しいことの比率なんて9対1ぐらいかもしれない。

でもその9の話はせずに1の話だけで盛り上がる。

こういうブログではその9の影の部分の話は誰も書かないんだけれど、でも9と1があってどちらが真の姿かといえば9の方のはず。

ブログなんか「楽しい事しか書かない」というのが一つのお約束みたいになっているっておかしいんじゃないですかね。

ましてや「情報発信」がそれだとしたら全く意味が無いと思うんです。



夢の途中で挫折する人たちを多く見てきたし、海外で生き残るって本当に難しくて、「早期退職~~~♪」「セミリタイア~~♫」なんて人は簡単に消えていくのがわかるんですよ。

出だしは誰でも良いと思いますよ。「大海に船出をしたときの高揚感、満足感」がありますから。

でもその後に、恐怖の連続が待っているんですね。

これを生き抜く能力が果たして自分にあるのか(or資産はごっそりあるのか)、

もしそれらを乗り切ったとしても、いつか必ず歳を取り働けなくなる時も来るんですね。

大きな病気や怪我に遭遇するかもしれない。

これは自分だけじゃなくて家族も同じ。

そして年金は?他の収入は?預金は?老後をどう生きるのか?を考えると、普通に仕事をしていても真っ青なのに、海外に出て社会保障もゼロ、年金もないような状態だったら、それこそ日本国内にいる時の「2倍以上」は稼いで自分でどうにかしないと最後は野垂れ死ぬのは確定なんですね。

あるいは何か起きても大丈夫な社会保障が厚い国へ渡り、当然、「好きなだけ滞在できる」「仕事も自由に出来る」【永住権】を絶対に手を入れないとならないんですね。




移住経験者が現地でみた海外移住で失敗する日本人の共通点



ブログに本音なんか書けない
こういうブログが登録されている場所は「ファンクラブ的なもの」があって、提灯記事だけが受け入れられる傾向があるし、また書く人も同じで良いことを連ねる。

ちょっとでも否定的なことを書くと、「だったら帰れ」「来るな」というオコチャマ丸出しのコメントが多く付きます。

そりゃどこでも同じで、好きで集まって、自分の選択は間違いだなんて思いたくもないですから、物事を良い方ばかりに取るんですね。

目障りな意見は捻り潰す、まさにファンクラブ。

「夢がどこかにないか」探している人たちは自分も同じ夢が見たくて飛びついてしまう傾向がある。

これは、マレーシアに限ったことじゃなくてどこでも同じ。

ま、飛んで火に入る夏の虫タイプは嬉しい話ばかり探すようになって、そういう話はゴマンと転がっているわけですが、では冷静に考える人達に取ってはどうかというと、情報が全くと言って良いほどないんですね。

あらためてマレーシアのMM2Hの取得者数を見ると合計で3,700組いる。

でも今の時点でどのくらい残っているんでしょうか。巷の話を聞いた限りではかなりの数の人達はすでに引き上げているだろうと思います。

これはゴールドコーストも同じで、
20数年前にはごちゃごちゃいた永住組も、私の知り合いでは3分の2以上の人たちがいつのまにかいなくなっています。

ロングステイではなくて永住組の数字ですよ。


私は以前日本人会の理事も2期やっていましたし、それなりの知り合いも多かったですが、本当にあの当時の人達が消えていなくなっている。

今では私の日本人の知り合いなんてほんの微々たる数しかいません。

また永住組は子連れも多く、子供繋がりで付き合う家庭も多く、皆、核家族で親類なんかいませんからかなり密な付き合いになるんですね。子どもたちも皆が兄弟みたいに育ちますし、私から見ても甥や姪よりはるかに近い子どもたちがいます。

ま、そんなこともあって、家庭内の様々な事情も見えてくるわけですが、
帰りたくないのに帰らざるをえない人って少なくないんですね。

理由は様々で、経済的なものも大きいですが、子供が地元に馴染めなかったり、人間関係が嫌で離れていった人もいたし、当初の「夢と希望にあふれて笑顔でいっぱいだった人たち」というのはある一面でしか無いのがよくわかります。

浮かれている時期って誰にでもありますが、大体、早くて3年、長くて5年もするといろいろ見えてきて有頂天さはなくなってくるし、悪いところもよく見えてくる、そして喜びだった毎日の出来事もいつの間にかただの日常となって感激もなくなる。

こうなった時に「そろそろ引き上げるか」とロングステイヤーだったら考えれるわけですが、子育て、仕事、移住の場合は、そう簡単には動けないんですね。

すると今度はそこに住むことが苦痛になるひとも出て来る。

ま、いろいろあるわけですが、帰らざるを得なくなった人、もう引き上げようと思った人の話ってどれだけ聞いたことがあります?ほとんどないはずなんですね。

良い話は100も200もあるけれど、もうダメ、引き上げますって話は100分の1もないでしょ?でもそういう人たちの数って、もしかしたら新たに来る人と同数いるのかもしれない。

私は新しく来る人達とは全く接点がありませんから、「知り合いの殆どは引き上げた」という印象しかありません。

なぜ引き上げたのか?

実際には何が起きているか、起きたかなんて書く人はほとんどいないし、経験者も書かない。

ここが問題なんですね。


来た当初、盛り上がってる頃は「最高~~、幸せ~~」と書いているのに、何かあって帰ることになるとぷっつり書くことをやめてしまう。

また本人も後悔をしたくはないですから、書いたにしても過去を美化する傾向があることや、オブラートに包んだ書き方しかしないのも忘れてはならないと思います。

こういう状態ではまともな情報なんか入ってこないし、何を基準に考えたら良いか、自分や家族の将来に何が起きるかの予想もできないってことだと思うんですよ。

ましてや「移住のすすめ」を書く人は多いですが、そういう人の書き込みを見ていると、まずその人こそが「移住したばかり」なのが普通でしょ?

まだ頭に血が上っていて、毎日が感激の連続で、「最良の決断をした」と信じているわけですよ。

でもそれは殆どの人が通る道で、大事なのはその後なんですね。

子育ても同じです。

子供が小さい時には親のオマケみたいなもので、子どもたちも言うことを聞きますが、中学高校になったらどう変わっていくか、これは経験してみないとわからないんですね。


また私がいつも書いていますが、永住権もないと大変なことになるというのが薄っすら気がつく時期でもあるわけですよ。

でもそういう経験のない人たちが身の回りの良いことばかり書く。


私はある意味正直に、「もうオーストラリアでは食えないから出る」と書いていますが、こういうことを書く人ってオーストラリア関連ブログでもみたことがありません。

でも同じ理由で帰る人、他国へ移る人はかなりの数いるんですね。

もちろん他にも理由なんていろいろあって、でも夢いっぱいの人にはそういう話は届かない。

でもいつかそれを見ることになるし、自分がそうなることもある。

海外に出るとか、海外での子育て、海外での起業にしても、ネットの中にある情報なんて上辺だけのものが殆どで現実の問題に関しては全くと言って良いほど語られていないという事実を知る必要があると思います。


また積極的に書いている人も、まだ経験途中でしかなくて、何かをやり遂げた人が振り返って書いているんじゃないんですね。

あるいは、仕事として「海外生活のすすめ」をやっている人は、わかっていることでもあえて書かない、言わないこともあるはず。


コンサルタント選びも慎重にしないと、飛んで火に入る夏の虫にしかならないし、
海外脱出組のほとんどはそれでやられてしまうのが実情
だと思っています。

そもそも「夢を持つ」ことそのものに、失敗を呼びこむ根源があるんですね。

夢を持たずに何ができるか?なんて思うのはまさにわかってない人の言い方で、海外に夢を持つことの大半は「海外コンプレックス」でしかないことを知るべきだし、海外の子育ても「英語コンプレックス」があるからかもしれない。

英語が大事なのは当たり前だけれど、本来我々に、あるいは子どもたちに必要なのはツールとしての外国語であって、それを得るがために
「母国語がないがしろになる」危険のほうがはるかに重大だと考えるべきだと私は思っています。

あるいは言語だけではなくて多民族とうまくやる能力を伸ばしたいなんて言う人も多いですが、それって海外育ちだからどうなるわけじゃなくて、個人の性格、能力によるもののほうがはるかに大きいと思っています。

実際に子育てを海外でしてみればわかりますが、兄弟でも全く違ったように育つし、外人嫌いな子供やコミュニケーション能力がない子供はいくらでもいるってことを忘れるべきじゃないと思います。

海外、海外というけれど、ではその地に住む子どもたちを見て、彼らと同じになるのが良いことなのか、それをじっくり考えるべきだと思います。

我々親は、子供は日本人として育つと信じていますが、それは単なる錯覚でしか無くて、子供は日本人プラスアルファを持つ子供にはならないんですね。

地元の子どもと限りなく近く育つだけ。そのことに気がついていない親が多すぎると思います。

そしてこれは、子供が大きくなって「こりゃヤバい」と思った時にはもう遅いってこと。

親は外国に憧れるかもしれないけれど、子供にとっては日本こそが外国になるんですね。

もちろん日本語は外国語でしかなくて、親が英語で苦労したのと同じように子供は日本語に苦労する。

さてさて、海外育ちの子供は一体何人になるんでしょうか。

アイデンティティはどんなものを持つのでしょうか。

国際人なんていうカテゴリーは世の中には存在しないし、あえていうならそれは「根無し草」、あるいは「放浪者」「難民」と同じレベルになる。

海外で子を育てる親はそういう危険性も考えているのが普通で、もしそうなって子供が日本を選ばないように育っても大丈夫なようにその国の永住権を確保するんですね。

何人だかわからないような、日本語もちゃんと使えないような子供が、日本に住む権利しかなく、日本でしか働くことが出来なかったらどうなるか、そういうこともちゃんと親は考えるべきなんですね。


でもあくまで軸足は日本に置いて、腰掛け程度で海外を経験するのは非常に良いと思います。でも気をつけないと子供は外人になってしまう。

また親も同じで、海外に10年、20年と滞在していると、今更日本には帰れないってことになるのが普通で、そういう日本人が海外にはゴマンといるのも知る必要があると思います。

そういうことも踏まえた上で、ではどうしようか、というのが情報交換であって、でも残念ながらブログの世界ではファンタジーの話しかできないと感じています。

ファンクラブの親衛隊みたいな人たちの自画自賛を聞いても、そんなのはいつか目が覚めるのはわかりきっていて、覚めた時にどうする、どうなる、何を感じるのかが一番大事だと思うんですよ。


盛り上がれるだけ盛り上がって楽しんで、飽きたら帰るなんて「遊園地に遊びに行くがごとく」海外生活を楽しめるのはまさにお気楽ロングステイという「特殊な立場」の人たちだけで、「(腰掛けではない)お国替え」を真剣に考えた場合、知るべきことは山のようにあると思うんですが・・・。

でもそういう話はネットの中を探しても一切出てきません。


海外移住 国籍の選択

以前、訪れた『家族で海外移住実現ブログ』にお邪魔してみた。

オーストラリアの箇所を読んだのだけども、大変参考になるサイトである。

読んでいるうちに日本も同じ視点で書いてないのかな?と目次を見たら、あった。
国内移住のページ。

流石だなあ。公平公正に記載されている。

恐らく管理人の方は『自分で考えること』を伝えたいのだと思う。

誰かの書いたことを鵜呑みにしたり、良い話ばかりを信じて、軽率に行動をすることを戒めているとも思える。同感である。

自分で調べて、判断をする。とても大事なことだ。

このサイトはその為のたたき台で、ここで語られている内容を読んで、海外移住を挫折するぐらいなら、しないほうがいいというところだろうか。


自分の頭で物を考えていないと、考える事自体がストレスになり、人から何か問われて分からないと、体が勝手に拒絶する。これは自己防衛本能のストレス回避。
この状態を続けていると、自分に都合の良いストレスの掛からない入れ込みやすい情報しか受け取らなくなる。こういう人が多い。これが一番危険。




放●能や地震が怖くて海外に一時退避や移住を考えている方々で、特に海外在住経験がなく自分がまじめで純真なタイプと思われる方は、くれぐれも詐欺師や宗●団体にだまされないように。子供さんやご自分の命の危機で退避を急ぎ、周りにも相談できない状況は、大きな金額を狙うプロが泣いて喜ぶ舞台。


田舎暮らしと海外移住を安直に勧める人の中には、皆さんの事食い物にしようとしているひともいますから、気をつけましょう。


誤解を恐れずに言うなら、海外出張の多い人の間では「現地の日本人」は信用ならないというのが常識になっている。そこに住んでいるというだけで売ってる人、なんちゃって日本で商売してる人、日本でだめだった人、同胞を食い物にしようとする人、というイメージ。


母国への恨みを晴らすために現在国内にいる人間に海外移住を推奨して道具として利用する。
危険を煽って救出するふりをして実際には己の欲望を満たすだけ。
その手の人達の恐ろしさに既に気付いた人達の発する情報を見逃してはいけないと思うね。



日本というシステムから降りた人が日本のことに必死で口出しして相手にされずに日本人は議論ができないとか向上心がないとかぼやいている。ネットでありふれた光景だけどね。自分から部外者になっておいて当事者として改善や改革に関与できると思う倒錯ぶりは本当に酷いね。


日本に見切りを付けて海外に出た人が日本のことに口出しするのは辞めた会社を改革しようとするのと同じ位ナンセンスなことだからね。誰もそんな人のことを嫉妬なんてしてないので勘違いしない方が良い。


そういうツイートを撒き散らしているのは海外在住の日本人が多いです。
そういうやつに限って思い切って海外移住しろとか日本オワタとか無責任なことを言います。
結局は自分を肯定し、日本を呪いたいだけなのだと思います。



「現地の日本人」あるいは「先輩移住者」の質の低さと、日本人を相手にするしかないという必死さが生む意識・無意識関係無い「後続を利用してやろう」感が海外移住に歯止めをかける最大要因


多分この手の問題に絡むトラブルはこれからどんどん増えるだろう。藁をも掴む人はいくらでも払うと知れば、インチキな人どころか「プロ」も「海外移住産業」に進出するかもしれない。まだ大きな問題が起きてないのがむしろ不思議な位だ。

避*する力がない人が避*すると*曝被害より先に死んでしまうのが現実であって、その事情を鑑みると誰も避*を強制することはできないんだ。


人生の分水嶺は「瞬間」の判断と行動に宿る


2011年3月12日午後、私は、家族を連れ、パスポートと貴重品とPCを携え、京都に向かう新幹線の車中にいた。
やがて車両連結部のドア上の電光掲示板に「福島第一で爆発」のニューステロップが静かに流れた。

日本が戻ることのできない向こう側の世界に変わったことを確信した瞬間であった。



①●曝や大地震の現在・将来のリスク認識。②事業、不動産、雇用、学校、親族、友人、古巣の安心感や利便性等のタンジブル・インタンジブルな資産と移住リスク、自分の心身の健康の価値判断。③嘘、プロパガンダ、ディスインフォメーション等の見破り。 ①×②×③の計算結果で個々人の行動に大差。


●曝について調べ出すと、まず御●学者にブチあたり、それを突破するとエア●用学者にブチあたる。それをも突破すると、今度は内●医師などの変化球が待っている。
つまり、PM2.5・食品添加物・GM食物等々の害や生活習慣病が語られる。
これらの罠(トラップ)を避けて


『目的地』に辿り着く者は少ない


銀河鉄道999は、恒星間旅行の時代なのに、行く星行く星、70年代日本の庶民のような貧乏な人ばかり出てくるが、海外移住に人生逆転の夢を賭け、有り金をはたいて渡航し、どこにも行けなくなった移民が地球の歴史ではよくあることを思うと、案外正しい気がする。



海外移住をされた方が日本に帰国してしまう最も大きな理由


今まで誰も口に出さなかった、海外で暮らす「5つのデメリット」



退職後の海外移住はするべきでない5つの理由」として安全・医療・ことば・郷愁・不測の費用 の5つが挙げられていますが、これは日本人にとっても同じでしょう。


医療ミス、米国で死因3位
医療ミスが米国における死因の3位になっているとの研究結果が、英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)に掲載された。


「アメリカでガラガラヘビに噛まれた…この請求書を見てほしい」→毒蛇より医療費のほうが怖い!


米病院のハッキングは容易


大橋巨泉は がん闘病を諦め海外の自宅を売却!事務所社長が終活を証言
大橋は数十年前からオーストラリアやニュージーランドに自宅を構えて、1年のうち8か月以上も日本を離れて生活していた。

しかし、2015年10月にオーストラリアの自宅を手放たという。

オーストラリアの家を手放したのも“終活”の一環です。


日本の医療は世界一 WHOが公認


イギリス人のパートナーとお子さんたちとイギリス在住5年以上の彼女と、色んな話をした。 印象深かったのは、高齢で施設に入っている日本人女性が、痴呆とともに英語を全部忘れて、日本語を教えなかった子ども達とも施設の人ともコミュニケーションが取れなくなってしまった、という話。

そんなこともあるから、国際結婚して海外に暮らす人は、両親の母語を子ども達に教えておいた方がいいのよ、と。
大人になってから身につけた外国語は、痴呆で忘れちゃったりするのか〜。



国籍まで取って米国に移住した日本人夫妻の知人がいるのですが、奥様が病院でそのような方々のお世話をするボランティアをしているうちに自分の身に置き換えて怖くなり、70歳近くなってから日本国籍を復活させて日本に戻りました。


オーストラリア在住の義妹によれば、豪人と結婚し、英語オンリーで暮らしていた隣家の日本女性が、夫を亡くしたあと英語と日本語をごちゃ混ぜに話すようになり、最後は日本語だけになったと。老後の海外移住を目論んでいる立場からは複雑な心境


私の知人の日本人女性も、ずっと英語のみの生活だったのが、子供が独立し、米国人の旦那さんも亡くなり、その後何年も一人暮らしで、今では日本語も英語もちょっと怪しい。


日本語そのものが、脳に良い作用をもたらすのだと、友人が話してました。また、日本語は平仮名カタカナ漢字それぞれ、脳の異なる部分を使うそうです。平仮名カタカナ漢字の複雑な組み合わせを難なくこなす事により、脳は鍛練されてゆくのかも。


それゆえに、グローバル勢力にとっては、日本人から日本語を奪うことが最後に残った難事なのでしょう。
実質的な英語公用語化は政府およびグローバル企業から進んでいますね。



伝統文化の基礎は固有の言語ですからね。民族としてのアイデンティティの基礎でもあります。
ワン●ールドを実現する為に文化や民族の多様性の基礎になっている固有言語を奪い、破壊することを狙っているのだと思います。



長年アメリカで暮らし入院された方が、英語の単語は出てこなくなるし病院食がフライドチキンやポテト&ケチャップ等油モノや味の濃いモノばかりで、さっぱりした日本食が食べたくて困ったそうで、言葉だけで無く味覚も戻ると解って帰国されたと。



66歳もうすぐ67歳。70年代最後の農業移住世代。
私は56歳で夫が亡くなってから海外移住をしましたが、医療設備に不安を抱き帰国しました。
現在高齢者向けサービス住宅に移りました。




マジかよコラだろ?と言いたくなるようなアメリカの桁違いな高額医療費


こんな事態なので海外移住を是非おすすめするけど私の通算20年近くの海外生活で高齢になって病気になり海外に長年住んでた日本人が帰国したケースはとても多い。特にアメリカ。医療費が高いので若い頃は仕事で活躍していても年とって大きな手術や入院となると帰国するケースが大変多い。


日本のがん医療は高水準 臓器がんの5年生存率で


海外で発病したら、日本に帰国することに。
治療費用や治療成績、親族の看病などの面で海外では治療が困難なケースが多い。



「終の住処」をどこにすべきか。海外ロングステイを楽しんでいる内に忍び寄る危機。
「いつか日本に引き上げる」のが前提だろうけれど、2025年には「待機老人」がとんでもない数になり問題化するであろうことはもうわかっているとのこと。

これからの日本の老人は恐ろしいことになるのははっきりしていて、今、海外ロングステイで「悠々自適」だと思っている世代も、日本に帰る頃には「待機老人」の時代になる。



高齢者に群がる業者「合法的詐欺」の手口
「歳をとればとるほど、誘ってくる人に対しての断る力──拒絶能力が低下します。

そのため、悪質、強引な勧誘にさらされると、契約をしてしまう。

働き盛りの人なら『俺は大丈夫』と思うでしょうが、歳をとると、そうではなくなるのです。

認知症やMCIと呼ばれる軽度認知障害の人たちだけの話ではありません。

高齢になれば、判断能力や記憶力が低下していなくても、熱心に説得されると不満を感じつつも受け入れてしまう傾向が強くなります」

※海外の老後は大丈夫か?



海外から帰国した日本人を待ち受ける、想像を絶する日本の恐ろしい未来とは?


【重要】

人口減少 ニッポンの未来
帰国後の日本がヤバ過ぎるとの噂。けど永住できなきゃ帰るしかない?


【特定**保*法】海外経験者は「秘**らす」 漏*いリスク!内閣情報調査室が懸念強調
内閣情報調査室は、海外の学校や国内の外国人学校で教育を受けた経験、外国企業での勤務経験も挙げ「外国への特別な感情を醸成させる契機となる」

「外国から働き掛けを受け、感化されやすい。秘*を自発的に漏*いする恐れが存在する」
としている。


帰国後は調●対象に?。マイナ●バーで番号管理も?という噂。




今、海外に移住できた方々、 もし、親の介護が必要な年齢になったら、どうされるのだろう?


親の介護は40代で考えないと追い込まれる!介護は結局「おカネ次第」、いくらかかる?


死ぬまでにあと何回両親に会える? 離れて暮らす親に会える回数



アメリカ永住権の是非

1) 難易度

 現段階(2013年末)ではアメリカ永住権の自力取得はほとんど不可能であり、アメリカ人配偶者として取得するか、恩赦などの特殊スキームで取得するか、しか方法はありません。

詳しくは言いませんが、超ハイスペックでもないと、永住権の基準点に達しません。

世界的に著名な研究者だとか、世界的企業の経営者だとか、超高所得者、超資産家、超ハイスペックエンジニアだとか、一般人には掠りもしないような基準です。

 アメリカの面白いところは抽選で永住権が取得できる可能性があることですが、抽選でしか取得できないような人がアメリカで自立することは超困難なので、「そんな人が取ってどうするのかな?」っとも思います。

せいぜい、日系企業の現地採用をやるのが関の山で、最悪は底辺労働者に落ちぶれます。

 永住権が困難と言うか、何の後ろ盾もないアジア人がアメリカで自立できるだけの収入、資産を得ることが本当に困難だと言ってもいいのではないでしょうか?
 

アジア系アメリカ人の二世、三世ですら、理系職、資格職、教育職などの比較的差別の少ない分野を選んで、自立するために必死になって取り組んでいるのに、遊び半分の文系日本人がアメリカに行っても、瞬殺されるのは目に見えています。


2) 税制

 忘れてはならないのがアメリカの税制が世界でも稀に見る「属人主義」だってことです。

永住権を取得してしまえば、どこに住んでいても、アメリカの税務署から逃れることができません。

高所得者でもなければ、日本に帰国して、そのまま放置しておいてもいいでしょうが、その場合は永住権は事実上放棄することになります。

放棄するにしても、きちんと手続きを踏まないと、追っかけられますし、最悪は逮捕、豚箱にぶち込まれますw

 アメリカ人と言うか、アングロサクソンは世界中に散らばって、各地で利権を掴んでいるので、税を属人制にして、利権を持つ人間を追っかけまわさないと、ろくに税金を払わないのです。

企業だって同じことであり、アップルだ、グーグルだ、はあれこれ法の網をかいくぐって、節税しまくっています。

 シンガポール移住は節税になりますが、アメリカ移住は税負担が増える可能性が高いです。

永住権を取得するだけでも、その責任は重いですし、米国籍をとってしまえば、もっと重くのしかかってきます。そして、相手にするのは地の果てまで追っかけてくるアメリカの税務署なので、相当手ごわいですよw


3) 国籍

 永住権から一歩進んで、国籍をとることを検討する人もいるでしょうし、ファッションで子供に二重国籍を取らせる人はいますが、日本人にとってはほとんど意味がないです。

香港、台湾などの政治的に不安定な国、地域の人は最悪の事態になったときに逃げ場として、もう一つ国籍が欲しいっていうことなのでしょうが、日本は世界的に安定した政治環境ですので、取り立ててとっておく意味もないでしょう。

 アメリカは二重国籍を黙認しているので、日本政府に黙って、22歳以降も二重国籍を維持してしまうこともできなくはないでしょうが、「してどうするの?」っていう気がします。

処罰が明確ではないとはいえ、犯罪行為を大きなメリットなしにやる意味を理解できません。

アメリカに住まないなら、アメリカ国籍なんて何の意味もないし、アメリカパスポートが日本パスポートよりも圧倒的に便利なわけでもないです。

 アメリカ国籍を持っていても、平凡なアジア人に出来ることは本当に少ないですよ。

日本人には日系企業の現地採用っていう手段がありますが、現地採用にあえてなる意味はないし、アメリカの日系企業働きたいなら、駐在として、経営を担う立場で働いたほうがいいと思いますよ。

日系企業の駐在なら、当然労働許可は出ますし、アメリカ国籍は必要ありません。日本、日本人と関係ないことをするなら、発展途上国出身の貪欲なエリートたちを押しのけるだけの技術がいるし、それがないなら、単純労働者するしかないです。

 アジア系移民一世でありながら、アメリカで社会的地位を掴み、アメリカに骨を埋めるつもりであるなら、日本国籍を放棄して、アメリカ人になるべきだろうと思います。


■ まとめ

 アメリカ永住権はシンガポール永住権と違って、重い納税義務がのしかかってくるので、アメリカ人になるつもりがまったくない人は取得しないほうがいいのではないかと思います。

アメリカで自由に労働できる以外にメリットがありません。つまり、アメリカでのし上がっていて、日本に本帰国するつもりがゼロっていうことでもないなら、状況が変化して、帰国したくなった場合にめんどくさいだけです。

 また、アメリカは福祉国家でもありませんから、年をとって、公共医療のお世話になる可能性がある人にも向きません。些細な病気で何百万円クラスの支払いが平気で要求されます。言語、文化が完全にアメリカ人になっているならともかく、そうでない日本人は年をとると、日本語で日本的な医療を受けたくなり、帰りたくなる可能性が高いです。そうなったら、税務署が追っかけてきます。

 アメリカは世界最優秀層の人間が移民してきます。そういう人たちにはアメリカは夢の国であり、とんでもない富、名声を得られる場所なのでしょうし、ラテンにとってはともかくアメリカ人になれば、ナマポしゃぶるなり、単純労働するだけでも母国にいるよりはましなのでしょう。

でも、「一般の日本人にはどんなメリットがあるのだろうか?」っと思います。何かしらの利権を掴んでいるうちはアメリカにいて、旨みがなくなれば、帰国してしまうのがいいのではないかと思います。



移住などをすすめる日本人なりすましの韓●人が、多数活動して日本人を破滅させている
海外でも<成り済まし日本人に注意>



じゃあ、海外移住はゴールではない

海外移住をゴールだと勘違いしている人は結構多いのですが、
むしろ困難を乗り越えていく苦行の道がスタートしたと思っていいでしょう。


人間って年を取れば取るほど、子供に戻るものです。

味覚は子供の頃から親しんだものを恋しがり、外国語への興味がなくなり、母語で話せる友人を欲しがり、母国の古典、歴史に興味を持ち出したり、母国を観光したくなったりするものです。

それ以上に体にガタが来て、心身ともに弱ると、母語で医療を受けたがるものです。

そして、日本の医療技術、保険体制は世界トップクラスです。


アメリカなり、シンガポールなりは金に糸目をつけなければ、世界最高の医療を受けることができますが、お金がない場合はゴミクズ扱いですw 

緊急であっても、何時間も待たされて、流れ作業のように診断を受けて、最低限の処置をしてもらえるだけです。

若い頃に海外大好き!で、人生の大半を海外で過ごしている人ですら、50歳を越えると、本帰国を真剣に考えるものです。

とにかく白人大好きで、念願の白人夫を手にした日本人女性ですら、白人ブランドよりも、母語で話せる気軽さ、言わなくても理解できる文化共有なんかを望むようになります。

その時に早めにリタイアして、日本に頻繁に帰って、二重生活できるだけの資産があればいいのですが、ろくにお金がなく、帰りたいときに日本に帰れないし、強引に日本に帰っても、住める家もないし、頼れる親兄弟もいない状態になっていれば、望郷心は募る一方です。


要するに母国を離れて、外国で生活していれば、普通に母国で暮らしている人が感じない寂しさを味わうことになります。

海外に憧れる人は多いけど、現地で自立する人はほとんどいないです。

シンガポールに来る現地採用日本人の6-7割は3年以内に帰ってしまうし、残りの2-3割も単にしがみついているだけで、着々と足場を固めているわけではないです。

シンガポールに現地採用としてきて、十分な収入を確保、永住権を取り、住宅購入、ローンに目処をつける所まで行く人は2-3%がいいところかな?、と思います。

これをアメリカにしても同じことで、
何か圧倒的にずば抜けた人でもない限りは時間の問題で落ちぶれていきます。

白人に憧れ、アメリカ人と結婚して渡米しても、かなり高い確率で離婚になります。

その時に自活できるだけの収入を確保できる人はごくわずかで、日本に逃げ帰る、日本人社会で細々とその日暮らしをしていくことになります。

海外移住はゴールでなく、スタートであり、スタートの前にどれだけの準備努力をしたかが勝負です。

海外に行くのに出たとこ勝負でやっても、それが上手くいく可能性は ほとんどゼロです。



※準備努力をしている間にビザの取得条件が難しくなり、結果的にビザが取れず移住を断念したり、永住権が取れても、現地で生計を立てられなかったり、日本人相手の日本人に依存した仕事しか出来ず、日本がダメになれば、日本と共に一蓮托生。最終的には帰国して結局、人生の時間とお金を無駄にする人も多い。



国際結婚 移住6年 辛い 立ち直れますか?
結婚をしてから、自分の中で何かが変わってしまいました。

日本への望郷の念が突然湧きだし、毎晩のように号泣する夜が続きました。

とてつもない「重大なミス」を犯してしまった様な感覚で、今更ながら日本の家族が恋しく、毎日毎日胸が苦しく、仕事も集中できなくなってしまいました。




遂に大公開!いいのか、こんなの公開して

がん発症率 国別比較統計・推移




カナダの医療の問題点
MRI(磁気共鳴画像)検査を始めとする検査待ちの時間がおそろしく長い。

待っている間も確実に病魔は進行します。病気を放置しながら、ひたすら予約の電話を待ちますか?


カナダにも名医は確かにいます。しかし、その数は少なく、あなたがその名医の診察を受けられるのは、ほぼ不可能です。なぜなら、あなたのファミリードクターが紹介する専門医は、その数少ない名医である確率はかなり低いからです。

ファミリードクターは、自分の持つ専門医のリストからしか選びません。そこには、患者からは見えない縄張りが確実に存在します。

カナダでは自分で医師を選べませんし、セカンドオピニオンも聞こうとしても、再度ファミリードクターの予約を取り、そしてさらに別の専門医の予約を取るなど、膨大な手間と時間がかかります。

つまり、治療方法を選ぶこともできないのです。

日本人は独自の体質と、DNA 構造を持っています。

白人に比べ小柄な日本人の手術に、大きな手のカナダ人ドクターは向きません。

薬の分量もまるで違います。

日本人特有の性質を理解しない治療は命をも脅かす場合もあります。


カナダでは基本、「即命に関わるか四肢を失う」以外は緊急とはみなしません。

すさまじい長さの検査待ち、専門医待ち、手術待ちとなります。

カナダのドクターは基本公務員であり、病院は全て公立です。
給与も研究予算も多いアメリカへ優秀なドクターが流れるのは自然な流れです

カナダのドクターはガバメントの厳しいマニュアルに雁字搦めにされています。病気ごとにポイントと治療日数と入院日数が画一的に決められ、例えドクターがもっと入院治療が必要と思っても、PC の画面にレッドアラートが出現し、ガバメントの勧告が入ります。

ガバメントは一日あたりの入院費用を$750 と計算し、病気ごとの入院日数をオーバーすると、そのオーバーした金額を、ガバメントからドクターへ請求されることになるのです。

複数の病気を併発している場合も一番代表的な病気のみに絞って予算と入院日数を絞ってきます。

またガバメントに届くクレームが直接勧告となってガバメントからドクターに届きます。

だから、やたら人当たりだけいいドクターが増えます。

こんな状況で患者にとってベストな治療が提供できるのでしょうか。

< 毎年、約23000人が医師・病院のミスによって死亡している問題 >

トロント大学教授のDr. Mclver、Dr. Ross Baker及びカルガリー大学教授のDr. Peter Norton をリーダーとして7つの大学が参加して全カナダを調査した結果、カナダの病院で毎年23000人以上の患者が急性期ケア病院における医師と病院のミスによって死亡している事実が明らかになりました。

その内容は、医薬品の投与ミス、副作用、手術中の死亡、術後の感染症など明らかに知識と技術があれば防止可能であったとの事です。(http://www.hancock house.com/products/pdfs/sample_chapter3.pdf)

このレポート中で「粗悪な医学的治療が意図的に秘密裏にされ隠匿されてきた」(原文:Shoddy medical care has been shrouded in secrecy.)と報告されています。

近年の総合的な医療過誤発生率7.5%(医療、手術を受けた患者250万人中18万5千人)であり、先進国の中でも突出した高さです。さらに、その18万5千人の患者の内、なんと9250人が永久的な障害(Permanent Disability)を負っているのです。

その大きな原因のひとつとされているのが、移民国家であるカナダにおいて大小200以上の民族の身体の病気の発症と治療法は、民族ごと身体の性質、DNA構造、薬品への耐性などが違う治療法が求められるのに全民族へ画一的な医学で治療にあたる事と言われています。


カナダの皆保険の実態は、コアとされる医療はすべて無料であるものの、コアに入っていない歯科診療・処方薬剤費・リハビリ治療などは全額ないしは過半が個人負担で、総医療費に占める私的負担の比率は約30%にものぼっています。

この数字は、公的医療保険を持つ先進国の中では、飛び抜けて高い数字です。



※日本人と白人では薬の作用も副作用も異なる場合があります。

※医療費が無料ということは、技術のあるドクターにとっては儲からない。つまり、優秀なドクターが給与の高い国へ流れるのは当然です。

単に医療費が無料と耳に甘い良いことだけを鵜呑みにして深く考えてない人の話を聞いていると、人生が最悪の道へと転落するかも。



米黒人の鎮痛治療「格差」、誤解が原因か



永住権を維持するために注意すること
永住権(通称:グリーンカード)は、その保持者が、「アメリカに継続して居住する意思を持ち続けること」を前提として、アメリカ政府より交付されています。

永住権保持者は、アメリカへ移民した外国人であり、永住権は維持するものであるということを忘れてはなりません。

「アメリカで継続して居住する意思のある者に与えられる権利」、それが永住権なのです。

つまり、「国外で居住する意思」を示せば、永住権資格を失効する可能性も否めません。

たとえさまざまな理由や事情があってとしても、アメリカを出国する際は、常に、「アメリカでの永住意思を放棄したとみなされ、移民局にグリーンカードを没収される可能性がある」ということを忘れないでください

(親の死に目に会えないリスク?)


永住権保持者にも必要な兵役登録
兵役の義務は男性だけに課されるものではありませんが、軍隊徴兵制によると、米国市民の男性だけでなく、アメリカに住んでいる18歳以上26歳未満の男性なら誰でも登録しなければなりません。

この法の対象には、米国永住権保持者も不法滞在者も含まれます。

この法律によると、男性は18歳になってから30日以内に義務兵役に登録しなければなりません。

あなたが現在18歳から31歳までの男性である場合、18歳から26歳の誕生日までの間にセレクティブサービスシステム(SSS)に登録を済ませていたかどうかという証拠を、面接時に移民局に提出することになります。



米首都に増えるホームレス状態、低賃金・立ち退き・高家賃


米国人の3人に1人は破産の危機 - カード債務が緊急用貯蓄上回る



思ったよりもビザの取得は難しいアメリカ



従業員の扱いが酷いと指摘されている世界10の企業



火山が噴火したあとで

同記事に「ハワイの火山を研究している研究者には、厳しい雇用契約が待っている。

それは、火山観測所勤めは2年に限る、という契約だ。

2年を越えて研究を続けようと思ったら、研究者は別の契約、つまり健康を損ねても雇用者である政府は責任を負わない、という契約にサインしなければならない。

これは火山から出て来ている水銀の蒸気のせいだ。

研究者は、自分の研究と自分や家族の健康とを天秤にかけて、ハムレットのように悩むのである。

噴火に見とれている観光客も、もちろん この水銀蒸気を吸い込んでいることになる。

日本でも、鹿児島湾の底からは、火山起源の水銀が出て来ている。

火山から出て来る有毒なものは水銀だけではない。

硫化水素も、亜硫酸ガスも、ヒ素も、二酸化炭素もメタンも大量に出て来ているのである。

気候変動の元凶である火山灰も、火山から出て来る有毒物質も、もし ある国や企業が出したとしたら、世界中から糾弾されるほどの量である。しかも、一回きりではない。


ハワイに旅行する人、ご用心(地球物理学者しか知らないハワイの秘密)
外務省は旅行者のための安全マニュアルを作っています。しかし海外旅行者を待ち受けている災害は、これらマニュアルに書いてあるものばかりではないのです。マニュアルには強盗やスリが多い国だとは書いてあります。けれども外国の政府への非難がましいことや内政干渉になることは書いていないからです。

日本人の海外旅行でトップの座を占めるハワイ。高層ホテルが立ち並ぶワイキキの浜辺は、年中、日本人で溢れています。

しかしこの町には地球物理学者が知っていて、旅行者が知らない危険があるのです。

それは、ホノルルのビルには耐震基準がないということです。

つまりここには地震に耐えるように作られていないホテルやビルが林立しているのです。


19世紀にはハワイには大地震がよく起きました。しかし20世紀になってからは、小さい地震は起きていますが、不思議なことに大地震は起きていません。

喉元過ぎれば忘れるのは人間の常。

しかも耐震基準を満たすビルは建築費もずっと高いのです。アメリカでもサンフランシスコのビルには耐震基準がありますが、ビルをずっと安く作りたい「動機」は観光業界にも建築業界にも強かったに違いありません。

じつはハワイにも第2次世界大戦前には耐震基準がありました。たとえば5階建て以上のビルは作ってはいけなかったのです。

しかし戦後、観光客が急増すると観光業者の圧力に政府が押されて耐震基準がなくなってしまったのです。


ですからハワイの高層ホテルは日本のビルよりもずっと地震に弱く、それゆえサンフランシスコのビルよりも、ずっと安く作ることが出来るのです。


耐震基準、ハワイ流?


「オーガニック」のイメージとは裏腹に…遺伝子組み換えの〝最前線〟と化したハワイ


Depleted uranium: contaminated sites in Hawaii


巨大津波が日本も襲う、M9の米国北西部地震:50年以内に発生

米国北西部の「カスケード沈み込み帯」で1700年に起きたマグニチュード9の地震は、日本にも甚大な津波被害をもたらした。これと同程度の大地震が、今後50年以内に75%で確率で発生するとの予測もある。



米国の自然放●線の疫学調査
米国保健省のアーチャー(Archer) 氏らは、米国において宇宙線の地上への到達量の決定に、標高だけではなく地磁気の作用による効果を考慮に入れた。

これによると、宇宙線のフラックスと、新生児の死亡率やいくつかのガン、特に腎臓と乳がんの死亡率との間に正の相関が示されている。

宇宙線のフラックスと死亡率は、米国北部から南部へ累進的に減少しており、両者間の正の相関関係がある。
 
宇宙線の地表への到達量は地磁気により影響を受ける。

地磁気のフラックスの高い所ほど宇宙線の地表到達量は少なくなる。

従って宇宙線量は北では高く、南で低い。


腎臓がんの他に乳がん、多発性骨髄腫、卵巣がん、リンパ腫、胃がん、精巣がん、全立腺がん、白血病、ホジキン病、大腸・直腸がん、甲状腺がん、脳神経系腫瘍が宇宙線フラックス等高線に良く似た分布を示し北部で多く、南に下がるに従い減少している。先天性異常による胎児死亡も同様である

自然放●線にはその線量に比例した発がん効果があることは否定出来ないと結論している。



細胞に放●線をあてる
微量の放●線:隣の細胞にも影響があらわれる:1990年代に入ってから興味深い現象が発見されました。

細胞に低線量のア●ファ線を照射して、染色体に現れる効果を調べていたときに、全体の1%の細胞しか放●線を受けないようなごく微量の放●線を照射したのに、30%の細胞に染色体の変化が起こっていたのです

これは明らかに、「放●線を直接 受けていない細胞にも影響が現れる」ことを示しています

この現象は「バイスタンダー効果(bystander=傍観者)」と名付けられ、低線量の放●線の生物影響にとって非常に重要な現象であると考えられています。

特に、微量の放●線のリスクを推定する際には重要で、バイスタンダー効果があると、高線量のデータから推定した値より大きな生物影響が実際に起こりうる可能性があるのです。



千葉県の方は必読だと思います。
●んだ人の背後には、もっと多い●気があり、その背後には更に多い体●不●があると見るべきです。 “2015/12月分人口動態から 当月の特徴”



反原連も●曝を恐れないで平気で放●能汚染を●曝エリアから持ち出すような真似する脱●曝部活クラブな人たちも講演会やメルマガビジネスさんたちも講演会オタクさんたちも茹で蛙さんたちも時限爆弾付きで海外脱出して高みの見物さんたちも、皆さんのお幸せをお祈り申し上げます


311以前のパスポートの出国スタンプの有無が重要との噂。


同じ穴の狢
一見関係がないようでも実は同類・仲間であることのたとえ。


放●能情報:米国産食品の放●能汚染


アメリカの放●能汚染(メルトダウン事故・ハンフォード・●実験など)


セントルイス住民を悩ます放●性●棄物


米の放●能人体●験


アメリカの放●能基準値はなぜ高いのか?

放●性セシ●ムの基準値。

日本 500 b● / kg(暫定)

アメリカ 1200 ●q / kg

食べて応援暫定基準値の2.5倍近い基準値。


Dark Circle  アメリカの放●能汚染 part1


Dark Circle  アメリカの放●能汚染 part2


Dark Circle  アメリカの放●能汚染 part3


Dark Circle  アメリカの放●能汚染 part4


Dark Circle  アメリカの放●能汚染 part5



What the NUKEMAP taught me about fallout


警告:カナダや米国(アメリカ合衆国)といった北米への避難には慎重な調査が必要


「北海道や九州の人が米国の西海岸に逃げたら余計被●をしてしまう。


懸念される米国中西部地震と原●事故

懸念されることは、ミシシッピ州で「事故」が起こる可能性があることだ。

ニューマドリッド地震帯には、104基ある米国の原●力発●所のうち15基が存在する。


アメリカ、世界の原●と地震リスク
サンクレメンテのサンオノフレ原●力発電所と、アビラビーチのディアブロキャニオン原子力発電所は沿岸部の断層近くに立地している。

北アメリカプレートと太平洋プレートが衝突する西部は、東部と比較して地震危険度が約5倍高い。

原●炉が集中する中部および東部の一部でも地震の危険は存在すると述べた。

例えば、サウスカロライナ州チャールストン、マサチューセッツ州ボストン、ミズーリ州ニューマドリッドの付近で大規模な地震が過去に発生している。


●爆の製造も行われた米ハンフォード●施設で汚染水漏れが確認


"さらに49年の「グ●ーン・●ン実験」で前代未聞の大量の放●性物質が意図的に大気中にぶちまけられた。ハン●ォードは地球上で最も放●能に汚染された場所になったにもかかわらず、政●や企●はそのことをずっと●し続けてきた。


米国の原●炉解体引当金が不足、廃炉の際は長期間放置の可能性

米国内の稼働中原●炉104基のうち老朽化の進む20基は、廃●となった際に解体処分に引当てられる資金が十分に足りていないとのこと。これらの原●炉が廃●となった際には、巨大な産業遺跡のごとく20から60年間、または それ以上に長期間解体されずに放置される可能性があるという。

環境問題の専門家らによれば、廃●となった原●炉の長期に及ぶ放置は極めて危険であるという。

イリノイ州では、廃●となった原●炉の配管が凍結し、55000ガロンの汚染水が流れ出てしまったという事例もある。

また廃炉となったIndian Point1原●炉は、発電所閉鎖から解体されるまでの38年もの間、多種の放●性物質が漏れ出し土壌を汚染し続けていたという。


米国で原子炉の定年を「80年」に延長させようとする動き
米国の原●力発電所では、その運転期間を40年としていた。だが、米国内に104基ある原●炉のうち、73基が運転期間を60年まで延長することが認められており、既に延長期間に突入している原●炉は10基にもなる。そして、電力業界は運転期間を80年と、さらに延長できるかどうかを調査している。


ハンフォード●施設、終わり見えぬ、負の遺産


ハンフォード●施設 汚染水「1滴すら浄化できず」

ハンフォードの浄化作業には89年以来、400億ドルもの税金が つぎ込まれたが、まだ1滴の汚染水も処理できていない。これが現実だ。


●の代償に苦しむ米国


汚●水 処理施設、設計に問題!内部告発で明るみに


ハンフォード●施設 風下住民、真相求め証言


市販された放●性飲料水タンクの恐怖


ウサギが広げた●廃棄物汚染


アメリカ「最も汚い●施設」の実態


ウ●ン採掘の健康被害を先住民族が訴える


米国の50か所近い●発から放●性トリ●ウム流出

水素の放●性の同位体である三●水素(トリ●ウム)が米国内65か所の原●のうち少なくとも48か所で漏れ出ていることがわかった。

アメリカ合衆国原●力委員会(U.S. Nuclear Regulatory Commission)の記録を調べて判明したもの。
うち少なくとも37か所では連邦政府の定める飲料水安全基準値を超える濃度が検出され、中には制限の数百倍のケースもあった。

一部の原発では汚染地下水の放●能濃度が上限の750倍を超えたのですが、それでも核エネルギーの権威は、市民の健康への影響はないと主張。


カナダの水に放●性トリチ●ム
英国内部放出体リスク査定委員会は、ガンマ線やレントゲンによる害よりも、同量のトリ●ウムの●曝のほうが生物学的に15倍も害を与えると結論づけました。


アメリカ原●のハリケーン対策
オイスタークリークを含む複数の原●では、使用済み●燃料の安全性に関する懸念も指摘されている。
保管する冷却プールに非常用電源が義務づけられていないからだ。

使用済み燃●棒は放●能を持ち、何十年にもわたって大量の熱を発生させる。冷却を続けなければプールの水が蒸発し、損傷した燃●棒が放●性物質を放出する悪夢のシナリオが待っている。



医薬品は、WMP(大量処方兵器)だったのか?
生物兵器、●兵器、化学兵器など従来からあるWMD(大量破壊兵器)については、よく知っている人が多い。そうした大量破壊兵器の目的は、一般民衆に大量の犠牲者を出し、国を政治的または軍事的に服従させることにある。

一般市民に対して実際に大量破壊兵器(WMD)を使うということにかけては、米国ほど大量に罪のない人を殺した国はない。第二次世界大戦で、日本の二つの都市に爆弾を落としている。(これは誇張ではなく、史実だ。)

原●●弾は、日本帝国を西洋の軍隊に降伏させる方法として第二次世界大戦で使用された、非常に分かり易いWMDの例だ。それ以来、一般民衆を標的に 直接本格的な●兵器が使用されたことはないため、人類史上で一般民衆に●爆を使ったのは米国だけという特殊な存在になっている。

そこで質問だ。国の指導者が、一般民衆への原●投下が正当な行為だと考えるとすれば、他に一般民衆に放つ武器として、どんなものなら正当だと感じるのだろうか?

国が、人口を減らしたい(ただし、こっそりと)と思っているとすれば、どうだろう?

一つの方法としては、有毒化学物質、重金属、ホルモン撹乱分子、神経毒素などにさらして、ゆっくり毒殺することが考えられる。

そして、テロリストもそう言うに違いないが、最も分かりにくく実現する方法は、人々が日常的に決まって消費する製品に、そうした化学物質を仕込むことだ。水、食べ物、身の回り品、医薬品である。

もう一つ面白い事実がある。

北米全域で販売されている水、食べ物、製品、医薬品をよく調べると、合わせて使った場合に、危険な化学物質の取り合わせになるもの(理屈的に大量破壊兵器と同一視できるもの)があることに気付くだろう。

米国民は、密かに化学戦争の標的になっていて、ゆっくりと静かにではあるが、広島の原●投下と同じ目にあっているのだろうか?



アメリカの水道水が恐い件。


アメリカの水道水…飲んでも大丈夫?


アメリカの水道水は薬漬け



遺伝子組み換え、何が問題?

アメリカでは、遺伝子組み換え食品の表示義務が一切なく、流通している加工食品や肉の大半に遺伝子組み換え原料・飼料が使用されています。

米農務省によると、2012年に米国内で栽培された大豆の93%、トウモロコシの88%、綿の94%が遺伝子組み換え種子とされています。


遺伝子組み換え食品の本当のリスク


遺伝子組み換えトウモロコシ、肝機能や腎機能に悪影響


GMトウモロコシと発がん性に関連、マウス実験 仏政府が調査要請


遺伝子組換え食品の基礎知識



アメリカで農薬汚染がひどい野菜のワースト12



狂牛病は終わっていない!米国産牛肉は安全になったのか?



米国産牛肉、発がん性のホルモン剤残留濃度が国産の600倍…今後急増の恐れ



冬の体調悪化、遺伝子活性の季節性と関係

人間の遺伝子の4分の1近くは、活性化の程度が季節によって変化するとの研究結果が発表された。
冬に病気にかかりやすい理由はこれで説明できる可能性があるという。

英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに掲載された論文によると、人間の遺伝情報が季節の影響を受ける度合いの大きさに研究チームは驚いたという。

分析対象の遺伝子2万2822個のうち、季節によって活性化レベルが上昇または低下する遺伝子は5136個あった。だがすべて同様ではなく、活性化レベルが冬に高くなるものもあれば、夏に高くなるものもあった。

今回の結果を受け、研究チームは、人間の免疫系が「季節性」によって繊細に影響を受ける数多くの生体内機構の一つかもしれないと指摘した。

今回の成果を通じて、心身の健康に日光や気温がどのように影響する可能性があるかに関する理解が深まることを研究チームは期待している。

最近では、夜間シフトや時差ぼけが工場労働者や長距離飛行の航空機搭乗員に悪影響を及ぼすことを示唆する研究が数多く発表されており、いわゆる「体内時計」にも注目が集まっている

冬も夏も短く、気温差が小さい地域が健康に良いらしい。しかも、快適だし。
ビザランなどで長距離飛行機の時差ぼけも健康に悪影響があるみたい。



やけっぱち博打的行動に突っ走りやすい日本人の「海外移住」のお話。
情報がいくらでも手に入るのに、自分に都合がいい情報や、耳ざわりのいい情報だけを信じて博打に走る人々がいます。

これは日本人の国民性で、実際、移民 移住は甘くない。

海外移住系の人の美辞麗句や甘い言葉に騙されて、もしくは わざわざ盲信して出かけていく人、そして泥沼にはまる人の多いこと!

ごく少数の永住して成功している人の話や、成功とは言いがたく我慢して暮らしているけれど、良い事だけを発表したい人の話を鵜呑みにして、大博打は愚か者の決断です。

行けば何とかなると思って飛行機に乗ってはいけません。

ビザが無い、言葉が駄目、金も無いという人は「うまく行かない率」が恐ろしく高い。

それでも博打を打って来てしまう人が結構いる。

自爆とはいえ「お気の毒」です。


アジア人女性が、「家庭内暴力の餌食」になったり、「生活力の無い白人男」に、ただの『金づる』として(日本人女性の場合に多い)扱われたりとは、しばしば新聞ダネになっております。

※自国の男性に相手にされない日本人女性と、自国の女性に相手にされない外国人男性の組み合わせがうまくいく確率は低いらしい。

現地で我慢して暮らしていて、不満が鬱積、良い事だけを発表したい日本人女性が「日本の悪口や不満の捌け口をネット上で憂さ晴らし」というのは、結構有名な話。

お気の毒です。



「日本人女性に対するセクハラだ!」 外国人がキスを迫る動画に反発の声
「日本人女性はとっても尻軽なんだね!」

「日本人女性が外国人、特に白人男性に弱いのは事実」




NZ永住権のメリット・デメリット
やれ日本はだめで、NZはこんなにすごいんだぞ!!などといっても、、、。

全て本人のエゴから生まれでるモノです。

結局は自分が外国に住んでるのよとか日本の人たちに向かって鼻を高く持ちたいと言う心理からきていると思います。


マレーシア移住の落とし穴
MM2Hは「住んでいてもいいよ」という許可ではありますが、その代わり「あんたの面倒は一切見ないよ」という条件が付いている。

これが「永住権」と大きく違うところで、「永住権」には様々な権利があるんですね。簡単にいえば「国民」に限りなく近い権利がある。

数年間、遊び半分の生活なら何の問題も起きませんが、長い間にはいろいろあるじゃないですか。でもそういう時には「帰るしか無い」のがMM2H。もし「永住権」があるのなら、社会保障が受けられる。「出て行け」とは「絶対に」言われないんですね。そして「どうにか生きる道」は見つけられる。

社会保障なんて関係ないね、と私も若い頃は考えていました。自分の力で自分の道を切り開くと考えていたし、そうしなくてはならないと信じていました。年金もそうで、「そんなものはいらない。自分で稼ぐ」なんて偉そうなことを考えていたもんです。(笑)

でもやっぱり病気や怪我はあるし、仕事だって常に順調なわけはなくて、それは自分だけではなくて家族全員がそうですから、「何かが起きる確率」は「かなり高い」んですね。でもそんな時に、「じゃぁ、みんなで引き上げるか?」なんてことは簡単には決められません。

子供が犠牲になったり、離婚、一家離散、なんてのをここオーストラリアでも見てきました。でもそうなる前に「帰国という選択肢を取る」家族の方が圧倒的に多かった。

でも「帰れば良い」というのは非常にうまくないわけですよ。仕事は?学校は?といろいろありますし、そもそも「一体何のために来たの?」という所で悩むことになる。

永住権があってもそんなことは普通に起きるのに、永住権さえもなかったらどうなると思います?

やっぱり長い間には意識していなくても国や自治体に救われることってあるんだろうと思います。

保険システムもそうですし。でも「永住権」がない場合は、「限りなく旅行者に近い」わけで、何かあれば「帰れば?」と言われるだけ。


若くして、家族もいて、子供もいた場合にはそう簡単にはいかない。

でもマレーシアには「簡単に行ってしまう」。なぜ?

それはMM2Hが簡単に取れるからかもしれないと思うようになりました。

普通、どこの国でもそこで「好きな様に生きる」には「永住権」が絶対に必要で、これを簡単にくれる国は世界には存在しないんですね

マレーシアのMM2Hは簡単ですが、ではマレーシアの「永住権」はどうかというと、これは他の国より厳しくてマレーシア人と結婚してもなかなか取れないと聞いたことがあります。

これが私は「マレーシアの本音」だと思うんです。「是非来てください」という宣伝は「遊びに来て、お金を落としてくれ」という意味でしか無くて、「あんたの面倒なんか見ないし、見ないとならないような永住権はやらないよ」というのがマレーシア。

また他の国でも永住権の取得は簡単ではありませんが、「それでもどうにか取りたい」と思う人は半端じゃない数いるんですね。

例えば「オーストラリアの永住権を欲しい日本人」だけでも私は数万人いると思います。

アメリカはもっと多いでしょう。カナダも同じ。ニュージーランドもそう。

そして彼らは「欲しいと願う」だけじゃなくて「取るための努力」をしているんですね。

それも数年を掛けて準備をするのが普通。

この準備期間にかなりのことを覚えるはずなんです。

まず「どうして永住権がないと駄目なのか」という根本的なこと。

そして「永住権があるとどう違うのか」、そういうところがわかるようになってきて、実際にし「仕事をし」「収入を得」「子供を育て」「子供の教育」「医療」「保険」「年金」「老後」「失業対策」「セイフティーネット」など、我々日本人が日本のことを知っているように、その国のことをとことん知るようになるんですね。

そしてその重要性もよく分かるようになる。

ところが簡単に取れるMM2Hだとそこまで考えないように思います。まず私がそうです。「遊びに行くのだから細かいことはどうでも良い」、「駄目なら帰れば良い」という思いが基本にありますから。

そのままマレーシアでそのつもりで生きるのなら良いと思うんです。そして何かあったら「予定通りに帰る」。

ところがですね、年数がどんどん経ち、ましてや子供も現地で育っていきますと「駄目なら帰れば良い」なんてことは言えなくなるんですね。

そしてその時に「自分が持つ権利の危うさ」に気がつくはず。

「帰りたくない」「帰れない」「帰る場所がない」場合でも「国外に出るしか無い」状況がいつか来る。


「終わりよければ全て良し」といいますが「何かあれば国外に出るしか無い」という「現実」をいつか見ることになる。

それでも本人は良いでしょう。好きなことをしたんですから。でも家族は?子供は?と私は思うわけで、私がこんなことをいつも書くのはそれが理由です。

「永住権」を正面から考えるといろいろわかってくることがあるのに、「永住権みたいな」「でもまるで違うMM2H」を「簡単に取れる」ということによって、大事なところに目が行かない現象が起きている気がするのです。

「俺は大丈夫」「とことん考えている」と誰しもが思うはず。

でも自分の心の根底にあるのは「行きたい」という「強い願望」ですよね。で、この根底にあるものが自分の思考方法にどういう影響を与えるかをきっちり自覚している人って「非常に稀」だと私は考えています。

私はその「異常さ」というかもしかしたら「当たり前」のことかもしれませんが、それが「マレーシア関連ではどこにでも見れる」という不思議さを感じるってこと。でも他国の場合にはそれがない。

オーストラリアでもカナダでもアメリカでもニュージーランドでも「移住希望者」「永住権を取るために頑張っている最中」のブログは結構あります。そしてそれらを読むと「かなり真剣」なのがわかる。

でもマレーシア関連だけは違っていて「浮かれている」。また「おいで~~」と「呼ぶ人が多く存在する」

この違いってなんなのか、その辺を考えてみることは重要だと思っています。

若い人、ましてや子持ちの人は「マレーシア行きが目標」だとしても、他国へ行こうと思っている人たちの「真剣さ」をたまには見たら良いと思います。

「マレーシアは簡単に行けるからマレーシアにする」という考え方があったとしたら、それこそが「落とし穴」であると考えることも大事ではないでしょうか。

小さなお子さんをお持ちの方は、子供がすやすや寝ている寝顔を見ながら、「将来起こりうること」を真剣に考えるべきで、「自分は今、頭に血が上っているかもしれない」と考えるのも良いし、「リスクを取るのは自分ではなくて、この子だ」という現実を忘れてはならないと思うのです

マレーシアに行くなら「それなり」の「行き方」「住み方」を考えるべきで、「移住だ」「お国替えだ」なんてことは「よーく、考えるべき」であって、またもしも「マレーシアは一つの通過点」だとするのなら、では「次にどうするつもりなのか」を夢見るのではなくて、「現実的に考える」必要があると思います。

他の国は居住許可なんか簡単には出さないのにどうします?


「どうにかなるっしょ?」というのも一つの生き方だとは思いますが、それは「子供に対して」「自分でどうにかしろ」と言っているのと同じじゃないでしょうか。

はっきり書きますが、【「永住権の重要性」はわかっているけれど「それを自分は取れない」】とするのなら、それは「その国が来て欲しくない人」だということなんですね。

でもそれでもあの手この手でその国にしがみついたところで、何かあったらどうなるかなんて簡単にわかるはず。

こういう当たり前のことを考えない人が多い
ように私は感じるのです。

そしてその影響を一番受けるのは「子供」であって「海外に脱出~~」なんてお調子こいている親じゃない。


この本文下のコメントも凄い。


友人に聞いた話ですが、彼女がKLの日本人会館に行った時、一人の老人が受付かどこかで日本人会の人に相談していたのが聞こえたそうです。

「もうお金がなくて生きていけない。どうしたらよいのか。どうにかならないか。」と。

自己責任としか言いようがないのですが、この人が「マレーシアに行こう!」と思ったキッカケを是非聞いてみたいと思いました。

多分、誰かの「良い話」に乗ったのだろうと私は想像しています。

これってマレーシアに限らずどこでもそうで、

「現地にいてウキウキしている人」がいうことは同じなんですね。
そして「おいでおいで」と。

そして「貴方でも大丈夫」とは はっきり言わないにしても そう思うような方向で話をする人が多い。


私がオーストラリアに来る時も全く同じで、「ゴールドコーストでは家族4人が家を借りて(持ち家じゃない)、一月15万円ぐらいで生活できる」なんてある書籍に出ていました。また「5000万円あれば遊んで暮らせる」という情報も氾濫していました。当時は永住権、退職者用ビザも50万ドルの資産があればそれが取れる制度がありましたし、金利は年利10%ありましたから、誰でも大丈夫だと思うんですね。

でもオーストラリアは「昔からインフレが凄い」ことは多くの人が気がついていなかったし、ましてや「金利に所得税がガッツリ掛かる」ことも誰も言わない。バブルの頃なんて5000万ぐらいの資産を持つ人は多くいて、「じゃぁ、オーストラリアに行っちゃおうか?」てなもんで小さな子供を連れて渡る人も多くいました。

で、マレーシアもそうですが、日本とはまるで違う地元の生活環境を見て感動して、「俺も」ってなもんでウォーターフロントの家を買い、「船がないと格好つかないね」なんてモーターボートまで買っちゃう。そしてマレーシアほどじゃないにしても車がメチャ高くて、車社会ですから車を二台買う。

これじゃ資産なんかどんどん減るわけで、金利がちょっと下がりだしたら食えなくなる人が続出したんですね。

これって「本当に想定できなかったのか」というとそんなことはないのに、
「気軽に来てしまう人」が多くいました。

なおかつそういう日本人相手に稼ぐ日本人もいたわけです。詐欺師もいた。

どこでも同じなのかもしれませんね。「海外に憧れを持つ人は多い」ですから。

家族の場合は、現地で働き収入を得なくてはならないし、子供の教育費も毎年恐ろしいスピードで増えていくわけで、「そんじょそこらの常識的な考え方」では「破綻するのが当たり前」と私は考えています

お金のことを詳しくブログには書けませんが、生き残っている人たちに「どうやって生き延びたか」を聞いたら、「ええ~~?そんなに稼がないと駄目なの?」という話ばかりだと思います。

資産を多く持っていても駄目で、「数億円」程度の金でもどんどん減っていくんですね。

だからやっぱり稼がないと駄目なわけで、その苦労は現地の人達と同じ。

でも現地の人と同じに稼ぐのも簡単じゃないわけですよね。

それが出来る人は本当に数%にも満たないはず。

最初の数年は良くても、それの維持はこれまた難しい。

そしてある時、病気、あるいは怪我でもして働けなくなったらそこで終わり。帰るしか無い。


そういう風に考えると「海外で生活する」なんてのは「日本以上に厳しい」わけで、ましてや働ける権利もないビザで、社会保障もなかったらどうなるかすぐわかるはずなんですね。

私は「自殺行為としか思えないケースが多い」と思うのです。


ノコノコ日本に帰ることになって、「前と同じ生活を確保できるのか」「前とは違うコースに乗るしか無い」という問題もある。

こういう経験をしている人が山ほどいるわけですが、彼らはその経験を口にはしないし、ブログで書く人もいない。メディアも書かない。

何を「成功」「失敗」とするかは難しいところですが、「初志貫徹できたのか、できなかったのか」という見方をすれば「挫折した」人のほうがはるかに多いという現実を知る必要がありますね。

頭に血が登って良いことなんか何もないし、「海外生活のすすめ」をいう人でさえ、私から見ると「頭に血が上ったままじゃん」と思うことが多いです。

こういう人の話を聞いて感化される人が可愛そうだとは思いますが、詐欺に合う人は詐欺に合うような考え方を持っているのと同じで、自己責任だとは思いますが、私は黙ってみていられません。

本人はどうでもいいですが、苦労するのは「自分の意思に関係なく親についてきた子供たち」だから。

マレーシア関係のブログを見ていると面白いと思うのは、誰一人として「永住権」に言及する人がいないってこと。

永住権もなくて、ずーっとそこで暮らしていけると思っているんでしょうか。



私は10代の頃からアメリカへの移住を二度試みたことがありまして、ビザや永住権がどれほどの重要性を持っているかはわかっているつもりです。そしてそれは「海外移住」を考える人の共通認識。

でもマレーシアに渡る、渡ろうとしている人たちの中からそれを感じが事が「たったの一度もない」のです。それに関して書いたブログも一度も読んだことがありません。

マレーシアには退職者用ビザ(若年でも取れる)があるのですが、ま、よくあるパターンである一定のお金があれば大丈夫ってやつ。そしてのそのハードルはかなり低い。だからマレーシアへと流れるのでしょうが、そのMM2Hをどう取るのかの話は山のようにありますが、
そのMM2Hで大丈夫なのか?という議論がまるでなされていません。

永住権があれば良いけれど、それは無理だとするならば考えてもしょうがないのは確かですが、永住権がないのなら「永住」「移住」は無理だという方向に考えが向かないんですね。
旅行の延長線上で考えているとしか思えない人が大多数だと感じます。

そしてその「被害」に遭うのは子どもたち。




※多くの日本人は永住権が取得が困難で「永住権の重要性」はわかっているけれど「それを自分は取れない」場合、「帰りたくない」「帰れない」「帰る場所がない」場合でも「日本に帰るしか無い」状況がいつか来る。

永住権を取得しても、生計を立てられなかったり、自分や身内が病気になったり、郷愁などで帰国する人が非常に多い。

つまり、「日本から出られない、出てもいつかは帰国を余儀なくされる」ことを意味していますが、この認識を持っている日本人は極めて少ないわけです。

永住権が取れない国=永住・移住は無理で住めないから諦めるという発想がない。

住めない国なのに下見や留学をする人が多いのは、美辞麗句を並べ安易に誘い感化する人間に感化される人が多いからなのか?。

事前に断念するか、早期に気付いて帰国した人は資金も時間も温存できるが、現地で使い果たしてた後では帰国後も悲惨になるという現実。

ほとんどの日本人は永住権を取得できない、取得しても10年以内に帰国する日本人が多いという現実。

しかも、年々永住権のハードルは高く、より難しくなってきているうえに、世界中で移民希望者が急増し、過当ともいえる競争状態に拍車がかかっていることを考えれば、今から準備を始めても成功の確率が恐ろしく低いのに、自分は大丈夫だと過信して、案の定失敗することが目に見えている あまりに無謀な日本人が多い
との噂。

海外に誘われ大事な貯金を使い果たし、日本に帰って、日本語も中途半端で日本の授業にもついていけない子どもが大人になってどんな人生を歩むことになるのだろうか?。



デフォルト危機のギリシャ、若者の海外流出が加速
何年も続く経済不況に、悪化する一方の失業率、そして1週間に及ぶ銀行休業――デフォルト(債務不履行)危機に揺れるギリシャで、将来を不安視した若者たちが国外へ脱出する動きが加速している。

起業家支援団体「エンデバー・グリース(Endeavor Greece)」によれば、2010年のギリシャ経済危機以降すでに20万人以上のギリシャ人が雇用不足や低賃金、はびこる汚職、実力で評価されない社会などに見切りをつけ、国を去った。

科学者のクリストス・ペノスさん(32)がノルウェーへ旅立ったのは2013年のこと。ギリシャでは研究職の募集がほとんどなかったため、ノルウェーの大学で研究者になった。

当初は2~3年で帰国する予定だったが、今はもっと長居するつもりだというペノスさん。

それでも、気持ちは揺れる。

「友人や家族、そして何よりも太陽とギリシャ料理が心から恋しい」

ギリシャ人、とりわけ若者の海外移住は「目新しい現象ではないが、債務危機に陥ってから大幅に増えた」と、テッサロニキ・アリストテレス大学のロイス・ラブリアニディス教授は指摘する。


※「ますます過当競争状態に拍車がかかる永住権枠、求人枠に移住希望者が殺到する中で、今から海外を目指すのは博打的要素がかなり高い」という意見が周囲では多い。

(※永住者の多くは、永住権が難しくなる2008年以前の早期に永住権を取得済み


仲良くしていただいてる方は「ビザをあらゆる手段で入手して必死にアメリカにしがみついている人がいるけど、自分には理解できない・・・」って言ってた。彼女は永住権を放棄して帰国するかもって。なんとなく分かるような。。。


マレーシア海外移住関係者が絶対に言わないこと



米研究所で危険な病原菌の漏出事故、当局が経緯を調査
米ルイジアナ(Louisiana)州のテュレーン国立霊長類研究センター(Tulane National Primate Research Center)で、感染者の多くが死に至る危険な病原菌が、厳重な安全対策がとられている研究室の外に漏出する事故があり、同州当局が経緯を調査中であることが分かった。

問題の病原菌は、類鼻疽菌(学名:Burkholderia pseudomallei)と呼ばれるもの。

東南アジアやオーストラリア北部を原産とし、汚染した土壌や水を通じて人や家畜に感染する菌で、バイオテロに用いられる可能性のある病原体に分類されている。



アメリカも東南アジアも反日と化して日本人の受難が始まる



苦しい生活だと寿命が短くなる!


劣悪な家庭環境で育った子どもの染色体は平均より老化している


貧乏生活が低IQを招く!米国の研究者たちが証明した理論


子どもの貧困、脳の発達に影響


「貧困家庭の子どもは脳まで小さい」という衝撃


貧困が人の知力を鈍らせる


貧困下では貧困で頭が一杯になり貧困から抜け出せなくなる


脳と学力と貧困の悪循環


貧困は経済的に間違った意思決定を招くことが明らかに


※間違った移住先を選ぶことがないように。
まずは転ばぬ先の杖的「海外移住ブログ」を読破!。




弱い民族に襲いかかる弱肉強食の歴史はまだ終わっていない


健康なのに保険契約を解約され会社を解雇に......、急増する遺伝子差別の実態とは?


自由の国と言いながら実際には人種で分離しているアメリカ



家族で海外移住実現ブログ HOMEへ
驚愕情報てんこ盛り!