ニュージーランド移住,衝撃の事実が明らかに!
ニュージーランド移住の不都合な真実

海外移住先で人気のニュージーランドですが,ニュージーランド移住者,ニュージーランド在住者が触れないニュージーランド移住の驚愕の実態を暴露。

ニュージーランド移住関係者,ニュージーランド在住者が絶対に言わない話,言えない話?

※ 後半は、ニュージーランド在住者に配慮し公開を躊躇する手前ギリギリのディープな内容です。



ニュージーランドの税金・社会保障・医療問題、巨大地震・火山大噴火リスク、発がん性物質の砒素・放●能汚染や麻薬蔓延の実態、喘息・アレルギー・花粉症・ガン・精神病の高発症率、子どもや若年層の高い自殺率・貧困率、移民や女性の貧困・売春問題など
ニュージーランド移住関係者が完全にスルーしていることも、しっかりと触れている海外移住ブログです。

未来の被災地になりうる国に必死になって永住権取った挙句に子どもが死んだり被災者になったら泣くに泣けないですよね。

After death, the doctor. にならぬよう移住先は慎重に選定したい。



2018年は大地震が多発すると地質学者が警告、その理由とは?

まさか、ニュージーランドで「被災死(永眠)」=「究極の永住権」狙い?という人は居ないよね。

永住するなら地震のない国がベター。



人生は一度きり。
失敗の無い海外移住のために最後まで,ごゆるりと。
ページの最後まで大切なことが書かれています。
途中で離脱して,大切な情報を見逃す人が意外に多い。)

ニュージーランド移住で散財し、国際引越し貧乏に陥る人多数。

【 警告 】
ニュージーランド永住者は今さら後悔したところで時間もお金も戻らないので読まないほうが無難。




●「~移住関係者が絶対に言わないこと」シリーズは、これから海外に永住を検討している人の判断材料&留意事項をまとめたものです。

既に永住している方は読まないほうが無難で真実は知らない方が幸せに暮らせると思う。

『致命的な真実』はあえて掲載せず,知っている情報のうちの『3割程度』に掲載を抑えています。

既に生活の基盤があり、他国への再移住も帰国もできない永住者に対して哀れみを持った配慮をした結果、『残り7割の致命的な真実』の掲載は『人道的見地』からもできないので、見送ることにしました。

慈悲深い管理人 『 謹製 』 のブログ。

永住者には刺激強すぎ 『 禁制 』 のブログ?



反●連も●曝を恐れないで平気で放●能汚染を●曝エリアから持ち出すような真似する脱●曝部活クラブな人たちも講演会やメルマガビジネスさんたちも講演会オタクさんたちも茹で蛙さんたちも時限爆弾付きで海外脱出して高みの見物さんたちも、皆さんのお幸せをお祈り申し上げます


【 閲覧注意 】

「時限爆弾付なのに」

「高みの見物さんたちも」

「茹で蛙さんたちも」

ニュージーランドで時限爆弾破裂後の医療問題は完全スルーという不思議な人が大多数? by ネット民



トランプを嫌い、
米国からニュージーランドへ大量脱出
あおりを受けて帰国する日本人、
【南半球の楽園に劇的変化】




英語も資金力も完璧な米国人富裕層の大量移住で、家賃上昇、日本人を含めた非英語圏出身者に対するニュージーランドの仕事・雇用競争が一段と厳しくなるとの将来予測を見越して、会社から仕事を切られる前に他国へ進路変更する日本人も多いらしい。

老後を見据えた賢人の行動力に脱帽。

人生は判断力がすべて。 ← 内容が凄い。

判断力が無いと被曝するよね。

常識的に世界有数の地震国で発電所の組み合わせが何を招くかわからなかった民衆に海外移住ブログの内容は理解できないだろうけど。

諦めの境地。by 震災前の永住者



ビックリ!ニュージーランドビザ厳しくなったという記事、NZ諦めて欧州移住のお客様言ってた事と一致。
移住しやすい → 移民殺到 → ビザ厳格化はどこも一緒か




VPN規制で中国から頭脳流出の恐れ、ロシアもVPN禁止へ



移住者急増で過酷になる一方の移民との仕事の競争に敗れ、日本帰国後に待ち受ける恐ろしい現実とは?



徴●制を敷かなくても、経済的貧困層を作って、軍に行かなければ生活できない(軍に行けば医療費も学費もタダになる)というような状況を作り出せば、志願者は増える。

「海外移住・疎開・避難ビジネスって、よく考えると【貧困製造ビジネス】かも、貧困者が増えれば、貧困ビジネスで原●作業●も自●隊も安泰だな」by ネット民 の噂。



全国のママさん達へ、残念なお知らせ



先生「みなさんは、何で活躍しましょうか~?派遣かな、自衛隊かな、それとも原●作業員かな~?」 という、日本の1億総活躍政策。



AUやNZでは移住資格を得てビザをとったのに生活に失敗して故国に帰る人が英語国ではチョー多いが、考えてみると、高福祉の欧州では、移住先の国で人間ぽく暮らしながら生活を立て直せる。
欧州(特に北)はビンボ人にやさしい社会なのね。やり直ししやすい




『 Poverty Bay( 貧困湾 )』がある国で『 貧困 』になったら泣くに泣けないですよね。



今月もマイナスだ…
一体nz在住邦人の人たちはどれくらいで家計やりくりしてるのかしら…




災難続きだった2017年⑨



心が折れた出来事⑩



TATSUMIを辞めることを決意⑪



まともな人が撤退し、???な人が定着する。

海外における日本人あるある。



ニュージーランドの子どもの自殺率や貧困に国連やユニセフが警鐘



その人はあまり若くなく年齢の所でポイント稼げないから尚更IELTS8は必須だと学校通って勉強してる。
IELTSも一回受けるのに330ドルかかって、結果発表は13日後。
ストレスに押しつぶされそうになってたよ。




海外移住や海外で働くのがハードルが低い旨のツイートは流れるが、その継続や成功がいかに難しいかには触れない。
その点においては国内にいるよりも難しいだろうし失敗した場合のリカバリも尋常じゃないだろう。




一時的ではない日本からの移民って、すごく壁が高い。心理的に。
日本はすごくラクだから。




一度海外移住を試みた人たちが、周りでもどんどん日本に帰っていく。
その気持ちもわかる。
常に生存コストが高すぎて、そこでエネルギー使い果たし、どうしても足場もお金もメンタルも不安定気味になり、やりたいこともできなくなる。
疲れて、枯れてしまう。
それは本末転倒だから、日本に帰る、という。




「常に生存コストが高すぎて、そこでエネルギー使い果たし、やりたいこともできなくなる。
疲れて、枯れてしまう。」

その原因を解決しないから日本人は海外で枯れてしまうんですよ。




このところNZ移住ベテラン組が相次いで永住帰国している。
まわりのミドル層もこぞって「老後は日本」と言っている。




最近、ネットフリーランスで脱サラ、世界旅行、海外移住といったことを宣伝する人もよく見るが、その働き方は今後30年続けることができるのだろうか?
生涯年収を数年のうちに稼げるメンバーたちはいいのだが…。
安易に飛び込んで来られると、将来働き方を知らない、中高年が大量に出て来そうで怖い。





海外に移住したと大口を叩いてはいるが、結局は井の中にいた蛙が井戸の縁に飛び乗って井戸の中に向かって大威張りしてるだけw
本気で大海に出て勝負してる人はごくごく少数。




そして、本当に大海(海外)で活躍してる人たちはまず日本語で情報を発信して自分が海外でどんな活動をしてるかなんてアピったりしてない。
てか、たぶん彼らにはもはや日本なんて眼中にないんだろうなって気さえする。




友達がNZで永住権目指してワークビザ取って1〜2年働いて、最近追加された年収の条件もクリアしてるんですけど、それでも移民弁護士に永住難しいって言われたらしくて、あまりの道の険しさに目眩がしました



海外在住日本人の情報も「生存者バイアス」で、うまくいかず(仕事見つからない、離婚、精神的に不安定になるetc) 帰国した人はそもそも情報は発信してない(か途中でぷっつり途絶えてる)から目につかないだけだという事は知っておいたほうがいい。



「震災後から多くの日本人がNZに移住してるけど中には仕事がなく生活が続かずやむなく帰国する人も」。
やはり海外移住にはまず現地での生活基盤。特に子持ちは。
やはり海外でも活用できるスキルが必須条件。




もしNZに移住と考えても家は母子のみ、となると就労ビザはムリだろう。
オークランドに移住した人の話では、留学生扱いになるから小学校の学費が1人年間100~150万円、家賃が月15~20万円。
貯金を使い果たし帰国した人もいるって言ってたよ、そうなるよねぇ。




調べてみるとニュージーランドの給与所得平均が45千ドル弱。
手取りだとおそらく35千ドルくらい。
もし家族持ちだったら3ベッドルームの家の家賃がオークランドだと週450(程度かな) x 52 = 年間23千ドル…共稼ぎならざるを得ない。

子供たちの世代、生活できるだろうか。




ニュージーランドの子供達3分の1が貧困



子供の貧困期間が長ければ長いほど、影響は深刻さを増す、『NZ Herald』は指摘している。

子供の貧困に悩まされているニュージーランドでは、2013年、全国の子供の24%が相対的な貧困ライン以下で生活。貧困家庭の子供の内、5人中3人が少なくとも7年間貧しさの中で暮らしている。




ニュージーランド移住生活の厳しい現実



年収400万稼げるか?
ニュージーランド移住後のリアルな収入と生活




激動の6年を振り返り<最終編>と、これから...?



損得勘定 / ニュージーランドの”裏”情報

移住したいと思う人の多くが、
何となく・・・、永住権が欲しい・・・とか、
それだけの目的で、移住後のプランが何もない。

そう言う人に限って永住権取得後、仕事もお金も無い現実に気づき、日本に帰ってしまいます。

目的・計画も無しに住んでいるのでは、
永住権取得はできても永住はできません。


日本以上に仕事のないニュージーランドで、ジョブオファーや永住権はお金で買えますが、生活は買えません。

さて、あなたはニュージーランドの永住権も獲得して仕事も見つかったとします。

生活はどうですか?ゆとりがありますか?
休暇を楽しんでいますか?
それとも日本と同じ、
又はそれ以下の生活でしょうか?

永住権を取得した人の中には、
食事もまともに食べられない貧乏な生活を強いている人も居ます。

しっかり働いていても給料が少なく、食費を切りつめないと生活ができないからです。


こんな苦しい生活をしてまでも
海外で生活したいのは何故なのかわかりませんけど、意地や見栄だけで生活している人も少なくないとか・・・。

そんな生活をしていて本当に幸せだと思いますか?

長続きしませんよ・・・


仕事が無ければお金は無くなる一方

「仕事なんていくらでもあるじゃない」と言われますけど,

生活するのに必要な収入を得る事ができる仕事は滅多にありません。

今のあなたには、生活に必要なお金を稼ぐだけの技術がありますか?

ニュージーランドで生活を始めるとして、日本に蓄えているお金を全てニュージーランドに持ち込んだのでは、日本に帰った時の生活費が無くなってしまいます。

日本に帰ってからの生活も考える”ゆとり”がなければ、ニュージーランドでの生活もゆとりが持てないのではないでしょうか。

【日本もNZも同じ”日本人社会”】

よくいるんです。「日本は自由がない」「規則ばかりでつまらない」「自分の実力が十分発揮できない」とか、日本に不満ばかりでNZに来る人。

NZに来て最初は、とても開放感があるため「やっぱりNZは最高!」と思っちゃうんですけど、それってどこからくると思いますか?

それは、NZに来たばかりの時は貴方を知ってる人がいなくて、誰にも気兼ねなく生活できるからなんですよ。

そんなNZでの生活も知り合いが増えれば、
日本よりも狭~い「日本人社会」にうんざりする人もいます。

なぜなら、NZにも貴方の嫌いな「おせっかい」「うるさい」「噂好き」「うざったい」などの日本人が沢~山いるからです。

なぜか?

そういう人は「日本は自由がない」「規則ばかりでつまらない」「自分の実力が十分発揮できない」とか、日本に不満ばかりでNZに来てる人だからです・・・。




汚染が蓄積し続ける夫の身体、鈍る一方の職業スキル、失い続ける若さ、先が見えない経済状況。



古参は自分が経験してきた苦労をしないで最近の若者が移住してるのが面白くないみたいですね。
会社員で目立てなくても、ブロガー・ライターと仲良くなってワークスタイルを取材してもらったりすれば相乗効果になるのに、自分でそういう可能性を壊してもったいないなと思います。




【 重要 】

『 そういう可能性を壊してもったいないなと思います。』



将来住むならここ!世界の所得税比べ(1)
日本人の間で留学や移住先として人気が高いNZですが、こちらの所得税制はやや厳しいものがあります。

基礎控除などもありません。

またNZでは、GST(消費税)も12.5%と高めになっています。

NZでは、低所得でも税金を取られてしまうのです。



ニュージーランドの所得税
NZの所得税には日本のような基礎控除、給与所得控除、配偶者控除、配偶者特別控除、社会保険料控除、生命保険料控除、損害保険料控除などといった手厚い控除はない。



世界のもっとも長時間働く国ランキング



数年前に「頑張れば頑張るほど税金が高すぎて馬鹿らしいと、優秀な人から続々と日本に戻ってる現実。



Migration and the Brain Drain Phenomenon
大卒以上の「頭脳」が国外で働く人の割合を示したOECDの頭脳流出地図(Brain Drain Map)。

ニュージーランドの頭脳流出が凄まじい。
高学歴で優秀な頭脳を持つほど海外を目指す傾向があるらしい。

優秀な頭脳を持つ人間は流出し、どのような人が流入してくるのでしょう?。

ご想像にお任せします。w

こういう国では優秀な教育者や医師が海外に流出するから、高度な教育や医療を受けることが困難だと気づかない人が、そのような教育環境で子育てをして頭脳レベルが次世代に連鎖。

将来、病気や介護状態になったときに後悔するも 時すでに遅し。

他国への移住も出来ず、日本への帰国も出来ず望郷の念と後悔の念にさいなまれながら人生を終えていくことになるとの噂。

そうなる前に「転ばぬ先の杖的な海外移住ブログ」を読破!

でも大方の人はこのブログを読破せずに

日本で『地縛』、

海外で『自爆』しちゃうんですよね。




ニュージーランド:救急外来がパンク



どうせなら海外で子育て実際にしてから日本の子育てはクソだといってほしいね。
子供が病気になってGPに電話しても門前払どころか受話器前払いされる経験がないから甘いこと言えるんだよ。




「子供を世界で通用する国際人に育てるという大義名分の下、NZで子育て。

しかし、英語ができても国際的に通用するかどうかは別問題。

一流の英語圏は米英であることは、大学のレベル、医療のレベルをみても明白。

NZ永住権をやっとの思いで取得したような人材が、英語圏の一流の人材が集まる英米で通用するの?、そもそも、英米のビザ自体が取れない、取れたとしても米英で社会の底辺の生活でしょ。

ただ、『それなりの人』が、『それなり』にやっていけるのもNZなわけ。

そこで高度な教育や高度な医療を求めても無理。

『ホ』を浴びて将来、がんや難病になっても、NZにスーパードクターはいないだろうから、結局帰国になるだろろう」という厳しい意見もネットでちらほら…。



やっぱり、日本に帰るたびにエコーをするのがいいのか、、、それともMRIかな。。。

『帰国の飛行機で●曝』『国内でも被●!』


特に被曝者は医療問題をスルーすると発病後が大変との噂。



せっかくエアニュージーランドなのに、羽田泊



せっかく永住したのに被曝かぁ。



細胞に放●線をあてる
細胞に低線量のアルファ線を照射して、染色体に現れる効果を調べていたときに、全体の1%の細胞しか放●線を受けないようなごく微量の放●線を照射したのに、30%の細胞に染色体の変化が起こっていたのです。

これは明らかに、「放●線を直接 受けていない細胞にも影響が現れる」ことを示しています。

特に、微量の放●線のリスクを推定する際には重要で、バイスタンダー効果があると、高線量のデータから推定した値より大きな生物影響が実際に起こりうる可能性があるのです。



別の染色体のDNA損傷が、正常な染色体にも影響を与えることを確認!
非DSBs型DNA損傷が痕跡の実体となって遺伝的不安定性を引き起こす。

同一細胞内においては、遺伝的不安定性が、非DSBs型DNA損傷を持つ染色体だけでなく、正常な染色体にも及ぶ。



医療問題に触れている海外移住者は皆無に近い。

医学に対する興味も無い人が多い。

海外で、日本人に合った医療の必要性を感じる海外在留邦人も多い。

細胞に痕跡が残っている311後の移住者にとって、特に医療は重要。

痕跡という細胞に装てんされた時限爆弾が、破裂する前に実現してもらわないと帰国になるよ。



NZやオーストラリアは、避難先として人気がある。ただ、医療費が気になる。
お金を持ってない家庭で親が病気に将来かかった場合、クビにならないのか、収入は得られるのか、住み続けていられるか。
海外移住に失敗しても日本に戻れて生活が出来るのは…。




わたしがワークビザ取らずに帰国する理由、
①結局わたしの場合は日本のほうが割りのいい仕事に就けた
②北半球にいたほうがわたしが追いたい流行を追いやすく、わたしの行きたい場所に旅行も行きやすい
③住環境がクソ が主な理由ですね。
③は毎日のことだから、何気に一番大事かも。




帰国理由の大きなやつを書き漏らした。
④持病のアトピーが悪化したから!
居住ビザ取るまでこっちにいる限り莫大な医療費がかかるし(持病だと保険が下りない)
結局、移住っていうのは、金銭的資本などなどの他に「持病がない」という、
超恵まれた状況でないとチャレンジできないことがよくわかりました




身を持って体験し学んだ。

日本人に適した環境が無いと海外生活の完遂は無理だということを



花粉症・喘息
実は、ニュージーランドは花粉が多いのです.以前、車(セダン)車を5分間駐車していたら、黄色い花粉が、フロントガラス一面に1mm位積もっていた事があり、びっくりしました



NZの喘息率



日々子供たちが痒がっている。。。



ニュージーランド自由帳 移住!子育て!エイゴ?



ニュージーランドの花粉症



あぁ、ニュージーランドでも花粉症(T.T)



ニュージーランドの夏は花粉の季節でもある。



NZに来ても花粉症にご注意



マスクに気をつけよう!
マスクを付けて横断歩道を渡っていた日本人らしき人がいた。
その人を見たNZ人が、車から、NZから出て行け~と叫んでいたのを目撃した(私が)



南半球で猛威の「殺人インフルエンザ」 日本上陸秒読みか

事実上、マスクが出来ない国。
インフルエンザや花粉症の予防という概念は一切ない国 w



喘息が多いニュージーランド|
子供が5人いれば1人は Asthma

日本に一時帰国中は喘息の発作が起きない、という話も聞くので、やはりニュージーランドに なにか原因があるのでしょうね。



カナダの医療の問題点
MRI(磁気共鳴画像)検査を始めとする検査待ちの時間がおそろしく長い。

待っている間も確実に病魔は進行します。

病気を放置しながら、ひたすら予約の電話を待ちますか?


カナダにも名医は確かにいます。

しかし、その数は少なく、あなたがその名医の診察を受けられるのは、ほぼ不可能です。

なぜなら、あなたのファミリードクターが紹介する専門医は、その数少ない名医である確率はかなり低いからです。

ファミリードクターは、自分の持つ専門医のリストからしか選びません。

そこには、患者からは見えない縄張りが確実に存在します。

カナダでは自分で医師を選べませんし、セカンドオピニオンも聞こうとしても、再度ファミリードクターの予約を取り、そしてさらに別の専門医の予約を取るなど、膨大な手間と時間がかかります。


つまり,治療方法を選ぶこともできないのです。

日本人は独自の体質と、DNA 構造を持っています。

白人に比べ小柄な日本人の手術に、大きな手のカナダ人ドクターは向きません。

薬の分量もまるで違います。

日本人特有の性質を理解しない治療は命をも脅かす場合もあります。


カナダでは基本、「即命に関わるか四肢を失う」以外は緊急とはみなしません。

すさまじい長さの検査待ち、専門医待ち、手術待ちとなります。

カナダのドクターは基本公務員であり、病院は全て公立です。

給与も研究予算も多いアメリカへ優秀なドクターが流れるのは自然な流れです。


カナダのドクターはガバメントの厳しいマニュアルに雁字搦めにされています。

病気ごとにポイントと治療日数と入院日数が画一的に決められ、例えドクターがもっと入院治療が必要と思っても、PC の画面にレッドアラートが出現し、ガバメントの勧告が入ります。

ガバメントは一日あたりの入院費用を$750 と計算し、病気ごとの入院日数をオーバーすると、そのオーバーした金額を、ガバメントからドクターへ請求されることになるのです。

複数の病気を併発している場合も一番代表的な病気のみに絞って予算と入院日数を絞ってきます。

またガバメントに届くクレームが直接勧告となってガバメントからドクターに届きます。

だから、やたら人当たりだけいいドクターが増えます。

こんな状況で患者にとってベストな治療が提供できるのでしょうか。

< 毎年、約23000人が医師・病院のミスによって死亡している問題 >

トロント大学教授のDr. Mclver、Dr. Ross Baker及びカルガリー大学教授のDr. Peter Norton をリーダーとして7つの大学が参加して全カナダを調査した結果、カナダの病院で毎年23000人以上の患者が急性期ケア病院における医師と病院のミスによって死亡している事実が明らかになりました。

その内容は、医薬品の投与ミス、副作用、手術中の死亡、術後の感染症など明らかに知識と技術があれば防止可能であったとの事です。

このレポート中で「粗悪な医学的治療が意図的に秘密裏にされ隠匿されてきた」と報告されています。

近年の総合的な医療過誤発生率7.5%(医療、手術を受けた患者250万人中18万5千人)であり、先進国の中でも突出した高さです。さらに、その18万5千人の患者の内、なんと9250人が永久的な障害(Permanent Disability)を負っているのです。

その大きな原因のひとつとされているのが、移民国家であるカナダにおいて大小200以上の民族の身体の病気の発症と治療法は、民族ごと身体の性質、DNA構造、薬品への耐性などが違う治療法が求められるのに全民族へ画一的な医学で治療にあたる事と言われています。

カナダの皆保険の実態は、コアとされる医療はすべて無料であるものの、コアに入っていない歯科診療・処方薬剤費・リハビリ治療などは全額ないしは過半が個人負担で、総医療費に占める私的負担の比率は約30%にものぼっています。



遂に公開!大丈夫なのか,こんなの公開して

がん発症率 国別比較統計・推移

発症率が高い原因は最後まで読めば推測可能?

がん死亡率 国別ランキング・推移

優秀な医師が流出する国で発病すると地獄との噂。



All Cancers (excluding non-melanoma skin cancer)
Estimated Incidence, Mortality and Prevalence Worldwide in 2012




ニュージーランド医療の大きな問題

ウエイティングリスト




検査しすぎ、過医療が日本の医療の欠点のうちのひとつだし、Less 医療のおかげでキウイは幸せな最期を迎えているとは思うけど、相当なことがないと検査してもらえないNZはやっぱり不安。。。
どっちの医療を選ぶかというとつい日本のほうがいいなあと思ってしまう私。。。 #NZ移住


早めに気づく人は鋭い。



日本の医療は世界一 WHOが公認



海外移住者、高齢化と直面
医療費かさみ困窮も




あらゆる面で日本の医療は世界一という知られざる真実!



GP:ニュージーランドの医療システム
おなかが痛いと言って運ばれた患者さんが
「問題ないので今日は帰りなさい」と言われ、翌日死亡して新聞で大きく取り上げられたこともありました。

手術の予約が取れないどころか、検査さえ半年待ちなどということもあり、順番が回ってくる前に死亡してしまうケースも多く報告されています。




ニュージーランド 医療費は無料なの?



ニュージーランドで手術、1年待ち…

行きは『救急車』、帰りは『霊柩車』?。



公立病院の順番待ちリストに入れなかったら?



米黒人の鎮痛治療「格差」、誤解が原因か



大橋巨泉は がん闘病を諦め海外の自宅を売却!事務所社長が終活を証言



海外移住をされた方が日本に帰国してしまう最も大きな理由



日本のがん医療は高水準 臓器がんの5年生存率で



海外移住は費用対効果,時間対効果が重要

移住によって得られる生活環境が,費用や時間、苦労に対して見合わない国(※各個人で評価や価値観によって異なる)では、
結果的に無駄な努力となって、二度と戻らない貴重な時間とお金を失い人生が消耗。

失われた人生の時間も,お金も取り戻すことはできません。
(お金を挽回する為には、更なる労働時間が必要になり、さらに多くの時間を消耗。
実質的な寿命短縮と同様との説も?)

『夢』の移住生活のはずが『悪夢』の始まりという人が非常に多いとの噂。



投資でも『損切り』ができない人、
下手な(難平)ナンピン素寒貧(すかんぴん)という人が多い。
『素寒貧』とは

永住も同じで、時間の『損切り』ができない人、160ポイントを取れるまで滞在延長で、さらに時間を『ナンピン』した挙句に失敗して『素寒貧』に?

太平洋戦争で『撤退』→『転進』と誤魔化した挙句、『全滅』したのに『玉砕』 と言い換えた日本軍。

その伝統?なのだろうか、海外移住も『転進』と誤魔化した挙句、『全滅』し、『素寒貧に』という日本人が大量に出るのは簡単に予測可能。

↑ 衝撃の内容。覚悟して読むべし。




東南アジアなどの新興国から、先進国に『転進』するも『玉砕』?。歴史が暗示してるとの噂。

※東南アジアなどの山中や海で、日本人の骨が今も…。合掌。

玉砕予備軍の日本人が今も世界に・・・。合掌。



日本人は「努力の消耗戦」によって追い詰められていく



やけっぱち博打的行動に突っ走りやすい
日本人の「海外移住」のお話。


情報がいくらでも手に入るのに、自分に都合がいい情報や、耳ざわりのいい情報だけを信じて博打に走る人々がいます。

これは日本人の国民性で、実際、移民 移住は甘くない。

海外移住系の人の美辞麗句や甘い言葉に騙されて、もしくは わざわざ盲信して出かけていく人、そして泥沼にはまる人の多いこと!

NZに来た永住者の愚痴が集まるwebサイトを覗くと「金がない」話が吹き荒れている。

金が無いのにNZの物価高はすさまじい勢いで進行中。


1999年と、2005年では食品もガソリンも値段がほぼ倍になっている。

銀行金利が高いのはインフレである証拠でもあるわけです。

最低限の生活すらできないと、それはストレスフルな生活でしょう。

ごく少数の永住して成功している人の話や、成功とは言いがたく我慢して暮らしているけれど、良い事だけを発表したい人の話を鵜呑みにして、大博打は愚か者の決断です。

行けば何とかなると思って飛行機に乗ってはいけません。

ビザが無い、言葉が駄目、金も無いという人は「うまく行かない率」が恐ろしく高い。

それでも博打を打って来てしまう人が結構いる。

自爆とはいえ「お気の毒」です。

もう、「にっちもさっちも行かない。死中に活を求めて!」なんていうギリギリの決断は「たいてい負け戦になる」ことになっている
(太平洋戦争を見ろ)。

ご婦人に多いのが資格も教育も職歴も無いから、ニュージーランド男性のパートナーを見つけるタイプ。

昔風に言えば「ぶらさがり」。


これは本人のみが自爆で他の家族を巻き込んでいない点で、まだマシかもしれません。

彼女達たちから聞く悲惨な話も。。。。。


アジア人女性が、「家庭内暴力の餌食」になったり、「生活力の無い白人男」に、ただの『金づる』として(日本人女性の場合に多い)扱われたりとは、しばしば新聞ダネになっております。

NZの公的医療は頑健な白人やマオリをベースに組み立てられています。

日本人にはつらいかもしれません。
まだ寝て居たいのに叩き出されます。

選択できる医療の種類と質は格段におちます。


治安は、人口10万人あたりの殺人事件の数は日本平均の1.5倍、性犯罪は数倍とのこと。

G(イギリス)の保険会社の統計ではOECD加盟国 中ワースト4位の盗難発生率を記録している国がNZです。

盗難保険と、警備会社直通セキュリティー装置、たくさんの鍵がなければ安心して暮らせない。




4人家族が海外移住を考える前にまず知っておきたい4つのこと



「親が貧しい子」は勉強でどれだけ不利なのか



夢の途中で挫折する人たちを多く見てきたし、海外で生き残るって本当に難しくて、「早期退職~~~♪」「セミリタイア~~♫」なんて人は簡単に消えていくのがわかるんですよ。

出だしは誰でも良いと思いますよ。

「大海に船出をしたときの高揚感、満足感」がありますから。

でもその後に、恐怖の連続が待っているんですね。

これを生き抜く能力が果たして自分にあるのか(or資産はごっそりあるのか)、

もしそれらを乗り切ったとしても、いつか必ず歳を取り働けなくなる時も来るんですね。

大きな病気や怪我に遭遇するかもしれない。

これは自分だけじゃなくて家族も同じ。

そして年金は?他の収入は?預金は?老後をどう生きるのか?を考えると、普通に仕事をしていても真っ青なのに、海外に出て社会保障もゼロ、年金もないような状態だったら、

それこそ日本国内にいる時の「2倍以上」は稼いで自分でどうにかしないと最後は野垂れ死ぬのは確定なんですね。




ニュージーランドの年金制度が改変される?



NZ首相、年金支給開始「67歳に引き上げ」



さらなる将来的な引き上げを予測する賢人は、続々と引き揚げてるとの噂。



海外移住の落とし穴



NZ地震の復興作業、外国人労働者活用へ
南アフリカやフィリピンなどから労働者をさらに呼び込むことで需要が満たされる可能性がある反面、既に急伸している移民数がさらに増えることに懸念もある。

移民の増加で不動産市場は過熱しつつある。



バブルで不動産を高値掴み、地震火山リスクの高い国で不動産投資というのは、過去の経験則から人生破滅パターンなので注意。

日本で『発病』『被災死』するより先に、ニュージーランド地震で『被災死』というのは避けたいもの。

バブル崩壊後の悲惨な経済を読まないと、後々経済困窮になる危険も。

ニュージーランドでお金を使い果たして生活困窮。

歳を取ってから日本に引き上げるのは辛い。

もちろん、真実を伝える【海外移住ブログ】の賢明な読者は、『 今、何をすべきか? 』を理解しているはず。



New Zealand bans foreign home buyers



無謀な海外移住計画



日本人の海外移住は無理ではないか



海外で生活して、仕事をして、永続的にギリギリでは無い収入を得て、永続的に暮らし続けるということが非常に困難という現実を認識できない人が多いとの噂。

現地で稼げず生活困窮、長期間住んだ結果、困窮邦人になったり、医療や介護問題で最終的に失敗して帰国する人が非常に多いというのが海外移住の現実です。



日本の社会システムと合わず海外移住している方はこの話に異論はあるでしょうし、日本から出れたことで幸せ、な人もいるでしょう。
しかし そのような人でも仕事住居ビザ等生活基盤を作れず日本に帰らざるをえなかった
多くの人のたどった経過は一般的には目に触れることはありません。
私は見てきましたが




その国やその場所に住むことが、
何かを捨ててまで挑戦するに値するかどうか




「未来の無い国を未来があるかのように美辞麗句を並べる海外移住系の人間に そそのかされ、一体、どれほどの大勢の日本人のお金と時間、エネルギー、人生が世界中で奪われているのだろうかと考えてみると恐ろしくなると同時に、この世界中で無駄に失われ続けている日本人の膨大な時間やエネルギーを効率的に一点に集中したら、とてつもなく凄いことが実現するんじゃないのか?」っていうのがネットで流れてきた。



【GM】厚労省公表。
輸入食品違反事例2月分:
三菱商事がニュージーランドより輸入したチーズの製造工程で、未承認の遺伝子組み換え微生物によるレンネットを使っていた。
この製品の回収などの告知はなかった模様。




ワタシがニュージーランド永住権申請をまだしない理由
NZはね、

仕事のないやついらない。

技術のないやついらない。

年よりいらない。

不健康なやついらない。

金、かかりそうなやついらない。

ややこしいやつ、出てって。
(悪く言えば入ってくんな)

犯罪者いらない。


だと思うよ。

ハードルは高いよ。

永住権となると話が違う。

そりゃそうだ。

福利厚生、全部NZ政府の責任でその人を見ていかなくちゃいけないからさ。

家族がいればなおさらね。

ちゃんとした職業でしっかり稼いでるのかどうかってさ。



「『ホ』を浴びて、不健康になり、将来、金がかかりそうなやついらない。

ってならなきゃいいけど。汚染情報大拡散の不思議」というのが、ネットで流れてきた。



私が簡単に日本の放●能問題を話したところ、キウイの同僚が、でも、チ●ルノ●イリよりひどくないんだよね?というから、隠してるだけでずっと酷いんだ、と伝えると、その移民先輩も、全然酷いわよ、と。そうだよねえ。



放●化≫茨●から親族が避難して来たが、 5m以内に近づくと吐き気とめまいがして一緒に居るのが耐えられない



国レベルで考えた場合、放●性物質を高濃度●染地域で集中管理するということが行われておらず、低濃度●染地域にまで拡散させる国策となっているため、日本に住む人が海外移住するということも放●性物質の拡散・移動となる。



国レベルで考えた場合、放●能の集中管理の原則から言えば、海外移住はしてはいけないということになる。
なぜなら、私たちの体内に放●性物質が蓄積しているから




汚染情報拡散で海外から拒否や差別に繋がる?



前に海外移住組の方が話してなかったかな?
貴方達が被●症状を闇雲に流すと、将来ある若者の受け皿が海外で少なくなるという忠告を




「大嫌いな日本人が海外に来たら困るから、汚染情報をツイートしてるのに、それを『わかってくれているんだ』と勘違い。それに共感して、一緒になってツイートして、自ら日本脱出の出口を塞いで墓穴を掘ってどうするんだよ。」っていうのが流れてきた。



情報を得るときに意識すべきこと

・著者の主張は一貫しているか

・著者は情報を発信することで何をしたいのか

本でもブログでも趣味で情報を発信している人は少ない。

必ず何かしらの目的があって情報を発信しているので、それを読み取ることが大切。




ネット上の海外移住情報の注意点



放●性物質による身体障害は保障しない保険
保険会社としても原因が原●事●にあるのであれば保険金は支払いたくないと考えるでしょうし、そうなった時の判断材料の一つして、「原●事●が発生した時や、その直後に住んでいた地域」や、「病院での治療歴」などが基準になるのかもしれません。



「肥満の移民は国外退去」、
NZ当局が南ア男性のビザ更新を拒否

ニュージーランドに6年前に移住した南アフリカ出身の男性が、太りすぎを理由に就労ビザの更新申請を却下されていたことが分かった。

ビザが更新できなければ国外退去処分となる。

ニュージーランド移民局の広報担当者はビザ更新を認めなかった理由について、「ニュージーランドの医療サービスにかかるコストと同サービスの需要を最低限に抑制するため、全ての移住者が受け入れ可能な健康水準を維持していることが重要だ」と説明した。



現在のイミグレのポリシーだと、そういったお子さんを持つ家族の永住権申請が認められるのは、ほとんど無理だと思います。
オークランド大学で数学教授だったベルギー人、世界的に認められる論文を発表した方でも、お子さんの内一人が自閉症で、その子の永住権申請だけが却下されましたからね。
子供抜きの永住権なんていらないと、帰ってしまいましたが。




「肥満」理由にビザ拒否、移民男性が帰国へ NZ



Immigration can be a motherf*∪king ⊂∪n+ なので、これからビザを申請する方はこう言った事例があることもしっかり頭の片隅に置いておいて下さい。


※高スペックの人材でもビザが却下されるという厳しい現実に絶句。



これを真に受けた障害持ちの凡人が夢を抱いて夢破れて死んでいくんだな



ニュージーランド、移住者ならではの医療問題
49歳の英国人の男性と家族は2006年にワークビザで移住し、2009年にロングターム・ビジネスビザに切り替えビジネスを始めました。

永住権の申請を行おうとしていた矢先、男性の脳にゴルフボール大の腫瘍が見つかりました。

手術を受けたものの後遺症が残り、働けなくなってしまいました。

一家は公共医療の対象にはなっても、永住権がないのでワーク・アンド・インカムからの生活保障が受けられず、生活が立ち行かなくなってしまいました。

一家は周囲の協力でなんとか永住権の申請を行ったものの、移民局はこれを却下したため国外退去に直面しています。

移民局は申請却下の理由を、「申請人はすでに事業に積極的に関与しておらず、医療サービスに対して多額の費用と負担を強いる可能性がある」と説明しています。

このように健康状態の理由で永住が叶わなくなってしまう例は、たくさん報じられています。

申請者の多くが30代後半~40代と働き盛りでいながら、統計的には病気にかかる確率が高くなる年齢であることと無関係ではないでしょう。

病気の発覚だけでも大変なことなのに、それを理由で永住の夢が絶たれることは、移住者の「死角」ではないでしょうか。

永住権を目指す皆さん、健康管理には ぜひお気をつけください。



「※発病リスクの高い移民は同様に、社会保障費の負担になる懸念からビザの取り消し、ビザ更新や新規申請を拒否される危険性があるということ。

ネットで流す情報が自分や日本人の首を絞める情報かどうかを良く考えることが肝要。
(現地在住者談)



ニュージーランド、親を呼び寄せる中国人移民、高齢者急増で年金財政に負担
ニュージーランド・ヘラルドは「中国の高齢者移民は“大問題”だ」を掲載した。

2012年にニュージーランドの永住権を取得した中国人移民のうち、40%弱は50歳以上の高齢者移民だ。他国の移民ではこの比率は10.7%。中国人の高齢者移民はその4倍と極めて高い水準にある。

2006年から大量に流入した、中国からの技能を持った「技術移民」が両親を呼び寄せているのが原因とみられる。

高齢者移民の急増は年金支出の増加をも意味することなる。

平均寿命を85歳とすれば、高齢者移民1人あたり35万ドルの支出となる。



年金をアテにして移住した人は老後が悲惨。

子供の世代はどうなるんだろう。

財政がいつまで持つかな?。

骨の髄まで吸い尽くされて、気づいた時には手遅れNZガバメントとの噂?。w




長生きするほど通帳が0円に近づく恐怖



「動かないこともリスク」を海外移住をテーマに深読みしてみる
実際「動いた」自分がこうやって振り返ってみると、あのとき「動かなかった」ことは自分にとって損失だったと気づきますが、「動かなかった」ならば、それが損失だとは気づいていなかったでしょう。

動かなかった自分は、動いたことによって得たモノの大きさが理解できないのですから、「チャンスを逃したよ」と言われても比較できないし、そもそも何も失っていないから、リスクだと認知できないですね。

しかし、動かないことによるリスクは確かに存在します。

自分の場合は「動く」対象が「海外移住」でした。

動くべきときが来ている予感があれば、将来の損失になるかどうかをよく考え、リスクに備えることが必要じゃないかと思います。

「動かないこともリスク」は成り立ちます。

自分が挑戦したいモノがあるならば、それに向き合わないことは大きな損失を被ることに等しい。いかがでしょうか。



ニュージーランドの永住権取得条件が改正される。年々、取得が難しくなる永住権
最近、ニュージーランドの移民局から永住権審査を厳しくするという発表され、即施行されました。



【 驚愕の事実 】

【実録】 3.11以降、日本人全員が内部●曝している! 検査を受けてわかった衝撃的事実



(当ブログは最後の方に「震災後の衝撃的ホ拡散状況」も掲載)



被●者は発病後の医療問題(後述)を深く考察した方がいいと思うよ。マジで。

地震国に50基超も存在しているのに無関心だった人間には先々のことを考えるのは無理かも?との噂。

※単なる噂です。




「アジア最大の負け組日本」「第2のBrexit」トランプ大統領の誕生
変化は「需要」があって初めて起こるという事実。



日本人の移住困難問題の変化は、
「需要」があって初めて起こるという事実。




「ニュージーランドは民営化と規制緩和の失敗という負の財産を抱えている」:
ニュージーランド米国大使館の秘密公電をウィキ●ークスが暴露




トランプだけが白人至上主義、人種差別、排外主義ではなく、米国は国益を常に優先で自国の経済・世界情勢で不利になると、他国に責任転嫁をする国で、29年世界恐慌でメキシコ人を国外追放、41年の日系人収容、96年から現在まで過去3倍の不法移民の外国追放を行っている。



トランプ政権誕生で米富裕層が海外移住!
人気の3大都市

まさかのトランプ氏勝利に揺れる米国で、
国外脱出を目論む国民が急増している。

選挙当日の11月9日、トランプ政権の誕生がまだ決定していなかった時点で、すでにカナダ移民省のウェブサイトがクラッシュするなど、米国民の悲壮感は深刻だ。

他国の不動産産業にとっては恰好のビジネスチャンスである。

中でも米富裕層に人気の海外移住先は環境、生活水準、投資価値などの理由から、ロンドン、トロント、オークランドの3大都市に集中しているようだ。

オークランドへの関心も高い。

ニュージーランドの公式機関が米メディアに公表したデータによると、11月1日から8日にかけての移住申請(学生含む)は1593件と記録的な数に達したという。

しかしニュージーランドでは低金利政策によるバブル崩壊への懸念が強まっており、
同様のリスクを抱えるロンドンよりも
「安全資産」としての価値は低いと見なされている。

全都市に共通する問題は「海外投資家の買いあげによる不動産価格の高騰」だ。

国への経済効果は期待できても、
住民にとっては生活を圧迫するネガティブ要因になりかねない。



米国の富豪は米国離れでニュージーランドへ

富豪が価格吊り上げ?



移民ますます増えて住居不足
2014年NZへ移住した人の数が急増。

10万9000人で最高記録。



ニュージーランドでも物価上昇、家賃上昇を理由に日本帰国者が増えています。
生活費上昇による日本帰国もリスクのひとつ




都市から地元住民が消える、バルセロナが鳴らす警鐘



二年前NZ行った時のことを思い出してみる。
当時のNZは物価がずっと上がり続けていて、私がいた時の物価は「五年前の物価の2倍」だと聞いた。
オーストラリアの影響を受けているから、上がり過ぎて生活が厳しいって。




オークランドの土地や家賃が高騰しているらしいけれど、街を歩いているとそれほど好景気には感じない。
潰れたらしい飲食店や酒屋がそのままになっている。
単に投機の対象として富裕層が土地を買いあさっているのだと思う。
そういう足元のぐらついた好景気はちょっと怖い。




ここ数年、支●の株成金どもが住みもしないのに投資先として不動産を買い漁ってくれてるお陰で、オークランドは不動産ハイパーバブル状態ですよ。
ついにうちの大家まで家売るかもーとか言い出して、こっちゃいつ追い出されるか家賃上げられるかヒヤヒヤしてる今日この頃。
いい加減にするアルよ(怒




昔は自宅さえあれば何とか食っていける ってゆわれたが、(都市部ではないです。)今日びは自宅があるとかえって大変



NZにはレイツ(日本の固定資産税にあたる)を実質死後に払う制度があんねん



NZに見切りを付けて日本へ帰国

ここ数年のオークランドの住宅価格高騰やすべての物価が上がってきたので、もうこの国(特にオークランド)に住むのがしんどくなってきました。

しんどいと言うよりはうんざりと表現した方が適切かもしれません。

ここ最近、周りの日本人は続々と帰国しています。



※経済的に余裕がない人は,資金が尽きる前に帰国しないと,帰国後にとてつもない経済的苦労が待ち受けて、かなり悲惨という噂。




ニュージーランドで相次ぐミツバチ盗難。原因は1キロ1万円のあの「マヌカハニー」?
ハニーはバカバカしいほど値上がりしている。
巣箱の売買で簡単に金もうけ、なんてことが横行している。



Manuka Madness: Is Your Manuka Honey Fake?
流通しているマヌカハニー約80%は偽物



エキストラバージン オリーブオイルの約9割は「偽物」!



「ししゃも」の約9割は偽物!


※海外移住も「偽もの」が多いとの噂。

海外移住の定義である永住権の有無を要確認!




移住とか留学という言葉があやふやな時代
「移住です」という人は、それを英語でなんというのか、その辺もしっかり考えてみる必要があるということ。

「移住」という言葉を「引っ越ししてきた」だけで使う人が結構いる。



永住権も無く、定住せず
(単に『住所不定』なだけ、なのにノマドという体裁良く見せる為に横文字で表現する人がいるとの噂。
『国際放浪者』も病気になったり、資金が尽きると終わりとの噂も…)。

『旅行者』に失業保険や健康保険、年金を給付してくれる国は無いので、病気や老後に行き詰まります。

浮き草の様に国を移動するというのは海外移住者の定義から外れるようですが、こういう人が多いとの噂。



海外移住して、ある程度落ち着いてきたとしてもその生活をこの先ずっと続けられるのかって事をまず間違いない第一に考えないといけないわけだよ。
続けられるとしても、本当にそれがやりたい事なのかとか、安定性や将来性はあるのかとか現実的に考えていかないと継続するのが難しくなってくる。




米IT富豪の市民権取得がNZで物議、「売り渡した」と批判
ニュージーランドの移民当局によると、同国への移住に関する問い合わせは、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)決定後と、トランプ氏が米大統領選に勝利した後に急増したという。



移住先を自分ならどうするか考える時、それでも元気であればニュージーランド辺りを考えるのだろうとは思うけれど、あそこは世界中から技能のある人達が逃げてきていて、本国ではかなりの高所得、なんて人もその辺にいると聞く。
移住って真剣に考えると本当に難しい。




過酷な移民同士の競争社会。

勝ち残るのは、ほんの一握りという世界。



NZ移民法の改正
100ポイント以上の人に永住権の申請の権利が与えられ、140ポイントの人には一次審査通過が許可されて来ました。

ですが今後は一次審査の通過の最低ラインを160ポイントまで引き上げるとの発表がありました。



2年間の時限措置終了後に『待ってました』と申請が殺到するのは見なくてもわかるし、この法改正はトランプ氏の当選前であり、当選後の移民殺到で更なるポイントの上昇など条件の厳格化により、移住失敗リスクを避けるため、お金を失う前に日本に引き揚げて人生の二度と戻らない時間を『損切り』し、帰国後&老後の大切な資金を温存するか、さらに2年以上という時間と滞在費(お金)をすべて失ってから、真っ青になって、日本へ引き揚げるかの判断は当事者にしか出来ない。

『移民申請急増』 → 『移民を絞る』

大量に受け入れた移民が高齢化し、『医療&年金申請急増』 → 『医療&年金制度改悪/破綻』

という展開が読めないと老後が悲惨との噂。

※160ポイントは2年間の暫定措置の予定が、トランプ当選で11月にビザ申請が急増。

さらなるポイント上昇もありえるだろうとは、もっぱらの噂




デンマークのグリーンカード制度もある日突然予告なく消滅。
オランダでは日本人に就労ビザがいらないという特別扱い制度もいきなり実施されたけどたかが1年であっという間に廃止決定。そんなもんです。
大御所や現地邦人が日本語発信しても3日で古くて使えない情報になり得るのが「今」




沖縄・小笠原・北海道にM9級 地震のエネルギー
ニュージーランドも超巨大地震の危険地帯!

地図を見て重要なのはニュージーランドの場合、陸域も含まれるんだ。

さらにヤバイのはNZ最大の都市であるオークランドや首都のウエリントンも含まれてるってこと。

最大の都市と首都圏が震源域に入ってるから揺れが凄まじいと予想されてる。

おまけに海域地震なので津波も凄いらしい。

3・11は震源が陸から150kmも離れていたから、揺れも多少減衰したし、津波の到達までに逃げる時間的猶予があったらしいけれど、直下で揺れたら烈震だし、津波が即来て逃げる間もない。

北島の2大都市が壊滅すればNZ経済も壊滅するとの噂。



ニュージーランドで、M8.9の巨大地震 「メガクエーク」と津波のリスク…という調査研究結果。
ウェリントン近くに、巨大地震を引き起こす可能性を秘めた断層を発見!




クライストチャーチの復興ペースが遅いというのは本当でした。
シティ中心部なんて一部を除いて
ほとんど工事だらけです。


お気の毒です。



オークランド、中規模地震で5000棟が倒壊の恐れあり



M6.3の中規模直下型でも大きな被害が出た国。先進国で地震国なのに、この耐震性。
M9が来ればどうなるかは推して知るべしだけど、わからなければ、体験学習?

ウエリントンの原●炉の耐震性はM9対応だったかな?、あと津波対策は?。

在住者は絶対に言わないこと?



ニュージーランドの地震分布



【地球科学】ニュージーランドのアルパイン断層の極端な状態

ニュージーランドのアルパイン断層に掘削されたボーリング孔において極めて高い地温と流体圧が測定され、それが予想を大きく上回るものだったことを報告する論文が掲載される。

アルパイン断層は、今後数十年のうちにマグニチュード8の地震によって破壊されることが予想されている。



今後数十年のうちにマグニチュード8の地震によって人生が破壊されることが予想されている。w



ニュージーランドの地震と火山分布


「わざわざ活断層が集中するところで実験用原●炉?。地質学とか知らん連中がやってるんだろうな」
(とある国の在住者談)



ニュージーランド首都の地下に活断層を新たに発見



断層地下深くで揺れを観測、大地震予測の手がかりになるか ニュージーランド
最後に起きた大地震からはかなりの時間が経過していることから,向こう40年間で大地震が発生する可能性も高いとしている。



火山の噴火で失われたピンクテラス&ホワイトテラス
大都市もいずれ消滅?w

命も消滅 w

永住権も同時に消滅 w 当たり前です。



「スーパーボルケーノ 超巨大噴火の脅威」
ニュージーランドにも超巨大火山が存在。



巨大噴火:そのメカニズム



プロジェクト・シール“津波爆弾” 
ニュージーランドの汚れた手




海底ケーブル。
インターネットを支える影の主役のお話


2001年よりNZと他の国を結ぶのは、サウザンクロスケーブルネットワークだけ

NZ全体が、このケーブルと1社の決定に依存しているわけです。

パシフィックケーブルとその支持者たちは、NZは冗長性と情報のセキュリティー確保のために、もう1本違うリンクが必要だと主張しました。

サウザンクロスケーブルネットワークが切断されたら、ほとんどのインターネットコンテンツが海外にあるため、NZは何もできなくなってしまうのです。

金融の処理や電子メール、動画を見ることも、全部できなくなってしまう
…と。

経済的にケーブルを敷くことはほとんど不可能。



地震で海底ケーブルが死亡すれば、国際金融決済などの取引停止、通信途絶という国。
恐ろしくて金融取引なんか出来ない。← これでも、起業に向く国だなんてメディアは持ち上げるんですよね。
起業に向く国でも、実際のビジネスとしての成功率が低ければ意味が無いという突っ込みは、一切無い模様。



オークランド 停電

最大の都市でも停電が多い。インフラの質は重要だよ。


ニュージーランド バス 故障



ルーザーという言葉があります。
人生の敗北者という意味です。
私が25年、カナダにいる間に数多くの日本人の国際結婚や恋愛を見てきました。
しかし、その中にカナダ人のルーザーを相手にするケースをしばしば見かけます。
そしてその多くは割とすぐに関係が破たんしています。
当たり前です。




国際結婚で海外移住

もし、日本で出会っていたら、同じ日本人同士だったら、絶対に相手にしないような男性を追いかけるパターンを目にする。

女の金を当てにして暮らしていたヒモ男。

何の疑いもなく ついていってしまう日本人女性。



「HPVワクチン」はダメなのに、
永住権&DVリスク有りの「HPV生チ●チン」はOK?っいうのが流れてきた。w


最大の武器が『若い体』という女に寄ってくる男ってのはそれなり。

すぐ若い娘に簡単に乗り換えられ使い捨てになるよ。← by 妻



ニュージーランドのビザ詐欺
ニュージーランド移民局の書類を読みますと、NZのビザ取得に関する詐欺が如何に多いかと言う事が良く分かります。

NZへ移住したいという人が本当に沢山いらっしゃいますが、

正当 且つまっとうな方法で無理なら諦めるべきです。




ニュージーランド、起業・不動産購入・移住の失敗事例
世の中に出回っているインターネットや雑誌、本などには、移住の成功例を語るものが多くあります。

しかし、実態はそのように甘い話しばかりではありません。


資金も尽き、心情的にも非常に傷ついて、
泣く泣く日本へ帰らなければならなかった・・・というケースも実は多くあるのです。




NZの永住権取得に関するルールの変更がありました。
IELTS6.5必須はかなりハードルが上がってしまったように感じます。
英語社会に暮していれば、おのずと英語は使えるようになりますと甘言を言って移住を促進している会社もありますが、それは全くの嘘です。




海外移住・英語の落とし穴
仕組まれた英語化策略の罠。

術中に嵌った結果、どうなるか?というお話。

後半ほどディープな内容。



デンマークの方、12年住んできちんと学業をおさめ、子どもももち、職歴も十分なのに永住権申請がまたもダメそうだという。
凄まじい。他人事じゃなく、ぐぅ、と声が出てしまった。
ねえ、これがデンマークだよ。楽園じゃないんだよ。
すごい税金収めて働いて生活してるのにこの仕打ちだよ、、、。




海外出たいんですって人に相談された時に、私も同じような内容をアドバイスしてる。
お金が貯まるまで、あと数年必要なんですって返されることも多いのだが、そんなことしてる間にビザが厳しくなって移住自体が不可能になる可能性大いにあるし。




『様子見る、英語力・現地語つけてから、お金貯めてから』なーんて悠長な人はビザ厳しくなる欧州(だけでなく世界中)移住が無理ゲーになるでしょうね。
『いつ移住するの?今でしょ!』




イギリス人のパートナーとお子さんたちとイギリス在住5年以上の彼女と、色んな話をした。 印象深かったのは、高齢で施設に入っている日本人女性が、痴呆とともに英語を全部忘れて、日本語を教えなかった子ども達とも施設の人ともコミュニケーションが取れなくなってしまった、という話。

大人になってから身につけた外国語は、痴呆で忘れちゃったりするのか~。



あれを目の当たりにして異国での老後の恐怖に慄いた。。。。



国籍まで取って米国に移住した日本人夫妻の知人がいるのですが、奥様が病院でそのような方々のお世話をするボランティアをしているうちに自分の身に置き換えて怖くなり、70歳近くなってから日本国籍を復活させて日本に戻りました。



オーストラリア在住の義妹によれば、豪人と結婚し、英語オンリーで暮らしていた隣家の日本女性が、夫を亡くしたあと英語と日本語をごちゃ混ぜに話すようになり、最後は日本語だけになった



「アメリカに住む日本人シニアがボケて日本語しか喋らなくなり、英語しか分からない自分の子供とコミュニケーションが取れなくなる」 という話、皆さん聞いたことありますか?
最近私、よく聞くんですよ。
年取ってから起こる言語の原点回帰というか、英語を失くして日本語しか喋らなくなるんですね。




ドイツでもこれはあって、和食が食べたくなっても売っておらず、しかもこの年代の方はネットで繋がっていなくて孤独だという。それをなんとかするため頑張っている方の記事をニュース・ダイジェストで読んだ。
フランスで同じような方が施設から日本へ強制送還されたというのもツイッターで知った。




長年アメリカで暮らし入院された方が、英語の単語は出てこなくなるし病院食がフライドチキンやポテト&ケチャップ等油モノや味の濃いモノばかりで、さっぱりした日本食が食べたくて困ったそうで、言葉だけで無く味覚も戻ると解って帰国されたと。



66歳もうすぐ67歳。70年代最後の農業移住世代。
私は56歳で夫が亡くなってから海外移住をしましたが、医療設備に不安を抱き帰国しました。
現在高齢者向けサービス住宅に移りました。




私の周りの海外歴20年前後の方は日本に帰りたがってる人が多い。



実は、私の亡くなった義母、つまりかみさんのお母さんも生前、アルツハイマーになってから母国語であるスペイン語しか喋らなくなったんですね。
スペイン語が分からない私に対しても。
なので、アメリカに住む日本人が年取ってから、英語を失くして日本語しか喋らなくなる可能性は十分あるわけです。




私の知人の日本人女性も、ずっと英語のみの生活だったのが、子供が独立し、米国人の旦那さんも亡くなり、その後何年も一人暮らしで、今では日本語も英語もちょっと怪しい。



日本語そのものが、脳に良い作用をもたらすのだと、友人が話してました。また、日本語は平仮名カタカナ漢字それぞれ、脳の異なる部分を使うそうです。
平仮名カタカナ漢字の複雑な組み合わせを難なくこなす事により、脳は鍛練されてゆくのかも。




それゆえに、グローバル勢力にとっては、日本人から日本語を奪うことが最後に残った難事なのでしょう。
実質的な英語公用語化は政府およびグローバル企業から進んでいますね。




伝統文化の基礎は固有の言語ですからね。民族としてのアイデンティティの基礎でもあります。
ワン●ールドを実現する為に文化や民族の多様性の基礎になっている固有言語を奪い、破壊することを狙っているのだと思います。




退職後の海外移住はするべきでない5つの理由」として安全・医療・ことば・郷愁・不測の費用 の5つが挙げられていますが、これは日本人にとっても同じでしょう。



【重要】
日本人に適した環境を海外に創ってもらうしかないと、なぜ気づかない?



人生の影と光
人は誰でも楽しい話が好き。
誰だって楽しい人生を送りたい。

でも現実は全く逆で、苦しいこと楽しいことの比率なんて9対1ぐらいかもしれない。

でもその9の話はせずに1の話だけで盛り上がる。

こういうブログではその9の影の部分の話は誰も書かないんだけれど、でも9と1があってどちらが真の姿かといえば9の方のはず。

ブログなんか「楽しい事しか書かない」というのが一つのお約束みたいになっているっておかしいんじゃないですかね。

ましてや「情報発信」がそれだとしたら全く意味が無いと思うんです。



移住経験者が現地でみた海外移住で失敗する日本人の共通点



1週間に50時間以上働いている労働者が世界一多い国はどこなのか?



40歳以上で週25時間以上働くと認識能力に悪影響が出る



香港、シンガポール、マレーシア、ニュージーランドで最も給料の男女格差が大きい国は?
採用コンサルタントTrans Tasman Recruitment Consulting Services Associationは、香港、シンガポール、マレーシア、ニュージーランドの4か国の、男女間の収入格差を調査しました。

この結果、最も格差の大きい国はニュージーランドであることが判明しました。




ニュージーランドって世界で最も女性の社会進出が進んだ国で女性の権利も強い。
だが一方でジェンダー・ギャップも激しく低所得労働者の多くが女性。
その結果の売春合法化。




ニュージーランドが売春を合法化した理由に妙に納得
どうして売春が認められたのでしょうか。

それは残念ながらニュージーランドは貧富の差が激しく、貧しい人たちが本当にたくさんいるからです。

まともな食べ物を食べることはもちろん、洋服もキチンとしたものが与えられず、さらに医療もまともに受けることができません。

貧困な家庭で暮らしていると家の中が汚いため、ホコリやカビで呼吸器系の病気になる子が多く、また不衛生なため頭にシラミがわいている子も多くいます。

そのためスーパーマーケットでは普通にシラミを殺すシャンプーや粉が売られていたり、普通の学校でも「シラミがわいた子がいるから気を付けよう」というお知らせが行くほどです。

そんな状態なのでもし売春を違法にしても、貧しい人たちがいる限り売春はなくなることはありません。

だからといって政府が売春を違法にする代わりに、売春をなくす決定的な方法や、売春をする人たちを根本的に救う方法を提示することはできません。

そこで考え出されたのが、「売春の合法化」でした。



福祉国家ニュージーランドの迷走
OECD23ヶ国のなかでニュージーランドの若者の自殺率は女性でもっとも高く、男性で3番目に高い。

就労可能人口の21%に当たる45万人が政府の援助に依存。

子どもの約30%は政府援助に依存している家庭で暮らしている(85年にはこの比率は12%だった)。

その他、犯罪の増加、とくに凶悪犯罪の増加や、女性や子どもに対する家庭内暴力の増加、10代女性の婚外出産の増加、民間団体が提供している食料品給付所の利用者の増加などがみられる。

社会政策を中心とした研究者からは、この間の変化として社会の二極化による貧困問題の深刻さが何度も指摘された。

the working-poorと呼ばれ、職があっても低賃金で不安定な人たちである。



若者の自殺率が世界一の国ニュージーランド、精神障害の発症率は世界二位



図録 メンタルヘルスの国際比較



精神疾患を発症させる共通の遺伝的特性の発見



精神病・精神疾患の原因は遺伝?環境?



精神疾患の発症と遺伝の関係



精神病は遺伝する!親が精神病だったら、精神病になる可能性上昇



親の統合失調症は子に遺伝する!心の病気と遺伝的要因



うつ病は遺伝する?家族に症状が出てる人は要注意



「ニュージーの若者の死因の第一位は交通事故で、第二!は自殺なのよ」



ニュージーランド人、ここが嫌い!



お婆さんが麻薬取引の収入で家を購入



NZのドラッグ(麻薬)事情。



「マリフアナ自販機」を押収、ニュージーランド



New Zealand child poverty a source of deep concern, says UN



【再生回数300万越え】ヘ●インの恐さがよ~く分かる動画がヤバイ / 白昼堂々と道にブッ倒れている依存者の姿



ニュージーランド留学が嫌われる5つの理由



ニュージーランド「日本人旅行者の減少が止まらない。」



ニュージーランドでは、近年人種差別などの差別問題が増加している



ニュージーランドの性差別論争、元女性首相も参戦



NZ首相、スポンサーロゴ隠したラグビー選手を非難 イスラム教が背景か



ニュージーランドに人種差別ってあるの?



ニュージーランドでは日本人はかなり酷い差別をうける



ニュージーランドは本当に人種差別が強いのだろうか?オークランド編



人種差別について ニュージーランドの現状



世界のチャイナタウン
アメリカのチャイナタウンは、その出発点が
差別から自己を守るためのチャイナタウン」、今も居住住民のための実用的機能を果たしている。今、50州のうち35州に1つ以上のチャイナタウンがあるという。

海外移住を簡単にする画期的な方法とは
こういう発想があるのに、みんな何で気づかないんだろう。



自分自身が「海外移住、海外永住」にチャレンジしてみて思ったのは、「移住や永住権取得はゴールではない」ということ。
移住も永住も「その先の生活」を確立させることができてこそ成立するもの。




万難を排して海外移住して生き延びるんだと言っている人は映画の主人公気取りで五年間過ごしてしまったんだろうね。
映画では主人公が自分の家族の介護を心配する現実的なシーンは出てこないし移住後の本人の老後も出てこないので。




子供の予防接種がたくさんある。日本よりも多いわ。



海外から日本に戻る日本人たち
日本の小学校に通っていると、日本の子供になっていく。
そして進学し、やがて仕事に就いていく。
結局、子供は日本の社会で育てることになる。



オークランドで家を買うのはバカだけ



日本人に気をつけろ:NZ
NZの不動産屋がいますが、不動産の言うことは絶対に信用しないと公言してます。

「オマエ不動産屋だろ!」と突っ込むと「だから信用しないんだYO!」と言います。

なるほど、説得力があります。

自分の存在を否定しながら人を騙し生きる不動産屋って嫌な生き物ですね。

在留邦人の不動産屋って数十人~百人超はいるとおもいます(ほとんど日本人妻だけど)。



リスク管理と嘘つき [ニュージーランド本当の姿]
ニュージーランド準備銀行(rbnz)が利下げを行い、政策金利を2.25%に切り下げ。

史上最低金利を更新。

邦人エージェントはニュージーランドは好景気で、人口は増加、最低賃金は史上最高値、住宅価格も上昇と大騒ぎをしているけれど、これは何も知らない日本からの移住者を騙し、コミッションだけ取り、あとはポイ捨てのいつものやり方だね。

景気が良くて利下げした国ってどう機能するのだろう。小学生だってわかる原理だろ。

既にNZに不動産を所有している人は、いつまでも自分の家の価値が上がると信じている。

うん、信じていてください。幸せ者だね、在留邦人。

バブル期の日本でも土地は永遠に上がり続けると、ネズミ講もビックリなペテン話が広がった。

上がり続ける不動産を誰が買うのか誰も言わない。

いまNZで不動産を所有している人は大損をする。断言する。

不幸なことに市場は追加利下げを予想している。

NZ経済は好景気どころか、不景気に備えているのだ。

NZは小さな国だから、国民負担は大きな国より大きい。

小さな国なので旨みはなく、失敗リスクだけが大きい。不公平な国ですね。

シドニーの不動産価格も上限しらずで上がっているので、投機の流れが南半球の主要都市に流れていることがわかる。

不動産屋じゃなくても「この物件、高すぎじゃね?」って感じるはず。

不動産屋は「こりゃ、完全におかしい」ってわかっている。

言わないだけで。ブローカーは都合の悪いことは言わない。

実生活の中で自分が豊かになっていると感じる人はいないはず。

十年前の自分と比べて貧乏になっていると感じているはず。

利下げを行うということは経済指標がよくない証。


よくないのに不動産だけ好調なわけない。

何でもご都合主義、良いとこ取りの邦人エージェントがやりそうなことだ。

白人の残酷な部分は「一緒に頑張ろう!」と言いつつ、自分だけ逃げる。

逃げないヤツが悪いと判断する。「必ず戻って来る」と言って二度と戻って来ない。

リスク管理と嘘つきってギリギリのところだね。

ハイリスク・ローリターンのニュージーランドで勝てる取引なんてない。

「所有」できるものは所有した瞬間から大暴落が始まっている。


自立できない小さな国に住むことの意味を金銭で体験するのも悪くはない。
どんなバカだって損失から何かは学べるだろう。


私はやらないけれどね。



オークランドの不動産



有色人種に対する白人の差別主義は根強く残っているのですね。
最近もオーストラリアやニュージーランドで日本人を襲撃する事件が頻発しているというニュースがありました。
「白人が一番恐ろしいんよ」と海外在住の娘が言っていました。




ニュージーランドは平和な酪農国のイメージだが、貧困問題、 アジア人に対する人種差別、家庭内暴力、幼児虐待、麻薬、アルコール等々日本では考えられないレベルの犯罪国家だ。



薬物関係の話をすると、NZの語学学校にいたタイ人でヘロイン吸っててバレて退学処分になった人いて、それが自分の中で一番シリアスな体験だったかな。
クリスマス前に見つかって、すごい噂になって、冬休み終わって学校始まったらその男子生徒は忽然と居なくなってたという




中国ハニートラップ対策マニュアルを防諜担当に配布
マニュアルでは、「中国が『友人』を獲得する手法は実に巧妙かつ長期的だ
中国人諜報員は食事と酒の有効性を知り尽くしている。

中国には軍事、民間を問わずプロの諜報員が存在するが、彼らは国の諜報機関の命令によって動く中国人学生、ビジネスマン、現地企業のスタッフなどの裏に隠れている。



ニュージーランド議員に中国のスパイ疑惑
フィナンシャル・タイムズによると、中国の情報機関とこれほど強いつながりのある現職議員がいる欧米諸国は他にはないという。



巨大粉ミルク工場が田園地帯に―中国の投資に揺れるニュージーランド



“酪農王国”は“毒食王国”へ身売り… 農地売買でNZに走った激震



ニュージーランドを侵略した中国の手口



鉄鋼ダンピング巡り中国がニュージーランドに脅し “調査すれば農産物で報復する”
恐喝と恫喝、あれ?どこかの国に似てるとの噂。w



世界の心臓病患者-6割がインド人に<WHO予測>



中国人の4人に3人が心臓病リスク,近い将来に大流行の危険性も



中国で心臓疾患「まん延」の危機、論文が警告

※納税負担と社会保障費も激増?。



世界初の「気候変動難民」認定、ニュージーランド最高裁が退ける



ニュージーランド、「気候変動難民」申請者をキリバスへ送還



キウイセーバーから去る人々



NZ渡航における入国拒否について



海外移住したの人口の1%だよ。
各国の友達に聞くと中国人は本当に世界中どこにでも移住してきてる。
日本にはその文化がないので海外移住増やすのは基本的に難しい。
日系コミュニティという就職及びビザの受け皿もない。




『海外移住の受け皿』が重要。



一世の移住をしやすくする受け皿は必要なんだよ。ビザも現地の言語力も確かでない状態で、いきなり老後の年金医療費保険料等を賄う就職はできないのが現実。甘くないよ。



相当辺鄙な田舎にも中国人経営中華料理屋あるんですよね。
イギリス人も含めて各国の友達が世界中に移住していく際の移住先の決め手は「親戚がいるから安心」であることが多いです。
きっと中国人がどこへでも行けるのは世界規模ネットワークという安心感かも。



受け皿が重要ですね。

海外移住を簡単にする画期的な方法とは



放●能と海外移住
1) 外国への影響

 仮に東京が壊滅したとします。

首都圏に人、仕事、お金が一極集中しているので、日本自体が経済的に壊滅状態になり、世界3位の経済規模を持つ日本が壊滅状態になれば、世界経済は大恐慌になります。

これは100%間違いありません。

 なぜなら、世界経済は連動しており、日本が米国国債を消費しなければ、アメリカは今以上のお札をばら撒き、インフレを起こし、基幹通貨USDの信用不安が起こり、貿易ができなくなり、商品市場も機能不全を起こし、通貨が壊れてしまう可能性があります。

 結論を言うと、東京が放●能汚染されれば、法律、常識がまったく通用しない無政府状態になるのは間違いないです。

であれば、外国に逃げた場合、パニックになった現地人に放●能が伝染病であるかのような勘違いから、迫害を受けることは間違いなく、もっと危険でしょう。

2) 日本崩壊

 本国の支えがまったくない状態で海外で生き残れるだけの力を持つ人はどれくらいいるでしょうか?

非言語スキルを持ち日本と関係ないところでも一定の収入を得られるだけのスキルのある日本人はどれだけいるでしょうか?

日本が崩壊したら、生活している場所がどこであれ、あなたの人生は終了です。



U.S. National Debt Clock : Real Time
刻一刻と増加するアメリカのリアルタイム借金時計

膨大な借金の担保となる国が壊滅すれば、どうなる?



首都直下型地震が起きれば日本は破綻する!
大災害で経済社会が激変するという認識を持て




放●能移住に必要なもの
世の中のほとんどの人、特に放●能に恐怖し、騒ぎまくっている女性のほぼ全員がこのスキルを持っていないのではないかと思います。

いくら騒いでも、日本以外で生きていくだけの力はありません。



牧畜と農業でのんびりできた時代は終わった
「NZ国民は中国への対応が純朴すぎる上、近視眼的で貿易、経済のみにしか関心がなかった。

長期的にみれば、中国移民がふえ、中国資本が増えていくとどういう結末になるか、考えるべきではないか」とした。



NZ永住権のメリット・デメリット
比較教育制度を専門にしていますが、お子さんのことを考えられるなら、できるだけ日本の学校に入れられたほうがよろしいですよ。

あと、これは聞き取り調査の結果判明したのですが、日本人に限らずアジア系は、「ちょっと出来ない子ちゃん」という立場のときは仲良くしてもらえますが、奨学金や成績等でキウィと対等の土俵で争う始めると、陰湿ないじめが始まります。


①英語圏で育っていくNZ人の子供に親としてどこまで対応できますか(中学、高校生にもなれば親が持っている日本人としての感覚との違いも著しくなります)親子の断絶が起こり易くなります。

②急に日本に帰ることになった場合に備え日本の学校に適用できる教育を子供にできるかどうか

幼い内は日本語も話し、バイリンガルも夢ではないと思いますが、現実は大きくなるに従い日本語を使わなくなります。友達と遊ぶ時間を割いて日本語を勉強させれますか?

③NZの学校もいじめや仲間はずれは日常茶飯事です。
パソコンや携帯の急激な普及により、年々 酷くなっています。

また離婚率が高いので、精神的に不安定になる子供も多いです。

子供の自殺率は世界トップレベルですし、薬物も手軽に入手できます。

子供の教育とかって、真剣な話じゃない?帰国子女が結局中途半端で苦しい生き方をするというケースも多くあるし。

かるーく考えていたら、まずいような気もしますよ。



NZ永住権のメリット・デメリット
彼(女)らは日本語・現地語がともに中途半端でうまく使えない、日本と育った国の価値観がぶつかってアイデンティティが不安定、ゆえに人格形成がうまくいかない、なによりも欧米圏からの帰国子女は、中途半端な英語力にのみにすべてを頼る感があるので生き方で苦しみます。

日本人なのに日本語・日本の価値観が身についていないので、周囲に忌まれるのでしょうね。

かといって育った国に戻っても、そちらでも中途半端なので苦しみは終わらない。

欧米圏から戻った子はとくに傲慢で周囲を見下げる行動が目立つため、会議でも問題行動児としてマークしておりました。でも彼らのせいじやないのに気の毒でしたね。

子供を中途半端に育てて苦しませるのはやはりかわいそうです。


※日本からの留学で多いのが、不登校や学習障害などで日本の教育からドロップアウト組みとの噂。

ドロップアウト組みが増えれば、相対的に日本人に対するイメージの低下を心配する声も聞かれます。
(現地在住者談)



お金がなくて移住できるのか?



在外邦人:ニュージーランド



新報道2001 ニュージーランド特集第一弾



新報道2001 ニュージーランド特集第二弾



ニュージーランドの小学生はバカ?



ニュージーランドが嫌いになりそうです。



なぜ彼らは日本に帰らない?海外に住んでいる日本人が永住を選ぶ5つの理由
「日本が嫌だから帰りたくない!」ということで現地に居続ける人も意外と多いです。


※日本が嫌いな海外在住日本人が、移住を希望する日本人の為に本気で動くことは絶対に無く、金目当ての利用されるだけということに気づかない人が多い。
『君子、危うきに近寄らず』
『触らぬ・・に祟り無し』のスタンスがベター。



日本が嫌いなわけではない。

海外が大好きなわけでもない。

けれどその国に居続ける人もいました。

じゃあ理由はなんだろうと思って聞いたら、「海外在住者」というステータス(地位)がほしいからとおっしゃっていました。

「へぇ~そういう理由で住み続ける人もいるんだなぁ~」と、これはかなり驚きましたね( ̄O ̄)

ブランディング&自分自身の権威性を高めるという狙いで、海外に住み続けるという人も現地では意外と多かったです。



国際結婚 移住6年 辛い 立ち直れますか?
結婚をしてから、自分の中で何かが変わってしまいました。

日本への望郷の念が突然湧きだし、毎晩のように号泣する夜が続きました。

とてつもない「重大なミス」を犯してしまった様な感覚で、今更ながら日本の家族が恋しく、毎日毎日胸が苦しく、仕事も集中できなくなってしまいました。




アメリカの格付けは信用できない
「生活のしやすさ というランキング 」 で1位がアイスランド 2位がニュージーランド 3位が日本となっていた。

ニュージーランド 日本 両国で行ったり来たりしている私には どうしても日本よりニュージーランドの方が上にランキングするとは思えないからです。

ニュージーランド 娯楽施設もない テレビ番組もつまらない 少ない おいしいものもない

全ての物品で選択するほど種類がない

医療施設も少ない その上 医療技術 医療機器 最悪

泥棒当たり前 その辺で毎日被害にあっている 強姦 非常に多い

仕事など ほとんどない 若者は仕事がなく ぶらぶらしている

業者に仕事を依頼しても約束は守らない

仕事内容は とてもプロの仕事の水準ではないが料金だけは日本以上に高い

住宅価格は庶民の手の届かない途轍のない高水準

どれひとつをとってみても日本の方が勝っている



図録 泥棒が多い国・少ない国



本音で語るNZ(ビジネス編)



旦那様がキウイだから、旦那様がNZで永住権をとって働いているから、とか。
そして、老後はやはり、日本に帰りたい、と。
十年以上住んだ人がそう言うのをきくと、それはそれで考えさせらるものがあった




人間は状況に規定される存在である。
ゆえに同じ状況下であれば、誰しも似たようなことをしてしまう。
人が本当に変わるには、仕事か、住む場所か、人間関係を変えるしかない。
選択と行動が、その人をかたちづくり、その人の未来を築いていく。




移住という選択と行動が困難である以上、
どんなに危険でも日本に住むしかなく、日本の状況に人生や未来が規定されるということです。

子供や孫の未来のために困難な移住を容易にすることこそが日本人の健康と生命を守ることに繋がります。



【閲覧注意】ニュージーランドで誰も見たことがない「奇形牛」が生まれる

※原因は?



「服透視」国際線全空港で…(ミリ波の危険性についても)
ビザラン&旅行で電磁波被曝!



チ●ルノブ●リ事故処理班の生存者が語る凄惨な過去と放●能汚染への正しい危機感



九州・佐賀でも検出



呼吸による被●83%、食事7%、飲料8%~村上周三・東京大学名誉教授 - 呼気が問題だから食べても大丈夫?放●性物質を取り込む事自体が問題だろ!どこから吸収するかでは無くどれだけ体に入るかだ!



膀胱がん発症はなぜ起きた!
防毒マスクでも防げない化学物質のリスク

作業着やマスクだけでは防げない!皮膚からも吸収される。



マスクでも屋内退避でも防げない、レ●ル7の放●性希ガスによる、重大な被●が起こっていた事実を示唆。
この放●性プ●ュームの通過中、その全域が放●性希ガスによる外部被●に晒され、含まれる放●性ヨ●素等を吸入すれば内部被●となる。(小●古教授)




【NZ】邦人少女、闘犬4頭に噛まれ重体



※日本人は現地コミュニティーの少なさ、日本をドロップアウトして祖国に恨みを持つ人間が多く、非協力的で支援が得にくい、日本人は低所得者が多く、自分の生活だけで精一杯で他人に施す余裕が無い人が多いことなど、日本人が外国で生きるには、かなり不利な状況。

交通事故にしても、逸失利益という考え方が無いのは恐ろしい。

これが、外国の真実。凄まじい。



日本disっておけば共感が得られるってはその実、根の深い社会の暗部って感がしないでもない。
そう言ってた海外移住組がずーっと向こうに移住してるかと思いきや気が付くと日本に帰ってきてるわけで。
結局なんにせよ不満を持ってる=社会不適合の部分がそうさせてるのか?などと




海外移住組は基本的には日本に帰りたくても帰れない人たちだからなぁ…
日本にいる欧米人の中にもよくある現象だけど、それぞれ母国に帰っても まともな仕事がない程度の人間だから、外に出て、振り向いてくれない母国に向かって懸命に吠えている、っていう…




海外移住した奴には、日本の組織になじめない、ルーチンに耐えられない、っていう日本社会不適合者が多いから、『俺はリスクとった』ってドヤ顔する移住者を見ると失笑しちゃうけど、フリーライターも似ているところがあるよね。
目指して辿り着いたのではなく、逃げたら流れ着いたんだろ?




劣等国ニホンジンとほざいてる日本人は、日本人同士でも負け犬なのに海外で勝負出来る訳ないわな



海外移住してる俺の知人は日本の悪口は一切言わない。
知人曰く日本の悪口を言ってる海外移住者にまともな人間はいないと。
日本で上手くいかず逃げ出しただけだと。




日本は生きづらい国だと思って海外移住したら、生きにくい理由は「自分」にあった



アジア系学生狙った事件がNZオークランドで多発



ズボンにレモン6個隠した女性、
NZ税関が香港へ強制送還




苦しい生活だと寿命が短くなる!



「貧困家庭の子どもは脳まで小さい」という衝撃



貧困下では貧困で頭が一杯になり貧困から抜け出せなくなる



貧困は経済的に間違った意思決定を招くことが明らかに


※間違った移住先を選ぶことがないように。
まずは転ばぬ先の杖的「海外移住ブログ」を読破!。



白人の彼女



NZの日本人妻

※「海外で日本のムラ社会が~、日本は云々と言っている人が多い。

けれども、日本批判する「日本DISムラ」という海外のムラ社会に属しているという自覚はないのだろうか?

誰かツッコミいれろよ」というのがネットで流れてきて隣で見ていた人が笑ってた。


結婚でビザを取得し、経済は外国人男性任せという人と、日本人同士で永住権も仕事も自力で取得するのとでは、難易度がまるで違います。

外国人男性と結婚した日本人女性の話しは参考にならないことが多く、そうしたビザの苦労もわかるはずもありませんが、そういう人に、多くの日本人女性が情報を求めて群がっている模様。



毎日毎日日本の粗探しをやってる海外移住組って本当に不幸なんだろうな。
いくらでも誉めるとこはある、良い部分は毎日溢れてくる。
毎日私のタイムラインは、日本の素晴らしいイベント、日本人の素晴らしい言葉と善行に溢れてる。
自分達が不幸だからって日本人に不幸撒き散らすなよ




望郷の念
NZに移住して15年近く経ち オークランドで仕事も家庭にも恵まれ 贅沢ではありませんが安定した生活を過ごしているのですが 以前から強い望郷の念に駆られ悩んでます。

以前友人が海外暮らしが極楽でも天国である筈が無いと,この地を去っていきましたが,まさに然り。

その時は そんな気持ちなら最初から海外なんて来なきゃいいのにと そいつに思いましたが,今は日本に帰って まだ人生でやりたい事は山ほどあるので一つずつ片つけていきながら日本で残りの人生を送りたいと思ってます。

嫁はNZ人なので恐らく離婚という形になると思います。


分かります。。。痛い程、理解できます。。。

自分はこちらに来たばかりで、夫がNZ人です。

一緒になってかれこれ10年近いです。

今はまだ若いしいいけれど、、、いずれ離婚してでも故郷に帰りたいっていう気持ちが強くなるだろうと思っています。

こちらに来て、改めて望郷の思いが強くなりました。

生まれ育った場所というのは特別ですよね。

日本独特の田園風景や、空気感、夏のお祭り、季節の行事、新宿渋谷の雑踏でさえ自分にとっては活気があって大好きというか、恋しいです。

日本での仕事も友達も…簡単に帰れる状態では無くなってしまったからこそ、遠くに感じるというか。

こちらに来るまでどれも当たり前だった光景なので、こんなに望郷の念に駆られるなんて自分ももう若くないんだな、って思いました。

自分も将来的にどうするのだろうと思います。NZに来て40年近い日本人の方は、今でも日本に住めるものなら住みたいと話しておられました。そう話す姿を見て寂しく思ったと同時に恐くなりました。

だから今自分がこういう風に思っている気持ちは今後も多分消えなくて、NZと日本、二つの狭間で揺れ動きながら時間だけが過ぎて行くのかもしれません。

帰れる実家が存在してる内はまだいいのかもしれません。

私はやっぱり将来的に日本に帰還したいので、何とかその方法を模索しているところです。



昔、アメリカに移住を決めた若い日本人女性が居ました。

彼女は所謂キャリア・ウーマンと呼ばれる腕利きバリバリのやり手だったらしいです。

仕事場では「日本に帰るつもりは無い」と豪語していたそうです。

でも仲の良い日本人のお友達には「日本に帰りたい」と漏らしていたそうです。


その中あの悲劇の911に巻き込まれて亡くなったそうです。

そして亡骸になってやっと強気だった彼女は本来の素直な自分に戻り日本へ帰れたそうです。

人間表面上は強がって居ても内面は全く逆と言うことがあると言う事で、自分にもっと素直に生きた方が人生次のステップへ行けるように思います。

強がって そのままそこに意地で居残りつづけ足踏みしている状態で終わるか、次の段階に人間を持ち上げられるかはその人の生き様に関係があると思います。

日本であまりにも良いことが無かった人たちはNZに留まる傾向が多いです。

それでも離婚とか仕事をきっかけに そういう人も日本へ帰る方も多いです。

運命は変えられます、しかし変えたく無い事情の人たちも居るので何とも言えないです。

NZに来てもう20年以上になります。若いときは“海外生活”そのものにあこがれてこちらに来ました。

家も買い、贅沢は出来ませんが何とかそれなりに生活はできています。NZは大好きです。

でも年をとるごとに自分はやっぱり日本人なんだと思うようになり、
この地で最後を迎えることはできないと考えています

こちらで自分に何かあった場合、日本の家族にNZまで来てもらって面倒を見てもらうことは不可能です。

日本の家族にだって自身の生活があるのですからね。

ならば自分の方から日本に帰っているべきだと思うのです。

この国でひとりでは死ねません。

友達はたくさんいますが、やはり他人は他人です。



二度と戻らない大切な人生の時間を失って途方に暮れる不幸な日本人に対する処方箋。

日本人を救う画期的な方法とは




ブログに本音なんか書けない
書く人も良いことを連ねる。

どこでも同じで、好きで集まって、自分の選択は間違いだなんて思いたくもないですから、物事を良い方ばかりに取るんですね。

目障りな意見は捻り潰す、まさにファンクラブ。

「夢がどこかにないか」探している人たちは自分も同じ夢が見たくて飛びついてしまう傾向がある。

ま、飛んで火に入る夏の虫タイプは嬉しい話ばかり探すようになって、そういう話はゴマンと転がっているわけです
が、では冷静に考える人達に取ってはどうかというと、情報が全くと言って良いほどないんですね。

帰りたくないのに帰らざるをえない人って少なくないんですね。


理由は様々で、経済的なものも大きいですが、子供が地元に馴染めなかったり、人間関係が嫌で離れていった人もいたし、当初の「夢と希望にあふれて笑顔でいっぱいだった人たち」というのはある一面でしか無いのがよくわかります。

大体、早くて3年、長くて5年もするといろいろ見えてきて有頂天さはなくなってくるし、悪いところもよく見えてくる、そして喜びだった毎日の出来事もいつの間にかただの日常となって感激もなくなる。

すると今度はそこに住むことが苦痛になるひとも出て来る。

ま、いろいろあるわけですが、帰らざるを得なくなった人、もう引き上げようと思った人の話ってどれだけ聞いたことがあります?ほとんどないはずなんですね。

良い話は100も200もあるけれど、もうダメ、引き上げますって話は100分の1もないでしょ?でもそういう人たちの数って、もしかしたら新たに来る人と同数いるのかもしれない。

「知り合いの殆どは引き上げた」という印象しかありません。

なぜ引き上げたのか?

実際には何が起きているか、起きたかなんて書く人はほとんどいないし、経験者も書かない。

ここが問題なんですね。


来た当初、盛り上がってる頃は「最高~~、幸せ~~」と書いているのに、何かあって帰ることになるとぷっつり書くことをやめてしまう。

また本人も後悔をしたくはないですから、書いたにしても過去を美化する傾向があることや、オブラートに包んだ書き方しかしないのも忘れてはならないと思います。

こういう状態ではまともな情報なんか入ってこないし、何を基準に考えたら良いか、自分や家族の将来に何が起きるかの予想もできないってことだと思うんですよ。

ましてや「移住のすすめ」を書く人は多いですが、そういう人の書き込みを見ていると、まずその人こそが「移住したばかり」なのが普通でしょ?

まだ頭に血が上っていて、毎日が感激の連続で、「最良の決断をした」と信じているわけですよ。


でもそれは殆どの人が通る道で、大事なのはその後なんですね。

永住権もないと大変なことになるというのが薄っすら気がつく時期でもあるわけですよ。

でもそういう経験のない人たちが身の回りの良いことばかり書く。

でも夢いっぱいの人にはそういう話は届かない。

でもいつかそれを見ることになることもある。

海外に出るとか、海外での子育て、海外での起業にしても、ネットの中にある情報なんて上辺だけのものが殆どで現実の問題に関しては全くと言って良いほど語られていないという事実を知る必要があると思います。


また積極的に書いている人も、まだ経験途中でしかなくて、何かをやり遂げた人が振り返って書いているんじゃないんですね。

コンサルタント選びも慎重にしないと、飛んで火に入る夏の虫にしかならないし、

海外脱出組のほとんどはそれでやられてしまうのが実情
だと思っています。

そもそも「夢を持つ」ことそのものに、失敗を呼びこむ根源があるんですね。

海外、海外というけれど、ではその地に住む子どもたちを見て、彼らと同じになるのが良いことなのか、それをじっくり考えるべきだと思います。

地元の子どもと限りなく近く育つだけ。

そのことに気がついていない親が多すぎると思います。

そしてこれは、子供が大きくなって「こりゃヤバい」と思った時にはもう遅いってこと。


そういうことも踏まえた上で、ではどうしようか、というのが情報交換であって、でも残念ながらブログの世界ではファンタジーの話しかできないと感じています。

ファンクラブの親衛隊みたいな人たちの自画自賛を聞いても、そんなのはいつか目が覚めるのはわかりきっていて、覚めた時にどうする、どうなるのかが一番大事だと思うんですよ。

「(腰掛けではない)お国替え」を真剣に考えた場合、知るべきことは山のようにあると思うんですが・・・。

でもそういう話はネットの中を探しても一切出てきません。



ああ、ニュージーランド しらみ地獄



頭ジラミ シラミ仲間編



小学校から、今年も恐怖のお知らせが [幼稚園・学校]



ニュージーランドにはシラミが多い



難民危機により感染病の恐れ
シラミが媒介。持ち込まれたらどうなるか?。



放●性廃棄物の海洋投棄の場所
NZ沖!



タヒチと仏国●実験の影響
南太平洋各国で放●能の拡散調査が行われ、NZや豪でも放●能が測定された。



NZの空間放射線量率の意外な高さについて



フランス核●験

フランスは、ただちに大気圏●実験を再開。

総威力は、フランス政府発表で約7.6~10.8メ●トン、広●型原●510~720発分にのぼると推定されている。

とくに1966年には、バージと呼ばれる艀船上に乗せた●弾頭を爆発させる方式が採られた。

この方式では、放●化した大量の砂や海水が高空まで吹き上げられて撒き散らされるため、フランス政府も放●能汚染がとくに強かったことを認めている。

その後、●弾頭をヘリウム風船で吊り上げて爆発させる方法が採られるようになった。

●爆発の火の玉は20キロトン級でも半径約250メートルに達するため、やはり大量の土砂や海水を巻き込むものだった。

1974年9月の大気圏●実験を最後に、フランスは同じモルロア、ファンガタウファ両環礁、およびその礁湖(ラグーン)に縦坑を掘って行う地下●実験に移行した。

両環礁の地盤は、海底火山の隆起の上に珊瑚礁が厚く堆積して出来た石灰質で、非常に脆いため、当初から大量の放●能を長期間封入するには不適と見られていた。

アメリカが地下●実験に移行したさいにも、ビキニ、ジョンソンなどの環礁で多数の試掘調査を行った結果、環礁地下での●実験は不可能と判断し、最終的にネバダを選択したと言われている。

にもかかわらず、フランス政府が既存の大気圏●実験場を地下●実験場として継続使用した。

モルロア、ファンガタウファ両環礁で行われた地下●実験は、1975~96年に計147回にのぼったが、当初から直径数百メートルの地盤沈下や、数kmにわたる亀裂が多数生じた。

1979年7月には、モルロア環礁で海中の環礁斜面が長さ数km、数百万立方mにわたって崩落し、それによって生じた津波で実験要員7人が重軽傷を負う事故が起きている。

また、環礁の地下は海水が浸透しているため、放●能が水の移動とともに染み出しているのも観測されている。


モルロア環礁では、臨界量未満のプ●トニ●ムを化学爆発に曝し、輸送時や貯蔵時の●兵器の安全性を確認する「安全性実験」が地上で少なくとも6回行われたが、この実験で多量のプ●トニ●ムの粉が撒き散らされた。

このため、アスファルト舗装で地表のプ●トニ●ムを「固定」する工事が行われたが、関係者用の砂浜だけは「労働者の志気のために必要」としてそのまま残され、実験要員たちはプ●トニ●ムの微粒子が飛散した砂浜で海水浴や日光浴を続けたという。

さらに、1981年にモルロア環礁を襲った強力なサイクロンで、このアスファルト舗装が破損して剥がれ、プ●トニ●ムを含んだアスファルトのかけらが礁湖や砂浜に積もる事故も起きている。



フランスの南太平洋●実験 タヒチに「プ●トニ●ムのシャワー」 機密解除文書が明かす



「ムルロアから愛を込めて」
日本語字幕


恐ろしい。



ガイガーあててみ。ニュージーのキウイ が高かった。
カリウムは肥料の基本で、放●能をだします。




ニュージーランド産の林檎でよく見かける奇形



ニュージーランド食品基準機関(FSANZ)、放射線照射食品
ハーブ及び香辛料、ハーブティー及びトロピカルフルーツに放射線照射が認められている。



フッ素は危険!がんや骨肉腫の原因との指摘も



世界60ヶ国以上の水道水に含まれるフッ素が子供のIQを下げる事が明らかに 米ハーバード大調査



World Fluoridated Water Map



フッ素が歯のエナメル質で反応しフルオロアパタイトを作るので硬くなり、また結晶エナメル質結晶を修復するという話は実験したらウソでした。
この実験結果を世界中に伝えないと。
フッ素は斑状歯やアレルギーがあり、骨肉腫や多種ガンを増加するなどの害作用が問題になっています。




フッ素は効かない 明海大歯学部口腔解剖学分野の筧光夫講師はレーザー光などを使って結晶構造が分析できる「顕微ラマン分析装置」で歯にフルオロ化が起きているか分析したら、全く出来ていないのです。



虫歯予防「フッ素」の真実



パースニップの皮に傷がつくと中身を守るために物質を生成するんだけどそれが人間には毒で、これは、慣行農業のパースニップよりもオーガニックのパースニップのほうがずっとずっと多くの毒を出す



2002年にNZで起こった事件。
オーガニックのズッキーニが、オーガニックのためカビ防止剤をまかなかったところ、ズッキーニ自らがカビに対抗する物質を出し、それが毒となって集団食中毒になった、とのこと。




貝にはフィルター機能があって、カドミウムなど取り込みやすいらしく、比較表ではラムのレバーとオイスターの含有量(カドミウムだったかヒ素だったか忘れた)がとびきり高かった



砒素の発がん性



砒素も凄く多い。特に海産物。NZ産でも魚を食べるのはあまり多くしないようにしていたけどやっぱり正解。
レジうちの仕事をしてる人はレシートに使われてるBPAのおかげで一日仕事をするだけで血中BPA濃度が凄く挙がるというのにはびっくり。




NZの土壌は火山灰がメインだからPhosphateが足りない。
そこでCropを栽培するのにPhosphateを土に添加する。
そのほとんどが輸入物でChinaが多い。
そのため、NZの食べ物にはカドミウムの量が他国に比べてかなり多い。




砒素汚染の世界地図


水は毎日飲むから、影響大。

さらに生産される農産物や畜産・農産物の生物濃縮なども自分に都合の悪いことは、自己正当化のために完全無視。



ニュージーランド旅行⑨ロトルア市内観光
ヒ素”の色ですって…



NZで家を建てる・構造材
NZでは通常、構造材としてCCA方式で防腐処理されたラディアタパインを使う。

この材料は大量のヒ素を含んでいて、解体時には特殊な処分方法を用いなければならない。



Report One: Cadmium in New Zealand Agriculture
カドミウム



大好評につき,第2弾をリリース!

ニュージーランド海外移住関係者が絶対に言わないこと②



家族で海外移住実現ブログ HOMEへ
驚愕情報てんこ盛り!早期の読破を!