査証の基礎知識
入国審査では入国審査官の判断の方が優先されるために、有効な査証を所持していても入国を拒否されればその決定に従うこととなり、このことを入国審査官の裁量権といいます

査証の有無に関わらず、決められた滞在規定に違反すると不法滞在となります。

処分内容は状況によって異なりますが、罰金を徴収され、強制退去処分となるのが一般的で、出国のための航空券費用(正規運賃)の負担も求められます。

また、強制退去処分となったり、要注意人物のブラックリストに登録されるとその国への再入国が極めて困難となるばかりか、他国への入国に支障が出る場合もあります



避難や疎開といった甘い言葉でビザランや査証免除で長期滞在を推奨する人が震災後に急増していますが、渡航の繰り返し、特に長期滞在を繰り返すビザランは入国拒否・強制送還の恐れが高く、危険だといわれています。

そのため、将来の海外移住の可能性を潰すような危険な出入国は推奨できないのですが、こういう将来の海外移住の可能性を潰すような危険な行為を推奨する情報が非常に多いという現実があります。

ちなみに学生ビザや就労ビザ・永住ビザの申請時に入国拒否・強制送還の履歴があると、ほとんどの場合、ビザ申請が却下されるとされていますので、十分注意です。

※申請が却下されるということは、事実上、海外移住が困難になることを意味しています。




「ビザ無し 滞在できます」の検索結果。



ビザランを繰り返しているのに「現地でしっかり働いています!」って顔をするのはおかしいでしょう。
それはビザがおりない単なる非正規労働者でしょう。単なる旅行者ですよ。




居るね〜このタイプ。
単に放浪なのに「海外移住しない日本人は田舎者だ」と言う田舎者 (´o`




最近、ネットフリーランスで脱サラ、世界旅行、海外移住といったことを宣伝する人もよく見るが、その働き方は今後30年続けることができるのだろうか?
生涯年収を数年のうちに稼げるメンバーたちはいいのだが…。
安易に飛び込んで来られると、将来働き方を知らない、中高年が大量に出て来そうで怖い。




放●能の影響を考え、アメリカに避難する場合
放●能を理由に難民ビザは下りないです。

そんなことをしたら、数千万人の日本人がアメリカへ押しかけるでしょうから。

ビザが却下されたら、ビザ免除は一生使えなくなり、実質的にアメリカに二度と入国できなくなるリスクがあることをご理解ください。

「ビザが切れる前に国外へ旅行して戻る繰り返しをすれば良いですね」と仰っている方がおられますが、これを繰り返すと2回目または3回目で入国拒否を受ける確率が高いです。

また、カナダやメキシコは協定があり、出国したとはみなされないので、再入国しようとすると入国拒否を受けるでしょう。

そして、一度でも入国拒否を受けると、これまたアメリカへ二度と入国させて貰えなくなることを覚悟しておいてください。



ビザまめ知識 − ビザ トラブルとは何か



ビザまめ知識 − ビザ申請却下の事例と注意(その1)



ビザまめ知識 − ビザ申請却下の事例と注意(その2)



ビザまめ知識 − ビザ申請却下を回避するには



海外移住と海外就職は別物!
海外へ移住・永住する際に考えておきたいこと


就職先を見つけて日本からやって来た方々の中には「移住した」と仰る方々もいます。

しかし、実際には移住ではなく「仕事のための短期または長期滞在」であると筆者は感じています。

何故なら「移住」というのは、言うなれば「移民」であり、言い換えれば「特別永住者」といった扱いになるからです。

「移住」と言うのは、政府が外国人を「移民」として認証し、定住許可した場合を指す言葉であり、就労ビザやリタイアメントビザで長期滞在するということは、書類的にも いつか日本へ帰ることが前提とされています。

海外で永住していくとなれば、それなりの覚悟が必要になることになります。

いくら他国の言葉を流暢に話し、文化を理解していたとしても、結局その国の出身ではないというのは事実であり、暮らしていくためにはそれなりの準備は整えておかなければなりません。

短期滞在で過ごすのであれば、生命保険や住居を購入する必要もありませんが、永住者は日本で老後のことを考えるのと同様に、働き盛りのうちから準備していかなくてはなりません。

何となく働いて貯金しているだけでは、怪我や病気になった場合、どうすることもできません。

医療費はとても高額ですし、何かしらの事故に遭っても相手側に保障してもらえる可能性は非常に低いのが現実です。

今後海外で定住、永住していくつもりの方は海外で仕事を始めたときから考えていかなければならないことが多くあることを、心に留めておいて欲しいと思っております。



その国やその場所に住むことが、何かを捨ててまで挑戦するに値するかどうか



日本人の海外移住は無理ではないか



日本の社会システムと合わず海外移住している方はこの話に異論はあるでしょうし、日本から出れたことで幸せ、な人もいるでしょう。
しかし そのような人でも仕事住居ビザ等生活基盤を作れず日本に帰らざるをえなかった
多くの人のたどった経過は一般的には目に触れることはありません。
私は見てきましたが




海外移住者、高齢化と直面 医療費かさみ困窮も



あらゆる面で日本の医療は世界一という知られざる真実!



「Dプランを発動せよ」 ガムラン



「永住プランを発動せよ」 ビザラン



ネット上の海外移住情報の注意点



永住権の取得・申請条件
入国拒否=強制送還のリスクが高い人の特徴とは?。

入国拒否=強制送還の予防に関することも。



永住権を早く取った者勝ち競争。
人気のあったカナダ、オーストラリアはハードル高くなり難しい。
ニュージーランドも移民受入のハードルが年々高くなることが予想される。
永住権椅子取りゲーム。




大ニュース。
ニュージーランド の永住権の要項が変わります。
ポイントは140から160に上がります。




「そのうち」 相田みつを



選挙結果の分析はこれからですが、驚きなのはトランプに投票したヒスパニックが3割もいたことです。

これ以上メキシコから移民が来ると自分たちの生活が脅かされると思えば、メキシコとの国境に壁を作るのを支持するでしょう。

メディアも専門家も、この層を完全に見落としていたんでしょうね。




まともに税金払ったりwork permit 取得して海外移住している外人ほど違法就業したりビザランして不法移住してる外人を嫌うのです。

外人格差はローカル間の格差より大きい




そういえば少し前に、「海外移住を考えているんです!」という相談を受けた。
どうやら「移住」そのものが目的のようで、どこの国に行くか、そこで何をするかというのは未定のようだった。
どこの国でも何をするにでも、良いこともそうでないこともある。
しっかり悩んで考えてから、結論を出してほしい。




物事をとことん考え抜く習慣が必要。
それを身につけるには訓練と練習が必要だ
―悪霊にさいなまれる世界―「知の闇を照らす灯」としての科学




「移住の闇を照らす灯」としての海外移住ブログ!



カールセーガンは、「科学と悪霊を語る」の中で、科学は、闇を照らす蝋燭の炎であるが、その力は弱々しく、ともすれば、闇に呑まれてしまうと大変な危機感を吐露しています



海外移住ブログの情報は、闇を照らす蝋燭の炎であるが、その力は弱々しく、ともすれば、似非移住情報の闇に呑まれてしまうと大変な危機感を吐露しています。



弁護士が語る「悪賢い成功者」の悲惨な末路
1万人の人生からわかった強運な人の共通項

その通りだと思う。深いなぁ。



夢の途中で挫折する人たちを多く見てきたし、海外で生き残るって本当に難しくて、「早期退職~~~♪」「セミリタイア~~♫」なんて人は簡単に消えていくのがわかるんですよ。

出だしは誰でも良いと思いますよ。「大海に船出をしたときの高揚感、満足感」がありますから。

でもその後に、恐怖の連続が待っているんですね。

これを生き抜く能力が果たして自分にあるのか(or資産はごっそりあるのか)、

もしそれらを乗り切ったとしても、いつか必ず歳を取り働けなくなる時も来るんですね。

大きな病気や怪我に遭遇するかもしれない。

これは自分だけじゃなくて家族も同じ。

そして年金は?他の収入は?預金は?老後をどう生きるのか?を考えると、普通に仕事をしていても真っ青なのに、海外に出て社会保障もゼロ、年金もないような状態だったら、それこそ日本国内にいる時の「2倍以上」は稼いで自分でどうにかしないと最後は野垂れ死ぬのは確定なんですね。




なぜ私は日本はもう駄目だと思うのか&
海外に出よう。日本の将来のために

トリアージという言葉をご存知だろうか。

医療の現場で、緊急度、優先度を考慮して患者を区別すること。

「助かる見込みが無い」場合には治療をしない。

そしてそれぞれの患者にその優先度がわかるようにタグ付けをするとのこと。

さて、自分の腕にはどんな色のタグが付けられているんでしょうか。


私はこのブログで、留学じゃ海外移住じゃ、早期退職じゃと「簡単に考えるべきじゃない」といつも書いていますが、それを留学するな、海外移住するな、早期退職するなと言っているように受け取るとしたらそれは大外れ。

要は「簡単に考える事」が駄目なのであって、しっかり考えて現実を見て、ちゃんとした計画を練って、自分や家族に起こるであろう様々なことを想定し、歳をとってからどう生きのびるかも考えた上で「海外にでろ」というのが私の真意。

だから金が無くなったら病気の治療も受けられない、歳をとっても年金もない、何か想定外のことが起きたら「そこに住み続けることさえできない」なんてことは「話にならない」わけであって、それでも実行するならそれなりの事をしないとならないんですね。

それも年老いて動けなくなる時が来ても、です。

家族が重病に罹ったり、事故にあったり、障害が出ただけ、仕事が無くなっただけでアウト、退場になる「海外脱出」なんて笑い話にしかならない
と思うわけです。

もし日本人が日本に住み、会社が倒産したとか、重病に罹ったとか、収入が途絶えたとか、そういうことが起きたら「はい、日本から出て行ってくださいね」と言われるのと同じなんですよ。

そこに気が付かない人が多すぎる。


でもその時は「日本に帰るさ」ってことなんでしょうが、そんなのは私に言わせれば「海外脱出」でもなんでもなくて、「長期旅行」と呼ぶべきだと思う。

そして子供がいれば、子供は親のそのいい加減さに振り回されることになるだけ。

もしその子供が海外のその国を「故郷」と考えていたらどうなります?

これも上の例と同じで、「はい、日本から出て行ってください」と我々日本人が言われるのと同じだってこと。

その時はその時で頑張るしか無いってのがプラス思考だと思ったら大間違いで、60歳になる頃には、あるいは何が家庭に起こったら首でも釣ろうってことなら良いでしょう(50才になるまでには自分の将来も見えてくるはず)。

でも普通80過ぎまで生きるわけですよ。

その時に年金もない、社会保障もない、そんな状態で海外でどうやって暮らすんです?


プラス思考を続けるとしたら、ある時点で「はい、これまで」と積極的に命を絶てば良いんですかね。

そもそも「自由な就労の権利」さえないなんてのはお話にならない。

就業ビザ、起業家ビザも「いつかは必ず切れる」んですね。

そこまで待たずとも当然仕事がうまく行かなくなったらアウト。退場。

だから海外に出るとしたら「永住権」ってのは命の次に大事なものだってこと。

日本人が日本の国籍を持つのと同じように、海外に住むならその国のパスポートに準じるものを持たなければ「必ずいつかは追い出される」、あるいは「出るしかなくなる」。そしてその時は「必ず来る」。(MM2Hなら「金があれば」どうにかなる。でも金があるなら日本のほうが年寄りは快適に暮らせるはず)

日本から逃げろってことじゃないんですね。

日本には弱者がたくさんいる。それは親族も他人も含めていろいろ。

愛する人達、守るべきものもたくさんある。

だから、彼らの将来を守るためにも、今、私たちは海外に出ようという考え方。

一緒に沈むわけにはいかない。

私達が海外に出るということは、日本にとっても「リスクヘッジ」になるはず。
アイルランドの復活は、アイルランドから世界に出た移民が手助けしたことも忘れてはならない。




海外移住で一番重要なのもビザを取得してから食っていく能力だと思う。
現地の言葉が流暢に喋れるのはQOLやキャリアアップにプラスになるが、食っていく能力が何と言っても基本。




海外移住・英語の落とし穴



万難を排して海外移住して生き延びるんだと言っている人は映画の主人公気取りで五年間過ごしてしまったんだろうね。
映画では主人公が自分の家族の介護を心配する現実的なシーンは出てこないし移住後の本人の老後も出てこないので。




就労ビザで来てビザ切れ前に永住権取れなくて、なくなく日本に帰国した人何人か知っている。
日本は再就職厳しいし子供も中途半端でいじめにあう可能性も。
安易な事ツイートすべきでない!
でもこの人のフォローワー多いんだよね。
やはり人はきつい事言う人間よりやさしい方に流されるからしょうがないか




もし、仕事失ったら小さい子供かかえてどうするの?
アパート出る事になるし、車も取られる。
あなたの人生は自分で決めた事だから仕方ないですが、他の人に安易な方法勧めるべきでない。
もっと他人の人生に責任持つべきです。
私はあくまで家族がある方なら正規(永住権)で移住することをお薦めします。




結核 入国拒否
結核で入国拒否の事例など。



[PDF] 結核の旅行医学
患者数の多い22の国で全世界で発生する結核患者の80%を占め、WHO は22の結核高負担国と呼んでいる。

世界中の結核罹患率は人口10万対139と高く、患者数そのものは人口増加のため、いまだ上昇中である。

地域的には東南アジアおよびサハラ以南のアフリカ諸国で罹患率が高い国が多く、これらの国ではHIVとの二重感染者も多い。

最近、多剤耐性結核患者および超多剤耐性結核患者が長時間航空機に搭乗したことが相次いで判明し、WHOは2008年に航空機旅行における結核予防のためのガイドラインを公表した。

旅行で結核感染を受けないための対策として、可能であれば結核まん延国への旅行や、結核感染を受けやすい環境を極力避けることが重要である。



結核 蔓延国
結核の感染リスクの高い国の参考に。

結核の感染リスクの高い国で結核に感染すると、永住権などのビザが取得できない国があるので要注意。



[PDF] 結核と飛行機旅行(予防と対策のガイドライン)



結核 ~闘病・入院~ 奮闘日記 「何で自分が?何でこの時期に?」



結核に良くない食べ物



パスポートは、いざという時に有効?
いざという時に避難や疎開するためにパスポートを取得するという人がいますが、果たして、いざという時に避難や疎開が有効かということについて考察・検証をしてみた。



マレーシア、3アウトルール



放●能と海外移住
1) 外国への影響

 仮に東京が壊滅したとします。

首都圏に人、仕事、お金が一極集中しているので、日本自体が経済的に壊滅状態になり、世界3位の経済規模を持つ日本が壊滅状態になれば、世界経済は大恐慌になります。

これは100%間違いありません。

 なぜなら、世界経済は連動しており、日本が米国国債を消費しなければ、アメリカは今以上のお札をばら撒き、インフレを起こし、基幹通貨USDの信用不安が起こり、貿易ができなくなり、商品市場も機能不全を起こし、通貨が壊れてしまう可能性があります。

 結論を言うと、東京が放●能汚染されれば、法律、常識がまったく通用しない無政府状態になるのは間違いないです。

であれば、外国に逃げた場合、パニックになった現地人に放●能が伝染病であるかのような勘違いから、迫害を受けることは間違いなく、もっと危険でしょう。


「中国に帰れ!」中国人女子留学生が殴られ失神、顔は血だらけに―米国


2) 日本崩壊

 本国の支えがまったくない状態で海外で生き残れるだけの力を持つ人はどれくらいいるでしょうか?

非言語スキルを持ち

日本と関係ないところでも一定の収入を得られるだけのスキルのある日本人はどれだけいるでしょうか?

日本が崩壊したら、生活している場所がどこであれ、あなたの人生は終了です。



U.S. National Debt Clock : Real Time
刻一刻と増加するアメリカのリアルタイム借金時計

膨大な借金の担保となる国が壊滅すれば、どうなる?



首都直下型地震が起きれば日本は破綻する!大災害で経済社会が激変するという認識を持て



放●能移住に必要なもの
世の中のほとんどの人、特に放●能に恐怖し、騒ぎまくっている女性のほぼ全員が海外で生きていくためのスキルはまったくないといえます。

いくら騒いでも、日本以外で生きていくだけの力はありません。




行きたくても行ける人はごく一部。

ほとんどの日本在住者にとって、知れば知るほど不幸になる情報ばかりで、風向きを気にしながら食品対策も費用や精神面でいずれ限界に。



望むのは安全で安心な未来。
ただ、それだけのことなのに
どうしてこんなに 手からこぼれ落ちてしまったのだろう?




子供達は「毎日24時間放●能で命を削ってます。命が限界です。助けて下さい。」
守ろう子供達の命を!




なんか毎日毎日数値とか●曝のことを気にして生活することにうんざりしてしまった。
1番は娘の心配。
もう放●能鬱になりそうだー




人間は状況に規定される存在である。
ゆえに同じ状況下であれば、誰しも似たようなことをしてしまう。
人が本当に変わるには、仕事か、住む場所か、人間関係を変えるしかない。
選択と行動が、その人をかたちづくり、その人の未来を築いていく。




移住という選択と行動が困難である以上、どんなに危険でも日本に住むしかなく、日本の状況に人生や未来が規定されるということです。

子供や孫の未来のために困難な移住を容易にすることこそが
日本人の健康と生命を守ることに繋がります。


海外移住を簡単にする画期的な方法とは



ノービザでのタイ国出入国繰り返し(ビザラン)禁止について

2014年8月12日より、タイ国は外国人がビザ無しでタイへ出入国を繰り返し、タイ国へ長期滞在すること(ビザラン)を全面的に禁止します。
(陸路・空路問わず)

タイへの再入国時に入国を拒否される可能性があります。




タイでビザラン禁止令!ノマドワーカー、バックパッカーに衝撃
日本人は これまでビザなしでのタイでの滞在が30日まで認められており、陸路でラオスやカンボジアなどの国境をまたげば誰でも簡単に長期滞在することが可能だった。

しかし、今回の発表は繰り返しでの長期滞在を全面的に撤廃するもので、
今後、陸路でタイに入国できるのは1回のみとなる。それ以降はタイへの入国が拒否される。

<外国人への新たな入国審査ガイドライン>

1.陸路国境にて、観光目的ではないタイ王国での長期滞在目的ビザラン行為を禁止する。

2.空路にてビザラン目的での出入国と認められる場合、該当者には警告を促して適切な入国ビザを取得するように指導する。

また、2014年8月12日以降、入国審査官が該当者をビザラン行為と判断した場合、入国を拒否する。



タイ長期滞在の裏ワザ!ビザラン禁止でタイが変わる
旅行者として観光ビザを取得し、失効日が近づくたびに近隣諸国への行き来を繰り返す。そうすることで、無期限に滞在許可を延長することができる。

今までのタイであれば何度繰り返しても問題が無かった。

しかし近年、アジア系の不法労働者などが急増したことでタイ軍事政権がこの問題を指摘。
2014年8月13日からビザランを目的の外国人の出入国は拒否される。



海外移住とか海外就労は、就労許可(VISA)とか役所関係のことが絡むから、適当なことを書いて突っ込まれて、あとで困るのは自分ですよ。。。
その辺の怪しいノマド系の皆さん。。。




基本的な教養も経験もセンスも思考力も欠如してるような人が、適当に海外移住したり世界一周して「ノマドです」って日本社会を叩いたりして経験を切り売りしつつ炎上ライターみたいなやってると絶望するな!
そんなに浅い考えでいくら刺激的な言葉を並べても尖った論考にはならないよ。




海外就職、海外移住に関する超適当な記事とか超いい加減なノマド系ライターの人が描くものの一番の問題点は、社会保障、子供の教育、不動産、ジョブセキュリティなど、「長期で住んだ生活できるのか?」という点が抜けていることね。
旅行気分で数年ならいいけど、長期だと色々大変よ




お気楽独身ノマドブロガー等が、何の数字的根拠も無く唐突に「母子(皆状況が違う事は無視)
でも飛び出せば何とか成る!何人も見てきた。
お金の心配するのは言い訳」と言い切ったりしています。
「はぁ…」と苦笑いするしか。




その煽り系が独身だったりすると、母子避難の一番大事な子育てに関する情報や学費の問題などがスポッと抜け落ちていたりするので、危険ですらあると思います。



今日、友達と話してて海外移住の話になり、彼女もしょっちゅう海外行ってるが移住する気は無いと言う。
私もそうだが経済の基本が日本だからだ。
これもうハッキリしてる。
不安な生活はゴメンだしちゅう事で話が一致した。
いい年して不安定な ノマドも無いしな。




ビザランを繰り返しているのに「現地でしっかり働いています!」って顔をするのはおかしいでしょう。
それはビザがおりない単なる非正規労働者でしょう。単なる旅行者ですよ。




居るね〜このタイプ。
単に放浪なのに「海外移住しない日本人は田舎者だ」と言う田舎者 (´o`




海外移住者…って言葉が変だと言うことに気がついた (´・_・`)
この界隈に限って言えば、本当に移住と言える人はそんなに多くないのでは?
現地の人間関係もそんなに多くなさそうな、
ホームステイかノマド、あるいはニートみたいな人が多い気が…




最近、ネットフリーランスで脱サラ、世界旅行、海外移住といったことを宣伝する人もよく見るが、その働き方は今後30年続けることができるのだろうか?
生涯年収を数年のうちに稼げるメンバーたちはいいのだが…。
安易に飛び込んで来られると、将来働き方を知らない、中高年が大量に出て来そうで怖い。




銀河鉄道999は、恒星間旅行の時代なのに、行く星行く星、70年代日本の庶民のような貧乏な人ばかり出てくるが、海外移住に人生逆転の夢を賭け、有り金をはたいて渡航し、どこにも行けなくなった移民が地球の歴史ではよくあることを思うと、案外正しい気がする。



「服透視」国際線全空港で…
(ミリ波の危険性についても)

ビザラン&旅行で電磁波被曝!



日本の国際線の全空港に「ボディスキャナー」導入へ!



空港の全身ストリップ・ショーでDNAが損傷する



「全身スキャナー」の基本
X線を通して衣服と皮膚を透過し、体まで到達した画像を得ることができるのですが、照射量は安全基準内であっても、全身にくまなく浴びることを考えれば、皮膚にとって危険な量に達する恐れもあると指摘しています。

ミリ波スキャナーも、DNAを壊す恐れがあるということです。



空港のX線全身スキャナー「健康を脅かす」という理由からEUで廃止へ
日本は導入。 「ただちに影響はありません」w



空港の全身透視スキャナーは武器を持ったまま簡単に通過できる



米国空港のセキュリティは「95%で武器を発見できない」



ビザランに潜む健康上のリスク 】


墜落事故より怖い航空機の排気ガス


空の旅で一番心配なのは墜落事故だろう。

しかし最新の研究によって、墜落事故に遭うよりも、排気ガスに含まれる有害な汚染物質で命を落とす可能性の方が高いと明らかになった。

近年では、毎年1000人前後が航空機事故で死亡している。

一方、ジェット機の排気ガスは年間 約1万人の命を奪っているという。

今回の研究では初めて、巡航時も含めて早死にした人の数を総合的に試算している。

アメリカ、マサチューセッツ州ケンブリッジにあるマサチューセッツ工科大学(MIT)の航空工学者で、研究チームを率いたスティーブン・バレット氏は、「高度約900メートル以上で発生する排気ガスは未規制で害が多い。人の死につながるような汚染をもたらす」と警告する。

航空機の排ガスは車と同様、二酸化硫黄や窒素酸化物といった大気汚染物質を何種類も含んでいる。

汚染物質の中でも特に小さい「粒子状物質」が人体に悪影響を及ぼす主因だと言われている。

微粒子が肺の奥深くに入り込み、血流まで到達する場合があるためだ。

バレット氏らの試算では全世界で毎年8000人前後が、約1万メートルの巡航高度で航空機から排出される汚染物質によって命を落としている。

国際連合の世界保健機関(WHO)によると、大気汚染による最も一般的な死因は、肺癌(がん)など呼吸器や心臓血管の疾患だ。

国連環境計画によれば、大気汚染による死者を すべて合わせると毎年100万人前後に達する。

MITのバレット氏は、「航空産業は急速に拡大しており、今すぐ手を打たなければ死亡率を抑制できない。

巡航時の排気ガスが人体に及ぼす影響について、規制当局は しっかり考えるべきだ
」と指摘する。



旅客機の中の「空気の質」は どれぐらい安全なのか?
ヨーロッパでは「上空を飛行中の旅客機のキャビン内では空気が汚染されており、乗客や機内スタッフの健康に影響を及ぼしている」として対策を求める訴えが起こされようとしています。

これまでに多くのクルーを看てきた「Biolab Medical Unit」のジェニー・グッドマン医師は、特に古い機体でエンジン始動時に煙が機内に入り込むことが多いという逸話を聞いており、仮に乗客が搭乗する際に煙が機外に排出されていたとしても、残留した成分によって乗客やクルーが影響を受ける可能性が存在していると指摘しています。

グッドマン医師は、「頻繁に飛行機を利用する場合やクルー業務で飛行機に頻繁に搭乗する場合は、継続的な低汚染度の空気に長時間露出されることになります」として、
健康への影響を受けるリスクが高いと指摘しています。

グッドマン医師によると、汚染空気シンドロームは中枢神経系、特に脳に対して影響を与えるとのこと。

汚染空気に含まれる化学物質が体内の細胞膜に溶けこんで細胞内に侵入し、ひいては体内の あらゆる場所に広がると指摘。

その結果、偏頭痛や疲労感、思考困難、関節や筋肉の痛み、呼吸困難や消化不良、
そして女性に対しては乳ガンの発生リスクを高めることになるとしています。



※繰り返し飛行機に乗る人に対する健康への悪影響を一切語らない、ビザランなどの「似非移住」をすすめる海外在住者が多いとの噂があるけど、実際どうなんでしょう?。




Patterns of Lightning Activity


雷雲は天然の粒子加速器:航空機乗客に被害が及ぶほど強力な可能性も


見えない稲妻が飛行機直撃で,一生分の放●線被曝!ダーク ライトニング


航空機による放射線被曝の安全性とリスク

安全性に絶対はないので、妊娠したことがわかっている場合は長時間の航空機に乗るのは避けるべきかもしれません。

医学的な理由ではなく、予測できない宇宙物理学的な観点から、リスクがある場合があるからです。

太陽からの宇宙線が非常に多い時期があります。

その場合は一回の飛行で大量の放射線を浴びてしまう可能性があります。


妊婦の場合は無用の心配を増やさないためにも、やむを得ない場合は除いて航空機を避けることを お薦めします。


航空機乗務員の健康に係る疫学研究
フィンランドの客室乗務員 約1700人における乳がん罹患率は一般集団と比べ1.9倍と統計学的に有意に高いことなどが報告されています。

航空機乗務員における皮膚がんは、いずれの種類についても死亡率や罹患率が一般集団と比べて高いことが報告されています。

航空機乗務員に対する疫学研究でも、白血病の死亡率や罹患率の増加を指摘している報告があります。


ヒトの認知能力を低下させる!宇宙の放●線についての研究結果


銀河宇宙線が脳にダメージ与える恐れ


太陽フレアの影響について

航空機高度での被ばくという観点から過去最大級の太陽フレアである1956年2月のGLE(5番目に観測された事象ということで"GLE5"と呼びます。)に、高緯度飛行中に遭遇した場合の線量はどの程度になるでしょうか。

最近のフランスの研究グループによる、過去のGLE事象に伴う航空機搭乗者の被ばくを網羅的に計算した報告(Lantos and Fuller, 2003)によりますと、GLE5の再発生を想定した最大の線量をもたらす条件下において、北磁極(グリーンランド西)の近傍上空を通るパリ-サンフランシスコ間の飛行(巡航高度11km、飛行時間11.5h)で4.5mSvの被ばくを受け得ると推定されています。

ICRPが一般公衆の人たちの年間の線量限度を1mSvとしていることを考えると、1回の飛行でこれだけの線量を浴びると分かっているならば、何らかの対策を講じなければなりません。



太陽太陽風50のなぜ
太陽フレアが発生すると、そこからは強力な
X線、紫外線、電波が放射され、フレア発生前の静かなときと比べると、放射量は ときには
1000倍にもなります。



ビザラン常習者を取り締まるイミグレ自動検知フィルタの裏側を暴露
どうやら今回俺っちがイミグレデータベースのフィルタに引っ掛かった原因はビザなしでの入国回数じゃなく、長期滞在しているのが原因じゃないかと教えてくれた。

たしかに観光ビザを取得しているが、余裕で年間90日以上滞在している。



【CIA内部文書】暴露された「スパイが入国審査を突破するテクニック」1
安宿や知人宅に泊まるつもりなのに、入国申告書の現地滞在先欄に泊まるつもりがない高級ホテルの名を書く人もいる。

現地滞在先欄を空白にしたり、泊めてくれる知人の住所を書いたりすると、入国審査官が怪しむことがあるからだ。


CIAがハンガリー政府の情報機関員から得た情報として、同国入管当局が2次審査を課す〝怪しい旅行者〟の類型を以下の通り解説している。

・旅行日数と手荷物の数が不釣り合い

・手荷物の中に目覚まし時計やノートなどの新品が複数ある

・旅慣れたビジネスマンのはずなのに荷造りが乱雑

・未開封の地図やガイドブックなどの書物を所持。観光客のはずなのに旅行先と無関係の地図を所持

・カメラのグレードと旅行者の属性が不釣り合い。観光客の予定日数とカメラのメモリー容量が不釣り合い

「観光目的です」と申告したのに、手荷物からプレゼン資料や製品パンフレットの束が見つかればウソがバレると考えた方がいい。

 実は、完璧な対策をしても2次審査を課せられることがある。

CIA文書によれば、「米国向け旅行者のおよそ12%は無作為に選ばれて2次審査に回される」と米国土安全保障省は推計しているという。



【CIA内部文書】暴露された「スパイが入国審査を突破するテクニック」2

入国を拒否されたらどうなるか。

筆者の知人は観光旅行で米国に向かったが、ロサンゼルス空港で入国を拒否されたことがある。

知人は国立病院に勤める看護師の女性。

イエローストーン国立公園を訪ねるなどの旅行目的にウソはなかったが、係官には〝怪しい〟とみられたようだ。

その理由は不明だが、筆者が推測するには、バックパッカー経験がアダになった可能性が高いと思う。

「日本人の若い女性看護師がバックパックを背負い、一人でバスを乗り継ぐ旅をするのは普通ではない」と係員が考えたと思う。

女性のパスポートには中東を含め途上国の出入国印が多かった。

入国拒否されやすい類型に当てはまったのだろう。


 米国の入国申告書「I-94W」には、「あなたは今まで米国のビザ発給もしくは入国を拒否され、または米国のビザを取り消されたことはありますか」という質問事項があり、「イエス」か「ノー」を選ばせるようになっている。

その直後には、「重要:もし上のいずれかの項目にイエスを選んだ場合は米国入国を拒否される場合があるため、米国に渡航する前に米国大使館に連絡してください」と書いてある。

普通、申告書に記入するのは飛行機の中だ。

米国大使館に連絡するにはもう遅い。

前述の女性が再び米国旅行をするには予め米国大使館に連絡する必要があるわけだ。

それを怠って申告書に「ノー」を選べば、まず間違いなく入国を拒否される。

移民局のデータベースに彼女の氏名や生年月日、パスポート番号の登録があるからだ。

つまり、一度入国を拒否されると、その後の入国も難しくなる。



家族で海外移住実現ブログ HOMEへ
驚愕情報てんこ盛り!早期の読破を!