フィリピン移住の衝撃の事実が明らかに!
フィリピン移住の不都合な真実,フィリピン移住の驚愕の実態を暴露。

フィリピン海外移住関係者,フィリピン在住者が絶対に言わないこと,言えないこと?

フィリピン移住で散在し、国際引越し貧乏に陥る人多数。

永住権が簡単に取得できることもあり,海外移住先として人気が高いフィリピンですが,失敗する人があとを絶たない。

フィリピン移住前に知っておくべきことが山ほどある。



フィリピンの治安は?,仕事は?,交通事故死亡率は?,気候は?,災害リスクは?,社会保障制度は?,医療は?,介護は?,教育は?,といった問題を完璧にスルーできる人は,このブログはまったく読む必要がないでしょう。

海外で生活して、仕事をして、永続的にギリギリでは無い収入を得て、永続的に暮らし続けるということが非常に困難であるという現実を認識できない人が多いといわれています。

現地で稼げず生活困難、長期間住んだ結果、『困窮邦人』になったり、医療や介護問題で最終的に失敗して帰国する人が非常に多いというのが海外移住の現実です。



テレビで「若い日本人女性に流行りの海外移住」特集が放送されてる。
「手に職なし英語ダメでも貯金生活!」なんて、信じてしまう人いるのでしょうか。
言葉もわからず知り合いもゼロでビザの手続や家探しがどれだけ大変か、なんてもちろん紹介されてないのね。




その国やその場所に住むことが、何かを捨ててまで挑戦するに値するかどうか



311後に一家で海外移住した家族、ご主人は専門学校に通ったが就労ビザおりず帰国、
日本では優秀だった子どもは英語の壁厚く
成績ふるわず帰国後は日本の勉強も遅れ
大学進学あきらめ働くと。
辛い話だ。
もちろん出た方がいいけど最近このような話を聞くことがあり本当に難しいと思う




日本人の海外移住は無理ではないか



70歳でのフィリピン移住は無謀の極みでしかない



海外移住者、高齢化と直面 医療費かさみ困窮も



あらゆる面で日本の医療は世界一という知られざる真実!



『地獄』『楽園』に見せかけるフィリピン推し
マスコミの偏向報道
フィリピン移住ビジネス関係者のテクニック注意しなきゃ!」
というのがネットで流れてきた。



弁護士が語る「悪賢い成功者」の悲惨な末路
1万人の人生からわかった強運な人の共通項

その通りだと思う。深いなぁ。



東南アジアに潜伏する北朝鮮工作員たちの日常



危機一髪で地獄のフィリピン移住から帰国した



フィリピン移住に失敗する人がハマる7つの罠と対処法とは?



日本人が最も命を狙われる国!
日本人が海外で最も殺人被害に遭っている国 フィリピンの現状




殺人や強盗は日常の風景…フィリピン



これが現実フィリピン移住、早死したいかね?
安く暮らせるなどという、甘い誘い情報、寿命を縮めるだけ。




「他人を引きずりおろそうとする人」の、意識の根底にあるもの



『ボンビー邦人』通り越して、『困窮邦人』になったら、泣くに泣けないですよね。



海外に行きたくても行けない国内幽閉状態の日本在住者、子供を守りたい一心で日夜奔走する、行くあてのない母親を救う一助となれば。

『 国内移住 』『 ビザラン 』 を繰り返すうちにお金が恐ろしいスピードで消耗し、引越し貧乏ならぬ『移住貧乏』(移住貧困)に転落。

海外永住とは程遠い、なんちゃって似非海外移住でお金と二度と戻らない大切な人生の時間を失って、海外で途方に暮れる不幸な日本人をこれ以上増やしたくはない、そういう気持ちで書き上げまとめました。

日本人の移住困難問題を根本的に解決する方法のヒントを凝縮。

真実を伝える海外移住ブログの応援を!
m(_ _)m




●「~移住関係者が絶対に言わないこと」シリーズは、これから永住を検討している人の判断材料&留意事項をまとめたものです。

既に永住している方は読まないほうが無難で真実は知らない方が幸せに暮らせると思う。

致命的な真実はあえて掲載せず、知っている情報のうちの3割程度に掲載を抑えています。

既に生活の基盤があり、他国への再移住も帰国もできない永住者に対して哀れみを持った配慮をした結果、残り7割の致命的な真実の掲載は人道的見地からもできないということで、見送ることにしました。



【 閲覧注意 】

南海トラフ超巨大地震、
内閣府が公開した衝撃のシミュレーション
~そのとき何が起こるのか?~


((( ;゚Д゚)))



熊本地震を見て日本中どこでも被災地になる理不尽さを痛感した。



<熊本地震>原発避難、被災…災害はどこでも



震災前のコーヒーから検出



【 逃げ遅れの心理学 】
逃げ遅れずに、生き残るために




「そのうち」 相田みつを



海外移住は費用対効果,時間対効果が重要

移住によって得られる生活環境が,費用や時間、苦労に対して見合わない国(※各個人の評価や価値観)では、結果的に無駄な努力となって、二度と戻らない貴重な時間とお金を失うことになります。

失われた人生の時間も,お金も取り戻すことはできません。
(お金を挽回する為には、更なる労働時間が必要になり、さらに多くの時間を失います。
※実質的には寿命短縮と同様との説も?)

実際に「夢」の移住生活が「悪夢」の始まりという人が非常に多いという噂。




失った時間はお金で買い戻せないので、
『時は金なり』と言うより『時は命なり』と言った方がより正確。
時間の浪費は生命エネルギーを無駄に燃やしているのと同じ。




日本の社会システムと合わず海外移住している方はこの話に異論はあるでしょうし、日本から出れたことで幸せ、な人もいるでしょう。
しかし そのような人でも仕事住居ビザ等生活基盤を作れず日本に帰らざるをえなかった
多くの人のたどった経過は一般的には目に触れることはありません。
私は見てきましたが




フィリピン人の友達の経験。



フィリピンは銃社会



フィリピン銃社会



フィリピンの銃社会



フィリピン、セブ島にある銃密造の街、ダナオ



職人がものすごい手作業で銃を密造しているフィリピン・ダナオの「密造銃集落」の画像



フィリピン、インドネシア、マレーシア、パプアニューギニア方面は季節風でかなり厳しい。ずっと東●福●原●の風下になっている。



アジア・アフリカのジカウイルス危険地域に26億人



コロンビアでジカウイルスによる小頭症患者が少ない「恐ろしい理由」



フィリピンは日本で体験できないワールドが広がる害虫天国



留学エージェントに殺虫剤を寮にまく日を聞いておこう



ジェットスター航空、マニラ到着便で殺虫剤を散布 フィリピン離発着の国際線で



フィリピンではデング熱は一般的な病気



殺虫剤と小児白血病に関連か



殺虫剤が子宮内膜症を誘発する



家庭用殺虫剤が「胎児のIQ」に影響



殺虫剤2種、脳発達を阻害する可能性 EU報告



心を蝕む有機リン農薬



農薬曝露の影響は3世代後まで続く



フィリピンのバナナ農園で大量の殺虫剤を空中散布



フィリピンで安全に野菜を食べるには



ココナッツウォーターってそんなに体にいいの?
世界第2位のココナッツ産出国のフィリピン。 実を採るには危険な木登りが要求される(木は強力殺虫剤が散布されていることも多い)仕事なのに、ピークのかきいれ時でも日給はわずか3ドル。



ココナッツ椰子の害虫駆除と製造法



フィリピン移住の失敗例



マニラ暮らし、退職者に辛い治安悪化「フィリピン・マニラ」



フィリピンの治安



フィリピンの闇で起きていた日本人誘拐殺人の真相



フィリピン妻が日本人の夫を金目的で殺すのは珍しくない



放●能避難でフィリピンへ・・・っへ?
放●能汚染の危険性は子供を持つ方なら心配することもわかる

しかしフィリピンのマニラやセブでの生活がそのリスクを回避して取るリスクとして妥当かどうか よく考えてみたほうがいいんじゃないかな。



反原連も●曝を恐れないで平気で放●能汚染を●曝エリアから持ち出すような真似する脱●曝部活クラブな人たちも講演会やメルマガビジネスさんたちも講演会オタクさんたちも茹で蛙さんたちも時限爆弾付きで海外脱出して高みの見物さんたちも、皆さんのお幸せをお祈り申し上げます


311以前のパスポートの出国スタンプの有無が重要との噂。



ネットで流れてきた恐ろしい噂。

「一連のテレビや雑誌、フォロワー多数のツイッターアカウントなどを含めたネットの『海外推し』『海外移住・疎開・避難ビジネス』って、よく考えると、貧困製造ビジネスかも?」との噂がツイートで流れてきたことがあった。

実際どうなんでしょうね。

((( ;゚Д゚)))




貧困層に「経済的徴●制」



徴●制を敷かなくても、経済的貧困層を作って、軍に行かなければ生活できない(軍に行けば医療費も学費もタダになる)というような状況を作り出せば、志願者は増える。



先生「みなさんは、何で活躍しましょうか~?派遣かな、自衛隊かな、それとも原●作業員かな~?」 という、日本の1億総活躍政策。



フィリピン マニラ暮らし、移住先の収入は難しい


【 重要 】

『お金の切れ目』 が 『海外生活の切れ目』!

そうならないために、今から真剣に考えておかないと、大変です。



フィリピン移住への警告 1



フィリピン移住への警告(2)

多くの日本人はフィリピン移住に失敗してきています。何百例とみてきてしまった。

その挙句に、フィリピンで一番気をつけないのは日本人だという情けない話があります。

フィリピンで困窮した日本人が詐欺行為をする。まかり通っています。




フィリピン・マニラの”困窮日本人”はいかにして生まれるのか?



フィリピン、危ないエピソード



犯罪大国フィリピンに巣を作る不良日本人、、 鈴木英司氏事件について



東南アジアに沈没している人間の中には、得体の知れない男がたくさんいる。>背乗り(はいのり)していた男が、タイで起こした*人事件



フィリピンの臓器売買とエイズ(新聞より)

最近あった悲惨な事件では、小さい男の子が誘拐され、数日後に親の元に体は戻ってきたのだけど、
体中の臓器が摘出されてあったそうです。(もちろん男の子は亡くなっています。

マニラでは外出中に、年齢に関わらず、子どもから一瞬たりとも目を離してはいけませんよ。

臓器移植目的だと生きて帰ってこないし、中東などに奴隷として売られる場合も帰ってきません。

何処かの国の拉致被害者ではないですが、世界は海で繋がっているので、全ての海岸線を監視は出来ないし、
お金になれば何でもする人がいます。



東南アジアでは現地の日本人に騙されることもよくあります!
東南アジアでは、日本人が日本人に対して詐欺行為を働く事件もけっこう報告されていますので、注意が必要です。



こんなの見てると、自分がすぐに対応できないような遠い国にお金置いてちゃダメだなーと思う
【フィリピン】最大手銀行BDOのATMカード(キャッシュカード)が不正利用されて残高131ペソなんだけどー!




移住って、そんなに甘くはないよ



円安が海外移住邦人の困窮化を加速させる!



フィリピン・マニラの”困窮日本人”は いかにして生まれるのか?



フィリピンで増える「困窮邦人」



誰も書けなかったフィリピン(11) 困窮邦人

日本に戻りたいけど戻れない)困窮邦人の場合、一番の問題は日本の受け入れ先なのですよね。

理由はどうであれ、日本に戻るところがない邦人が、困窮邦人なのです。


困窮邦人=日本に戻っても「困窮日本人」なのですね。



フィリピン移住を考える・・・その② 『移住後の収入』 [移住]
移住をしてくる人も、年金で生活を賄える人は良いでしょう。

こちらで生活をするにしても、収入は必ず必要になります。

まあ、何とかなるだろうというのは、少々甘いかも知れません。

1千万円位のお金でも、あっという間に無くなります。



フィリピンで老後を生きる選択をした日本人が帰国したいと懇願している
日本とフィリピンの物価差で楽に生活できると思いがちですが、これも見込み違いな面があります。

フィリピンに在住している人の多くは、日本と同じような生活をフィリピンでするなら、確実に日本よりも生活費が高くなってしまうと何人もの人から聞きます。


日本はデフレにより物価がどんどん下がり、あらゆるモノが安くなっています。

しかし、フィリピンをはじめとする新興国は経済成長に伴い物価が上昇しています。

今後のフィリピンのインフレ率予想は3%を切ることはなく、大きな経済環境の変化によっては5%以上物価が上がることも十分に考えられます。

さらに日本の金融緩和継続、米国の緩和縮小によってドル高・円安のトレンドに向かっていますので、日本円からフィリピンペソへの両替分も生活に響きます。

日本で老後を迎えるにしても、フィリピンで老後を迎えるにしても、母国日本の自宅や家族関係、親せき関係、国民保健などを完全に断ち切ることは危険です。

最後のセーフティーネットは日本に残しておくことが、賢明な選択と言えるのではないでしょうか。




日本国内移住関係者が絶対に言わないこと

海外移住すべき3つの理由
どの国に移住するかが重要。



フィリピン、タイ、マレーシア...憧れの「海外移住」の光と影
タイやフィリピンも、現地の人は月5万円以下で暮らしていますが、日本人は そういう生活に耐えられないでしょう。特にフィリピンはセキュリティの問題で満足できるレベルの暮らしなら、月に12万~13万円は かかります。

ちなみに月12万~13万円の生活費は、日本での田舎暮らしと そう変わらない。

ここ数年、アジアの物価水準は上昇し、日本円の価値の目減りも将来ないとは いい切れない。安易な考えでの海外移住では、「ペイしない」と考えるべきだ



日本円 1ドル=1000円も不思議ではない
歴史上、通貨の価値が10分の1や100分の1になることは、けっして珍しくはない。

伝説の為替ディーラー 藤巻健史氏「ハイパーインフレに突入し1ドル10万円になる恐れがある。」
ハイパーインフレが進めば1ドル=10万円にまでなりかねません。そういう事態が起こり得るわけです。

ドイツのハイパーインフレ(1922年〜1923年)
ドイツの通貨価値は1兆分の1に暴落。

ロシア財政危機
1998年、ロシア政府はこれ以上海外にお金が逃げないように預金封鎖を行い、貸し金庫の中に入っていたものも含めてすべて取り上げました。

これにより、ルーブルで預金していた国民は完全に全財産を失いました。


画像で見る「コレがハイパーインフレだ!」

財政破綻、ハイパーインフレまとめ

ハイパーインフレによって発行された高額紙幣まとめ



フィリピン移住って、そんなに甘くはないよ



セブ島で飲食店-準備金2500万円投資詐欺



セブ島留学する人が知っておくべき10の治安対策



アジア人と国際結婚して海外移住した日本人女性がストレスに感じる5つのこと。



フィリピン(Philippines)
フィリピンの災害の傾向として「毎年20個程度(そのうち5個が大被害を与える)の台風が襲来する太平洋台風ベルトの一角をなしている。

また環太平洋火山帯に位置しており、地震や噴火が起きやすい。

さらに地理的・地形的に津波、海面上昇、土砂災害、鉄砲水・洪水、干ばつなどの被害を受けやすい。



フィリピン、立て続けにスーパー台風 北部上陸の見通し



過去20年の気象災害による死者は60万人以上

※フィリピンは世界有数の自然災害危険国です。



夢の途中で挫折する人たちを多く見てきたし、海外で生き残るって本当に難しくて、「早期退職~~~♪」「セミリタイア~~♫」なんて人は簡単に消えていくのがわかるんですよ。

出だしは誰でも良いと思いますよ。「大海に船出をしたときの高揚感、満足感」がありますから。

でもその後に、恐怖の連続が待っているんですね。

これを生き抜く能力が果たして自分にあるのか(or資産はごっそりあるのか)、

もしそれらを乗り切ったとしても、いつか必ず歳を取り働けなくなる時も来るんですね。

大きな病気や怪我に遭遇するかもしれない。

これは自分だけじゃなくて家族も同じ。

そして年金は?他の収入は?預金は?老後をどう生きるのか?を考えると、普通に仕事をしていても真っ青なのに、海外に出て社会保障もゼロ、年金もないような状態だったら、それこそ日本国内にいる時の「2倍以上」は稼いで自分でどうにかしないと最後は野垂れ死ぬのは確定なんですね。




人生の影と光
人は誰でも楽しい話が好き。
誰だって楽しい人生を送りたい。

でも現実は全く逆で、苦しいことと楽しいことの比率なんて9対1ぐらいかもしれない。

でもその9の話はせずに1の話だけで盛り上がる。

こういうブログではその9の影の部分の話は誰も書かない。

ブログなんて飲み会のノリが一番良いのだってのもわかるんだけれど、でも9と1があってどちらが真の姿かといえば9の方のはず。

ブログなんか「楽しい事しか書かない」というのが一つのお約束みたいになっているっておかしいんじゃないですかね。

ましてや「情報発信」がそれだとしたら全く意味が無いと思うんです。



自分自身が「海外移住、海外永住」にチャレンジしてみて思ったのは、「移住や永住権取得はゴールではない」ということ。
移住も永住も「その先の生活」を確立させることができてこそ成立するもの。




海外移住で一番重要なのもビザを取得してから食っていく能力だと思う。現地の言葉が流暢に喋れるのはQOLやキャリアアップにプラスになるが、食っていく能力が何と言っても基本。



ある対象に光を当てると輝く部分と影の部分が出来る。
海外移住という決断でもそうで、影の部分も含めて満足できるのか、後悔しないのかが大きなポイントになる。
中には精神を病んでしまう人もいるし、夢と現実の差が大きすぎて、帰国する人も多い。




万難を排して海外移住して生き延びるんだと言っている人は映画の主人公気取りで五年間過ごしてしまったんだろうね。
映画では主人公が自分の家族の介護を心配する現実的なシーンは出てこないし移住後の本人の老後も出てこないので。




この界隈にいると海外移住が誰でもできるように吹聴している人が多いんだがそう言う嘘を吹聴するのが世界の常識だとでも言うつもりなんだろうかね。
その辺のサイトにあるチェックシートで診断してみれば殆どの人は不可能であることがすぐ分かるよ。



※移民局の公式サイトで確認することが重要。詐欺被害のリスク無し。



移住経験者が現地でみた海外移住で失敗する日本人の共通点



デンマークの方、12年住んできちんと学業をおさめ、子どもももち、職歴も十分なのに永住権申請がまたもダメそうだという。
凄まじい。他人事じゃなく、ぐぅ、と声が出てしまった。
ねえ、これがデンマークだよ。楽園じゃないんだよ。
すごい税金収めて働いて生活してるのにこの仕打ちだよ、、、。




海外出たいんですって人に相談された時に、私も同じような内容をアドバイスしてる。
お金が貯まるまで、あと数年必要なんですって返されることも多いのだが、そんなことしてる間にビザが厳しくなって移住自体が不可能になる可能性大いにあるし。




『様子見る、英語力・現地語つけてから、お金貯めてから』なーんて悠長な人はビザ厳しくなる欧州(だけでなく世界中)移住が無理ゲーになるでしょうね。
『いつ移住するの?今でしょ!』




震災後、放*能をキーワードにフォロワーを稼ぎ、商売を始めたアカウントには要注意だと思う。



腐敗認識指数

腐敗した人間の多い国が良くわかるリンクだね。



東南アジアの労働者、機械化で1億人以上が失職の恐れ



暑いと働けなくなる科学的な理由

日本で生産性の低い人が熱帯の国へ居住すると生産性・所得がさらに低下し、貧困になったりしたら笑えないですね。



「終の住処」をどこにすべきか。海外ロングステイを楽しんでいる内に忍び寄る危機。
「いつか日本に引き上げる」のが前提だろうけれど、2025年には「待機老人」がとんでもない数になり問題化するであろうことはもうわかっているとのこと。

これからの日本の老人は恐ろしいことになるのははっきりしていて、今、海外ロングステイで「悠々自適」だと思っている世代も、日本に帰る頃には「待機老人」の時代になる。



高齢者に群がる業者「合法的詐欺」の手口
「歳をとればとるほど、誘ってくる人に対しての断る力──拒絶能力が低下します。

そのため、悪質、強引な勧誘にさらされると、契約をしてしまう。

働き盛りの人なら『俺は大丈夫』と思うでしょうが、歳をとると、そうではなくなるのです。

認知症やMCIと呼ばれる軽度認知障害の人たちだけの話ではありません。

高齢になれば、判断能力や記憶力が低下していなくても、熱心に説得されると不満を感じつつも受け入れてしまう傾向が強くなります」

※海外の老後は大丈夫か?



フィリピン政府、32年間放置の原発、稼働を検討



海外から日本に戻る日本人たち
日本の小学校に通っていると、日本の子供になっていく。
そして進学し、やがて仕事に就いていく。
結局、子供は日本の社会で育てることになる。



劣等国ニホンジンとほざいてる日本人は、日本人同士でも負け犬なのに海外で勝負出来る訳ないわな



海外移住してる俺の知人は日本の悪口は一切言わない。
知人曰く日本の悪口を言ってる海外移住者にまともな人間はいないと。
日本で上手くいかず逃げ出しただけだと。




海外移住し「日本は見限った」とまで言いながら日本語で日本の政治や文化や流行を批判する人ってなんなんだろう。



日本が嫌だからと海外移住を選択し、それが叶っているならもう日本を向く必要はないだろうに。何故わざわざ嫌いな物を向いて唾を吐くのか。



書いてあることを読む力が衰えた上に、行間を読める人が少なくなっているし、何が書いてないかを読みぬく人は皆無です。読書の楽しみは何が書いてないかを読むことであり、筆者の頭の中を読むのが読書の真髄ですよ。


自分の頭で物を考えていないと、考える事自体がストレスになり、人から何か問われて分からないと、体が勝手に拒絶する。これは自己防衛本能のストレス回避。
この状態を続けていると、自分に都合の良いストレスの掛からない入れ込みやすい情報しか受け取らなくなる。こういう人が多い。これが一番危険。




◆【震災後に被害者が激増】

海外移住で騙される人の特徴



格安フィリピン留学、3つの「不都合な真実」 安いのにはそれなりの理由がある



中部から西日本も汚染されている
フィリピンに濃い目の沈着が見られる。



「服透視」国際線全空港で…(ミリ波の危険性についても)
ビザラン&旅行で電磁波被曝!



日本の空港検査で被曝リスク!
知られざる驚愕の事実!
((( ;゚Д゚)))



中国、核廃棄物の燃焼を開始
((( ;゚Д゚)))



人口減少 ニッポンの未来
帰国後の日本がヤバ過ぎるとの噂。けど永住できなきゃ帰るしかない?



その人が泳げなくても沈みかけの船からは逃げろと言うのが海外冷笑組だとも言えるかな。



海外在住日本人の情報も「生存者バイアス」で、うまくいかず(仕事見つからない、離婚、精神的に不安定になるetc) 帰国した人はそもそも情報は発信してない(か途中でぷっつり途絶えてる)から目につかないだけだという事は知っておいたほうがいい。



老後の海外移住は幸せなのであろうか



「気候逸脱点(climate departure)」と名付け、都市ごとにいつ その年を迎えることになるかを予測。
赤道に近づくほど早く訪れることが予測されている。




「米国にさよなら」 フィリピン大統領、中国への傾斜鮮明に



フィリピン、中国人へのビザ免除検討=訪比客2017年に100万人目標



「地政学」で2030年の世界を読む
2040年までに多くの途上国は、ヨーロッパ諸国が わずか一世代前に経験したのと同じ危機的な人口状況に陥り、苦難と衰退に向けた致命的な下降を始めるだろう。



2013年生まれの子供が最も幸せな国は?
フィリピンは63位!国の将来性は読者の判断。



フィリピンで貧困層拡大、物価高騰が圧迫 14年上期は25.8%



物価高騰で貧困に陥る移住高齢者



ぼくの彼女はアブサヤフ  ミンダナオ島 フィリピン その1



僕の彼女はアブサヤフ  その2



海外赴任で最も感染しやすいのが肝炎。ビザ更新の義務健康診断で発見されて強制帰国となった知人も数人いる。特に南アジアでは要注意。昔、ジャカルタで接待を受けたとき、フルーツを食べようとした所、刺してあった爪楊枝が使い回しで肝炎なるから使ったらダメと現地駐在員が教えてくれた。



田舎暮らしと海外移住を安直に勧める人の中には、皆さんの事食い物にしようとしているひともいますから、気をつけましょう。



そういうツイートを撒き散らしているのは海外在住の日本人が多いです。
そういうやつに限って思い切って海外移住しろとか日本オワタとか無責任なことを言います。
結局は自分を肯定し、日本を呪いたいだけなのだと思います。




リアルの世界での鬱憤をネットではらすべく、人を利用したり怒りをぶつける人達はもうたくさん。
ツイッターで偽りのキャラクターを演じながら、歪んだエゴイズムを撒き散らす病的な人達ももうたくさん。


住む場所もそう。堅実な人が多く住む場所、ファミリーが多く住む場所。自分に近い人が多い場所に住めば、余計な摩擦も起こらない。

ツイッターはそういう自然な住み分けを無くしてしまう、あるいは起こりにくくしてしまう世界だと思う。
堅実なファミリーのすぐ隣に、いかにも善人を装った詐欺師や悪人がうようよいる。そういう世界。


ツイッターでよく見る名前だからとか、昔ちょっと有名人だったからとか、そう言う理由で信用したら痛い目にあう。そもそも全く違う世界の人間である可能性の方が高いのに、信用に値するかどうかなんて絶対にわからないのだから。

人をだます輩、親しげに近づいてきて突然関係を切る輩、友達のフリをして陰口を言う輩、裏で個人情報をバラす輩、集団で悪口を言う輩、タダで情報をせびって平気で裏切る輩。
ツイッターで知り合った人で、信用に値しない人間は多かった。


被害者が何人もいるなど、複数の人が疑いの目を向けているアカウントは信じてはいけない。
その後ろにはもっと大勢の人が不信の目を向けているから。




海外在留邦人の傾向について
俺は海外の「とある国」に住んで居ますが、ハッキリ言ってこの国に居る在留邦人はロクなの居ません。

在留邦人は結構クセが強い人や、明らかに既に日本人でない感覚・考え方(悪い意味で)になってる方がほとんどです。


在住暦が長くなればなる程、完全に現地人化(悪い意味で)してしまい、時間もお金もルーズな感じになってしまい、もはや日本人っぽいのは顔だけってパターンも多いです。



海外に住む日本人は怖い人多い



移住とか留学という言葉があやふやな時代



海外移住って、物価の安いところは一見いいんだけど、問題は病気になった時。
医療費全額負担だよねー?それで資産食いつぶしちゃう人、帰国せざるを得ない人も。




今、海外に移住できた方々、 もし、親の介護が必要な年齢になったら、どうされるのだろう?



じゃあ、海外移住はゴールではない


海外移住をゴールだと勘違いしている人は結構多いのですが、
むしろ困難を乗り越えていく苦行の道がスタートしたと思っていいでしょう。


人間って年を取れば取るほど、子供に戻るものです。

味覚は子供の頃から親しんだものを恋しがり、外国語への興味がなくなり、母語で話せる友人を欲しがり、母国の古典、歴史に興味を持ち出したり、母国を観光したくなったりするものです。

それ以上に体にガタが来て、心身ともに弱ると、母語で医療を受けたがるものです。

そして、日本の医療技術、保険体制は世界トップクラスです。


アメリカなり、シンガポールなりは金に糸目をつけなければ、世界最高の医療を受けることができますが、お金がない場合はゴミクズ扱いですw 

緊急であっても、何時間も待たされて、流れ作業のように診断を受けて、最低限の処置をしてもらえるだけです。
若い頃に海外大好き!で、人生の大半を海外で過ごしている人ですら、50歳を越えると、本帰国を真剣に考えるものです。

とにかく白人大好きで、念願の白人夫を手にした日本人女性ですら、白人ブランドよりも、母語で話せる気軽さ、言わなくても理解できる文化共有なんかを望むようになります。

その時に早めにリタイアして、日本に頻繁に帰って、二重生活できるだけの資産があればいいのですが、ろくにお金がなく、帰りたいときに日本に帰れないし、強引に日本に帰っても、住める家もないし、頼れる親兄弟もいない状態になっていれば、望郷心は募る一方です。


要するに母国を離れて、外国で生活していれば、普通に母国で暮らしている人が感じない寂しさを味わうことになります。

海外に憧れる人は多いけど、現地で自立する人はほとんどいないです。

シンガポールに来る現地採用日本人の6-7割は3年以内に帰ってしまうし、残りの2-3割も単にしがみついているだけで、着々と足場を固めているわけではないです。

シンガポールに現地採用としてきて、十分な収入を確保、永住権を取り、住宅購入、ローンに目処をつける所まで行く人は2-3%がいいところかな?、と思います。

これをアメリカにしても同じことで、シンガポールほど簡単に労働許可が得らないので、最初から話にならない人は少ないですが、
何か圧倒的にずば抜けた人でもない限りは時間の問題で落ちぶれていきます。

白人に憧れ、アメリカ人と結婚して渡米しても、かなり高い確率で離婚になります。

その時に自活できるだけの収入を確保できる人はごくわずかで、日本に逃げ帰る、日本人社会で細々とその日暮らしをしていくことになります。

海外移住はゴールでなく、スタートであり、スタートの前にどれだけの準備努力をしたかが勝負です。

海外に行くのに出たとこ勝負でやっても、それが上手くいく可能性は ほとんどゼロです。



※準備努力をしている間にビザの取得条件が難しくなり、結果的にビザが取れず移住を断念したり、永住権が取れても、現地で生計を立てられなかったり、日本人相手の日本人に依存した仕事しか出来ず、日本がダメになれば、日本と共に一蓮托生。最終的には帰国して結局、人生の時間とお金を無駄にする人も多い。



退職後の海外移住はするべきでない5つの理由」として安全・医療・ことば・郷愁・不測の費用 の5つが挙げられていますが、これは日本人にとっても同じでしょう。



海外移住をされた方が日本に帰国してしまう最も大きな理由



大橋巨泉は がん闘病を諦め海外の自宅を売却!事務所社長が終活を証言
大橋は数十年前からオーストラリアやニュージーランドに自宅を構えて、1年のうち8か月以上も日本を離れて生活していた。

しかし、2015年10月にオーストラリアの自宅を手放たという。

オーストラリアの家を手放したのも“終活”の一環です。



イギリス人のパートナーとお子さんたちとイギリス在住5年以上の彼女と、色んな話をした。 印象深かったのは、高齢で施設に入っている日本人女性が、痴呆とともに英語を全部忘れて、日本語を教えなかった子ども達とも施設の人ともコミュニケーションが取れなくなってしまった、という話。

そんなこともあるから、国際結婚して海外に暮らす人は、両親の母語を子ども達に教えておいた方がいいのよ、と。
大人になってから身につけた外国語は、痴呆で忘れちゃったりするのか〜。




国籍まで取って米国に移住した日本人夫妻の知人がいるのですが、奥様が病院でそのような方々のお世話をするボランティアをしているうちに自分の身に置き換えて怖くなり、70歳近くなってから日本国籍を復活させて日本に戻りました。



66歳もうすぐ67歳。70年代最後の農業移住世代。
私は56歳で夫が亡くなってから海外移住をしましたが、医療設備に不安を抱き帰国しました。
現在高齢者向けサービス住宅に移りました。




オーストラリア在住の義妹によれば、豪人と結婚し、英語オンリーで暮らしていた隣家の日本女性が、夫を亡くしたあと英語と日本語をごちゃ混ぜに話すようになり、最後は日本語だけになったと。老後の海外移住を目論んでいる立場からは複雑な心境



私の知人の日本人女性も、ずっと英語のみの生活だったのが、子供が独立し、米国人の旦那さんも亡くなり、その後何年も一人暮らしで、今では日本語も英語もちょっと怪しい。



日本語そのものが、脳に良い作用をもたらすのだと、友人が話してました。また、日本語は平仮名カタカナ漢字それぞれ、脳の異なる部分を使うそうです。平仮名カタカナ漢字の複雑な組み合わせを難なくこなす事により、脳は鍛練されてゆくのかも。



それゆえに、グローバル勢力にとっては、日本人から日本語を奪うことが最後に残った難事なのでしょう。
実質的な英語公用語化は政府およびグローバル企業から進んでいますね。




伝統文化の基礎は固有の言語ですからね。民族としてのアイデンティティの基礎でもあります。
ワン●ールドを実現する為に文化や民族の多様性の基礎になっている固有言語を奪い、破壊することを狙っているのだと思います。




長年アメリカで暮らし入院された方が、英語の単語は出てこなくなるし病院食がフライドチキンやポテト&ケチャップ等油モノや味の濃いモノばかりで、さっぱりした日本食が食べたくて困ったそうで、言葉だけで無く味覚も戻ると解って帰国されたと。



日本の医療は世界一 WHOが公認



今まで誰も口に出さなかった、海外で暮らす「5つのデメリット」



日本のがん医療は高水準 臓器がんの5年生存率で


海外で発病したら、日本に帰国することに。
治療費用や治療成績、親族の看病などの面で海外では治療が困難なケースが多い。



田舎暮らしと海外移住を安直に勧める人の中には、皆さんの事食い物にしようとしているひともいますから、気をつけましょう。



放●能や地震が怖くて海外に一時退避や移住を考えている方々で、特に海外在住経験がなく自分がまじめで純真なタイプと思われる方は、くれぐれも詐欺師や宗●団体にだまされないように。子供さんやご自分の命の危機で退避を急ぎ、周りにも相談できない状況は、大きな金額を狙うプロが泣いて喜ぶ舞台。



①●曝や大地震の現在・将来のリスク認識。②事業、不動産、雇用、学校、親族、友人、古巣の安心感や利便性等のタンジブル・インタンジブルな資産と移住リスク、自分の心身の健康の価値判断。③嘘、プロパガンダ、ディスインフォメーション等の見破り。 ①×②×③の計算結果で個々人の行動に大差。



銀河鉄道999は、恒星間旅行の時代なのに、行く星行く星、70年代日本の庶民のような貧乏な人ばかり出てくるが、海外移住に人生逆転の夢を賭け、有り金をはたいて渡航し、どこにも行けなくなった移民が地球の歴史ではよくあることを思うと、案外正しい気がする。



人生の分水嶺は「瞬間」の判断と行動に宿る



2011年3月12日午後、私は、家族を連れ、パスポートと貴重品とPCを携え、京都に向かう新幹線の車中にいた。
やがて車両連結部のドア上の電光掲示板に「福島第一で爆発」のニューステロップが静かに流れた。

日本が戻ることのできない向こう側の世界に変わったことを確信した瞬間であった。




千葉県の方は必読だと思います。
●んだ人の背後には、もっと多い●気があり、その背後には更に多い体●不●があると見るべきです。 “2015/12月分人口動態から 当月の特徴”




結局、自分の身は自分で守るしかない。頼れるのは自分のみということです。
あまりにも、無計画で海外移住やバックパック、起業を考える人が増えているのも事実ではと思う。
挑戦というと聞こえは良いが、




元気な高齢者も何れ痴呆や介護、医療、死後等々様々な問題が!、それらも含めて考えないと!、
以前にも高齢者の海外移住を奨励し、うまく行かず移住した人達が医療とか介護の問題で行き詰まり帰りたくても帰れず悲惨な状況に陥ってる姿を忘れた訳で有るまいな!。




困窮日本人が運営するホームページに潜む危険を知った方がいい

困窮邦人予備軍も多数。困窮邦人が将来の自分の姿という人も多いとの噂。



日本の親戚から、母が息を引き取ったと連絡が来た。



【深い】年老いた父親に、腹が立ち激怒する息子。その瞬間、父親がとった意外な行動とは?



親の介護は40代で考えないと追い込まれる!介護は結局「おカネ次第」、いくらかかる?



死ぬまでにあと何回両親に会える? 離れて暮らす親に会える回数



海外移住 現地の日本人会の縄張り意識が新参日本人苦しめる
経済的な理由で、海外移住が注目を集めている昨今。早期リタイヤをして、物価の安いなアジア諸国などに移住しようと考えている人も多いだろう。しかし、現実はそんなに甘くないらしい。

旅行代理店が主催する海外移住を見据えた体験ツアーなどもあるが、現地の良い面しか見せないため、実際に移住した人が生活に慣れることができず、とんぼ帰りしてくるケースも珍しくないという。

スーパーもある、物価も安い、にも関わらず生活に馴染めない一番の理由は日本人の仲間がいないという点に尽きるとか。



海外でビザが取れない、海外で生活能力や仕事のスキルがなく、海外生活が破綻するのが明白な人間を海外におびき寄せ、海外生活に行き詰ったら、自己正当化のために相手に「自己責任だ」となすりつける人間が多いとの噂。



自己責任かどうかを判断するモノサシになるものとは何か?



先進国と発展途上国、教育レベルの差は100年―米シンクタンク



フィリピンで日本人60人逮捕 不法就労の疑い
フィリピン国家捜査局(NBI)は、必要な労働許可を得ずに就労していたとして、同国中部セブの「ジャパン・インタートレード・コールセンター(JICC)」社で勤務していた日本人約60人を、不法就労の疑いで逮捕した。

NBIなどによると、JICC社は外資系企業などが集まるセブ中心部の「ITパーク」地区に事務所を構え、電話対応代行業務などをしている。関係者によると、同社で働いていた日本人は半年間の実務研修中のため、就業許可は不要だと主張しているという。



フィリピン、デング熱ワクチンをアジアで初認可



マレーシア移住の落とし穴

社会保障なんて関係ないね、と私も若い頃は考えていました。自分の力で自分の道を切り開くと考えていたし、そうしなくてはならないと信じていました。年金もそうで、「そんなものはいらない。自分で稼ぐ」なんて偉そうなことを考えていたもんです。(笑)

でもやっぱり病気や怪我はあるし、仕事だって常に順調なわけはなくて、それは自分だけではなくて家族全員がそうですから、「何かが起きる確率」は「かなり高い」んですね。

でもそんな時に、「じゃぁ、みんなで引き上げるか?」なんてことは簡単には決められません。

子供が犠牲になったり、離婚、一家離散、なんてのを見てきました。でもそうなる前に「帰国という選択肢を取る」家族の方が圧倒的に多かった。

でも「帰れば良い」というのは非常にうまくないわけですよ。仕事は?学校は?といろいろありますし、そもそも「一体何のために来たの?」という所で悩むことになる。

永住権があってもそんなことは普通に起きる

やっぱり長い間には意識していなくても国や自治体に救われることってあるんだろうと思います。

若くして、家族もいて、子供もいた場合にはそう簡単にはいかない。

でもマレーシアには「簡単に行ってしまう」。

「簡単に取れる」ということによって、大事なところに目が行かない現象が起きている気がするのです。

「俺は大丈夫」「とことん考えている」と誰しもが思うはず。

でも自分の心の根底にあるのは「行きたい」という「強い願望」ですよね。で、この根底にあるものが自分の思考方法にどういう影響を与えるかをきっちり自覚している人って「非常に稀」だと私は考えています。

若い人、ましてや子持ちの人は「マレーシア行きが目標」だとしても、他国へ行こうと思っている人たちの「真剣さ」をたまには見たら良いと思います。

「マレーシアは簡単に行けるからマレーシアにする」という考え方があったとしたら、それこそが「落とし穴」であると考えることも大事ではないでしょうか。

小さなお子さんをお持ちの方は、子供がすやすや寝ている寝顔を見ながら、「将来起こりうること」を真剣に考えるべきで、「自分は今、頭に血が上っているかもしれない」と考えるのも良いし、「リスクを取るのは自分ではなくて、この子だ」という現実を忘れてはならないと思うのです

マレーシアに行くなら「それなり」の「行き方」「住み方」を考えるべきで、「移住だ」「お国替えだ」なんてことは「よーく、考えるべき」であって、またもしも「マレーシアは一つの通過点」だとするのなら、では「次にどうするつもりなのか」を
夢見るのではなくて、「現実的に考える」必要があると思います。

他の国は居住許可なんか簡単には出さないのにどうします?


「どうにかなるっしょ?」というのも一つの生き方だとは思いますが、それは「子供に対して」「自分でどうにかしろ」と言っているのと同じじゃないでしょうか。


でもそれでもあの手この手でその国にしがみついたところで、何かあったらどうなるかなんて簡単にわかるはず。

こういう当たり前のことを考えない人が多い
ように私は感じるのです。

そしてその影響を一番受けるのは「子供」であって「海外に脱出~~」なんてお調子こいている親じゃない。


この本文下のコメントも凄い。


友人に聞いた話ですが、彼女がKLの日本人会館に行った時、一人の老人が受付かどこかで日本人会の人に相談していたのが聞こえたそうです。

「もうお金がなくて生きていけない。どうしたらよいのか。どうにかならないか。」と。

自己責任としか言いようがないのですが、この人が「マレーシアに行こう!」と思ったキッカケを是非聞いてみたいと思いました。

多分、誰かの「良い話」に乗ったのだろうと私は想像しています。

これってマレーシアに限らずどこでもそうで、

「現地にいてウキウキしている人」がいうことは同じなんですね。
そして「おいでおいで」と。

そして「貴方でも大丈夫」とは はっきり言わないにしても そう思うような方向で話をする人が多い。


私がオーストラリアに来る時も全く同じで、「ゴールドコーストでは家族4人が家を借りて(持ち家じゃない)、一月15万円ぐらいで生活できる」なんてある書籍に出ていました。また「5000万円あれば遊んで暮らせる」という情報も氾濫していました。当時は永住権、退職者用ビザも50万ドルの資産があればそれが取れる制度がありましたし、金利は年利10%ありましたから、誰でも大丈夫だと思うんですね。

でもオーストラリアは「昔からインフレが凄い」ことは多くの人が気がついていなかったし、ましてや「金利に所得税がガッツリ掛かる」ことも誰も言わない。バブルの頃なんて5000万ぐらいの資産を持つ人は多くいて、「じゃぁ、オーストラリアに行っちゃおうか?」てなもんで小さな子供を連れて渡る人も多くいました。

で、マレーシアもそうですが、日本とはまるで違う地元の生活環境を見て感動して、「俺も」ってなもんでウォーターフロントの家を買い、「船がないと格好つかないね」なんてモーターボートまで買っちゃう。そしてマレーシアほどじゃないにしても車がメチャ高くて、車社会ですから車を二台買う。

これじゃ資産なんかどんどん減るわけで、金利がちょっと下がりだしたら食えなくなる人が続出したんですね。

これって「本当に想定できなかったのか」というとそんなことはないのに、

「気軽に来てしまう人」が多くいました。

なおかつそういう日本人相手に稼ぐ日本人もいたわけです。詐欺師もいた。


どこでも同じなのかもしれませんね。「海外に憧れを持つ人は多い」ですから。

家族の場合は、現地で働き収入を得なくてはならないし、子供の教育費も毎年恐ろしいスピードで増えていくわけで、「そんじょそこらの常識的な考え方」では「破綻するのが当たり前」と私は考えています。

生き残っている人たちに「どうやって生き延びたか」を聞いたら、「ええ~~?そんなに稼がないと駄目なの?」という話ばかりだと思います。

資産を多く持っていても駄目で、「数億円」程度の金でもどんどん減っていくんですね。

だからやっぱり稼がないと駄目なわけで、その苦労は現地の人達と同じ。

でも現地の人と同じに稼ぐのも簡単じゃないわけですよね。

それが出来る人は本当に数%にも満たないはず。

最初の数年は良くても、それの維持はこれまた難しい。

そしてある時、病気、あるいは怪我でもして働けなくなったらそこで終わり。帰るしか無い。

そういう風に考えると「海外で生活する」なんてのは「日本以上に厳しい」わけで、ましてや働ける権利もないビザで、社会保障もなかったらどうなるかすぐわかるはずなんですね。

私は「自殺行為としか思えないケースが多い」と思うのです。


ノコノコ日本に帰ることになって、「前と同じ生活を確保できるのか」「前とは違うコースに乗るしか無い」という問題もある。

こういう経験をしている人が山ほどいるわけですが、彼らはその経験を口にはしないし、ブログで書く人もいない。メディアも書かない。

何を「成功」「失敗」とするかは難しいところですが、「初志貫徹できたのか、できなかったのか」という見方をすれば「挫折した」人のほうがはるかに多いという現実を知る必要がありますね。

頭に血が登って良いことなんか何もないし、「海外生活のすすめ」をいう人でさえ、私から見ると「頭に血が上ったままじゃん」と思うことが多いです。

こういう人の話を聞いて感化される人が可愛そうだ

苦労するのは「自分の意思に関係なく親についてきた子供たち」。



※多くの日本人は「帰りたくない」「帰れない」「帰る場所がない」場合でも「日本に帰るしか無い」状況がいつか来る。

永住権を取得しても、生計を立てられなかったり、自分や身内が病気になったり、郷愁などで帰国する人が非常に多い。

つまり、「いつかは帰国を余儀なくされる」ことを意味していますが、この認識を持っている日本人は極めて少ないわけです。

住めない国なのに下見や留学をする人が多いのは、美辞麗句を並べ安易に誘い感化する人間に感化される人が多いからなのか?。

事前に断念するか、早期に気付いて帰国した人は資金も時間も温存できるが、現地で使い果たしてた後では帰国後も悲惨になるという現実。

ほとんどの日本人は永住権を取得しても10年以内に帰国する日本人が多いという現実。

海外に誘われ大事な貯金を使い果たし、日本に帰って、日本語も中途半端で日本の授業にもついていけない子どもが大人になってどんな人生を歩むことになるのだろうか?。




アメリカも東南アジアも反日と化して日本人の受難が始まる



頻発する航空機事故、急成長するアジア航空会社の苦悩はまだ始まったばかり―米メディア
国際民間航空機関(ICAO)が今年発表したデータによると、2008~2012年に発生したアジア太平洋地区の飛行機事故の3分の1は「管理・監督の欠陥」によるもので、27%は「安全管理の欠陥」が原因だった。

アジアには、先進国だけでなく世界で最も貧困な国もあり、安全管理の能力に大きな差が存在している。そのため、専門家はアジア太平洋地区の航空業界の発展に伴う最大の関心事は、安全が影響を受けるのかどうかであると指摘する。

アジア太平洋航空研究所(CAPA)のデータによると、アジアの旅客輸送量の内、格安航空会社(LCC)が占める割合は、10年前にはほぼ0%だったが、現在は約60%を占めるまでに急成長している。また、アジアの航空会社がすでに発注している航空機は約1600機に上っており、現在就航中の航空機数量を上回る規模になっているという。

航空機数量の増加は、“空の渋滞”を引き起こし、管制官の負担を一層重くする。専門家は、事故を未然に回避したり、事故後の処理をスムーズに行うために、各国で統一した基準を定めた“東南アジア安全機構”の早急な設置を訴えている。



フィリピンLCC機内で客室乗務員が窃盗か、航空会社は第三者機関に調査依頼



セブパシフィック航空、マニラ/シドニー線で旅客数最大の航空会社に



飛行機はハックできる:米議会機関の報告書



飛行機のハッキングに気をつけて! FBIとTSAが注意を呼びかけ



Patterns of Lightning Activity



雷雲は天然の粒子加速器:航空機乗客に被害が及ぶほど強力な可能性も



見えない稲妻が飛行機直撃で,一生分の放●線被曝!ダーク ライトニング



一発で一生分の放射線被曝「ダークライトニング」の恐怖



航空機による放●線被曝の安全性とリスク
安全性に絶対はないので、妊娠したことがわかっている場合は長時間の航空機に乗るのは避けるべきかもしれませんね。ほとんどの場合は全く問題ないと考えられるのですが、医学的な理由ではなく、予測できない宇宙物理学的な観点から、リスクがある場合があるからです。

太陽からの宇宙線が非常に多い時期があります。

その場合は一回の飛行で大量の放●線を浴びてしまう可能性があります。

妊婦の場合は無用の心配を増やさないためにも、やむを得ない場合は除いて航空機を避けることを お薦めします。



航空機乗務員の健康に係る疫学研究
フィンランドの客室乗務員 約1700人における乳がん罹患率は一般集団と比べ1.9倍と統計学的に有意に高いことなどが報告されています。

航空機乗務員における皮膚がんは、いずれの種類についても死亡率や罹患率が一般集団と比べて高いことが報告されています。

航空機乗務員に対する疫学研究でも、白血病の死亡率や罹患率の増加を指摘している報告があります。



ヒトの認知能力を低下させる!宇宙の放●線についての研究結果



銀河宇宙線が脳にダメージ与える恐れ



太陽フレアの影響について
航空機高度での被ばくという観点から過去最大級の太陽フレアである1956年2月のGLE(5番目に観測された事象ということで"GLE5"と呼びます。)に、高緯度飛行中に遭遇した場合の線量はどの程度になるでしょうか。

最近のフランスの研究グループによる、過去のGLE事象に伴う航空機搭乗者の被ばくを網羅的に計算した報告(Lantos and Fuller, 2003)によりますと、GLE5の再発生を想定した最大の線量をもたらす条件下において、北磁極(グリーンランド西)の近傍上空を通るパリ-サンフランシスコ間の飛行(巡航高度11km、飛行時間11.5h)で4.5mSvの被ばくを受け得ると推定されています。

ICRPが一般公衆の人たちの年間の線量限度を1mSvとしていることを考えると、1回の飛行でこれだけの線量を浴びると分かっているならば、何らかの対策を講じなければなりません。



太陽太陽風50のなぜ
太陽フレアが発生すると、そこからは強力なX線、紫外線、電波が放射され、フレア発生前の静かなときと比べると、放射量は ときには1000倍にもなります。



フィリピン、インドネシア方面に避難してはいけない。



PDF 年平均紫外線量日積算値の全球分布図
東南アジアなどの赤道の周辺地域が、特に紫外線が強いことがわかる!



日焼けが皮膚がんの原因になる
長期にわたって紫外線を浴び続けると皮膚の老化を早め、皮膚がんの原因になるといわれています。



なぜ紫外線でガンができるのですか?



紫外線、露出していない皮膚にも伝達し、同様の遺伝子損傷
太陽光や日焼け用器具(ランプ)に皮膚を露出すると、皮膚の色を変えるメラニン色素を作り出すメラノサイト細胞内のDNAが損傷し、この損傷が紫外線に露出している間だけでなく、その後も継続している可能性があるという。こうしたDNAの損傷は、皮膚がんの主な要因となっているとされる。

研究チームは、マウスと人間のメラノサイトを日焼け用ランプの紫外線に露出させる実験を行った。

実験では、細胞内の遺伝情報が正しく伝わることを妨げる「CPD」と呼ばれる特定の損傷が生じた。さらに、紫外線に露出している間だけでなく、露出後 数時間にわたってCPDが生じ続けたことも確認した。

太陽光に露出していない皮膚のDNAに伝達され、露出時と同様の遺伝子損傷を受ける。



紫外線で免疫力低下
免疫機能は人間が生きていくためには非常に重要なのですが、なんと!紫外線を浴びることによって一時的に この免疫機能が低下、または まったく免疫機能が働かなくなるため、紫外線を浴びると外部からの異物に対して無防備な状態となり、その結果、紫外線を浴びた後はウイルスなどに感染してしまう確率が高くなってしまうのです。

それどころか免疫機能が働かないときに、もしも異物(ウイルス・細菌等)が体内へ入ってきた場合、当然、免疫機能が働いていないので その異物を除外することができず、それどころか一度、体内へ入った異物は免疫機能が働くようになってからでも身体が異物と認めないので、一生、その異物を体内へ入れてしまうといった恐ろしいことが起こるのです。

紫外線を浴びた後にヘルペス(単純ヘルペスⅠ型)ができやすいのも、紫外線を浴びることによって免疫力が低下したためなのです。これは風邪をひいたときにヘルペスができやすい事と同じ原理なんです。

※紫外線を大量に浴びて免疫機能が働かないときに、体内へ入った放●性物質を体が異物と認識せず、一生、その放●性物質を体内へ入れてしまうといった恐ろしいことが起こらないのだろうか?

※特に放●性物質がある国との往復をしてる人がいるらしいって言う噂。(※あくまでも噂です。念のため)



日焼け止めクリームは胎児に危害!



日焼け止めなどに含まれる酸化チタンナノ粒子 脳への毒素侵入を防ぐ関門を破壊

酸化チタンナノ粒子が、脳を毒素から護る血液脳関門(壁)を変質させる恐れがある。このナノ粒子への日常的暴露はその脳内への蓄積を引き起し、脳がもつ一定の働きを混乱させる恐れがあるという。

ナノTiO2への曝露で、これが内皮細胞内に蓄積することが立証された。脳血管炎症に結びついた保護壁の破壊も見られた。さらに、毒が中枢神経組織に浸透するのを防ぐ役割を果たす蛋白質(P‐糖蛋白質)の活動減退も確認された。

近頃、ナノ粒子を含むことを故意に隠した日焼けどめも出回っているそうである(ナノの話(1)ナノ日焼け止め 二酸化チタンや酸化亜鉛のナノ粒子)。余り塗りたくらないことだ。

※脳への毒素侵入を防ぐ関門が破壊され、
「あの物質のナノ粒子」とかも、一緒に脳に進入の恐れがないかネットで心配してる人がいた。




操縦士と客室乗務員、皮膚がんの発症リスク2倍
航空機の操縦士や客室乗務員は、有害な紫外線に上空で定期的にさらされているため皮膚がんになる可能性が2倍になるとの研究論文が、米国医師会の雑誌「JAMA皮膚科学」に掲載された。

計26万6000人以上のデータが含まれる19件の研究を分析した結果、皮膚がんの一種であるメラノーマ(黒色腫)の発症率は、操縦士で2.21から2.22倍、客室乗務員で2.09倍と、一般における発症率に比べて2倍以上だった。

論文の著者によると、発症率の高さの原因は、高度を飛行する機体の操縦室のフロントガラスや客室の窓から入り込む紫外線だという。研究チームによると、多くの民間航空機の巡航高度である高度9000メートルでは、がんを誘発する紫外線の強さは2倍になるという。

※医学的にみて、特に●曝後の紫外線の強い地域の疎開・避難やビザランは、まったく無意味であるか、かえってリスクが増大しているという見方もある。

しかし、そんなことはお構い無しに現地へ誘う、現地在住日本人が大勢居るとの噂がある。




免疫について:がんの発症と免疫の関係
被曝してから、紫外線の強い地域に移住して免疫機構にダメージを与えた結果、がん細胞が増殖してしまう心配は無いのだろうか?



日光にあたると免疫力が落ちる



皮膚がん
メラノーマは抗がん剤治療や放●線治療が効きにくい がんです。

疫学的には、紫外線と皮膚がんとは何らかの因果関係があることがわかります。

メラノーマの再発を確実に予防できる治療法や、再発のリスクを減らす治療法はありません。



左側だけ太陽光を浴び続けたトラック運転手、顔の左右で老化に大きな差が!
※現地在住者の「肌の劣化が凄まじい」との駐在員の談話もある。



夢の海外移住おすすめディスティネーション
とりわけ女性にとって重要なのは、

(1)ひとり歩きでも安心して買い物などの外出ができる

(2)言葉に自信がなくてもコミュニケーションがとれる仲間づくりがしやすい

(3)極度の乾燥や強い日差しなど、老化を招くおそれの少ない時期、場所を選ぶことです



日焼け止めクリームはアスベストと同じ炎症を引き起こす



日焼け止めと虫除けローションの併用は危険



「顧みられない熱帯病」対策で資金拠出訴え WHO
主なNTDsは他に、狂犬病、トラコーマ、トレポネーマ感染症、リンパ系フィラリア症など。



細胞に放射線をあてる
微量の放射線:隣の細胞にも影響があらわれる:1990年代に入ってから興味深い現象が発見されました。

細胞に低線量のアルファ線を照射して、染色体に現れる効果を調べていたときに、全体の1%の細胞しか放射線を受けないようなごく微量の放射線を照射したのに、30%の細胞に染色体の変化が起こっていたのです。

これは明らかに、「放射線を直接 受けていない細胞にも影響が現れる」ことを示しています

この現象は「バイスタンダー効果(bystander=傍観者)」と名付けられ、低線量の放射線の生物影響にとって非常に重要な現象であると考えられています。

特に、微量の放射線のリスクを推定する際には重要で、バイスタンダー効果があると、高線量のデータから推定した値より大きな生物影響が実際に起こりうる可能性があるのです。



放射線のDNAへの影響
放射線は、DNA分子に障害を与え、その結果、生体に急性あるいは晩発障害(発ガン、寿命短縮など)を引き起こす。

また、その障害が生殖細胞中のDNAに起これば遺伝的影響として次世代に伝えられる可能性がある。



墜落事故より怖い航空機の排気ガス

空の旅で一番心配なのは墜落事故だろう。

しかし最新の研究によって、墜落事故に遭うよりも、排気ガスに含まれる有害な汚染物質で命を落とす可能性の方が高いと明らかになった。

近年では、毎年1000人前後が航空機事故で死亡している。
一方、ジェット機の排気ガスは年間 約1万人の命を奪っているという。

これまでの研究は、離着陸時に発生する排気ガスだけが人体に害を及ぼすという前提に立っていた。

今回の研究では初めて、巡航時も含めて早死にした人の数を総合的に試算している。

アメリカ、マサチューセッツ州ケンブリッジにあるマサチューセッツ工科大学(MIT)の航空工学者で、研究チームを率いたスティーブン・バレット氏は、「高度約900メートル以上で発生する排気ガスは未規制で害が多い。人の死につながるような汚染をもたらす」と警告する。

航空機の排ガスは車と同様、二酸化硫黄や窒素酸化物といった大気汚染物質を何種類も含んでいる。
汚染物質の中でも特に小さい「粒子状物質」が人体に悪影響を及ぼす主因だと言われている。
微粒子が肺の奥深くに入り込み、血流まで到達する場合があるためだ。

バレット氏らの試算では全世界で毎年8000人前後が、約1万メートルの巡航高度で航空機から排出される汚染物質によって命を落としている。

国際連合の世界保健機関(WHO)によると、大気汚染による最も一般的な死因は、肺癌(がん)など呼吸器や心臓血管の疾患だ。

雲よりも高く飛ぶ巡航高度では、気流が汚染物質を遠くまで押し流し、偏西風に代表されるような卓越風に乗せてしまうことがある。その結果、例えば汚染物質が飛行経路の1万キロほど東まで運ばれ、そこで地上に降り注ぐ事態になる。

アメリカでは毎年450人前後が飛行機の排気ガスで命を落とす。

一方、インドでの死者は1640人と推定されている。この国の離着陸数から予測されるより、7倍も多い数字だ。

さらに、国連環境計画によれば、大気汚染による死者を すべて合わせると毎年100万人前後に達する。

MITのバレット氏は、「航空産業は急速に拡大しており、今すぐ手を打たなければ死亡率を抑制できない。

巡航時の排気ガスが人体に及ぼす影響について、規制当局は しっかり考えるべきだ」と指摘する。



旅客機の中の「空気の質」は どれぐらい安全なのか?
ヨーロッパでは「上空を飛行中の旅客機のキャビン内では空気が汚染されており、乗客や機内スタッフの健康に影響を及ぼしている」として対策を求める訴えが起こされようとしています。

これまでに多くのクルーを看てきた「Biolab Medical Unit」のジェニー・グッドマン医師は、特に古い機体でエンジン始動時に煙が機内に入り込むことが多いという逸話を聞いており、仮に乗客が搭乗する際に煙が機外に排出されていたとしても、残留した成分によって乗客やクルーが影響を受ける可能性が存在していると指摘しています。

グッドマン医師は、「頻繁に飛行機を利用する場合やクルー業務で飛行機に頻繁に搭乗する場合は、継続的な低汚染度の空気に長時間露出されることになります」として、健康への影響を受けるリスクが高いと指摘しています。

グッドマン医師によると、汚染空気シンドロームは中枢神経系、特に脳に対して影響を与えるとのこと。

汚染空気に含まれる化学物質が体内の細胞膜に溶けこんで細胞内に侵入し、ひいては体内の あらゆる場所に広がると指摘。

その結果、偏頭痛や疲労感、思考困難、関節や筋肉の痛み、呼吸困難や消化不良、そして女性に対しては乳ガンの発生リスクを高めることになるとしています。




※繰り返し飛行機に乗る人に対する健康への悪影響を一切語らない、ビザランなどの「似非移住」をすすめる海外在住者が多いとの噂があるけど、実際どうなんでしょう?。



貧困が人の知力を鈍らせる
貧困は人の心的資源を枯渇させ、問題の解決や衝動の抑制といったことに対する集中力を減少させる。

貧困状態は人の認識機能に影響を与え、正しい判断を下す能力を妨げるばかりか さらなる貧困を招く可能性がある。

プレッシャーによって心の中に大きな不安が生まれ、心的資源がいま直面する問題の方へ引き付けられる。

つまり、日常生活で注意を必要とする他の物事に集中することが できなくなることを示している。



優秀な遺伝子も打ち負かし得る貧困 - 知能を左右するのは環境



劣悪な家庭環境で育った子どもの染色体は平均より老化している



「貧困家庭の子どもは脳まで小さい」という衝撃



開発途上国の人たちが なかなか貧困から抜け出せない脳内思考のワナ



東南アジアは泥棒天国~現金の隠し場所に とっても困ります。



食品照射ネットワーク



これだけある照射食品の問題



食品照射



照射食品



フィリピン在住の退職者が死んでしまったら、どのような手続きが必要なのか



米研究所で危険な病原菌の漏出事故、当局が経緯を調査
米ルイジアナ(Louisiana)州のテュレーン国立霊長類研究センター(Tulane National Primate Research Center)で、感染者の多くが死に至る危険な病原菌が、厳重な安全対策がとられている研究室の外に漏出する事故があり、同州当局が経緯を調査中であることが分かった。

問題の病原菌は、類鼻疽菌(学名:Burkholderia pseudomallei)と呼ばれるもの。

東南アジアやオーストラリア北部を原産とし、汚染した土壌や水を通じて人や家畜に感染する菌で、バイオテロに用いられる可能性のある病原体に分類されている。



苦しい生活だと寿命が短くなる!



貧乏生活が低IQを招く!米国の研究者たちが証明した理論



子どもの貧困、脳の発達に影響



貧困が人の知力を鈍らせる



貧困下では貧困で頭が一杯になり貧困から抜け出せなくなる



脳と学力と貧困の悪循環



貧困は経済的に間違った意思決定を招くことが明らかに


※間違った移住先を選ぶことがないように。
まずは転ばぬ先の杖的「海外移住ブログ」を読破!。



移住などをすすめる日本人なりすましの韓国人が、多数活動して日本人を破滅させている
海外でも<成り済まし日本人に注意>



海外にいる日本人・日系人の中の成りすまし在●・帰化朝●人が多くて、日系人が被害にあってるらしい
海外にいる日本人・日系人の中にはもともと在●・帰化朝●人だった人が多く含まれてるからね。
留学生、駐在員、帰国子女、海外移住組、いずれも在●・帰化朝●人多いよ。

海外で他の日本人をいじめる人の大半は帰化朝●人。

あと海外の日本人コミュニティーも在●・帰化朝●人が仕切ってるところが多い。

海外にいる在●や帰化朝●人は、日本人同士が仲良くすることがあたかも悪いことであるかのように言ったり、
他の日本人を避けたりして、日本人同士が仲良くならないように仕向ける工作をする者が多いんだ。

最近の海外にいる在●・帰化朝●人は今まで以上に反日的な者が増えてきて、彼らによる反日工作が功を奏するようになり、海外で日本人がバラバラになったり、孤立するケースが増えてきた。

海外にいる日本人(本当は日本人じゃないんだが)は留学生だけじゃなくて全体的に在●と帰化人が多いよ。
日系人の中にももともと在●・帰化朝●人だった人いるしね。

だから海外で日本人の集まるところというのは、在●の集まる所なんだな。

海外の日本人コミュニティーはトラブルが多いとか、関わりたがらない日本人が多いと言われてるけど、それは在●・帰化人が日本人コミュニティーの権力を握っていて、在●が他の日本人や在●とトラブル起こすからなんだ。

海外には駐在員等の子供が行く日本語補習校があるけど、そういうところも在●だらけなんだわ。

朝●語しゃべれない在●・帰化人の駐在員等の子供はたいてい日本語補習校に通ってる。
在●の子供の多い補習校は雰囲気悪いんだとか。

海外では他の日本人の中には在●・帰化人が多く含まれてるし、それらの朝●人は基本的に他の日本人に対して意地悪で敵対的だ。

つまり、日本人は海外に出ても同胞をあてにすることすらままならず、孤立しやすい状況にある。
日本人が海外で居場所を見つけることは容易じゃない。

これ本当。自分も海外に来てびっくりした。
なりすまし日本人に限って、自分の店に「日本人の○○」なんて看板出してるんだよ。



香港にいる「なりすまし日本人」に要注意!在●なら本名を名乗れ!



絶対に付き合ってはいけない性格・気質を持った人間20項目
他人は誰でも無防備に信じて良いわけではない。中には、関わることで自分の人生を危険に陥らせるタイプの人間も多い。

世の中には、犯罪者的な性格の人間もいる。生まれつき残酷で冷酷な性格の人間もいる。利己主義が極まった性格の人間もいる。自己中心な性格の人間もいる。

それは、その人が人生の中で培ってきた考え方の集大成として現れているものだ。性格とは、二、三日で出来上がったものではないのだ。

だから、他人が変えることは事実上不可能であると言うこともできる。自分が他人に性格を変えてもらうことが不可能であることを考えれば、それは当然のことだ。

だから、目の前にどうしようもない性格や気質を持った人がいたら、その人を変えられると思ってはいけない。また、関わろうとしてもいけない。

逆に、注意深く関わりを避けるようにして、最終的にはいっさいの関係を断つことが重要だ。

関わってはならない人間に関わると、最終的にそれに引きずられて自分の人生が自分以外の要因で台無しになるのだ。

もっと分かりやすく言うと、他人にあなたの大切な人生がめちゃくちゃにされる可能性があるのだ。

世の中には、「絶対に付き合ってはならない人間」というものがいるのだ。それがいったいどんな人間なのかは、常識を働かせば分かる。

具体的に列挙すれば、以下のような性格を持ち合わせた人間とだけは絶対に付き合ってはならない。

こういった性格を持った人間は、あなたの人生を史上最悪のものにする。

(1)何かあれば、すぐにカネをねだる人間

(2)強い者に弱く、弱い者に強く当たる人間

(3)嘘でも何でも言って真実をねじ曲げる人間

(4)自分を棚に上げ、他人を執拗に責める人間

(5)自分よりも状況が悪い人を見くだす人間

(6)自分の快楽のために他人を犠牲にする人間

(7)負けそうになると急に友情を強調する人間

(8)人のものを何でも自分が考えたと主張する人間

(9)悪いことは何でも他人のせいにする人間

(10)裏で他人の悪口・中傷を言っている人間

(11)法律や決まり事などまったく守らない人間

(12)自分が一番になった部分だけ宣伝する人間

(13)大声で叫び、自分の都合だけを押し付ける人間

(14)相手が弱ったところで叩きつける人間

(15)徒党を組んで弱者をいじめる人間

(16)勝手に他人の物を使う、盗む人間

(17)身近な人に感謝を見せることもない人間

(18)外見ばかりを気にして外見だけを飾る人間

(19)すぐに怒り、いつまでも怒りが消えない人間

(20)本質とはズレたところで相手を大批判する人間

きれいな心の人ほど、悪人に狙われる。なぜなら、騙しやすかったり、操りやすかったり、悪人にとって扱いやすかったりするからだ。

悪人は同じ悪人を食い物にしない。食い物にするのは、悪人ではない人間だ。

つまり、あなたが悪人ではないのだとすると、あなたが食い物にされる。

悪人は最初は気の良い友人のような顔をしてやって来る。

それは、あなたに取り入るためだ。だから、あなたは最初は騙される。見抜けない。

しかし、しばらく付き合っているうちに、何か違和感のようなものを感じるようになる。相手の言動から、不穏なものを見つけ出す。

上記の20項目のいくつもが次第にあなたの目に浮き上がって来る。しかし、そのときはすでに人間関係ができているし、疑うよりもかばう気持ちの方が強い。

なぜなら、芽生えた友情を切り捨てるというのは、誰しもエネルギーがいることでもあり、かつ気の進まないことでもあるからだ。

しかし、ここで見る目を誤ると、より深みにとらわれていく。相手が本当に危険な気質や性格の人間であることを知ったときには、すでに手遅れになっているかもしれない。

人間関係を甘く見てはいけない。それは、あなたの人生を破壊する「危険なもの」の筆頭になり得る。

危険な人間と付き合っていると、あなたが追い詰められる。

あなたの人生そのものが悲惨なものになってしまうのだ。

これはあなたにとって他人事ではない。真剣に考え、迅速に動くべきだ。上記20項目の性格が突出している人間は、周りの人間を不幸にする。

こういった人間は、今でこそあなたの友人かもしれないが、いずれはあなたの敵になっていく。

もし、心当たりがあると思う人が周りにいるのであれば、食い物にされないように、決意を持って人間関係を断ち切るべきである。

「誰とでも仲良く」していれば、あなたは不幸になる。

害虫は徹底的に駆除しないと、実はすべて食い荒らされてしまう。害虫と仲良くする選択肢は農家にはない。駆除あるのみだ。



「生きる場所」が変わったら知らずして人間は変わっていく
場所が変わったら、人間は変わっていく。

海外に出て、長くそこにいることになっても、やはり人間性は変わっていく。完全に違う考え方、違う生き方、違う人々、違う文化、違う関係、違う言葉、違う食事……。

何もかも自国とは違う。それを長時間経験して「変わらない」人間はひとりもいない。

「新しい世界」を知るというのは、新しい自分になるということであり、新しい自分になると、知らずして意識の変容が起きて、過去の世界に戻れなくなっていく。

人はそうやって、自分の人生が変わっていく。環境が変わり、否が応でも自分の感受性も、考え方も、哲学も、生き方も、新しいものになっていく。


どうせ、人間が変わってしまうのであれば、「良い方向」に変わって欲しいと誰しもが考えるはずだ。これは、意外と自分の人生を考える上で、重要な要素でもある。

「良い方向」に変わりたいのであれば、当たり前の話だが「自分にとって良い場所」にいるべきなのだ。そうすれば、良い場所から良い結果がもたらされる。

「良い場所」に移れば、自分自身が良い方向に変われる可能性が高い。



逆に言えば、「自分にとって」悪い場所にいれば、それは悪い結果をもたらすことが多いということでもある。

自分にとって悪い場所に合わせて自分が変わるのだから、それが自分の人生に次々と悪い結果を生み出し、最後にはどうしようもなくなっていくのである。

「悪い場所」に馴染んでしまったら、自分自身が知らずしてそこに適応して、かつての自分とは違う自分になってしまう。

そして、昔の表社会に戻ろうと思っても、悪い場所に適応した新しい自分が邪魔して戻れない。

そこが自分にとって「良い場所」であっても、「悪い場所」であっても、そこにいれば そこに馴染む。

そして、いったん馴染んだら、昔に戻ることが難しくなる。


自分にとって「良い場所」を見極めることができた人が、人生を実り良くすることができるのだろう。



家族で海外移住実現ブログ HOMEへ
驚愕情報てんこ盛り!早期の読破を!