海外移住ブログ管理人は,国の将来性と地震災害に対する懸念から
家族で海外移住したい」 「大地震から家族を守りたい」と考え、懸命に検索して、たどり着いた情報が海外移住ブログ管理人を家族で海外移住成功へと導いた。



動画:メキシコ大地震、建物が崩壊する瞬間



本当に自然災害で家族を失いたくなかったら、日本に住んでたらもうダメっていうレベルに来てしまった感。
ちなみに日本は自然災害リスクが世界の中で最も高い国の一つに入っているので、
リスクヘッジを最大限にしたいならば
それこそ移民するしかないのですよ…




誰かのせいで、自分の人生がこうなってしまったという責任を、その誰かが取ってくれることは無い。
親にしろ、教師にしろ、誰であっても、自分の人生の責任を他人が取ってくれることはない。
いつまでも被害者意識に囚われないで、前に進むことが、加害者へのいちばんの仕返し。




ホント、日本国籍の残念なところは、日本に何かあったときに(そして天災やら戦争やら原●事故やら何かある可能性は結構高いのに)逃げる場所がないことよね。
日本ってどこの国とも仲良しじゃないから、結婚・出産以外の方法で簡単に永住権取れる国ないし。




海外移住を簡単にする画期的な方法とは



移住費用と時間を捻出するために友人を絞り交際費を削るなど徹底的に生活費を切り詰め、海外移住資金を貯めていたことも、家族で海外移住の成功に寄与したと思います。



家族で海外移住するなら『 時間 』 と 『 お金 』の管理が重要!



最後に「Enjoy your life. You know ... Life is short.」と言われたのが胸にぐっときた。



絶対に見るべき動画



【日本語字幕付】
EVERYBODY DIES, BUT NOT EVERYBODY LIVES




人生を限界まで分解していくと「命≒時間」となり、時間の価値を認識してると日々の意思決定は全く別のものになる。
人生80年の長期戦ってのは数字が作る錯覚で、主観的には前半にほぼ偏ってること知ってる人はすぐに動き出すし、万全の準備などそこまで意味がないことに気付く。




人生の残り時間が短い。
残りの時間で何をすべきか
何のために何をするのか
残り時間で 何がどれくらい出来るのか。
今まで何を思い、計画し、 何が実現出来て 何が実現できなかったのか。
よく考えなければ、、




人は、ひとりで行動でき、自分のしたいことができる時間というのは、思ったほど長くない。
寿命はぐんと伸びてもそんな時間はそうは伸びない。
子どもや高齢者にとってはいろいろな制限があるし、気力や体力がいちばん充実している時期も子育があるし。




自分が自分でいられる時間は、限られている。
せいぜい50年ほどだろう。
そのうち自分にしかできないことができる時間は、もっと限られている。
せいぜい25年だろう。
その期間に、何をなすかだ。
いつ本気になるかだ。




ブログ管理人は震災前に家族で海外移住に成功

比較的容易な海外一時滞在者が、ことごとく永住に失敗し日本に帰国しているという先輩移住者の声に素直に耳を傾け、永住希望者であったブログ管理人が本気で情報を調べ尽くした結論として、難易度の高くなりつつあった「永住権取得&海外就職」が重要と考え、『先送り』『先延ばし』で手遅れになる前に早期チャレンジしたことが、海外永住権&仕事の確保に繋がったのだと思います。

家族で海外移住するためには言い尽くせないほどの苦労がありましたが、海外移住で良かったのは、なんといっても、大地震のない国で安心した生活を得られたことです。

永住権の取得が難しいといわれる昨今、

永住権取得が比較的容易であった絶好のタイミングで海外移住を決断したことで、お金と時間を無駄にすることなく、家族で海外移住の夢が実現しました。



◆ 本当に信用できる人を見分ける方法

大勢の権威ある経済学者は,2008年に起こった金融危機を予測しませんでした。

結果的には,彼らの考えが間違っていたということです。


【 見極めのポイントは 過去の 『 実績 』


権威のある人を信用しても、安全かどうか見極めなければいけません。

どうすれば正しく見分けることができるのでしょうか?

それには,その分野での過去の 『 実績 』 を検分するのが最良でしょう。



自分で下手に情報を探して時間を無駄にしているうちに移民法が改正されて「移住失敗確定で万事休す」にならないように。

海外移住を早期実現するためにも、
『 Twitter 』『 高い評価 』『 海外移住ブログ管理人を家族で海外移住成功に導いた高品質サイト 』 を早期に読破!

震災前から 『 実績 』 がある海外移住サイト.
震災後に登場した質が低いサイトとは『一線を画す』内容。

安心しておすすめできます。




人間は本質的に理不尽な種族だと。
本当に社会に貢献している人に報いるシステムは存在しない。
「貢献している」ということは「問題が起きていない=貢献が分からない」ということだからだ。
未然に大きな災害を防いでいる無数の無名のヒーローを我々は知らない。知ることはできない。




曲突薪を徒せという者に恩沢無し。



【 個人サイト 】

✔ฺ 海外移住の地図帳

海外移住に必須とされる永住権に関する情報のほか、

重要な医療・介護問題も、しっかりと触れているだけでなく、専門家に発生が疑問視されていた日本の超巨大地震をはじめ、津波、など多くの記事が震災前に、あらかじめ作成されていたという 『 実績 』 には脱帽。

情報が頻繁に更新されており、「最初の海外移住サイトの公開開始から14年目で、現在3代目のサイト」とのことだけあって、内容が充実しています。

== == == == == == == == == == == == == ==
✔ฺ 海 外 移 住 情 報

2000年8月に開設された「海外移住情報」サイト。

著書、メディア掲載履歴一覧でわかる 『 実績 』 と信頼。

海外移住に必須とされる永住権に関する情報も充実。

重要な医療・介護問題も、しっかりと触れており、

隔週更新で情報の鮮度も抜群。

「各国移住情報を収集・発信することで社会貢献できれば」、という思いで作成。非商用・非営利を信念に運営されているサイトです。

『 海外移住情報 制作運営者へのメール 』
「 メールはお気軽に。 」 とのこと。
過去メールした際、返信も非常に早かったです。

「 運営者は、「Facebook、Twitter、mixi、などSNS」の使用、「ブログ」の作成は行っていません。 」

とのこと。



ネット上には、「Facebook、Twitter、Instagrammixi、、ブログ、メルマガ、ネットショップもフル回転という人がいますよね。



5000人以上を2年間調査してわかった、
心と体の健康を害するある1つの習慣とは?




Facebookが不気味な特許を3つ申請しました



「Facebookがユーザーのブラウジング行動をログアウト後も追跡するのは違法」と訴えた裁判で判事が訴えを棄却



「ツイッターはインテリのパ●ンコ」って名言があるけどネットって知的好奇心を満たさずにはいられない人たちにとっては麻薬的な作用がある。
あと、「自分と同じようなことを考えている人がいる」と共感したりされたりする癒やし効果、これがヤバい。




昔、僕はツイッターを「インテリのパ●ンコ」だと言いました。ちょっとやるだけで数時間は飛ぶ。
確変するとRTやFAVが付きまくり、フォロワーが増えて、脳内麻薬がドバっと出る。
暇つぶしのつもりが必要な時間まで侵食される有様は、生活費をパ●ンコ代につぎ込むがごとし




「Twitterは似非インテリ向けのパチンコ」という話を聞いて耳が痛い。
断続的な刺激が中毒を生み特に意味もなくTwitterを眺めさせられ、たまに大当たりでバズるとその快楽をもう一度とさらにドツボにはまっていく。




ツイッターにログイン出来ない不具合が起きたら大量の人々が不安や困窮を叫ぶ症状をみて、ツイッターは「インテリのパ●ンコ」というより「ネットに流れる危険ドラッグ」との思いを強くした。



最もメンタルヘルスに悪いアプリは「Instagram」
Instagramに続き、Snapchat・Facebook・Twitterも、若い人のメンタルヘルスにネガティブな影響を与えていることが判明!



Instagramから盗み出された600万件以上の連絡先情報は1件10ドルで販売されている



【 企業・法人サイト 】

✔ฺ 海 外 い ろ は

海外赴任の総合情報サイト。

海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報に加え、海外留学・海外出張に関する情報も掲載。

== == == == == == == == == == == == == ==
✔ฺ 海 外 赴 任 navi

海外赴任者と企業の海外人事担当者様を対象とした海外赴任総合情報サイト。









リンクを貼ると、自分のサイトの巡回がそこで終わり離脱率が上がるので最初の方はリンク貼らない方がいいとかいう記事を読んだ事があるけど、「こんなのがあるよ☺」ってリンク貼ってその人の役に立つサイトに飛べるならそれで良くないか?



海外移住アカはそれなりに人気があるし、書いている方も「誰かの役に立つなら」と思って書いてくれている場合が多いだろうけど、世の中常識のない人が多いから、あまり表に出さない方が変なのに巻き込まれずにすむんじゃないかなと思ってみたり。
人気のある国のビザを取得した人の場合は特に。




同じ輝きを放っていても集まる虫は全然違う。
花には蝶が集まり街灯には蛾が集まる。
人を引き寄せる人はその人自身が花なんだよね。




これは仕事だけじゃなくプライベートでも大事なことだよな…チャンスは人が運んで来るもの。



「先延ばし」の癖を克服したいなら、「ぶっとんだ目標」を設定してみよう

海外移住も先延ばししている人がほとんどとの噂。



海外移住をお考えの方、できるだけ急いだ方がいいと思います。
これからどんどん、難しくなるだろうと思われます。




殆どの国、移住は今が一番簡単です。
日々難しくなっていきます。
移住したい国の今の条件を何年後かを目標にクリアを目指しても、その頃にはまた条件が変わっているので無駄です。って事なんですね。
今の世界は激変中。
しかも、日本語の’ネット上では出てこない情報も多々ありますね。
要即行動。




日本が太平洋戦争に総額いくらを費やしたか、知っていますか
現在の価値に置き換えれば、4400兆円もの費用を投入したことになる。

これらの戦費負担については、最終的には、預金封鎖によって国民から財産を強制徴収する形で埋め合わせが行われた。



嘆いていても 何も変わらない
被●が増えて行くだけだ
生き残りたければ 自分自身が、防護対策、
移住を即行動に移せ!!!




本当にお得な情報や、良い情報は誰もツイッターなんかには書かないという事が良くわかったよw



本当に知っている人はツイッターでこの話題はしないです。
もともと個人情報を知らないことには具体的にアドバイスできない話だし、タダではしゃべりません。
やっぱり、定評のあるプロに相談するのが近道だと思います。




情弱とは「手帳は真っ黒で通帳が真っ白」な人
ここで紹介している情弱とは、情報に振り回されて精神と時間を消費したり、お金を失ったりする人のことです。



自分の時間給が 幾らか調べるべきだ。
きっと時間の浪費に驚くだろう。
人生の限られた時間を有効に使いたい。




今政府が検討し始めているのは「富裕層の転居・移住にかける税金」でなく
「一般人の単なる海外旅行」にすら税金をかけるというもの。
厳密には「海外旅行税」と訳した方がいい。
「出国税」は別の意味。 →海外移住に対する国税庁の「出国税」とは




誰でも想像できる40年後の日本はこんな感じ・・・



未来の年表 人口減少日本でこれから起きること

こんなに急激に人口が減るのは世界史において類例がない。

われわれは、長い歴史にあって極めて特異な時代を生きているのである。

日本の人口減少が地方消滅というような生易しいレベルの話ではないことはお分かりいただけよう。

ここまで極端に減る前に、日本は国家として成り立たなくなることだろう。

それどころか、日本人自体が「絶滅危惧種」として登録される存在になってしまいかねないのだ。

戦争や疫病といった大きな要因がなくても、日本人はどんどん減っていくのです。

天災でも疫病でも外敵でもなく、自らの意思でゆるやかに滅んでいく、というのは、なんだか少し美しく感じるところもあるのですけど。

おそらく、そんな生き物は、これまでの地球上には存在しなかったでしょうし。



内閣府が算出「人口8000万人」の日本で起きること



文化だから絶滅危惧のウナギを食べる。
20年後のことは知ったことではない。
貰えるんだから年金はいっぱい欲しい。
20年後のことは知ったことではない。
ウナギも日本の若者も減少して絶滅しても知ったこっちゃないってことですかね。




日本の若者も減少して絶滅しないようにするしかないってことですかね。



限界国家ニッポン この国は巨大な「限界集落」だった…



【 逃げ遅れの心理学 】
逃げ遅れずに、生き残るために




「そのうち」 相田みつを



【47都道府県で震度7】全275・衝撃の地震予測
『南海トラフ・首都直下だけじゃない!』




【3.11 東日本大震災から6年】大津波の全記録(50市町村の津波映像) [TSUNAMI in japan 2011]



【 閲覧注意 】

南海トラフ超巨大地震、
内閣府が公開した衝撃のシミュレーション
~そのとき何が起こるのか?~


((( ;゚Д゚)))



熊本地震を見て日本中どこでも被災地になる理不尽さを痛感した。



堆積物が示唆する「次の大地震」 宝永地震なみの大きさになる可能性も



古文書が知らせるナゾの大地震…原発「攻防戦」の最前線に



巨大地震の可能性 十勝沖の不気味な「b値」の動き 低い状態続く







久々に良いブログに出会った。

以下、一部を抜粋し紹介します。

日本から出たい人、海外移住に興味のある人は さっさと海外に出た方がいい

日本人の方とお話ししたりメッセージを頂いたりしますが

その中で多くの人に

「留学したい」

「生活してみたい」

「海外羨ましい」

などと言われます。


そしてそれと同じくらい

「私もそっち行こうかな」

と言ってくる方も多いです。

しかし、そういうことを言う人の9割以上は実際には来ないですね。

人それぞれ理由は たくさんありますが

「英語が話せない」

「海外で生活するお金もない」

「海外生活はやっぱり不安」

というようなことが多く聞かれます。

たしかに仕事が、友達が、家族がと

上記の理由以外にも海外に行きたくても行くことを踏みとどまる理由は考えれば考えるほど湧いて出てくるもんです。

ただ、私達、現地にいる人間からすると、

来たいなら来ればいい!

と、シンプルにそう感じます。

・海外へ出る人と出ない人の違い

来ない理由は探せば探すほど簡単に見つかりますが、

実際に来る人と来ない人、

海外に出る人、出ない人の違いというのは案外シンプルなもので、その決定的な違いは

決断力(覚悟)と行動力

この二つのみです。


お金が、、、

英語が、、、

周りが反対する、、、

ぶっちゃけ全然関係ないですね。

逆に、いくらお金があれば、

どのくらい英語が喋れれば、

誰が賛成してくれれば来るんでしょうか?


お金がなくとも、

英語が話せなくとも

いくら周りが反対しようとも

自分で本当にやりたいと思っている人はやりますが、

幸運にも全て満たしていても踏みとどまる人は

どこからかやらない理由を探し出してきて言い訳にしているだけです。


決断力と行動力。

もし本当に海外に出ることを望むなら

それだけあれば海外に出れます。

お金がなくて、言語も話せなければ苦労はしますが

それでも海外を望むなら、苦労の何が問題なのか。

多かれ少なかれ全ての人が苦労はしますから

海外で苦労するのも日本で苦労するのも同じじゃないでしょうかね。

おそらく、海外に出たいと思っているけれど踏みとどまっていたり、

何らかの言い訳を見つけて自分自身を説得し海外に行けないと諦めている人の多くは

単に迷いすぎの場合が多い気がします。

こういった決断というものは迷えば迷うほど不安が募り行動に移すスピードが遅くなる、

またはいつまで経っても行動に移せないままになることが多いので、

そんな時こそサクっと潔く決断し、行動する。




相田みつを 「そのうち」



「知識を手に入れるための知識」がない人にとって、Google検索はあまりにも難しい。
現在、検索上位の少なからぬ部分は、商業化したまとめサイトやアフィリエイトブログに占拠されています。

あまり深く考えずに検索ワードを入力している限り、だいたい同じような検索結果が上位に並びます。

言うまでもなく、それらのまとめサイトやアフィリエイトブログの信頼性は定かではありません。

現時点でも、google検索で信頼できる医療情報を探し出すのは難しいのが現状です。

では、そんな状況下で信頼できる情報をピックアップするためには何が必要でしょうか?

必要となるのは「事前知識」と「高いリテラシー(literacy, 読み書き能力)」と思われます。

事前知識に基づいて検索ができる人と、そうでない人では、検索をとおして得られる情報の質、みえるインターネットの景色がまったく異なるのです。

もちろん、検索結果を絞り込むためのキーとなる単語を目ざとく発見できる人もなかにはいるでしょう。そういう人は、検索ワードにその単語を入れ直すことで、不案内なジャンルでも高品質な情報を手に入れられる可能性があるかもしれません。

ですが、そういった目ざとい勘を働かせられるのは、もともと文章を読むのに慣れた、相当にリテラシーの高い人だけです。

現状のGoogle検索の正体は、「知識の無い人に知識を授ける」ツールではなく、

「知識の豊かな人だけが知識を引き出せて」「知識の乏しい人には質の良くない知識しか与えない」ツールと言っても過言ではありません。

あるいは、知識の豊かな者と乏しい者、リテラシーの豊かな者と乏しい者の格差を拡大再生産するツールになってしまっている、とも言い換えられるかもしれません。

のみならず、インターネットにはジャンクな情報やフェイクな情報も溢れ、Google検索そのものにも広告がたくさん貼り付けられていますから、それらに釣られて、誤った判断を下してしまうリスクも少なくありません。

情報の真偽や信ぴょう性に注意を払い慣れていない人は、とりわけ危ないでしょう。

こうしたことは、Google検索に限った話ではなく、他の検索サービスについても、インターネット全体にも当てはまります。

この、知識と情報を巡る格差の“負け組”になりたくなければ、知識やリテラシーを事前に身に付けるしかありません。



別の染色体のDNA損傷が、正常な染色体にも影響を与える
非DSBs型DNA損傷が痕跡の実体となって遺伝的不安定性を引き起こす。

同一細胞内においては、遺伝的不安定性が、非DSBs型DNA損傷を持つ染色体だけでなく、正常な染色体にも及ぶ。



医療問題に触れている海外移住者は皆無に近い。

医学に対する興味も無い人が多い。

細胞に痕跡が残っている311後の移住者にとって、特に医療は重要。

海外で、日本人に合った医療の必要性を感じる海外在留邦人も多い。






海外生活は 『 楽園 』 じゃない!



「3.11逃れて移住したのに、また被災…」
“熊本の 『 楽園 』 ”が壊滅




今日びっくりしたこと。
ママ友のお姉さんが、震災後 放●能が原因で熊本に家族で移住したと。
熊本の大地震で家は全壊。
今は海外移住を考えていると…。




ラドン濃度って地震と関係ありますか?

せっかく避難したのに「α線大量被曝」



『 避難先 』 が 『 被災地 』 になる恐怖の国!



災害のない安全な場所に 『 楽園 』 の街を造るという発想は無い模様。
災害は何度も繰り返す




防災対策は、万一に備えてするのが王道だ。

しかし次のときは、災害を知っていても防災対策しない選択もありうる。

1) 対策コストが被害額を上回るとき、

2) 対策コストが膨大すぎて国家としての存立が危うくなるとき。




【 驚愕の事実 】

【実録】 3.11以降、日本人全員が内部●曝している! 検査を受けてわかった衝撃的事実



西日本に逃げれば安全なのか?



なぜ、阪神大震災の時のダイエーの行動にみんな触れないんだ?
あの時、乾電池1000円とかになって、絶望的な空気が漂っていたときに、ダイエーは船をチャーターして、生活必需品満載で神戸港に横付けして、全国から職員トラック総動員して、「いつもの値段」で災害の奥地まで持って行ったんだぞ!




【 重要 】

なぜ、みんな触れないんだ?
絶望的な空気が漂っているときに、戦争も地震も無い、汚染の軽微なところに企業が共同で街をつくったら、マスクも空気清浄機も要らず、食材の産地も気にせず、地震災害の心配もしなくて済むのに。




子供へ引き継ぎたくないお金の習慣・考え方



子供へ引き継ぎたくない地震リスク・●曝リスク



◆ 海外は若いうちに!
年を取ると海外移住が難しくなる3つの理由




物事をとことん考え抜く習慣が必要。
それを身につけるには訓練と練習が必要だ
―悪霊にさいなまれる世界―「知の闇を照らす灯」としての科学




「移住の闇を照らす灯」としての海外移住ブログ!



海外移住 国籍の選択

以前、訪れた『家族で海外移住実現ブログ』にお邪魔してみた。

オーストラリアの箇所を読んだのだけども、大変参考になるサイトである。

読んでいるうちに日本も同じ視点で書いてないのかな?と目次を見たら、あった。
国内移住のページ。

流石だなあ。公平公正に記載されている。

管理人の方は『自分で考えること』を伝えたいのだと思う。

誰かの書いたことを鵜呑みにしたり、良い話ばかりを信じて、軽率に行動をすることを戒めているとも思える。同感である。

自分で調べて、判断をする。とても大事なことだ。



大多数の日本人は、何も見ていないし、何も考えていないに等しい。
日本の現状も未来も読めていない。




一般的な日本人と話をしていると、その思考の浅さに愕然とすることがある。
「なぜそうなの?」って訊いてもマトモな答えが返ってこない。
「それが伝統だから」とか「そういうものだから」という答えが多く、「しきたり」に従う意識が強い。
なぜそうなのかと考えてみたら、ひとつ思い当たる節があった。




日本旅行から帰宅した若い同僚が、日本の若者の物事を思考しない実態に驚き「まるで彼らにとって日本国は遊園地だね。
お金があれば楽しくって無ければつまらない国」と彼なりの印象を述べていた。




最近Twitter見てて批判しか出来ないのは脳が萎縮してるんだろうと思う。
頭使ったり行動力ある人はその話題に対して打開策や、代替え案を考えるとか、提案してるね。
萎縮組はお題を変えては批判だけしてる。見てて狂気すら感じるよ。




日●人は奴●ですらない「家●」である。●隷は自分の頭で考えられるし、時には反●や暴●すら起こすが、牙を抜かれ、自分の頭で考えることができない家●は、自分を●すために行われる健康診断に嬉々として出掛け、●ンと言われれば●を注入され緩慢に屠●される。可哀想だがこれが現実だ。



屠●業者を支持する家●の群れ。それが日本人。



今なおこの事態で「のほほ~ん」としていられる日本人というのは屠●場で解体される最中においてもまだ事態を理解できない家●と同じですね。



そもそも人は火星で生活できるのか…?を徹底考察してみた



そもそも日本人は海外で生活できるのか…?を徹底考察したブログ



カールセーガンは、「科学と悪霊を語る」の中で、科学は、闇を照らすろうそくの炎であるが、その力は弱々しく、ともすれば、闇に呑まれてしまうと大変な危機感を吐露しています



海外移住ブログの情報は、闇を照らすろうそくの炎であるが、その力は弱々しく、ともすれば、似非移住情報の闇に呑まれてしまうと大変な危機感を吐露しています。



「何を信じていいか分からない。」って人が分からない。
自分の直感信じるに決まってんじゃん。




直感派と理論派/海外移住に成功する人は?



今のは明らかに逃げ
日本人特有の悪い癖だね
深刻な局面に立たされた時 重大な決断を迫られた時 決まって日本人がとる手段
待つ 引き延ばす 問題から目をそらし先送りだけを繰り返して来た愚か者だ
つまり時間に解決を委ねようとする甘え逃げ
それ以外の何ものでもない


海外移住も先送りが多いとの噂?



日本人が『先送り』ばかりする理由は これだ



このままでは日本は終わる
それは日本人が『嫌なもの』に取り組まない、避けて、逃げて、無視して、先延ばしするからだ




日本企業の「先送り」体質、そのルーツは『旧・日本軍』にあった



「アジア最大の負け組日本」「第2のBrexit」トランプ大統領の誕生
変化は「需要」があって初めて起こるという事実。



日本人の移住困難問題の変化は、「需要」があって初めて起こるという事実。



わずか12時間足らずで18万人に読まれて、あらためてネットの拡散力の高さに驚愕しています。
雑誌に掲載していないマンガを、無料とはいえ半日で18万人が読む。




某国の大統領選挙のように急に流れが変わって外国人が住みにくくなる可能性を考えると、いつでもヒョイと動ける財力か能力がやっぱり一番大事なんだと思う。



その国やその場所に住むことが、何かを捨ててまで挑戦するに値するかどうか



人生の分水嶺は「瞬間」の判断と行動に宿る



2011年3月12日午後、私は、家族を連れ、パスポートと貴重品とPCを携え、京都に向かう新幹線の車中にいた。
やがて車両連結部のドア上の電光掲示板に
「福島第一で爆発」のニューステロップが静かに流れた。
日本が戻ることのできない向こう側の世界に変わったことを確信した瞬間であった。




パスポートは、いざという時に有効?
いざという時に避難や疎開するためにパスポートを取得するという人がいますが、果たして、いざという時に避難や疎開が有効かということについて考察・徹底検証をしてみた。



日本人の海外移住は無理ではないか



海外移住したの人口の1%だよ。
各国の友達に聞くと中国人は本当に世界中どこにでも移住してきてる。
日本にはその文化がないので海外移住増やすのは基本的に難しい。
日系コミュニティという就職及びビザの受け皿もない。




『海外移住の受け皿』が重要。



一世の移住をしやすくする受け皿は必要なんだよ。
ビザも現地の言語力も確かでない状態で、いきなり老後の年金医療費保険料等を賄う就職はできないのが現実。
甘くないよ。




相当辺鄙な田舎にも中国人経営中華料理屋あるんですよね。
イギリス人も含めて各国の友達が世界中に移住していく際の移住先の決め手は「親戚がいるから安心」であることが多いです。
きっと中国人がどこへでも行けるのは世界規模ネットワークという安心感かも。




受け皿が重要ですね。

海外移住を簡単にする画期的な方法とは




移民は世界的競争



移民は世界的競争(後編)



人口減少 ニッポンの未来



海外移住すべき3つの理由



近づくM9級大地震 あなたは今そこにいて本当に大丈夫か!



沖縄・小笠原・北海道にM9級 地震のエネルギー



M9級地震連発で日本終了



南海トラフ大地震は本当に来る


必ずやってくる大地震。

私たちはいま、日本に住みつづけることの絶望的なリスクを突きつけられている。

そのとき、「こんなことになるとは考えもしなかった」と茫然自失しないためには、いまから準備を始めるしかない。



太く短く生きるか、細く長く生きるか、太く長く生きるか、細く短く生きるか、どう生きたいかの価値観は人それぞれなので、私にはなんともいえません。



エジプトやギリシャやローマの文明も、皆、滅びる時には最後はあっけなく滅んだ。
地震と放●能災害の大きなリスクを抱えた極東の日本国と日本文化が、絶えることなど朝飯前だ。





世界は危機に瀕している・・・。
天才物理学者・ホーキング博士が語る
「私たちの未来とは?」


私たちは今、歴史上でも最も危険な時代にさしかかっているようです。

地球にある有限な資源は どんどん減っています。

さまざまな技術の発展により、環境を良くすることも悪くすることもできることを知りながら
私たちは、利己的で攻撃的な本能に従い、今も衝突や破壊を続けているのです。

それでは今後100年、1000年先を考えた時、
生存の危機を迎えることが目に見えています。

この先、私たちが生存し続ける方法は、この地球上にとどまり続けることに こだわらず、宇宙に広がって生きていくことでしょう。

次の数百年も進歩し続けたいならば、人類の未来は宇宙にあるのです。




世界有数の災害多発国である日本。

日本の周辺国の状況などから今後を考えた時、生存の危機を迎えることが目に見えています。

この先、日本人が生存し続ける方法は、この日本国内にとどまり続けることに こだわらず、世界に広がって生きていくことでしょう。

次の数百年も進歩し続けたいならば、日本人の未来は世界にあるのです。



家族で海外移住実現ブログ HOMEへ
驚愕情報てんこ盛り!早期の読破を!